清水 孝一 SHIMIZU Koichi

Articles:  1-20 of 304

  • Possibility of blood property change in ELF electric field exposure  [in Japanese]

    印牧 美紀 , 清水 久恵 , 北間 正崇 , 山下 政司 , 三浦 寛子 , 渡邉 翔太郎 , 清水 孝一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(399), 51-56, 2017-01-19

  • Experimental study to improve transillumination image by depth estimation using light sources of two wavelengths  [in Japanese]

    岡崎 恵祐 , 加藤 祐次 , 清水 孝一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(513), 107-112, 2016-03-22

    Ichushi Web 

  • Fundamental study for measurement of scattering coefficient using backscattered light : For noninvasive measurement of blood triglyceride level  [in Japanese]

    王 磊 , 飯永 一也 , 加藤 祐次 , 清水 孝一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(513), 101-106, 2016-03-22

    Ichushi Web 

  • Fundamental study for transillumination imaging of biological body using digital phase-conjugate optics  [in Japanese]

    任田 崇吾 , 加藤 祐次 , 清水 孝一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(513), 83-88, 2016-03-22

    Ichushi Web 

  • Fundamental study to improve accuracy of 3D reconstruction technique using optical transillumination images of animal body  [in Japanese]

    宮島 文佳 , 加藤 祐次 , 清水 孝一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(513), 77-81, 2016-03-22

    Ichushi Web 

  • Experimental study for scattering suppression effect using digital phase-conjugate optics  [in Japanese]

    Toda Sogo , Kato Yuji , Kudo Nobuki , Shimizu Koichi

    <p>The scattering effect in light propagation through random media can be suppressed with the phase-conjugate optics. We have applied this technique to the transillumination imaging of animal bo …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 54Annual(Proc), 1T3-4-6-1-1T3-4-6-2, 2016

    J-STAGE 

  • Internal consistency of photoplethysmographic measures derived using a sensor geometry having one light source and three photo detectors  [in Japanese]

    Matsumura Kenta , Shimizu Koichi , Rolfe Peter , Kakimoto Masanori , Yamakoshi Takehiro

    <p>How and to what degree do the slight differences in the attachment positions of the sensors influence the values of photoplethysmographic measures? To address this question, we measured pulse …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 54Annual(27PM-Abstract), S212-S212, 2016

    J-STAGE 

  • Experimental study for scattering suppression effect using digital phase-conjugate optics  [in Japanese]

    Toda Sogo , Kato Yuji , Kudo Nobuki , Shimizu Koichi

    <p>The scattering effect in light propagation through random media can be suppressed with the phase-conjugate optics. We have applied this technique to the transillumination imaging of animal bo …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 54Annual(26PM-Abstract), S90-S90, 2016

    J-STAGE 

  • Application of scattering suppression technique to multi-layer scattering model to realize optical transillumination imaging of internal shunt  [in Japanese]

    北間 正崇 , 尾河 雄太 , 清水 久恵 , 山下 政司 , 奥山 豪 , 菊池 明泰 , 熊澤 誠志 , 清水 孝一

    研究紀要 = Bulletin of Hokkaido University of Science (42), 123-129, 2016

    IR 

  • Fundamental study for practical application of optical communication through human body  [in Japanese]

    SEKI Daisuke , NAMITA Takeshi , KATO Yuji , SHIMIZU Koichi

    近赤外光を用いた人体通信の実用化に向けて,モバイル化可能な実験系を用いて生体模擬試料(ファントム)および人体における光伝搬特性を調べた.まずファントムを用いた実験により,伝送波形のduty比を下げて尖頭値を高くすることで,光信号伝送可能距離の伸長が期待できることを確認した.次に腕時計型の送光器を作製し,ヒト手部において手首から指先への体内光信号伝送が可能であることを確認した.また,体表からの輻射光 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(514), 47-52, 2015-03-16

  • Fundamental study for reconstruction of in vivo fluorescent tomographic image using orthogonal function system  [in Japanese]

    SASAKI Hirotaka , NAMITA Takeshi , KATO Yuji , SHIMIZU Koichi

    経皮蛍光イメージングにおける劣化画像の復元には,点拡がり関数(PSF)による画像処理が有効である.我々は,より実用的な応用を考慮し,円柱形状をはじめとする任意形状の散乱媒質におけるPSFを導出し,蛍光体3次元イメージングへの応用を行っている.今回,任意の内部蛍光体に対応するため,PSFの直交性を利用した,新たな断層像再構成手法を開発した.シミュレーションおよび実験によりその有効性を確認した.

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(514), 41-46, 2015-03-16

    Ichushi Web 

  • Fundamental study on scattering suppression technique using equation of beam-wave propagation for optical transillumination imaging  [in Japanese]

    Tanaka Hiroyuki , Namita Takeshi , Kato Yuji , Shimizu Koichi

    これまで,散乱体内部のビーム光伝搬を理論的に解析し,実用性の高いビーム光入射による光透視の可能性を追求してきた.しかし,吸収体の形状復元,照射光不均一性の補正などが不十分であった.本研究では,ビーム光入射時の吸収像を光像に反転させることで散乱抑制および背景の均一化を同時に行う手法を新たに考案した,光学的生体模擬試料を用い提案手法の特性を定量的に評価した.その結果,提案手法の有効性が確かめられた.ま …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(514), 35-40, 2015-03-16

    Ichushi Web 

  • Fundamental Study for Practical Personal Authentication by Transillumination Imaging of Blood Vessels at Wrist  [in Japanese]

