村田 和美 Murata Kazumi

Articles:  1-20 of 90

  • 1 / 5
  • 私の発言 まさに"Boys, be ambitious"で,60年間光の道を歩んできました(前編)  [in Japanese]

    村田 和美

    O plus E 31(4), 380-383, 2009-04

  • Remote Sensing of Snowpack by Microwave Radiometer Mounted on Satellite  [in Japanese]

    SASAKI Masami , SUZUKI Masahiro , MURATA Kazumi

    本論文は,衛星搭載マイクロ波放射計の一つであるMOS-1搭載MSRが積雪を観測したときに得る輝度温度と積雪深の関係を実測データを使って解析している.解析には,MSRの観測する輝度温度が主に大地からのマイクロ波放射が積雪内部を通過するどきに受ける散乱および吸収による減衰の効果を捕らえるものと仮定した解析モデルを設定している.そして,積雪以外のさまざまな要因が輝度温度に影響を与えることによるデータのば …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 00079(00007), 407-413, 1996-07-25

    References (9) Cited by (2)

  • Snowpack observation by microwave radiometer  [in Japanese]

    Tada Atsushi , Sasaki Masami , Suzuki Masahiro , Murata Kazumi

    海洋観測衛星MOS-1およびMOS-1b搭載のマイクロ波放射計(MSR、観測周波数23.8Ghz、31.4GHz)により実測された北海道地域の輝度温度と地上で観測された積雪深の関係を回帰直線で近似した.本稿では,その回帰直線の傾きの季節変化について検討する.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.通信(1), 33, 1996-03-11

  • Measurement of the Focal Length of Lenses Using Talbot Length  [in Japanese]

    WATANABE Tomoki , NAKANO Yoshiaki , MURATA Kazumi

    Japanese journal of optics 25(3), 152-155, 1996-03-10

    References (2)

  • The Effect of Formant Frequency and Spectral Tilt of Unvoiced Vowels on their Perceived Pitch and Phonemic Quality  [in Japanese]

    KONNO Hideaki , TOYAMA Jun , SHIMBO Masaru , MURATA Kazumi

    ホルマント周波数とスペクトルの傾斜が無声母音のピッチに及ぼす影響を調べるために, /i/-/e/刺激連続体上の合成母音を用いてピッチの一対比較実験を行った。その結果, ホルマント周波数は無声母音のピッチに影響することを示した。また, F_1の低い無声母音において, スペクトルの傾斜がピッチに影響することを示した。更に, 音韻同定実験により, スペクトルの傾斜が無声母音の音韻性にも影響することを示し …

    IEICE technical report. Speech 95(565), 39-45, 1996-03-07

    References (6)

  • An Inspection Method of Ophthalmic Lenses Using Talbot Interferometer  [in Japanese]

    NAKANO Yoshiaki , WATANABE Tomoki , KONNO Hideaki , MURATA Kazumi

    視覚の科学 = Japanese journal of visual science 16(3), 125-130, 1995-11-01

    Ichushi Web  References (7)

  • A study on the formant frequency and phonemic quality of Japanese whispered vowels  [in Japanese]

    Konno Hideaki , Toyama Jun , Shimbo Masaru , Murata Kazumi

    本論文では、日本語の五つの無声音について、実音声の音響分析と合成音による音韻同定実験の両面から、有声母音との比較検討を行っている。その結果、無声母音のホルマントは有声母音のものに比べ、低い周波数のものほど大きな割合で高い周波数に移動している傾向がある、logF_1-logF_2平面における両者の母音境界にも違いがあることを明らかにしている。更に、無声母音におけるホルマントの移動と音韻性との関係につ …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 50(8), 623-630, 1994

    J-STAGE  References (20) Cited by (6)

  • Scattering properties of snowpack observed by the SAR mounted on JERS-1 and ERS-1  [in Japanese]

