川島 博之 Kawshima Hiroyuki

ID:1000030161318

東京大学大学院農学生命科学研究科 Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 83

  • 1 / 5
  • Assessing the impacts of the land development system on land prices in Vietnam's metropolises

    VU Minh Hoang , KAWASHIMA Hiroyuki

    <p>ベトナムの大都市であるホーチミン市とハノイ市の土地価格は、現在の経済発展水準に比べて極めて高い。ベトナムの土地開発システムを分析したが、農地転用による土地供給が住宅需要の増加に対応できないことが土地価格高騰の原因と考えられる。価格が安いために、農民は農地売却に消極的である。また、開発業者は不安定な土地市場と高い税率のために意欲を失っている。この問題を解決するためには、農民により高 …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 33(4), 123-136, 2018

    J-STAGE 

  • System thinking and system agriculture:- Why system agriculture was born, why could not grow -  [in Japanese]

    KAWASHIMA Hiroyuki

    <p>システム農学会がなぜ設立され、なぜ成長することができなかったかについて考察した。設立された理由は、農業の諸科学が細かく分かれすぎており、現実の問題を解決できなくなっているとの思いがあったためである。分野を超える学問分野が必要とされた。だが、日本人はシステム的な思考を好まない。これは日本人が島国でコメを作っていたからだと考えられる。日本人はコメを作るために小さな村に生きて来た。また …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 33(3), 89-94, 2017

    J-STAGE 

  • Environment and farming-and-stockbreeding structure in Horqin Desert, Inner Mongolia Autonomous Region, China:A report of questionnaire survey in desertification area of Naiman Qi  [in Japanese]

    WUYUNNA , OKAMOTO Katsuo , KAWASHIMA Hiroyuki

    科爾沁(Horqin)沙地の典型地区である内モンゴル奈曼(Naiman)旗の3村(M、B、S)の自然環境と農(牧)民生活実態の聞き取り調査を行った。結果は、住民を収入の高・中・低により3段階に分けてまとめた。収入構造と生産投入の関係を解析し、科爾沁沙地の持続可能な土地利用を考察した。さらに、環境経済学的視点から、砂漠化地域の持続的土地利用対策を検討した。収入構造を見ると、M村が牧畜業を主とし、B村 …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 28(1), 29-45, 2012

    J-STAGE 

  • World Food Production and Biomass Energy : Outlook for 2050  [in Japanese]

    KAWASIMA Hiroyuki

    現在,世界の食糧事情に関しては,さまざまな議論がなされているが,国内では昭和40年に73%であった食糧自給率は,平成12年には40%と大きく低下し今日に至っており,主要先進国の中でも最低水準である。この背景には我が国の食生活が大きく変化したことがあり,米の消費が減少し,油脂類や畜産物の消費が増加している。世界的な食糧の需給については,極めて多種多様な要素が関係しているので,その実態の把握については …

    JOURNAL OF THE BREWING SOCIETY OF JAPAN 105(3), 118-123, 2010-03-15

    J-STAGE  JASI 

  • World Food Production and Biomass Energy-Outlook for 2050-  [in Japanese]

    KAWASIMA Hiroyuki

    1950年頃から世界の食料生産量は順調に増加し始めたが、このことが人口爆発を支えたと言っても良いだろう。この増加は工業的に製造した窒素肥料があって初めて可能になったものである。生産量が順調に増加する中で穀物価格は低迷していたが、2006年頃から急に上昇し始めた。しかし、その後、2008年秋に急落し、現在も低迷したままである。価格上昇の原因として当初バイオマスのエネルギーが疑われたが、それは需給のバ …

    MACRO REVIEW 22(2), 3-9, 2010

    J-STAGE 

  • Analysis of the Business Diversification by the Biogasification of the Livestock Excrement  [in Japanese]

    MIWA Yasufumi , KAWASHIMA Hiroyuki

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集 2008, 288-293, 2008-12-15

    References (9)

  • Estimation of food consumption and possibility of energy crop production using surplus paddy areas in Indonesia  [in Japanese]

