浜名 克己 HAMANA Katsumi

Articles:  1-20 of 93

  • 1 / 5
  • 第15回韓国牛病学会の報告  [in Japanese]

    浜名 克己

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(3), 209-210, 2011-03-20

  • Morphological Examination of Double Outlet Right Ventricle with Intact Ventricular Septum in Cattle  [in Japanese]

    MURAKAMI Takayuki , YASUDA Masahiro , HAGIO Mitsuyoshi , HAMANA Katsumi , MORITOMO Yasuo

    ウシ11例における心室中隔欠損を伴わない両大血管右室起始の心臓を形態学的に調べた。11例中10例は左心室が低形成であった。8例は上行大動脈の狭窄,2例は大動脈峡部の管状低形成を示し,1例には大動脈狭窄は認められなかった。8例には卵円孔開存,2例には卵円孔開存と心房中隔欠損が認められたが,1例には心房間連絡は存在しなかった。5例には左心室腔と冠状動脈の間に異常連絡が認められた。

    Advances in Animal Cardiology 41(2), 31-36, 2008-12-01

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (24)

  • Uterine and Ovarian Blood Flow in a Holstein Friesian Cow with Aplasia of One Uterine Horn

    ANDO Takaaki , KAMIMURA Shunichi , HAMANA Katsumi , OHTSUKA Hiromichi , WATANABE Daisaku

    右子宮角が欠損した6歳(2産)のホルスタイン種牛の、卵巣動態、子宮および卵巣血流を調べた。右卵巣に黄体が存在する発情周期では、黄体の退行とそれに伴う排卵はみられなかった。左卵巣に黄体が存在する周期では黄体の退行とそれに伴う排卵の遅延がみとめられた。左右どちらの卵巣に黄体が存在する発情周期でも、右子宮動脈の血流速度は左子宮動脈に比べ遅くなった。左右の卵巣動脈の血流速度は右子宮角欠損の影響を受けず、黄 …

    The journal of veterinary medical science 69(4), 429-432, 2007-04-25

    JASI  Ichushi Web  References (11)

  • 学会を基盤とした産業動物獣医師の海外交流推進に期待する  [in Japanese]

    浜名 克己

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(10), 635-637, 2006-10-20

    J-STAGE 

  • Morphology of Atrioventricular Orificial Atresia in Cattle  [in Japanese]

    MURAKAMI Takayuki , UCHIDA Kazuyuki , HAGIO Mitsuyoshi , HAMANA Katsumi

    ウシの奇形心694例中9例(1.3%)に房室口閉鎖が認められた。これら9例は黒毛和種に認められたものであった。これらの心房位はいずれも正位であった。房室口閉鎖9例のうち8例は左房室口閉鎖,他の1例は右房室口閉鎖であった。左房室口閉鎖8例中6例では右心房は形態学的右心室と結合し,それらの心室大血管結合は,4例は両大血管右室起始,1例は一致結合,他の1例は大動脈閉鎖であった。8例中他の2例では右心房は …

    Advances in Animal Cardiology 38(2), 60-66, 2006-06-01

    IR  J-STAGE  Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

  • Morphology of Atrioventricular Septal Defects in Five Calves  [in Japanese]

    MURAKAMI Takayuki , UCHIDA Kazuyuki , HAGIO Mitsuyoshi , HAMANA Katsumi

    ウシの奇形心687例中5例(0.73%)に房室中隔欠損が認められた。これら5例の心臓は,前架橋尖と後架橋尖を結合する弁組織は存在せず,共通房室口が存在した完全型房室中隔欠損であった。いずれの心臓も前架橋尖は左心室から心室中隔を越えて,右心室に広がっていた。前架橋尖はいずれも心室中隔に付着することなく,心室中隔の背方で自由浮遊の状態で,さらに前架橋尖の右心室部は腱索で右心室の大乳頭筋に挿入していた( …

    Advances in Animal Cardiology 38(1), 21-26, 2005-12-01

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (26) Cited by (2)

  • Effects on Japanese Black Cows of Presynch Treatment in the Ovsynch Protocol  [in Japanese]

    YAMAZAKI Toru , KAMIMURA Shunichi , ANDO Takaaki , HAMANA Katsumi , MATSUZAKI Kazutoshi

