生田目 美紀 Namatame Miki

Articles:  1-20 of 88

  • 1 / 5
  • Digital Contents Design for People with Hearing Impairment in Science Museum : A Case Study of Design Workshop with Art University Students  [in Japanese]

    江草 遼平 , 岩崎 誠司 , 島 絵里子 , 楠 房子 , 生田目 美紀 , 稲垣 成哲

    日本科学教育学会年会論文集 日本科学教育学会年会企画委員会・年会実行委員会 編 41, 215-218, 2017

  • Development and practice of peer review system for art education  [in Japanese]

    生田目 美紀 , 永盛 祐介 , 松田 昇

    教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report 29(5), 19-26, 2015-01

  • Accessibility for visually-impaired visitors in the Cite des sciences et de l'industrie  [in Japanese]

    小林 真 , 生田目 美紀 , 江草 遼平 , 小川 義和 , 溝口 博 , 楠 房子 , 寺野 隆雄 , 中瀬 勲 , 稲垣 成哲

    日本科学教育学会年会論文集 日本科学教育学会年会企画委員会・年会実行委員会 編 39, 27-30, 2015

  • International Research and High Tech Applicability Outlook on Information Accessibility of Exhibition in Science Museum  [in Japanese]

    溝口 博 , 生田目 美紀 , 寺野 隆雄 , 江草 遼平 , 小川 義和 , 小林 真 , 楠 房子 , 中瀬 勲 , 稲垣 成哲

    日本科学教育学会年会論文集 日本科学教育学会年会企画委員会・年会実行委員会 編 39, 23-26, 2015

  • A Research on the Information Accessibility for People with Visually or Hearing impaired in Science Museums : From a Perspective of Museum Learning  [in Japanese]

    江草 遼平 , 保科 弘明 , 生田目 美紀 , 小川 義和 , 小林 真 , 寺野 隆雄 , 溝口 博 , 楠 房子 , 中瀬 勲 , 山本 哲也 , 稲垣 成哲

    日本科学教育学会年会論文集 日本科学教育学会年会企画委員会・年会実行委員会 編 39, 19-22, 2015

  • A Research on the Information Accessibility of Exhibition and Learning programs in Science Museums  [in Japanese]

    生田目 美紀 , 寺野 隆雄 , 江草 遼平 , 小川 義和 , 小林 真 , 溝口 博 , 楠 房子 , 中瀬 勲 , 稲垣 成哲

    日本科学教育学会年会論文集 日本科学教育学会年会企画委員会・年会実行委員会 編 39, 15-18, 2015

  • Human SUGOROKU : Life-size Board Game for Children to Learn Vegetation Succession  [in Japanese]

    Yoshida Ryuichi , Adachi Takayuki , Muratsu Keita , Mizoguchi Hiroshi , Namatame Miki , Sugimoto Masanori , Kusunoki Fusako , Yamaguchi Etsuji , Inagaki Shigenori , Takeda Yoshiaki

    著者らはフルボディインタラクションシステムとして,「人間すごろく」を開発している.このシステムは児童が体の動きでデジタルゲームをプレイすることで,植生遷移への興味を高め,知識の定着を支援する.本稿ではこのシステムの構成とインタービュウの結果について報告する.

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(73), 87-90, 2014-06-06

  • KIKIWAKE : Computer Entertainment for Children Using Sound Source Separation Technology  [in Japanese]

    NAKADAI TAKAHIRO , TAGUCHI TOMOKI , EGUSA RYOHEI , NAMATAME MIKI , SUGIMOTO MASANORI , KUSUNOKI FUSAKO , YAMAGUCHI ETSUJI , INAGAKI SIGENORI , TAKEDA YOSHIAKI , MIZOGUCHI HIROSHI

    マイクアレイと信号処理を組み合わせれば,複数の音源からの混合音を分離することができる.たとえば,3人が「くま」,「うま」,「しか」と同時に発言しても,それぞれを分離して明瞭に聞き取ることが可能となる.この技術への子供たちの興味関心の促進が,将来の科学技術の発展へつながると考えた.そこで著者らは,このようなマイクアレイと信号処理とを組み合わせ,混合音や分離音をめぐって楽しむ聞き分けゲームを開発した.

