黒岩 眞吾 KUROIWA SHINGO

Articles:  1-20 of 240

  • Analysis of Arm Movement in Speed Change of Japanese Sign Language  [in Japanese]

    工藤 正景 , 堀内 靖雄 , 黒岩 眞吾

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(502), 89-94, 2018-03-09

  • Continuous Finger Spelling Recognition Using Kinect Based on Linguistic Information  [in Japanese]

    風間 康介 , 堀内 靖雄 , 下元 正義 , 黒岩 眞吾

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(502), 83-88, 2018-03-09

  • Continuous finger spelling recognition by HMM-SVM using Kinect  [in Japanese]

    高橋 遼平 , 堀内 靖雄 , 川本 一彦 , 下元 正義 , 眞崎 浩一 , 黒岩 眞吾 , 鈴木 広一

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 19, 23-28, 2017

  • Recognition Method for Numbers in Sign Language Using Kinect  [in Japanese]

    佐藤 貴弘 , 堀内 靖雄 , 川本 一彦 , 下元 正義 , 眞崎 浩一 , 黒岩 眞吾 , 鈴木 広一

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 19, 17-22, 2017

  • Articulation Improvement of Synthesized Rapid Speech Considering Phonological Information  [in Japanese]

    佐賀 俊介 , 堀内 靖雄 , 黒岩 眞吾

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(491), 31-36, 2016-03-04

  • Analysis of Temporal Relationship between Hand Motion and Nod in Japanese Sign Language  [in Japanese]

    金子 紗弓 , 堀内 靖雄 , 黒岩 眞吾

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(491), 7-12, 2016-03-04

  • Turn-taking timing of mother tongue  [in Japanese]

    Ichikawa Akira , Oohashi Hiroki , Naka Makiko , Kikuchi Hideaki , Horiuchi Yasuo , Kuroiwa Shingo

    母語話者の話者交替時の重複タイミング現象である話者移行適格場(TRP)に注目し、日本語と英語について、それぞれの母語話者とその言語を十分に習得している非母語話者の実時間対話を分析した。両言語ともに、対話者が母語話者の組み合わせ以外ではTRPの制約が成立していなかった。このことは、非母語話者が発信している言語情報は話者交替の予告情報にはならず、言語情報の裏に必然的に存在するプロソディにあることを示唆 …

    Studies in Science and Technology 5(1), 113-122, 2016

    J-STAGE 

  • Analysis of the Change of Arm Movement due to the Change of Signing Rate in Japanese Sign Language  [in Japanese]

    KITAGAMI Kousuke , HORIUCHI Yasuo , KUROIWA Shingo

    ろう者のコミュニケーションを支援するため,手話CGアニメーションの実現は重要な検討事項である.手話では呈示速度変化により腕の動作も変化することがあるため,任意の呈示速度で再生できる手話CGを実装する際,単純な再生速度の変更機能では不十分と考えられる.本稿ではこの問題点解決のため,呈示速度が速い,普通,遅いの3種類の手話動作を三次元位置計測器で計測したデータを分析し,呈示速度変化と腕の動作変化との関 …

    IEICE technical report. Welfare Information technology 114(512), 33-37, 2015-03-13

  • 伴奏システムのための演奏時刻予測モデル  [in Japanese]

    和田 静花 , 堀内 靖雄 , 黒岩 眞吾

    伴奏システムが人間らしい伴奏を行うには,人間の協調演奏法を分析しモデル化する必要がある.我々の先行研究では 「独奏者と伴奏者の演奏タイミングのずれ」 と 「伴奏者の時間長変化」 という 2 つの演奏情報から次拍の時間長変化を予測するモデルを提案した.しかし本研究で名演奏家の合奏録音を分析した結果,直前の時間長変化よりも過去数拍分の平均テンポからのずれの方が予測に有効であることがわかった.そこで新た …

    IPSJ SIG Notes 2015-MUS-106(9), 1-6, 2015-02-23

    IPSJ 

  • 伴奏システムにおける独奏者の演奏意図学習のためのリハーサル  [in Japanese]

    山田 彩歌 , 堀内 靖雄 , 黒岩 眞吾

    音楽情報処理の一分野として研究されている伴奏システムは,人間の伴奏者のように独奏者に協調した演奏を行うシステムである.より良い協調演奏のためにはリハーサルによる独奏者の演奏意図の学習が不可欠であり,この機能を伴奏システムに組み込んだ先行研究はいくつか存在するが,独奏者が伴奏から受ける影響を考慮していないといった手法上の問題があるのに加え,リハーサル機能の有効性の検証も十分ではなかった.そこで本研究 …

    IPSJ SIG Notes 2015-MUS-106(7), 1-6, 2015-02-23

    IPSJ 

  • 伴奏システムのための演奏時刻予測モデル  [in Japanese]

