板倉 文忠 ITAKURA Fumitada

ID:1000030168299

名城大学理工学研究科 Graduate School of Meijo University (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  101-120 of 279

  • A Study on Modeling of Background Noise Signals for Low Bitrate Speech Coding  [in Japanese]

    YOSHIDA Koji , ITAKURA Fumitada

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(1), 385-386, 2001-03-01

    References (6)

  • Characteristics of Driver's Utterances in Phone Number Guidance Task While Driving and Stopping  [in Japanese]

    SHIMIZU Tsukasa , WAKITA Toshihiro , TAKEDA Kazuya , KAWAGUCHI Nobuo , ITAKURA Fumitada

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(1), 215-216, 2001-03-01

    References (4) Cited by (3)

  • Collection of data for spoken dialogue in car using spoken dialogue system  [in Japanese]

    HAYAKAWA S. , ISOBE T. , KAWAGUCHI N. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(1), 213-214, 2001-03-01

    References (5) Cited by (8)

  • Automatic transcription of spoken dialogues in a car  [in Japanese]

    SEGAWA O. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(1), 155-156, 2001-03-01

    References (5)

  • Speech Recognition in noisy environment using models without specified bands  [in Japanese]

    KAWAMURA T. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(1), 75-76, 2001-03-01

    References (3)

  • Physical Modeling of the Sho  [in Japanese]

    HIKICHI Takafumi , OSAKA Naotoshi , ITAKURA Fumitada

    本研究では、笙の物理モデル構築を目的としている。フリーリード振動に関する文献で用いられた定式化を参考に笙の物理モデルを構築し、時間領域シミュレーションを行う。また、人工吹鳴装置を用いて実際の楽器のリード振動、管内圧力、発振閾値圧を実測する。管長と発振閾値圧、管長と発音周波数、吹鳴圧と発音周波数等の関係について、実測値とシミュレーション結果を比較する。その結果、管長と閾値圧及び発音周波数について類似 …

    IPSJ SIG Notes 39, 35-42, 2001-02-22

    References (20)

  • Physical Modeling of the Sho  [in Japanese]

    HIKICHI Takafumi , OSAKA Naotoshi , ITAKURA Fumitada

    本研究では、笙の物理モデル構築を目的としている。フリーリード振動に関する文献で用いられた定式化を参考に笙の物理モデルを構築し、時間領域シミュレーションを行う。また、人工吹鳴装置を用いて実際の楽器のリード振動、管内圧力、発振閾値圧を実測する。管長と発振閾値圧、管長と発音周波数、吹鳴圧と発音周波数等の関係について、実測値とシミュレーション結果を比較する。その結果、管長と閾値圧及び発音周波数について類似 …

    IEICE technical report. Speech 100(635), 35-42, 2001-02-15

    References (20) Cited by (1)

  • Q&Aコーナー  [in Japanese]

    板倉 文忠

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 58(1), 81, 2001

    J-STAGE 

  • Interpolation of head related transfer functions of azimuth and elevation  [in Japanese]

    Nishino Takanori , Kajita Shoji , Takeda Kazuya , Itakura Fumitada

    頭部伝達関数(Head Related Transfer Function:HRTF)を用いることによりヘッドホン受聴により立体音場を再現することが可能となる.HRTFは, 音源方向に依存した伝達特性関数であるため, HRTFを用いた立体音場再生システムでは, HRTFが測定されている方向については, 音波の到来を模擬することが可能である.しかし, HRTFが測定されていない方向から音波が到来する …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 57(11), 685-692, 2001

    J-STAGE  References (13) Cited by (12)

  • Design and Characterization of In-Car Speech Corpus  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Nobuo , MATSUBARA Shigeki , WAKAMATSU Yoshihiro , KAJITA Masashi , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , INAGAKI Yasuyoshi

    This paper describes the design and the characterization of the in-car speech corpus which CIAIR at Nagoya University has been collecting. The investigation of 126 spoken dialogues has indicated the f …

    IPSJ SIG Notes 34, 179-184, 2000-12-21

    IR  References (13) Cited by (6)

  • Continuous Speech Recognition without End-point Detection  [in Japanese]

    SEGAWA Osamu , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    入力音声の明示的な端点検出を必要としない新しい連続音声認識手法を提案する。本手法では数秒程度の一定時間長の処理ブロックを認識すると同時に終端で途切れた単語区間をバックトラックによって修復しながら連続的にデコードを続けるため、端点検出や発話単位の考慮無しに無限長の入力音声を認識することが可能である。基本的なアルゴリズムは次のとおりである。1)一定時間長の処理ブロックの認識を行う。2)処理ブロックの終 …

    IPSJ SIG Notes 34, 101-106, 2000-12-21

    References (9) Cited by (1)

  • Design and Characterization of In-Car Speech Corpus  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Nobuo , MATSUBARA Shigeki , WAKAMATSU Yoshihiro , KAJITA Masashi , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , INAGAKI Yasuyoshi

    本稿では、名古屋大学音響情報研究拠点(CIAIR)で構築中の実走行車内音声対話コーパスの設計と特徴について述べる。道案内や店情報検索をタスクとする162対話を対象とした特徴分析の結果、(1)ドライバーの発話速度は通常の対話音声に比べて遅く、5〜7(mora/sec)である、(2)ドライバーの発話におけるフィラーの出現頻度は、1発話単位あたしり0.33個、1秒あたり0.174個であり、通常の人間対人 …

