村田 敏 MURATA Satoshi

ID:1000030038187

九州大学農学部 (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 58

  • 1 / 3
  • Effective Thermal Conductivity of the Wheat Bed : Estimation of the Thermal Conductivity of Wheat Kernels and Heat Conduction Model  [in Japanese]

    TAGAWA Akio , MURAMATSU Yoshiki , KASAI Takamasa , IIMOTO Mitsuo , MURATA Satoshi

    非定常双子型プローブ法により小麦の有効熱伝導率を測定した。測定は, 小麦層中の空隙流体を空気と食用油 (コーン油) の2種類に変え, 数段階の水分および温度条件下でそれぞれ行った。これより試料の有効熱伝導率に及ぼす水分, 温度の影響を調べた。また, 直列モデルと並列モデルの複合モデルを利用して小麦粒子の熱伝導率を推算し, 水分, 温度双方の関数として表した。さらに, そのモデルにおいて並列部空隙の …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 67(2), 53-60, 2005-03-01

    J-STAGE  References (26)

  • 極端に乾燥した有機物の吸湿吸着熱による発火の可能性--RDF発火事故に関連して  [in Japanese]

    村田 敏

    Agriculture and horticulture 79(4), 457-459, 2004-04

    Cited by (1)

  • 技術資料 温度による比熱変化に対応した-5〜300℃湿り空気線図  [in Japanese]

    村田 敏

    冷凍 78(914), 982-984, 2003-12

  • 研究要報 穀物の混合による発熱と昇温  [in Japanese]

    村田 敏

    Agriculture and horticulture 77(9), 1018-1020, 2002-09

    Cited by (1)

  • Ventilation Drying of a Packed Wheat Bed : Modified Heat and Mass Transfer Models Considering Shrinkage During Drying

    KOIDE Shoji , NISHIYAMA Yoshio , MURATA Satoshi , SUGAWARA Yuji

    これまで通風乾燥での穀物の水分・温度の予測は, 共乾施設における実用面の重要さから, 数多く研究されてきた。この穀物層 (特に籾層) の通風乾燥シミュレーションは, 穀物乾燥理論の発展により, 現在実用化の域に達しているが, その一方で, 小麦など水分変化に伴う容積変化が大きい材料に対しては, 層高が変化するため, 測定・解析は複雑となる。本報では, 小麦充てん層の層高が含水率, 温度, 湿度や通 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(6), 53-61, 1998-11-01

    J-STAGE  References (13) Cited by (1)

  • Enthalpy of Vaporization for Liquid Foods Using the Data of Vapor Pressure  [in Japanese]

    MURAMATSU Yoshiki , TAGAWA Akio , KASAI Takamasa , MURATA Satoshi

    3種類の液状食品の蒸気圧の測定結果を利用してΔHvを計算し,以下の知見を得た.<BR>(1) 全ての試料の各固形分濃度における水蒸気圧と温度の関係は,次のAntoine式に良く適合した.<BR>(2) (1)の結果を踏まえ,試料溶液のΔHvをAntoine式を利用してClapeyron式を変形した次式から直接計算した.<BR>(3) すべての試料溶液の蒸気圧と温 …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 45(5), 302-309, 1998-05-15

    J-STAGE  References (17)

  • Thin Layer Drying Characteristics of Kidney Beans  [in Japanese]

    TAGAWA Akio , MURAMATSU Yoshiki , AI Fusakazu , MURATA Satoshi

    インゲン豆について, 5段階の温度とそれぞれの温度に対し2~3段階の相対湿度の乾燥空気条件下における薄層乾燥特性を測定した。含水率の測定データを数値微分して乾燥速度を算出し, 乾燥特性曲線から, インゲン豆の乾燥は減率乾燥第二段で行われることが予測できた。測定データを拡散方程式の近似解に非線形最小二乗法を適用し当てはめたところ, 形状係数B<sub>1</sub>の値は約0 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(3), 23-29, 1998-05-01

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • Water Absorption Characteristics of Beans in Soaking  [in Japanese]

    TAGAWA Akio , MURAMATSU Yoshiki , KASAI Takamasa , AI Fusakazu , MURATA Satoshi

    小豆とインゲン耳の吸水特性を5段階の浸漬温度 (10, 20, 30, 40, 50℃) に関して測定した。その結果, 小豆とインゲン豆の吸水過程は, 初期, 恒率, 減率の三つの吸水期間から構成されることが分かった。初期および減率吸水期間の測定データを拡散方程式の近似解に非線形最小二乗法を利用してそれぞれあてはめ, 測定値とこれによる計算値を比較したところ, 両者は良く一致した。このことから, …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(2), 37-44, 1998-03-01