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(73), 91-92, 2014-05-30

  • KIKIWAKE: Computer Entertainment for Children Using Sound Source Separation Technology  [in Japanese]

    Takahiro Nakadai , Tomoki Taguchi , Ryohei Egusa , Miki Namatame , Masanori Sugimoto , Fusako Kusunoki , Etsuji Yamaguchi , Sigenori Inagaki , Yoshiaki Takeda , Hiroshi Mizoguchi

    マイクアレイと信号処理を組み合わせれば,複数の音源からの混合音を分離することができる.たとえば,3 人が 「くま」,「うま」,「しか」 と同時に発言しても,それぞれを分離して明瞭に聞き取ることが可能となる.この技術への子供たちの興味関心の促進が,将来の科学技術の発展へつながると考えた.そこで著者らは,このようなマイクアレイと信号処理とを組み合わせ,混合音や分離音をめぐって楽しむ聞き分けゲームを開発 …

    IPSJ SIG technical reports 2014-EC-32(18), 1-2, 2014-05-30

  • Human SUGOROKU : Life-size Board Game for Children to Learn Vegetation Succession  [in Japanese]

    Ryuichi Yoshida , Takayuki Adachi , Keita Muratsu , Hiroshi Mizoguchi , Miki Namatame , Masanori Sugimoto , Fusako Kusunoki , Etsuji Yamaguchi , Shigenori Inagaki , Yoshiaki Takeda

    著者らはフルボディインタラクションシステムとして,「人間すごろく」 を開発している.このシステムは児童が体の動きでデジタルゲームをプレイすることで,植生遷移への興味を高め,知識の定着を支援する.本稿ではこのシステムの構成とインタービュウの結果について報告する.

    IPSJ SIG technical reports 2014-EC-32(17), 1-4, 2014-05-30

  • Evaluation of the Interactive Puppet Theater Based on Inclusive Design Method  [in Japanese]

    Ryohei Egusa , Takayuki Adachi , Tomohiro Nakayama , Fusako Kusunoki , Miki Namatame , Hiroshi Mizoguchi , Shigenori Inagaki

    本研究では,インクルーシブデザインに基づいた,聴覚障害児の鑑賞に対応した人形劇システムである Puppet Theater の評価結果を報告する. Puppet Theater は,台詞情報を文字として可視化,投影することで音声情報を保障する台詞投影機能と,身体動作を用いて物語に参加する物語参加機能の 2 つの特徴を備えている.聴覚障害児及び健聴児を独立の対象とした評価実験の結果から,Puppet …

    IPSJ SIG Notes 2014-GN-90(17), 1-8, 2014-01-16

  • The Development and Practice of Interactive Puppet Theater System Based on Inclusive Design  [in Japanese]

    KUSUNOKI Fusako , WADA Kumiko , EGUSA Ryohei , GOZEKI Masafumi , ADACHI Takayuki , MIZOGUCHI Hiroshi , NAMATAME Miki , INAGAKI Shigenori

    本研究では,健常者も聴覚障害者もともに楽しめるPuppet Theaterを開発した.このPuppet Theaterは,せりふを埋め込んだコンテンツアニメーションと人形とで上映する.コンテンツアニメーションは,途中で鑑賞者が内容を選択できるようになっており,センシング技術を用いて身体動作で選択するとコンテンツの内容が楽しめるのが特色である.Puppet Theaterの有効性について検討するため …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 96(1), 61-69, 2013-01-01

    References (14)

  • Tsukuba Universal-Design Map  [in Japanese]

    Suzuki Takuya , Yamawaki Hiroki , Namatame Miki

    ユニバーサル・デザイン(UD)の観点からまちづくりを実現するため、UD関連情報を提供する支援システム、「つくばユニバーサル・デザインマップ」を開発した。インターネット上に構築されたデータベースから提供されるこれらの情報は、具体的な施設や設備に焦点が当てられている。データベースには、多機能トイレや授乳室、障がい者用駐車スペースといった特定のユーザに対する情報だけではなく、バス停やタクシー乗り場といっ …

    Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design 18(1), 38-43, 2013

    J-STAGE  References (6)

  • Web Check System of Universal-Design for Events  [in Japanese]

    SUZUKI Takuya , YAMAWAKI Hiroki , INOUE Seiya , NAMATAME Miki

    デザイン学研究作品集 = Annual design review of Japanese Society for the Science of Design 17(17), 20-23, 2012-03-30

    References (8)

  • Puppet Show that Demonstrates How to Communicate with the Hard-of-Hearing people  [in Japanese]

    NAMATAME Miki , WADA Kumiko , EGUSA Ryohei , INAGAKI Shigenori , MIZOGUCHI Hiroshi , KUSUNOKI Fusako

    本研究で制作した人形劇は,健聴の児童を対象に耳の不自由な人の不便さや困難を伝えるとともに,実際にどのようにコミュニケーションをすればいいのかを考えてもらう参加型ペープサートコンテンツである.コンテンツには,聴こえを体験してもらうための模擬音声を含めた.本論文ではこの人形劇について説明すると共に2011年10月22日神戸大学附属住吉小学校において小学4年生36人を対象に実演を行ったアンケート結果を報 …

    IEICE technical report. Welfare Information technology 111(472), 31-32, 2012-03-02

    References (3)

  • Evaluation of the Universal Puppet Theater based on Inclusive Design Method : A Case Study of University Students With Normal Hearing  [in Japanese]

    江草 遼平 , 和田 久美子 , 生田目 美紀 [他]

    教育システム情報学会研究報告 26(6), 21-26, 2012-03

  • Web Check System of Universal-Design for Events  [in Japanese]

    Suzuki Takuya , Yamawaki Hiroki , Inoue Seiya , Namatane Miki

    茨城県つくば市のユニバーサル・デサインのまちづくりを実現するために、イベントに焦点をあてUDの達成度を判定するチェックシステムを開発した。このシステムはデータベースを用いて、ユーザーが必要とするチェック項目を対話形式で動的に生成し、その回答に応じて判定結果と対策すべき具体的内容をユーザ一に返すものである。内容はチェック項目だけでなく、各項目の必要理由や解決方法等も表示することで、現場の点検評価を行 …

    Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design 17(1), 20-23, 2012

    J-STAGE 

  • Learning Support System Based on Inclusive Design Method for Story Comprehension  [in Japanese]

    EGUSA Ryohei , WADA Kumiko , NAMATAME Miki , KUSUNOKI Fusako , MIZOGUCHI Hiroshi , INAGAKI Shigenori

    本研究では,生田目・楠(2010)が開発したユニバーサル・パペット・シアターに学習者が物語の展開を選択できる分岐場面を実装し,その効果を予備的に検証した.対象は健常者の大学生14名であり,上演後に,分岐について自由記述による評価を求めた.その結果,分岐場面の設定が動植付けを高めること,物語への没入が促進されること等の肯定的な回答を得ることができた.改善点としては,分岐画面のデザイン等が指摘された.

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 35, 456-457, 2011-08-23

    J-STAGE  References (1) Cited by (2)

  • Differences of visual attention between deaf and hearing people  [in Japanese]

    TANAKA Kanji , NAMATAME Miki , ONO Fuminori , WATANABE Katsumi

    本研究では、聴覚障害者と健聴者における視覚的注意の違いについて検討した。実験ではPosnerらの先行手掛り法を踏襲し、3種類の中心手掛り刺激(矢印、指、顔)を用いた。実験参加者は、10代後半から20代前半の若年健聴者20名と若年聴覚障害者22名であった。先行手掛りを呈示してからターゲット刺激を出すまでの時間(SOA)を、100ms,300ms,700msに設定して反応時間を調べたところ、300ms …

    IEICE technical report 111(58), 35-40, 2011-05-13

    References (22)

  • Development and evaluation of the Japanese hand alphabets learning system for pupil using e-learning  [in Japanese]

    楠 房子 , 稲垣 成哲 , 生田目 美紀 [他]

    JSiSE research report 25(7), 77-82, 2011-03

  • 1 / 5
Page Top