寺田 文行 Terada Humiyuki

ID:1000030063324

早稲田大学 (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 65

  • 1 / 4
  • Legacy of 15th President, Isamu Mogi  [in Japanese]

    ISHIGAKI Haruo , TERADA Fumiyuki , NAKAGAWA Ryosuke , NAGANO Azuma

    Journal of Japan Society of Mathematical Education 92(10), 41-54, 2010-10-01

  • Legecy of 15th President, Isamu Mogi  [in Japanese]

    ISHIGAKI Haruo , TERADA Fumiyuki , NAKAGAWA Ryosuke , NAGANO Azuma

    Journal of Japan Society of Mathematical Education 92(9), 62-75, 2010-09-01

    J-STAGE 

  • Symposium "Discussion on High School Curriculums with Professor TERADA"  [in Japanese]

    寺田 文行 , 室岡 和彦 , 吉澤 郁生 [他] , 大和 澄夫 , 村田 緯和雄 , 石垣 春夫 , 永井 啓子

    Journal of Japan Society of Mathematical Education 79(3), 92-104, 1997-03-01

  • Study on High School Mathematics Curriculums  [in Japanese]

    TERADA F.

    Journal of Japan Society of Mathematical Education. Mathematical education 78(7), 180-185, 1996-07-01

    Cited by (1)

  • 近未来の数学教育に向けての提言  [in Japanese]

    寺田 文行

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 20(0), S1-S2, 1996

    J-STAGE  References (2)

  • Realization of CSC Courseware used by Mathematica  [in Japanese]

    SHIMIZU Dan , KIZUMI Naonori , TERADA Fumiyuki

    数式及びグラフィック処理ソフトMathematicaを用いて,CSCの理念に基づき二次関数,平行移動等の単元でコースウェアを作成した.本コースウェアの特徴として,Mathematicaのノートブックとワークシート(ノートブックの内容を印刷したもの)の両方を用いることによって,学習者が自主的に実験的作業を行うことができる環境を提供している.また,本コースウェアは学習内容の「概念獲得」を最大の教育目標 …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 19(0), 233-234, 1995

    J-STAGE  References (1)

  • A Study on Inference Method for the Information of Attitude by Interval Rating Data  [in Japanese]

    KOIZUMI Naonori , SHIMIZU Dan , MATSUI Tatsunori , TERADA Fumiyuki

    学習意欲などの態度情報を直接測定することが不可能な場合,教授者は既知の教育的情報を総合的に判断することにより,当該情報を推定していると考えられる.そこで,限られた学習者情報から未知の態度情報を推論するために,ファジィ推論を用いる手法が山下らによって提案されている.一方,教育的情報は曖昧さが含蓄されていることが多い.そこで本稿では,曖昧さが含蓄される学習者情報をもとに未知の学習者情報を推定する手法を …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 19(0), 163-164, 1995

    J-STAGE  References (6)

  • A New AnalysisEducation Using Mathematical Symbolic System  [in Japanese]

    Ichiyama Toshiyuki , Kojima Jun , Terada Fumiyuki

    Waseda review of education 9(1), 67-91, 1995

    Cited by (5)

  • Structural Analysis for Questionnaire Data Using Fuzzy Integration and Application for Educational Evaluation  [in Japanese]

    MATSUI Tatsunori , TAKEYA Makoto , TERADA Fumiyuki

    人間の行動や心理的側面を測定する場合に,評定尺度データのアンケート調査法はデータの信頼性が比較的高いことや処理が簡便であることから有効に活用されている.特に教育評価においてはアンケート調査法はテスト(Examination)からは得られない学習者の情報を得ることができるため極めて重要な手段である.さて,学習者集団の意識構造を分析するための手法として意味構造分析法(SS分析法が提案されている.SS分 …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 18(0), 343-344, 1994

    J-STAGE 

  • A Study on Review Task Extraction Method Reflected the Structure of Teaching Materials  [in Japanese]

    KOIZUMI Naonori , MATSUI Tatsunori , TERADA Fumiyuki

    通常の教授活動の補足として宿題や補習などを実施する際,どの復習課題を抽出したらよいかといった判断は,教授者の経験によるところが大きい.そこで,演習やテストの結果から適切な復習課題を抽出する手法がすでにいくつか提案されているが,これらの先行研究では,課題習熟度を当該テスト項目(テスト問題)の平均正答率などで表現していた.しかしながら,理解過程において不安定要素を抱えた学習者の課題習熟度をあるひとつの …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 18(0), 335-336, 1994