    IEICE technical report. Speech 100(523), 61-66, 2000-12-15

    References (13) Cited by (2)

  • Design and Characterization of In-Car Speech Corpus  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Nobuo , MATSUBARA Shigeki , WAKAMATSU Yoshihiro , KAJITA Masashi , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , INAGAKI Yasuyoshi

    本稿では、名古屋大学音響情報研究拠点(CIAIR)で構築中の実走行車内音声対話コーパスの設計と特徴について述べる。道案内や店情報検索をタスクとする162対話を対象とした特徴分析の結果、(1)ドライバーの発話速度は通常の対話音声に比べて遅く、5〜7(mora/sec)である、(2)ドライバーの発話におけるフィラーの出現頻度は、1発話単位あたり0.33個、1秒あたり0.174個であり、通常の人間対人間 …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 100(521), 61-66, 2000-12-15

    References (13) Cited by (6)

  • Continuous Speech Recognition without End-point Detection  [in Japanese]

    SEGAWA Osamu , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    入力音声の明示的な端点検出を必要としない新しい連続音声認識手法を提案する。本手法では数秒程度の一定時間長の処理ブロックを認識すると同時に終端で途切れた単語区間をバックトラックによって修復しながら連続的にデコードを続けるため、端点検出や発話単位の考慮無しに無限長の入力音声を認識することが可能である。基本的なアルゴリズムは次のとおりである。1)一定時間長の処理ブロックの認識を行う。2)処理ブロックの終 …

    IEICE technical report. Speech 100(522), 101-106, 2000-12-14

    References (9)

  • Continuous Speech Recognition without End-point Detection  [in Japanese]

    SEGAWA Osamu , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    入力音声の明示的な端点検出を必要としない新しい連続音声認識手法を提案する。本手法では数秒程度の一定時間長の処理ブロックを認識すると同時に終端で途切れた単語区間をバックトラックによって修復しながら連続的にデコードを続けるため、端点検出や発話単位の考慮無しに無限長の入力音声を認識することが可能である。基本的なアルゴリズムは次のとおりである。1)一定時間長の処理ブロックの認識を行う。2)処理ブロックの終 …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 100(520), 101-106, 2000-12-14

    References (9)

  • Robust Speech Recognition Based on Space Diversity Taking Room Acoustics into Account  [in Japanese]

    SHIMIZU Yasuhiro , KAJITA Shoji , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    本論文では, 室内に分散配置したマルチマイクロホンによるスペースダイバーシチ型音声認識手法について述べる.スペースダイバーシチ型音声認識の基本的な考え方は, 残響や妨害雑音のある劣悪な音響環境下で発声された音声を様々な地点で観測し, その中から何らかの基準に従って信頼度の高い情報を得ることにより, 高精度な音声認識を行うというものである.このようなシステムの実現には, (1)マイクロホンから離れた …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00083(00011), 2448-2456, 2000-11-25

    References (11) Cited by (8)

  • Linear Space Representation of Language Probability through SVD of N-gram Matrix  [in Japanese]

    TERASHIMA Shiro , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    単語N-gramモデルに必要なパラメータ量は, 語彙サイズのN乗に相当する.そのため, 応用分野によってはパラメータ空間の圧縮が不可欠である.本研究では, N組単語の共起頻度行列の特異値分解(SVD)を行い, 単語, 構文状態それぞれをK次元空間上のベクトルとし, 少ない次元数でもとの行列を近似することによりN-gram確率パラメータ空間の圧縮を試みた.その結果, ベクトル空間においてTrigra …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00083(00011), 2388-2396, 2000-11-25

    References (7)

  • Audio Date Hiding Using Band Elimination  [in Japanese]

    IKEDA Mikio , TOYOSHIMA Ryouzoh , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    本論文では, バンドエリミネーションの中心周波数と帯域幅の組合せによるオーディオ信号へのデータハイディングを提案する.そのために, バンドエリミネーションの中心周波数と帯域幅の検知限を主観評価により調査した.主観評価の結果より, データハイディングのためのバンドエリミネーションの中心周波数と帯域幅を決定した.実際にデータハイディングを行った結果, 処理ひずみによる劣化はほとんど知覚されないことがわ …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00083(00011), 2350-2359, 2000-11-25

    References (15) Cited by (4)

  • Improvement of STRAIGHT Method under Noisy Conditions Based on Lateral Inhibitive Weighting  [in Japanese]

    TODA Tomoki , BANNO Hideki , KAJITA Syoji , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , SHIKANO Kiyohiro

    雑音環境下におけるSTRAIGHT分析合成系の音声の品質を改善する方法として, 側抑制性重み付け(LIW:Lateral Inhibitive Weighting)によるスペクトルシェーピングを提案する.LIWのディップの深さと帯域幅を適切に選ぶことによって, SN比が0dBから10dB程度の範囲では, ケプストラムひずみが男性女性ともに0.2dB程度改善されることがわかった.ところが, SN比が …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00083(00011), 2180-2189, 2000-11-25

    IR  References (16) Cited by (1)

  • In-Car Speech Database  [in Japanese]

    河口 信夫 , 松原 茂樹 , 岩 博之 , 梶田 将司 , 武田 一哉 , 板倉 忠 , 稲垣 康善 , KAWAGUCHI Nobuo , MATSUBARA Shigeki , IWA Hiroyuki , KAJITA Shoji , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , INAGAKI Yasuyoshi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2000年_情報・システム, 309-310, 2000-09-07

    IR 

Page Top