小柳 洽 KOYANAGI Wataru

ID:1000030025928

岐阜大学工学部 Dept. of Civil Eng., Gifu Univ. (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 90

  • 1 / 5
  • Properties of Polymer Concrete and the Structural Use : III : Properties and Testing of Polymer Concrete  [in Japanese]

    HAYASHI Fujio , OSHIMA Mitsuharu , SATO Ryuji , KOYANAGI Wataru

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 54(11), 1197-1203, 2005-11-15

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • Examination on Coating Materials for Concrete Structures Suffered from Complex Damage Influenced by De-icing Salt  [in Japanese]

    HORIE S , OGAWA T , KOYANAGI W , MIYAGAWA T

    コンクリート工学 = Concrete journal 40(3), 43-52, 2002-03-01

    References (6)

  • Temperature Dependence of Flexural Creep of Resin Concrete  [in Japanese]

    WATANABE Satoshi , UTIDA Yuuichi , OSHIMA Mitsuharu , KOYANAGI Wataru

    熱変形温度(HDT)の異なる3種類の不飽和ポリエステル樹脂(UP)を結合材とするレジンコンクリート(REC)のクリープ特性を、試験温度10℃から58℃の曲げ試験によって実験的に求めると共に、樹脂のHDTとの関連性を検討した。その結果、RECのクリープは温度依存性が大であり、また樹脂のHDTがクリープに影響する程度や全クリープに対して弾性余効である回復クリープの占める割合が、温度によらずほぼ7割と一 …

    コンクリート工学年次論文報告集 22(2), 1297-1302, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (5)

  • Effective Use of Incinerated Sewage Sludge in Concrete  [in Japanese]

    NOJIRI Takuo , KOYANAGI Wataru , NOZAKI Shinji , TOKUDA Shinichiro

    用いた下水汚泥焼却灰は,フライアッシュと粒子形状は異なるが粒度分布は近く,含有する有害物質の溶出量は問題がないことを確認した。さらに,高流動コンクリートと汎用コンクリートへ混和材として使用した場合に,結合材として有効なSiO_2,やCaOなどを含有しており,焼却温度によっては一部が非結晶質となっているものもあり,ポゾラン反応によると考えられる圧縮強度の伸びが認められた。また,汚泥焼却灰のリン含有量 …

    コンクリート工学年次論文報告集 22(2), 43-48, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (3) Cited by (1)

  • Failure Process of Concrete Structures Including Deterioration  [in Japanese]

    KOYANAGI W.

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(9), 61-66, 1999-09

    References (18)

  • On the Size Effect of Flexural Strength of Resin Concrete  [in Japanese]

    OSHIMA Mitsuharu , HAYASHI Fujio , UCHIDA Yuichi , KOYANAGI Wataru

    ポリエステルレジンコンクリートの曲げ強度における寸法効果の把握を目的として,骨材の最大寸法の差や供試体の注型寸法に伴って変動する硬化特性が,曲げ強度の寸法効果に及ぼす影響について調査した。その結果,粗骨材の最大寸法が大きいほどレジンコンクリートの曲げ強度は低下するが,断面寸法の増加に伴う強度低下の度合いは緩やかとなることが明らかとなった。また,レジンコンクリートの注型寸法の差に起因する収縮量や発熱 …

    コンクリート工学年次論文報告集 21(1), 121-126, 1999-06-21

    NDL Digital Collections  References (3)

  • Mechanical Properties of Prestressed Concrete Girders Strengthened with Carbon Fiber  [in Japanese]

    KASAI Yasuyuki , KITAZONO Hideaki , UCHIDA Yuichi , KOYANAGI Wataru

    TL-20荷重の設計により,交通量の多い道路橋で27年間供用され,鉄道高架事業に伴い不必要となって撤去されたプレテンシ謝ン1桁に対し,B活荷重対応を目的として各種炭素繊維で補強を行った供試体を製作した。これらの桁に対し静的曲げ載荷試験およびモーメントー曲率関係の解析を行い,炭素繊維で補強されたPC実桁の力学的特性,各種炭素繊維補強材による補強効果について比較検討を行った。

    コンクリート工学年次論文報告集 21(3), 943-948, 1999-06-01

    NDL Digital Collections  References (6)

  • Study on the Punching Shear Failure Mechanism of RC Slabs  [in Japanese]

    OZAWA Mitsuo , UCHIDA Yuuichi , KOYANAGI Wataru

    RCスラブの押抜きせん断破壊機構解明の基礎的資料を得ることを目的としてスラブ厚,鉄筋比など影響要因を変化させたスラブを作成し載荷試験を行い,耐力および内部ひび割れ状況と荷重一コンクリートひずみ関係の検討を行った。スラブ上面の周方向の圧縮ひずみは最終段階まで増大するが,径方向のひずみは荷重の増加につれて圧縮から次第に引張に変化する現象が見られた。また,内部ひび割れの発達状況により,最終的な破壊時の斜 …

    コンクリート工学年次論文報告集 21(3), 565-570, 1999-06-01

    NDL Digital Collections  References (3) Cited by (2)

  • Studies on Tensile Stress and Crack Growth of Steam Cured Prestressed Concrete Members  [in Japanese]

    KOYANAGI Wataru , UCHIDA Yuichi , NGUYEN Van Loi , SUZUKI Tadashi

    Longitudinal cracks are found occasionally in the anchorage zone of pretensioned prestressed concrete members with small covering depth. We made an assumption that the crack growth at the time of pres …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 00048(00001), 22-29, 1999-01-15

    J-STAGE  References (6)