    和田 静花 , 堀内 靖雄 , 黒岩 眞吾

    伴奏システムが人間らしい伴奏を行うには,人間の協調演奏法を分析しモデル化する必要がある.我々の先行研究では 「独奏者と伴奏者の演奏タイミングのずれ」 と 「伴奏者の時間長変化」 という 2 つの演奏情報から次拍の時間長変化を予測するモデルを提案した.しかし本研究で名演奏家の合奏録音を分析した結果,直前の時間長変化よりも過去数拍分の平均テンポからのずれの方が予測に有効であることがわかった.そこで新た …

    IPSJ SIG technical reports 2015-EC-35(9), 1-6, 2015-02-23

    IPSJ 

  • 伴奏システムにおける独奏者の演奏意図学習のためのリハーサル  [in Japanese]

    山田 彩歌 , 堀内 靖雄 , 黒岩 眞吾

    音楽情報処理の一分野として研究されている伴奏システムは,人間の伴奏者のように独奏者に協調した演奏を行うシステムである.より良い協調演奏のためにはリハーサルによる独奏者の演奏意図の学習が不可欠であり,この機能を伴奏システムに組み込んだ先行研究はいくつか存在するが,独奏者が伴奏から受ける影響を考慮していないといった手法上の問題があるのに加え,リハーサル機能の有効性の検証も十分ではなかった.そこで本研究 …

    IPSJ SIG technical reports 2015-EC-35(7), 1-6, 2015-02-23

    IPSJ 

  • Robust Extraction of Desired Speaker's Utterance in Overlapped Speech  [in Japanese]

    Lu Haoze , Akaiwa Yuma , Horiuchi Yasuo , Kuroiwa Shingo

    In this paper, we propose a speaker indexing method using speaker verification technique to extract one desired speaker's utterances from conversational speech. To solve the overlapped speech pro …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 135(8), 1009-1016, 2015

    J-STAGE 

  • K-040 Question-Asking Strategy for People with Aphasia to Remember Food Name  [in Japanese]

    Arima Shiho , Kuroiwa Shingo , Horiuchi Yasuo , Furukawa Daisuke

    情報科学技術フォーラム講演論文集 13(3), 471-473, 2014-08-19

  • Sign Language Recognition of Different Hand Shape in the Same Arm Motion  [in Japanese]

    IMAMURA Daisuke , FURUYA Yoshihiro , HORIUCHI Yasuo , KAWAMOTO Kazuhiko , KUROIWA Shingo

    本論文では腕動作が同一で手型が異なる手話単語を含む手話文に対する連続手話認識手法を提案する.腕動作のみによる手話認識については手首座標を三次元で追跡し,隠れマルコフモデルにより認識する手法をすでに提案している.しかしながら,その手法では腕動作が同一で手型が異なる単語を区別することはできなかった.本論文ではそのような単語に対して,手首座標の追跡時に腕が静止した時点と腕の運動方向が大きく変化した時点の …

    Technical report of IEICE. PRMU 113(402), 269-274, 2014-01-23

  • Sign Language Recognition of Different Hand Shape in the Same Arm Motion  [in Japanese]

    IMAMURA Daisuke , FURUYA Yoshihiro , HORIUCHI Yasuo , KAWAMOTO Kazuhiko , KUROIWA Shingo

    本論文では腕動作が同一で手型が異なる手話単語を含む手話文に対する連続手話認識手法を提案する.腕動作のみによる手話認識については手首座標を三次元で追跡し,隠れマルコフモデルにより認識する手法をすでに提案している.しかしながら,その手法では腕動作が同一で手型が異なる単語を区別することはできなかった.本論文ではそのような単語に対して,手首座標の追跡時に腕が静止した時点と腕の運動方向が大きく変化した時点の …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 113(403), 269-274, 2014-01-23

  • Sign Language Recognition of Different Hand Shape in the Same Arm Motion  [in Japanese]

    今村 大輔 , 古谷 佳大 , 堀内 靖雄 , 川本 一彦 , 黒岩 眞吾

    本論文では腕動作が同一で手型が異なる手話単語を含む手話文に対する連続手話認識手法を提案する.腕動作のみによる手話認識については手首座標を三次元で追跡し,隠れマルコフモデルにより認識する手法をすでに提案している.しかしながら,その手法では腕動作が同一で手型が異なる単語を区別することはできなかった.本論文ではそのような単語に対して,手首座標の追跡時に腕が静止した時点と腕の運動方向が大きく変化した時点の …

    研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM) 2014-CVIM-190(45), 1-6, 2014-01-16

    IPSJ 

  • Emotion Classification Using Partial Segments in the Utterance  [in Japanese]

    UCHIDA Masahiro , SHINOZAKI Takahiro , HORIUCHI Yasuo , KUROIWA Shingo

    人間が相手の感情を判断する場合,短い音声区間からでも推定できる.そこで機械による認識でも短い音声区間から推定できると考え,認識実験を行った.その結果発話音声からどの区間でも3秒程度あれば認識に十分だという結果が得られた.

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 97(1), 236-238, 2014-01

Page Top