    KAWACHI Jun , SHINDO Junko , OKAMOTO Katsuo , KAWASHIMA Hiroyuki

    東南アジアで最大の国土面積を有するインドネシアを対象とし、食料と競合することなく、森林面積を減少することなく生産可能なエネルギー作物の潜在量を推計した。東南アジア各国では、経済成長による食の欧米化に伴い、一人当たりコメ消費量の低下が起こり始めている。一方、コメ単収は着実に増加し続けており、今後はエネルギー作物生産が可能な余剰水田の発生が期待される。近年インドネシアにおいても、一人当たりコメ消費量が …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(4), 233-242, 2008-10-10

    J-STAGE  References (15)

  • Provincial Food Demand Projection in China : toward 2030  [in Japanese]

    HONDA Manabu , SHINDO Junko , OKAMOTO Katsuo , KAWASHIMA Hiroyuki

    都市化や高齢化といった人口構成の変化を考慮し,中国の食料需要量を省市自治区・都市農村別に予測した。予測モデルは人口部門と食料需要部門から成る。人口部門では,人口移動を考慮したコホートモデルを用いて将来人口を推計し,食料需要部門では,所得を外生変数として一人当たり食料需要量を予測した。データの精度が疑わしい場合は,文献を参考に補正を行った。推計の結果,食用穀物及び動物性食品の需要量は,2005年の1 …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(3), 157-165, 2008-07-10

    J-STAGE  References (26)

  • The Environmental pollution prolonged by Asian-style development : In case of Dianchi Lake, Yunnan Province, China  [in Japanese]

    HAMAGUCHI Wataru , OKAMOTO Katsuo , SHINDO Junko , KAWASHIMA Hiroyuki

    中国雲南省〓池の窒素汚染から,アジア型経済発展が環境に与える影響を分析した。アジア型経済発展の特徴として,(1)短期間での動物性タンパク摂取量増加,(2)都市への人口集中を挙げることができる。本研究では〓池における1950年から2000年にかけての窒素濃度上昇要因を分析し,その結果から今後の窒素濃度を予測した。「人口」,「食物消費量」,「窒素肥料使用量」,「家畜頭数」などから〓池に流入する窒素負荷 …

    ENVIRONMENTAL SCIENCE 21(2), 143-152, 2008-03-30

    J-STAGE  References (21)

  • Energy crops production using surplus paddy areas in South East Asia  [in Japanese]

    KAWASHIMA Hiroyuki , SHINDO Junko , HORI Masayuki

    東南アジアでは経済成長に伴い一人当たり米消費量が減少し始めている。一方,米の単収は増加し続けており,今後,水田が余る事態が予想される。この余剰農地を利用すれば,森林面積を減少させることなく,エネルギー作物の生産が可能である。余剰農地は2050年においてインドネシア,マレーシア,フィリピン,タイ,ベトナムの5ヶ国合計で1,560万haと予測される。そこからサトウキビ11億8,000万トンの生産が可能 …

    ENVIRONMENTAL SCIENCE 20(4), 279-289, 2007-07-31

    J-STAGE  References (10) Cited by (2)

  • Investigation of the Nitrogen Concentration in Groundwater and River Water and Nitrogen Loads to the Environment in Yanbian, Jilin, China

    ZHENG Yingjie , HAYASHI Yoshishige , JIN Dongri , PIAO Chunxiang , LIU Faxian , KAWASHIMA Hiroyuki , SHINDO Junko , OKAMOTO Katsuo , KAWANISHI Takuya

    We surveyed agricultural practices together with nitrogen concentrations in groundwater in Yanbian, Jilin, China. The nitrogenous fertilizer input into the 20 fields investigated was 100- 2190 kg-N/ha …

    Journal of Ecotechnology Research 13(1), 43-52, 2007

    J-STAGE 

  • Availability of Biomass Energy in Indonesia  [in Japanese]

    MIWA Yasufumi , KAWASHIMA Hiroyuki

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集 2006, 303-307, 2006-12-31

    References (10)

  • Roles of remote sensing and GIS in material cycle model-based analysis  [in Japanese]

    OKAMOTO Katsuo , SHINDO Junko , KAWASHIMA Hiroyuki

    <p>Studies of the agricultural production, the vegetative productivity and the environmental change on a continental/global scale have been possible using remote sensing data and geographical in …

    Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences 36(3), 137-144, 2006-08-31

    J-STAGE  References (15)

  • Sustainable society, viewpoint from nitrogen cycle : Food production and water quality in the Edo Era  [in Japanese]

    KAWASHIMA Hiroyuki

    <p>Nitrogen budget relating with food production and consumption in 1885 was calculated from the agricultural statistics. The amount of protein supply per capita was estimated to be about 70% of …

    Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences 36(3), 123-135, 2006-08-31

    J-STAGE  References (17)

  • Contribution of ammonia emission from agriculture to the atmospheric nitrogen load in East Asia  [in Japanese]

    SHINDO Junko , OKAMOTO Katsuo , KAWASHIMA Hiroyuki

    <p>Yearly changes and spatial variation of ammonia emission from agricultural activities were evaluated for 13 countries of eastern Asia from 1981 to 2002 based on the data of each country and e …

    Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences 36(3), 95-104, 2006-08-31

    J-STAGE  References (25) Cited by (3)

  • A Projection of Surplus Labor in ASEAN's Agricultural Sector for 2020  [in Japanese]

    FURUHASHI Gen , KAWASHIMA Hiroyuki , OHGA Keiji

    Journal of agricultural development studies 16(3), 1-12, 2006-03-31

    References (19)

  • Safety Systems for Agricultural Exports from Thailand to Japan  [in Japanese]

    WATANABE Natsuki , TAKADA Naoya , KAWASHIMA Hiroyuki

    本稿では, タイの農産物の安全対策の現状を把握するため, 現地輸出業者に対して聞き取り調査を行い, タイの農産物安全対策の現状と課題について考察した.日本での残留農薬問題解決のため, タイ政府は輸出業者に対し適正農業規範(GAP)に沿った安全な産品を輸出するよう要求した.そのため各輸出業者は農家に生産の改善を促し, 生産の各プロセスの危害を厳しく分析し, それらを最小限にとどめるGAPの概念を徹底 …

    Japanese journal of tropical agriculture 49(4), 302-307, 2005-12-01

    References (3)

  • Nationwide estimation of nitrogen load and nitrogen concentration in natural stream water  [in Japanese]

    SHINDO Junko , KONOHIRA Eiichi , YOSHIOKA Takahito , OKAMOTO Katsuo , KAWASHIMA Hiroyuki

    Environmental science 18(4), 455-463, 2005-07-29

    References (25) Cited by (6)

  • Estimation of the spatial distribution of rice-planting date by using multitemporal RADARSAT SAR data : Comparison of the spatial distribution of rice-planting date with environmental factors on the middle and upper areas of Ishikari Basin  [in Japanese]

    SAKAMOTO Toshihiro , OKAMOTO Katsuo , KAWASHIMA Hiroyuki

    本研究では、多時期RADARSAT画像を解析することによって、水稲田植日の空間分布を推定する手法開発を試みた。また、本研究で対象とした石狩川中上流域において、土壌タイプや平均気温の分布と田植日の分布が空間的に関連しているかどうかを面的に比較調査した。水稲田植日は、水田の湛水・非湛水の時系列変化を調べることによって求めた。また、水稲作付面積の推定も行い、市町別の誤差範囲は、-11.5%~+25.7% …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 21(1), 25-32, 2005-04-10

    J-STAGE  References (21)

  • Safety Systems for Agricultural Exports from Thailand to Japan  [in Japanese]

    WATANABE Natsuki , TAKADA Naoya , KAWASHIMA Hiroyuki

    本稿では, タイの農産物の安全対策の現状を把握するため, 現地輸出業者に対して聞き取り調査を行い, タイの農産物安全対策の現状と課題について考察した.日本での残留農薬問題解決のため, タイ政府は輸出業者に対し適正農業規範 (GAP) に沿った安全な産品を輸出するよう要求した.そのため各輸出業者は農家に生産の改善を促し, 生産の各プロセスの危害を厳しく分析し, それらを最小限にとどめるGAPの概念を …

    Japanese Journal of Tropical Agriculture 49(4), 302-307, 2005

    J-STAGE 

  • 1 / 5
Page Top