  • コンクリートの性能の推移と将来予測  [in Japanese]

    小柳 洽

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(1), 40-43, 1999-01-01

    References (12) Cited by (1)

  • RESTRAINT EFFECT OF ASR EXPANSION IN RC MEMBERS WITH SMALL REINFORCEMENT RATIOS  [in Japanese]

    KOYANAGI Wataru , UCHIDA Yuichi , IWANAGA Takeshi , ASANO Yukio

    セメント・コンクリート論文集 52, 786-791, 1998-12-25

    References (3) Cited by (2)

  • EFFECT OF TEMPERATURE ON PROPERTIES OF CONCRETE UNDER STEAM AND HIGH-TEMPERATURE CURING  [in Japanese]

    WU Hao , ENDOU Yukio , MORIMOTO Hiroaki , KOYANAGI Wataru

    セメント・コンクリート論文集 52, 592-597, 1998-12-25

    References (2)

  • LEACHING OF INCINERATED SEWAGE ASH AND SOME PROPERTIES OF THE ASH MIXED MORTAR  [in Japanese]

    KOYANAGI Wataru , NOZAKI Shinji , OZAWA Mitsuo , HONDA Keisuke

    セメント・コンクリート論文集 52, 374-379, 1998-12-25

    References (2) Cited by (1)

  • Report on the Investigation of ASR Damaged Concrete Structures Influenced by Deicing Salt  [in Japanese]

    NODA M. , OGAWA T. , KOYANAGI W. , KAWAMURA M.

    コンクリート工学 = Concrete journal 36(9), 15-21, 1998-09-01

    References (9) Cited by (2)

  • 2179 Study on Effects of Crack Control  [in Japanese]

    MORIMOTO Hiroaki , KOJIMA Yasuaki , KOYANAGI Wataru

    ひび割れ誘発目地を施工する際,目地板の種類,寸法および配置などは種々の形式のものが採用されている。しかし,これらがひび割れ制御効果におよぼす影響についての総合的な検討は十分に行われていないのが現状である。本研究は,ドーナツ型の鋼製拘束型枠を用いて,目地の構造とひび割れ制御効果の関係を解析的および実験的に明らかにし,合理的な目地設計の基礎資料を得ようとするものである。

    コンクリート工学年次論文報告集 20(2), 1069-1074, 1998-06-30

    NDL Digital Collections  References (2) Cited by (1)

  • 3027 Influence of Aggregate on Tension Softening Properties of Concrete  [in Japanese]

    SHIMIZU Daisuke , NAWA Shinichi , UCHIDA Yuuichi , KOYANAGI Wataru

    粗骨材量,骨材粒度(粗骨材,細骨材)ならびに粗骨材とモルタルとの付着特性がコンクリートの引張軟化特性に及ぼす影響について検討した。その結果,骨材の粒度は粗骨材,細骨材ともにコンクリートの引張軟化特性に対しほとんど影響を及ぽさないが,粗骨材量および付着特性については,その影響の大きいことが確認された。また,コンクリートの引張軟化曲線の推定において問題点とされていた軟化開始点応力を決定するための一つの …

    コンクリート工学年次論文報告集 20(3), 157-162, 1998-06-01

    NDL Digital Collections  References (2)

  • STUDY ON CHARACTERISTICS OF CONCRETE UNDER STEAM CURING  [in Japanese]

    WU Hao , MORIMOTO Hiroaki , KOYANAGI Wataru

    セメント・コンクリート論文集 51, 928-931, 1997-12-25

    References (2)

  • STUDY ON THE CEMENT GROUT MATERIALS FOR STRENGTHENING OF CONCRETE SLABS  [in Japanese]

    MOMIYAMA Yoshiyuki , INAGAKI Motohiro , EGUCHI Yoichi , KAGAMIHARA Hiroshi , KOYANAGI Wataru

    橋梁・床版の老朽化や車両大型化に伴う補強方法として, 樹脂系接着材を用いた鋼板接着工法が用いられてきた. しかし, より良い施工性・経済性を望んだ場合, セメント系充填材の採用が考えられる. 本研究では, セメント系充填材の材料特性 (特に付着力) や施工性に着目し検討・評価を加えた. この結果, 実用性に富んだ材料を選定するとともに, セメント系充填材に必要とされる要求性能を明らかにすることがで …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 567, 103-115, 1997-06-20

    J-STAGE  References (18)

  • 1231 Effect of Reinforcement and Number of Cracks on Thermal Crack Width  [in Japanese]

    KOJIMA Yasuaki , TANIGUCHI Hiroshi , MORIMOTO Hiroaki , KOYANAGI Wataru

    鉄筋により温度ひび割れ幅を制御するためには適正な鉄筋量の選定が重要となる。その際、ひび割れ幅はひび割れ本数ならびにひび割れ間隔にも影響を受けるため鉄筋量の選定においてはこれらの影響を考慮する必要がある。本研究は壁体に発生する温度ひび割れを対象として、鉄筋のひび割れ幅の制御効果とこれにおよぼす鉄筋量、ひび割れ本数およびひび割れ間隔の影響を3次元FEM解析により明らかにしたものである。

    コンクリート工学年次論文報告集 19(1), 1399-1404, 1997-06-09

    NDL Digital Collections  References (3)

  • Crack Growth ofPre-tensioned Prestressed Concrete Members in AnchorageZone  [in Japanese]

    Wataru KOYANAGI , Yuichi UCHIDA , Tadashi SUZUKI

    Center for Cooperative Research Gifu University research report 7, 62-66, 1997-05

  • 1 / 5
Page Top