片山 幸士 KATAYAMA Yukio

ID:1000030026512

人間環境大学人間環境学部 Division of Human Environment, The University of Human Environments (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 45

  • 1 / 3
  • Behaviors of Rainfall in Forest Ecosystem  [in Japanese]

    KATAYAMA Yukio , HISAEDA Hiroyuki , KISHIDA Kazuyo , TAKAHASHI Hiroshi , AOKI Toru

    Environmental science 16(3), 219-226, 2003-05-30

    References (9)

  • Behaviors of Rainfall in Forest Ecosystem  [in Japanese]

    KATAYAMA Yukio , HISAEDA Hiroyuki , KISHIDA Kazuyo , TAKAHASHI Hiroshi , AOKI Toru

    森林生態系に流入してきた降水は,樹冠部で遮断成分,樹冠通過雨および樹幹流に分かれる。後者の2つの成分は林床に達した後,土壌を通過し,いずれは流出水として系外に出ていく。この間に量的・質的な変化を受ける。日本の国土の6~7割は森林であるので系内での変化が,下流の河川・湖沼・海の水質に与える影響は大きい。本稿では降水量配分とそれぞれの媒体中での物質量,とくに環境汚染物質について言及した。pHは降水に比 …

    ENVIRONMENTAL SCIENCE 16(3), 219-226, 2003

    J-STAGE 

  • Radioactivity of 137Cs in Plant Samples at Former USSR Nuclear Test Site.

    KO Susumu , AOKI Toru , KATAYAMA Yukio

    <I>Radioactivity of</I> <SUP>137</SUP>Cs <I>of plant samples taken in former Semipalatinsk Nuclear Test Site (SNTS) was determined. The radioactivity ranged from 0.3 to 8 …

    RADIOISOTOPES 51(11), 496-500, 2002

    J-STAGE 

  • はじめに(講座「ライフサイエンスにおける放射化分析」)  [in Japanese]

    片山 幸士

    放射化分析 (11), 1, 2000-11

  • 環境指標としての樹木年輪中の微量元素および放射性核種  [in Japanese]

    片山 幸士

    Radioisotopes 46(2), 127-128, 1997-02-15

    References (7)

  • 各種の林分における降水, 樹幹流および樹冠通過雨のpHとEC  [in Japanese]

    KATAYAMA Yukio , KISHIDA Kazuyo

    Environmental conservation engineering 25(10), 589-592, 1996-10-30

    References (9) Cited by (2)

  • Relationships between Some Properties of Waterlogged Woods

    KOHDZUMA Yohsei , MINATO Kazuya , KATAYAMA Yukio

    Journal of the Japan Wood Researh Society 42(7), 681-687, 1996-07-25

    References (9) Cited by (2)

  • 酸性降下物の山地渓流水への影響評価  [in Japanese]

    鶴見 実 , 楊 宗興 , 木平 英一 , 八木 一行 , 飯田 俊彰 , 上木 勝司 , 塚原 初男 , 伊藤 恵利子 , 片山 幸士 , 中西 麻美 , 久枝 弘幸 , 鹿角 孝男 , 宮島 勲 , 塩澤 憲一 , 佐藤 一男 , 高橋 章

    環境科学会誌 = Environmental science 9(1), 93-100, 1996-02-29

  • Influence of acid rain on forest ecosystem and others.PH and EC of precipitation, stem flow and crown passage rain in various ingredients in forest ecosystem.  [in Japanese]

    KATAYAMA Yukio , KISHIDA Kazuyo

    Journal of Environmental Conservation Engineering 25(10), 589-592, 1996

    J-STAGE 

  • Selective Pyrolysis of Japanese Cedar to C1-Chemistry Materials.2.Particle Size,Portion of Wood,Temperature and Time Dependence of CO Percentages in Produced Gases,and Kinetic Investigation

    Nakagawa Tetsuo , Minato Kazuya , Katayama Yukio

    木材をC_1化学の素原料として役立てるための詳細な情報を得るために, 前報で得られたスギ熱分解実験結果を生成気体中の一酸化炭素 (CO) の割合の観点から検討した。さらにこの反応の速度論についても考察した。すなわち, 処理温度が高いほど, 生成気体中のCOの割合は高くなり, 試料の粒子のサイズ, 試料の採取部位, 分解時間にはほどんど無関係であった。また, 200℃から300℃の温度範囲における反 …

    Bulletin of the Kyoto University Forests (67), 184-191, 1995-12

    IR  JASI 

  • 環境指標植物としての樹木(研究紹介)  [in Japanese]

    片山 幸士

    放射化分析 (2), 23-27, 1995-11

  • 今後の放射化分析研究に望むこと(発起人の一言集)  [in Japanese]

    片山 幸士

    放射化分析 (創刊), 11, 1995-03

  • Effects on ecosystem, etc. by acid rain.Behavior of acid ballout in forest ecosystem.  [in Japanese]

    KATAYAMA Yukio

    Journal of Environmental Conservation Engineering 23(12), 706-709, 1994

    J-STAGE 

  • Changes of the Distribution of Trace Elements in the Formation of Wound Heartwood.  [in Japanese]