    黒毛和種牛に対するオブシンク開始前のプレシンク処置の影響を検討した. 牛を2群に分け, プレシンク群 (n=18) はGnRH投与と7日後にPGF2α投与, その12日後にオブシンク処置 (GnRH-PGF<SUB>2α</SUB>-GnRH) を行い, 16-20時間後に定時人工授精を行った. 対照群 (n=20) は, プレシンク処置時に生理食塩液を投与し, その後オブ …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 58(8), 541-545, 2005-08-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (19)

  • GnRH Treatment at CIDR Insertion Influences Ovarian Follicular Dynamics in Japanese Black Cows

    ANDO Takaaki , KAMIMURA Shunichi , HAMANA Katsumi , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi

    発情7日後の黒毛和種牛に8日間腟内挿入型プロジェステロン(CIDR)を挿入し, 挿入時に性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)を投与する牛群(4頭)と投与なしの対照群(4頭)について, 1日2回超音波検査により卵巣動態を観察するとともに血中プロジェステロン(P_4)濃度を測定した.また, CIDR挿入前(-1日), 挿入中(5日), 除去後(10日)に15分間隔で8時間の採血を行い, LHパルス …

    Journal of Veterinary Medical Science 67(3), 275-280, 2005-03-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (25)

  • Premature Closure of the Foramen Ovale in Two Calves  [in Japanese]

    MURAKAMI Takayuki , HAMANA Katsumi , OKUNO Yoshihiro

    ホルスタイン種と黒毛和種の交雑種・雌9日齢 (症例1) と黒毛和種・雄, 11円齢 (症例2) で卵円孔早期閉鎖を認めた. 症例1の心臓には心室中隔欠損と両大血管右室起始が合併し, 左心室の低形成は認められなかった. 症例2の心臓には左房室弁閉鎖が合併し, 左心室は小さな心筋塊であった.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 58(1), 37-40, 2005-01-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (25) Cited by (2)

  • Estrous Synchronization using an Intravaginal Progesterone Device in Combination with GnRH or Estradiol Benzoate characterized by the Initial Ovarian Conditions in Japanese Black Cows

    ANDO Takaaki , KAMIMURA Shunichi , HAMANA Katsumi

    The journal of veterinary medical science 66(12), 1497-1502, 2004-12-25

    Ichushi Web  References (18)

  • Atresia of the Left Atrioventricular Orifice in Two Calves  [in Japanese]

    MURAKAMI Takayuki , UCHIDA Kazuyuki , HAGIO Mitsuyoshi , HAMANA Katsumi , BABA Takashi

    Advances in animal cardiology 37(2), 75-81, 2004-12-01

    Ichushi Web  References (16) Cited by (1)

  • Distribution of Estrogen Receptor Alpha in the Dominant Follicles and Corpus Luteum at the Three Stages of Estrous Cycle in Japanese Black Cows

    AMROZI , KAMIMURA Shunichi , ANDO Takaaki , HAMANA Katsumi

    黒毛和種牛の3つの発情周期における主席卵胞と黄体のエストロジェンレセプター(ERα)の発現を免疫組織学的に検査した.卵巣動態を1日2回超音波診断法により観察し,発情周期の7日(1群,n=3),10日(2群,n=3),18日(3群,n=3)に卵巣を摘出した.細胞核におけるERαの発現を免疫組織学的に検査し,染色度合いを光学顕微鏡で観察した.主席卵胞(DF)の染色度合いは内部胞膜(TI)が卵胞膜側顆粒 …

    Journal of Veterinary Medical Science 66(10), 1183-1188, 2004-10-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23) Cited by (1)

  • Dynamics and Histological Observation of First Follicular Wave in Japanese Black Cows

    AMROZI , KAMIMURA Shunichi , ANDO Takaaki , HAMANA Katsumi

    黒毛和種牛の初回卵胞波の交代と,事前に主席卵胞(DF)と最大次席卵胞(SF)を確認した卵巣を発情周期の7日(3頭)と10日(3頭) (発情日=d0)に摘出し,卵胞の免疫組織学的所見を観察した。初回卵胞波を1日2回超音波診断法により観察し,卵胞数やDFとSFの直径を求め,摘出卵胞の顯粒層細胞(GC)と卵胞膜細胞(TC)のアポトーシス割合をTunel法で検索した。卵胞波の発現時,クラス1の卵胞(直径2 …

    Journal of Veterinary Medical Science 66(1), 47-52, 2004-01-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • Seroprevalence of Bovine Neosporosis in Kagoshima  [in Japanese]

    YAMAMURA Taku , KAMIMURA Shunichi , HAMANA Katsumi , TSUDA Tomoyuki , YASUDA Nobuhiro