    Takamori Hironobu , Sasaki Masami , Suzuki Masahiro , Murata Kazumi

    積雪に対する一つの散乱モデルを用いて、積雪の物理的パラメータの違いがJERS-1,ERS-1搭載SARで観測される後方散乱係数に与える影響について検討した。その結果、1)JERS-1搭載SARで観測される後方散乱係数は、湿雪において積雪深と含水率によって変化することを示した。2)ERS-1搭載SARで観測される後方散乱係数は、乾雪において積雪深と粒径によって変化することを示した。3)ERS-1搭載 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation A P93-105, 39-44, 1993

    Cited by (4)

  • 合成開口レ-ダ画像の光情報処理に関する研究--ホログラフィックレンズの応用  [in Japanese]

    村田 和美 [他]

    Memoirs of the Hokkaido Institute of Technology. (20), p147-154, 1992-03

  • Hybrid image processing for fringe pattern analysis  [in Japanese]

    森 邦彦 , 中野 善明 , 村田 和美

    物体の形状や変位、その内部の屈折率分布などを精度よく計測する光波干渉法やモアレ計測法では、正弦波状の強度(濃度)分布をもつ縞画像を高精度かつ高速度で解析することが重要となる。今回はレンズ系のデフォーカス処理を用いたハイブリッド(Optical Digital)画像処理により、干渉縞画像およびモアレ縞画像を解析したので報告する。

    全国大会講演論文集 第37回(パターン処理), 1567-1568, 1988-09-12

    IPSJ 

  • 干渉縞解析のためのデフォ-カス処理を用いたハイブリッド画像処理  [in Japanese]

    森 邦彦 , 村田 和美

    Japanese journal of optics 17(4), p185-190, 1988-04

  • Observation of Binary Stars by Stellar Speckle Interferometry with White Light  [in Japanese]

    Baba Naoshi , Yamamoto Masafumi , Murata Kazumi

    Bulletin of the Faculty of Engineering,Hokkaido University (125), p85-89, 1985-03

    IR 

  • Measurement of Ray- and Wave-Aberration by Spatial Filtering  [in Japanese]

    Murata Kazumi , Matsui Hiroshi

    Bulletin of the Faculty of Engineering,Hokkaido University (125), p77-84, 1985-03

    IR 

  • New Approaches for Data Processing in Photogrammetry  [in Japanese]

    Ohba Ryoji , Kondo Shin-ichi , Nakagawa Kaoru , Tanaka Keiichi , Murata Kazumi

    Bulletin of the Faculty of Engineering,Hokkaido University (125), p69-75, 1985-03

    IR 

  • Characteristics of Images Reconstructed from 360° Hologram  [in Japanese]

    Sato Ryuji , Murata Kazumi

    Bulletin of the Faculty of Engineering,Hokkaido University (125), p103-109, 1985-03

    IR 

  • IOC-13に見る光学の国際的動向  [in Japanese]

    村田 和美

    Optical and electro-optical engineering contact 22(11), p10-20, 1984-11

  • Measurement of landing-strip at Miyanomori jump-hill by correlation method using stereo-pair  [in Japanese]

    NAKAGAWA Kaoru , OHBA Ryoji , TANAKA Keiichi , MURATA Kazumi

    コントラストが低くランダムで特徴のない濃度分布を持つ対象を目標とする測距法について, 相互相関関数の新しい規格化法を導入し相関法の信頼度向上を試みる。まず, 画像をディジタル数値に変換する際の利得調整やバイアス調整が相関法にとって本質的な問題点を含むことを明らかにし, 画像の適当な規格化がこの解決に有効であることを理論的に示す。さらに, 実体写真から正しい対応点を見い出すための規格化相互相関関数 …

    Journal of the Japan society of photogrammetry and remote sensing 23(1), 14-23, 1984

    J-STAGE 

  • 光学における位相回復問題  [in Japanese]

    前田 純治 , 村田 和美

    Japanese journal of optics 11(3), p230-240, 1982-06

    Cited by (2)

  • 計算機ホログラムを用いた収差合成  [in Japanese]

    石井 行弘 , 村田 和美

    Japanese journal of optics 11(3), p275-279, 1982-06

  • 1 / 5
Page Top