    HIRAKIDA Shoichi , MATSUMURA Kenta , KATO Yuji , SHIMIZU Koichi

    手指や手のひらの血管像による個人認証はすでに一般的に行われているが,手首血管の光透視像による個人認証を実現した例は知られていない.手首は,近年出現している腕時計タイプのウェアラブル機器の装着が容易であり,これに認証機能を付加できれば有用と考えられる.そこで我々の開発してきた光透視像技術を応用し,腕時計型デバイスで手首血管透視像による個人認証を行うことを考えた.成人手首部で得られた血管透視像に対して …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(514), 29-33, 2015-03-16

  • Fundamental study for practical application of optical communication through human body  [in Japanese]

    SEKI Daisuke , NAMITA Takeshi , KATO Yuji , SHIMIZU Koichi

    近赤外光を用いた人体通信の実用化に向けて,モバイル化可能な実験系を用いて生体模擬試料(ファントム)および人体における光伝搬特性を調べた.まずファントムを用いた実験により,伝送波形のduty比を下げて尖頭値を高くすることで,光信号伝送可能距離の伸長が期待できることを確認した.次に腕時計型の送光器を作製し,ヒト手部において手首から指先への体内光信号伝送が可能であることを確認した.また,体表からの輻射光 …

    IEICE technical report. Neurocomputing 114(515), 47-52, 2015-03-16

  • Fundamental study for reconstruction of in vivo fluorescent tomographic image using orthogonal function system  [in Japanese]

    SASAKI Hirotaka , NAMITA Takeshi , KATO Yuji , SHIMIZU Koichi

    経皮蛍光イメージングにおける劣化画像の復元には,点拡がり関数(PSF)による画像処理が有効である.我々は,より実用的な応用を考慮し,円柱形状をはじめとする任意形状の散乱媒質におけるPSFを導出し,蛍光体3次元イメージングへの応用を行っている.今回,任意の内部蛍光体に対応するため,PSFの直交性を利用した,新たな断層像再構成手法を開発した.シミュレーションおよび実験によりその有効性を確認した.

    IEICE technical report. Neurocomputing 114(515), 41-46, 2015-03-16

  • Fundamental study on scattering suppression technique using equation of beam-wave propagation for optical transillumination imaging  [in Japanese]

    Tanaka Hiroyuki , Namita Takeshi , Kato Yuji , Shimizu Koichi

    これまで,散乱体内部のビーム光伝搬を理論的に解析し,実用性の高いビーム光入射による光透視の可能性を追求してきた.しかし,吸収体の形状復元,照射光不均一性の補正などが不十分であった.本研究では,ビーム光入射時の吸収像を光像に反転させることで散乱抑制および背景の均一化を同時に行う手法を新たに考案した,光学的生体模擬試料を用い提案手法の特性を定量的に評価した.その結果,提案手法の有効性が確かめられた.ま …

    IEICE technical report. Neurocomputing 114(515), 35-40, 2015-03-16

  • Fundamental Study for Practical Personal Authentication by Transillumination Imaging of Blood Vessels at Wrist  [in Japanese]

    HIRAKIDA Shoichi , MATSUMURA Kenta , KATO Yuji , SHIMIZU Koichi

    手指や手のひらの血管像による個人認証はすでに一般的に行われているが,手首血管の光透視像による個人認証を実現した例は知られていない.手首は,近年出現している腕時計タイプのウェアラブル機器の装着が容易であり,これに認証機能を付加できれば有用と考えられる.そこで我々の開発してきた光透視像技術を応用し,腕時計型デバイスで手首血管透視像による個人認証を行うことを考えた.成人手首部で得られた血管透視像に対して …

    IEICE technical report. Neurocomputing 114(515), 29-33, 2015-03-16

  • Fundamental study for human blood flow change in ELF electric field exposure(2)Possibility of blood flow change by electric field and vibration stimulation  [in Japanese]

    ISHIKAWA Takayuki , SHIMIZU Hisae , KITAMA Masataka , YAMASHITA Masaji , ARISAWA Junji , SHIMIZU Koichi

    我々はこれまで,ELF (Extremely Low Frequency, 0〜300 Hz)電界曝露に伴うヒト末梢血流量変化等の現象を見出してきた.しかし,ELF周波数帯域の電界を曝露する場合,印加電極付近で低周波の機械的振動が生じる.そこで本研究では,電界曝露時の血流変化がこの機械的振動によるものか否かについて実験的検討を行った.まず,血液に対する環境の影響を調べるため,実験環境を変化させ電界 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(408), 111-116, 2015-01-22

    Ichushi Web 

  • Fundamental study to realize optical imaging of arteriovenous fistula with PSF  [in Japanese]

    ENOMOTO Takahiro , KITAMA Masataka , SHIMIZU Hisae , YAMASHITA Masaji , ARISAWA Junji , TANAKA Yoshinori , SHIMIZU Koichi

    人工透析療法のため前腕部に造設する内シャントは,狭窄や閉塞を起こしやすく,日常的な管理が重要である.我々は,生体の光透視により,簡易な装置で非侵襲的に内シャントをイメージングする方法を考案し,その実現のための検討を行ってきた.ここでは,光散乱に伴う画像劣化を点拡がり関数を用いて改善し,画像の輝度プロファイルから血管内径の推定を試みた.ヒト前腕部のモデルファントムを用いた実験を行い,校正曲線を用いて …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(408), 105-109, 2015-01-22

    Ichushi Web 

  • Feasibility to observe vascular property changes by optical imaging of internal shunt  [in Japanese]

    北間 正崇 , 加藤 尚嵩 , 清水 久恵 , 山下 政司 , 奥山 豪 , 菊池 明泰 , 熊澤 誠志 , 島雄 大介 , 清水 孝一

    研究紀要 = Bulletin of Hokkaido University of Science (40), 57-61, 2015

    IR  Ichushi Web 

Page Top