    鹿児島県内で牛ネオスポラ症の可能性が疑われる黒毛和種41例, ホルスタイン種39例の抗体検査を実施した.その結果, 黒毛和種は全例とも抗体陰性であったが, ホルスタイン種では28.2%が陽性であった. 陽性牛が見い出された2農家 (A, B) においてそれぞれ225例, 58例を対象に追跡調査を行ったところ, それぞれ23.6%, 29.3%の牛が陽性であった.農家Aにおける母娘問の調査では, 6 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 56(10), 645-648, 2003-10-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (19)

  • Occurrences of Dysgerminoma in the Left Ovary and of Granulosa-cell Tumor in the Right Ovary in a Japanese Black Cow  [in Japanese]

    SHIBAHARA Aya , KAMIMURA Shunichi , ANDO Takaaki , KOIKE Hitomi , MIYOSHI Noriaki , OISHI Akihiro , HAMANA Katsumi

    黒毛和種牛から摘出された左卵巣に小児頭大腫瘤が認められ, 未分化胚細胞腫と診断された.その1カ月後のと殺時に摘出された右卵巣に顆粒膜細胞腫が認められ, 両卵巣に異なる腫瘍を有するまれな症例であった.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 56(9), 592-594, 2003-09-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (10)

  • Cardiovascular System in Conjoined Calves  [in Japanese]

    MURAKAMI Takayuki , UCHDA Kazuyuki , HMANA Katsumi

    過去の報告例29例を含む54例のウシの結合体における心大血管系の形態について検索した。二顔体21例は全例とも単一心であった。二頭体19例のうち,2例は大血管間に吻合が存在する2個の分離心,他の2例は吻合が存在しない分離心,4例は心房部が融合した結合心,他の4例は心房部と心室部が融合した結合心,7例は単一心であった。胸結合体8例のうち,4例は吻合が存在しない分離心,1例は心房部の結合心,3例は単一心 …

    Advances in Animal Cardiology 36(1), 18-26, 2003-06-01

    IR  J-STAGE  Ichushi Web  References (41) Cited by (2)

  • Estrous Synchronization Using Intravaginal Progesterone with Other Hormones in Japanese Black Cows  [in Japanese]

    ANDO Takaaki , KAMIMURA Shunichi , HAMANA Katsumi

    黒毛和種経産牛において、CIDRと他のホルモン製剤を併用して発情の同期化処置を行った。CIDR処置は、様々な発情周期のステージにある142頭の牛に行った(挿入日=Day0)。供試牛は4つのグループに分け、A群(n=34):CIDR8日間挿入、B群(n=54):CIDR8日間挿入および挿入時GnRH100μgの筋注、C群(n=20):B群においてCIDR除去後2日までに発情を示さなかったものに対して …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (53), 51-57, 2003-03

    IR  JASI 

  • Seasonal Variations of Sex Steroid Hormones in Plasma and Ovarian Follicular Morphologies of Mares in Southern Kyushu  [in Japanese]

    NAKAMURA Yuko , KAMIMURA Shunichi , ANDO Takaaki , HAMANA Katsumi

    南九州でのウマの繁殖活動を明らかにするため, 食肉センターで解体された雌の重種馬280頭について, 周年にわたり血中性ステロイド濃度の変動と卵巣の形態的変化を調査するとともに, 得られた卵胞2,202個について組織学的検査を行い, 季節的変動を検討した. 平均血中プロジェステロン (P<sub>4</sub>) 濃度は2月3.0ng/m<i>l</i> …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 73(3), 389-396, 2002-08-25

    J-STAGE  References (17)

  • Cytogenetical, Endocrinological, and Histological Analyses of a Single-birth Freemartin  [in Japanese]

    KITAHARA Go , KAMIMURA Shunichi , HAMANA Katsumi , MIYAKE Yoh-Ichi

    単子として生まれ, 外部生殖器の異常を示す黒毛和種雌子牛について, 染色体検査とPMSG-hCG負荷試験を行い, 病理解剖して肉眼的, 組織学的検査を行った.染色体検査の結果, XX細胞とXY細胞の混在する性染色体キメラであった. PMSG-hCG負荷試験の結果, 対照雌牛では血中エストラジオール-17βとプロジェステロンの濃度が上昇してピークを示したのに対し, 本症例ではいずれも低値で推移した. …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 55(8), 494-497, 2002-08-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (11)

  • 1 / 5
Page Top