    J-STAGE  References (10) Cited by (2)

  • Evaluation of Freshness and Prediction of Gas Concentration of Vegetables in MA Corrugated Cardboard Box : Broccoli  [in Japanese]

    UCHINO Toshitaka , NAGAO Hiroomi , MURATA Satoshi , KAWANO Toshio , NAKAMURA Nobutaka

    従来のプラスチックフィルム小袋包装に比べ箱詰めや運搬などの操作性の高い段ボール箱を用いて, MAP (Modified Atmosphere Packaging) によるブロッコリの鮮度保持試験を行った。内外両面にプラスチックフィルムをコーティングしたMA段ボール箱と普通段ボール箱間で鮮度保持効果を比較した結果, 10℃では質量および還元型アスコルビン酸の保持, 黄化の防止等でMA段ボール箱は普通 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(1), 37-44, 1998-01-01

    IR  J-STAGE  References (10)

  • Theoretical Analysis of Estimation for Freezing Curve in Green Pea by Fluidized Bed Freezer  [in Japanese]

    TANAKA Fumihiko , MURATA Satoshi , AMARATUNGA K. S. P. , UCHINO Toshitaka , HABARA Kazuhiro

    流動層式凍結器による凍結理論を提示し,凍結時間推定のための解析解を導いた.本理論により得られた解による計算結果は,グリンピースの流動層凍結の実験結果とよく一致することが確認された.凍結時間の推定式は,次の2式で与えられる.すなわち,である.<BR>以上,本研究により,農産物の流動層式凍結器の開発設計や有効利用の際,基礎となる凍結曲線を求める計算理論が示された.

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 44(5), 347-352, 1997-05-15

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • Water Absorption Characteristics of Soybeans in Soaking  [in Japanese]

    TAGAWA Akio , MURAMATSU Yoshiki , KITAMURA Yutaka , MURATA Satoshi

    大豆の吸水特性を5段階の浸漬温度 (10, 20, 30, 40, 50℃) に関して測定した。その結果, 大豆の吸水では, 恒率吸水期間と減率吸水期間が存在し, 限界含水率は85% (d. b.) 近傍にあることが分かった。片対数グラフに減率期間における相対含水率と時間の関係をプロットしたところ, 各温度で直線関係を示した。減率吸水期間の測定データを拡散方程式の近似解に非線形最小二乗法を適用し当 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(2), 21-27, 1997-03-01

    J-STAGE  References (11) Cited by (3)

  • Airflow Resistance through Packed Wheat Bed  [in Japanese]

    KOIDE Shoji , MURATA Satoshi , UCHINO Toshitaka , SUGAWARA Yuji , TANAKA Fumihiko , AMARATUNGA K. S. P.

    小麦充てん層の通風抵抗を明らかにするため, 種々の水分 (14.5~29.8%w. b.) と空塔風速 (0.227~0.975m/s) のもと静圧の測定を行った。その結果, 小麦充てん層の通風抵抗は含水率依存性があることが確認された。さらに, 本研究では Ergun の圧力降下式を導入して, 小麦の含水率から充てん層の通風抵抗を推算することを試みた。その結果, 計算値は測定値と高い適合性を有する …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(6), 111-117, 1996-11-01

    J-STAGE  References (20) Cited by (1)

  • A Method of Selecting Suitable Sieves in Sieving Processes of Flour Milling : Introduction and Application of Particle Size Distribution Functions of Intermediate Products  [in Japanese]

    SEKI Ryuji , MURATA Satoshi , HIROSE Takashi

    本報文では, 段階式製粉工程における各工程産物の粒度分布関数の導出と, それを用いて行う篩分工程における最適篩選定手法について報告する。すなわち, 小型段階式製粉機を用い, 原料小麦の調質条件を3段階に変えて行なった挽砕試験における各工程生成物の粒度分布データを, 挽砕条件をパラメータとした粒度分布関数のモデルに最小二乗法を適用して当てはめ, 粉度分布関数を導出した。これは製粉工程中の各挽砕条件の …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(6), 49-60, 1996-11-01

    J-STAGE  References (34)

  • Measurement of Respiration Characteristics of Rough Rice and Wheat with Infrared Gas Analyzer  [in Japanese]

    KAWANO Toshio , NAKANO Kohei , KIDA Tamaki , MURATA Satoshi , UCHINO Toshitaka , INOUE Shin-ichi

    温度273.15~313.15 (K), 含水率19~35 (%, d. b.) の範囲において, 籾と小麦の種子から発生するCO<sub>2</sub>ガス濃度を, 1ppmまで読み取ることのできる赤外線ガス分析計を使って測定した。測定したCO<sub>2</sub>ガス濃度は理想大体として, 単位時間, 単位乾物重量当たりのCO<sub&g …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(6), 21-29, 1996-11-01