    岡田 直紀 [他] , 片山 幸士 , 野渕 正 , 石丸 優

    スギ (Cryptomeria japonica D. Don) とミズナラ (Quercus mongolica var. grosseserrata) の樹幹に成長錐で穿孔処理を施し, 傷害心材の形成に伴う微量元素の分布の変化を調べた。各樹幹には穿孔に沿って着色部が表れた。着色域は穿孔に沿って軸方向に広がり, 辺心材境界では10cm以上にも達したが, 接線方向には5mmまでにすぎなかった。傷害 …

    Bulletin of the Kyoto University Forests (65), p14-20, 1993-12

    IR  JASI 

  • Behavior of Airborne Dust upper and beneath a Canopy  [in Japanese]

    片山 幸士 [他] , 山下 洋 , 石丸 優 , 青木 敦

    降水に比べて, 樹冠通過雨や樹幹流の物質濃度が高くなることの原因の1つは, 樹冠部や樹幹表面に付着した粉塵の洗いだしである。そこで滋賀県大津市の東南部にある桐生調査地の森林の内外で浮遊粉塵を採取し, その挙動について検討した。林外での浮遊粉塵濃度は, 春先から夏にかけて高くなり, この期間は中国からの黄砂の強い影響を受けていた。林外と林内の大気中の浮遊粉塵濃度は, 林外で常に高く, 林外, 林内で …

    Bulletin of the Kyoto University Forests (63), p52-59, 1991-12

    IR  JASI 

  • Mobility of Trace Elements in Stem of Sugi (Cryptomeria japonica D. Don) by Some Simple Extraction Methods.  [in Japanese]

    湊 和也 [他] , 小島 永裕 , 石丸 優 , 片山 幸士

    スギ (Cryptomeria japonica D. Don) の樹幹に含まれる微量元素のうち, 含有率が高く, 分析精度の高いK, MgおよびCaについて, 数種の簡単な抽出操作によって抽出される元素量を定量し, その抽出の難易から存在状態について考察した。試験片を圧搾して樹液を採取した後, ミクロトームにより100μmの木口切片とし, 冷水 (30℃), 冷メタノール (30℃), 熱水 ( …

    Bulletin of the Kyoto University Forests (62), p326-337, 1990-12

    IR  JASI 

  • Contents of several elements in trees grown on the serpentine soil. Availability of a tree for an environmental indicator.:—Availability of a Tree for an Environmental Indicator—  [in Japanese]

    TOMITA Michio , KATAYAMA Yukio , TAKADA Jitsuya , NISHIMURA Kazuo

    Ni, Cr, Mgの含量が多い蛇紋岩風化土壌に生育したアカマツ, コナラ, リョウブに含まれる元素のうち, Mg, Ca, Cr, Mn, FeおよびNiの含量を中性子放射化分析法と原子吸光分析法によって測定した。これらの樹木では, 木部より葉中の方が元素含量が高かった。コナラとリョウブは土壌中の酸可溶性Niの組成をよく反映しており, アカマツは蛇紋岩風化土壌の元素組成の特徴をよく表していたので …

    RADIOISOTOPES 39(7), 298-303, 1990

    J-STAGE 

  • Radial distribution of Sb and Cu in the stem of woody plants grown on the Sb-polluted soil as well as on th Cu-enrichedsoil near an ore dressing house of copper mine.  [in Japanese]

    TOMITA Michio , KATAYAMA Yukio , NISHIMURA Kazuo , TAKADA Jitsuya

    樹木の樹幹は, 生え替わる葉や樹皮と異なり, 過去における環境の変化を年輪に残していることがあるので, 優れた環境指標となり得る。アンチモン汚染土壌に生育するアカマツ, コナラおよびスギと, 銅汚染土壌に生育するアカマツ, リョウブおよびスギの年輪方向におけるSbおよびCuの濃度分布をそれぞれについて測定した。その結果, Sbの環境指標植物としてはスギが, また, Cuについてはアカマツが有効なも …

    RADIOISOTOPES 39(12), 553-556, 1990

    J-STAGE 

  • Amounts of Metal Elements Returned to Forest Soil with Litterfall  [in Japanese]

    片山 幸士 [他] , 石丸 優 , 湊 和也 , 青木 敦

    森林生態系での金属元素の挙動を知るため, 樹冠通過雨や樹幹流とともに, 林地への金属元素の流入媒体となるリターフォールについて, その季節変動とそれに含まれる各種金属元素をアカマツ, クロマツ, ヒノキを主とする山地林分で2年間にわたって調査した。リターフォールは10月から12月にかけて顕著に高い季節変化を示し, また年平均のリターフォールは5. 03t/haであった。熱中性子放射化分析法によって …

    Bulletin of the Kyoto University Forests (60), p46-52, 1988-12

    IR  JASI 

  • Behavior of BHC in a Small Wooded Watershed  [in Japanese]

    石丸 優 [他] , 湊 和也 , 片山 幸士 , 青木 敦

    森林におけるBHCの挙動を知るために, 過去にBHCが散布されたことがなく, 水文観測のデータを得ることのできる山地小流域おいて, 水を媒体とするBHCの流入および流出挙動を調査した。その結果, 降水, 樹冠通過雨および樹幹流などの流入水中には常にBHCが検出され, それらの濃度は本調査地における9年前の調査時の濃度と比較して低下していない。これに対して, 流出水中にはBHCは痕跡程度しか検出され …

    Bulletin of the Kyoto University Forests (59), 91-98, 1987-12

    IR  JASI  Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top