    J-STAGE 

  • C224 Study of Students' Mind Structure on Informatic Education Using FSA Method.  [in Japanese]

    MATSUI Tatsunori , KOIZUMI Naonori , TAKEYA Makoto , TERADA Fumiyuki

    情報工学・情報科学という言葉の解釈・認識が不明確な今日, 教授者が情報教育(情報専門教育)をおこなっていく上で, 学習者の情報教育に対する意識構造について把握しておくことは非常に重要である.そこで, 自由度の高い評定方法に対する構造分析法であるFSA(Strunctural Analysis for Fuzzy Rating Scale Data)を用いることにより情報学科学生の情報教育に対する意 …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 17(0), 225-226, 1993

    J-STAGE 

  • C223 Study of Students' Mind Structure on Environmental Education and Problem Using FSA Method.  [in Japanese]

    MATSUI Tatsunori , KOIZUMI Naonori , SHIMONO Hiroshi , TERADA Fumiyuki

    構造分析法(FSA:Structural Analysis for Fuzzy Rating Scale Data)は, アンケートの尺度から得られる自由度の高い評定データをもとに項目の順序構造化をはかり, 項目の意味を解釈し評定者集団の特性を分析する方法である.そこで, 今回, 環境問題・環境教育に対する2種類の意識調査を実施し, FSAを用いて分析を行った.一方は, 環境教育の基本となる項目に …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 17(0), 223-224, 1993

    J-STAGE 

  • Our Country's Mathematics Education for All  [in Japanese]

    F. TERADA

    Journal of Japan Society of Mathematical Education. Mathematical education 73(12), 351, 1991-12-01

  • A learning environment based on HyperText with theorem prover  [in Japanese]

    MATSUO Hisanori , NAKAMURA Naoto , TERADA Fumiyuki

    X-Window上でハイパーテキストを実現する為のブラットフォームHYP-LINKの開発と, その上で構築した群論学習環境のシステム構成について述べる。また, 学習者へのハイパーメディアのオブジェクトの実現例として, その環境の中へのエキスパートシステムの組み入れも報告する。

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 15(0), 207-210, 1991

    J-STAGE 

  • Philosophy and Development of the New Mathematics Education.  [in Japanese]

    TERADA Fumiyuki

    情報化時代を向かえて, これからの教育における数学の役割は大きい。社会からは特に一般大衆の数学的な知性が要請されるのとは裏腹に, 数学離れの傾向も進行している。中学校までは数学に興味を持ち続けた生徒が何故高校で落ちこぼれていくのか。また, 数学を単なる計算術とみて, 興味を抱けなかった生徒を引きつけることが何故出来なかったか。高校の数学教育を主題として文部省科学研究費のサポートのもとに続けられた「 …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 15(0), 21-24, 1991

    J-STAGE  Cited by (1)

  • コンピュータに支援されたカリキュラム : 納得の数学を目指して  [in Japanese]

    寺田 文行

    Journal of Japan Society of Mathematical Education 54, 46-47, 1990-03-15

  • The fundamental philosophy and method of computer utilization in mathematical education  [in Japanese]

    寺田 文行 , 神田 信之

    1994カリキュラムでは,以下の事柄の実現念頭におかれている.(1)技術・経済環境の高度の発展に対処できる数学の重要点の精選(2)情報化時代の要請に沿った数学という配慮.また,コンピュータによる操作実験的な学習を取り入れることが可能であるようにし,コンピュータの持つ威力を数学を通して理解させ,時代の要請に答え得る構成(3)生徒の学習到達度,適正,興味の多様化に応じた教育を行えるように編成し,とくに …

    全国大会講演論文集 第40回(情報科学一般), 39-40, 1990-03-14

    IPSJ 

  • Report on the Panel Discussion in University and Technical College Section at JSME Chiba Conference "Making Practical Application of New Media in Mathematics Education"  [in Japanese]

    松岡 元久 , 柳原 二郎 , 寺田 文行 , 一松 信 , 竹之内 脩 , 高橋 浩司

    Journal of Japan Society of Mathematical Education. Mathematical education 72(1), 76-82, 1990-01-01

  • 科学教育学会誌を振り返って  [in Japanese]

    寺田 文行

    Journal of Science Education in Japan 14(3), 111-112, 1990

    J-STAGE 

  • 情報化対応における「新しい算数数学教育」  [in Japanese]

    寺田 文行

    JSSE Research Report 4(Suppl), 73-76, 1990

    J-STAGE 

  • 1 / 4
Page Top