    IR  J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • Basic Study on Microwave Drying of Rough Rice  [in Japanese]

    NAKANO Kohei , KAWANO Toshio , KIDA Tamaki , MURATA Satoshi , UCHINO Toshitaka , INOUE Shin-ichi

    誘電加熱法を穀物乾燥に応用するための基礎研究として, 籾を対象にマイクロ波乾燥試験を行った。マイクロ波乾燥は従来型の乾燥法とは異なり独特の特徴を有している。乾燥特性については拡散理論を用いて, 昇温特性については熱収支式をたて, 重みつき残差法の一つである直交選点法により連立常微分方程式の形に分解し Runge-Kutta-Gill 法にて数値計算し, 実測値との比較検討を行った。また, マイクロ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(6), 13-19, 1996-11-01

    IR  J-STAGE  References (11)

  • Drying Characteristics of Sweet Potato

    KOIDE S. , Murata Satoshi , Uchino Toshitaka , Amaratunga K.S.P.

    The drying test of sweet potato has been done at the air conditions of 40,50,60, and 75 ℃, in order to investigate the drying characteristics. In this study, three types of drying periods, the constan …

    Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 41(1/2), 125-132, 1996-11

    IR  DOI  Cited by (1)

  • Water Adsorption Isotherms of Polished Rice : Analysis of Equilibrium Moisture Content Using the Modified Chen-Clayton's Equation  [in Japanese]

    MURTA Satoshi , TANAKA Fumihiko , AMARATUNGA K. S. P. , SHIBUYA Kazuko , TAGAWA Akio

    精白米の加工を考える上で重要となる吸着等温線式について研究を行った。吸着等温線式のひとつである Chen-Clayton 式は飽和湿度に対応する平衡含水率が無限大となり, 高湿度での実用性は低い。そこで, 本研究では飽和含水率の導入により Chen-Clayton 式を基礎とした飽和湿度でも発散しない改良式の開発を行った。これを測定データに当てはめ精白米の吸湿特性を整理した。また, この式から精白 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(4), 29-34, 1996-07-01

    J-STAGE  References (10) Cited by (2)

  • Estimation of the Temperature Profile during Fruit and Vegetable Juices Freezing  [in Japanese]

    TANAKA Fumihiko , MURATA Satoshi

    果汁の凍結過程を非定常熱伝導理論により解析した.相変化を含む熱伝導方程式は温度に強く依存する熱物性値をパラメータとして含むため非線形となる.これを直交選点法により数値計算した.これによりリンゴ,ミカン,トマトの各果汁の冷却過程を解析し,実測値と計算結果の比較を行った.その結果,両者は全般にわたって良く一致し,著者らが先に報告した凍結果汁の解凍解析結果より良好な適合性を得た.本研究はモデル食品の冷凍 …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 43(5), 629-633, 1996-05-15

    J-STAGE  References (6) Cited by (2)

  • Study on Sorption of Grain Kernels while Soaking in Water  [in Japanese]

    MURATA Satoshi , TANAKA Fumihiko , TOKUNAGA Junichi , KOIDE Shoji , AMARATUNGA K. S. P.

    穀物の浸漬による吸水は拡散現象の理論をもとに解析される。本研究では, 吸水を乾燥の逆過程であると考え, 種々の温度 (0℃~40℃) における吸水特性を明らかにした。解析は減率乾燥第二段の代表的乾燥モデルである平板モデルを適用し, 非線形最小二乗法により吸水速度定数及び平衡含水率を算出した。この当てはめの結果, 測定値と計算値はほぼ一致し, また吸水速度定数に Arrhenius 型の温度依存性の …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(2), 19-24, 1996-03-01

    J-STAGE  References (21) Cited by (3)

  • Particle Size Distribution Functions of Intermediate Products in Gradual Reduction Flour Milling  [in Japanese]

    Seki Ryuji , Murata Satoshi

    テスト製粉用製粉機を用いて行なった挽砕・篩分試験により, 段階式製粉工程における各工程産物毎の粒度分布関数を導出した. 以下, その結果を列挙する. 1 )段階式製粉工程における中間産物の粒度分布関数に適応する関数モデルを検討した結果, 係数がパラメータに関して線形である, 粒度に関する3次多項式が最適であることを明確にした. 2 )工程入力産物の各性状要素をパラメータとした, 工程出力産物の粒度 …

    Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 50(3・4), 179-186, 1996-03

    IR  DOI  JASI 

  • 1 / 3
Page Top