板倉 文忠 ITAKURA Fumitada

ID:1000030168299

名城大学理工学研究科 Graduate School of Meijo University (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  61-80 of 279

  • Multiple Regression using Support Vector Machines for Recognition of Speech in a Moving Car Environment

    LEE Weifeng , SEKHAR C. CHANDRA , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    走行中の車内収録音声データを用いたサポートベクトルマシン(SVM)によるパターン認識とSVM回帰の性能を検討した.線形回帰に比べてSVMを用いた非線形回帰の回帰能力が良いことがわかった.音素認識についても,従来のHMMよりSVMを用いた方は高い識別能力を持つ.

    IEICE technical report. Speech 102(335), 13-17, 2002-09-17

    References (12)

  • Multiple Regression using Support Vector Machines for Recognition of Speech in a Moving Car Environment

    LEE Weifeng , SEKHAR C. CHANDRA , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    走行中の車内収録音声データを用いたサポートベクトルマシン(SVM)によるパターン認識とSVM回帰の性能を検討した.線形回帰に比べてSVMを用いた非線形回帰の回帰能力が良いことがわかった.音素認識についても,従来のHMMよりSVMを用いた方は高い識別能力を持つ.

    Technical report of IEICE. DSP 102(333), 13-17, 2002-09-17

    References (12)

  • Concept Sequence Extraction from Spoken Language with HMM  [in Japanese]

    OTA Mamoru , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    頑健な音声対話システムのために,従来の言語モデルに比べ対話特有の表現に対応できるモデルとして,統計的確率モデルである隠れマルコフモデル(HMM)による,概念モデルについて検討する.対話が含むいくつかの概念をHMMでモデル化し,N-gramにより概念間の遷移確率を求めることで,対話の書き起こしテキストから対話概念の系列を抽出する.実際に定義した概念HMMについて,3000文の対話文で学習した結果,レ …

    IEICE technical report. Speech 102(160), 37-41, 2002-06-21

    References (4)

  • In-Car Speech Recognition based on Multiple Regression of Spectra

    SHINDE Tetsuya , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    本稿では,雑音環境下でのマルチチャンネルによる新しい音声認識手法を提案する.提案手法は,分散マイクロホンで収録した雑音重畳音声の対数スペクトルの重回帰により,接話マイクロホン音声の対数スペクトルを推定することで,音源とマイクロホンの位置が変動する場合でも,直接車内音声認識に適用することができる.提案手法を用いた様々な走行状況下での孤立単語認識実験において,最大15%の誤り率改善が得られた.

    Technical report of IEICE. EA 102(33), 19-22, 2002-04-19

    References (7)

  • In-Car Speech Recognition based on Multiple Regression of Spectra

    SHINDE Tetsuya , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    本稿では,雑音環境下でのマルチチャンネルによる新しい音声認識手法を提案する.提案手法は,分散マイクロホンで収録した雑音重畳音声の対数スペクトルの重回帰により,接話マイクロホン音声の対数スペクトルを推定することで,音源とマイクロホンの位置が変動する場合でも,直接車内音声認識に適用することができる.提案手法を用いた様々な走行状況下での孤立単語認識実験において,最大15%の誤り率改善が得られた.

    IEICE technical report. Speech 102(35), 19-22, 2002-04-19

    References (7)

  • Relation between the Optical Flow of the front image of a car, and in-the-car noise  [in Japanese]

    TSUJI Y. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 757-758, 2002-03-18

    References (3) Cited by (3)

  • Spaciousness of spatial audio compression technique using inverse filters  [in Japanese]

    KIMURA T. , KAKEHI K. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 595-596, 2002-03-18

    References (5) Cited by (1)

  • The effect of stimulus type and duration in the error pattern of sound localization  [in Japanese]

    ARAKI Junji , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 449-450, 2002-03-18

    References (4)

  • Making speech corpus recorded by pin-microphone and the evaluation of its phonetic models  [in Japanese]

    TATARA Kiyoshi , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 195-196, 2002-03-18

    References (3) Cited by (1)

  • Speech enhancement based on multiple regression of distant speech  [in Japanese]

    SHINDE T. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 187-188, 2002-03-18

    References (3)

  • 走行状況別車内音声データベースとその予備評価  [in Japanese]

    武田 一哉 , 河口 信夫 , 藤井 博厚 , 北 勝也 , 板倉 文忠

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 185-186, 2002-03-18

    References (4) Cited by (11)

  • Speech Recognition for Whispered Speech in Real Environments  [in Japanese]

    ITO T. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 21-22, 2002-03-18

    References (3)

  • In-Car Spoken Dialogue Database  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Nobuo , MATSUBARA Shigeki , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , INAGAKI Yasuyoshi

    名古屋大学統合音響情報研究拠点(CIAIR)では, 実走行車内における音声や対話を継続的に収録している.本稿では, これまでに収録されている車内音声対話データベースの状況について報告する.本データベースでは, 被験者であるドライバの対話相手として, ナビゲータ(人), Wizard of OZシステム, および音声対話システムという異なる対象との対話を収録している.本稿では, データベースの構成, …

    IPSJ SIG Notes 39, 141-146, 2001-12-20

    References (13) Cited by (4)

  • In-Car Spoken Dialogue Database  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Nobuo , MATSUBARA Shigeki , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , INAGAKI Yasuyoshi

    名古屋大学統合音響情報研究拠点(CIAIR)では, 実走行車内における音声や対話を継続的に収録している.本稿では, これまでに収録されている車内音声対話データベースの状況について報告する.本データベースでは, 被験者であるドライバの対話相手として, ナビゲータ(人), Wizard of OZシステム, および音声対話システムという異なる対象との対話を収録している.本稿では, データベースの構成, …

    IEICE technical report. Speech 101(523), 31-36, 2001-12-14

    References (13) Cited by (3)

  • In-Car Spoken Dialogue Database  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Nobuo , MATSUBARA Shigeki , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , INAGAKI Yasuyoshi

    名古屋大学統合音響情報研究拠点(CIAIR)では, 実走行車内における音声や対話を継続的に収録している.本稿では, これまでに収録されている車内音声対話データベースの状況について報告する.本データベースでは, 被験者であるドライバの対話相手として, ナビゲータ(人), Wizard of OZシステム, および音声対話システムという異なる対象との対話を収録している.本稿では, データベースの構成, …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 101(521), 31-36, 2001-12-14

    References (13)

  • A Study on Car-Noise Generation Using Car Driving Database  [in Japanese]

    BAN Y. , BANNO H. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 885-886, 2001-10-01

    References (2) Cited by (1)

  • Synthesis of various timbre using the sho physical model  [in Japanese]

    HIKICHI T. , OSAKA N. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 755-756, 2001-10-01

    References (3)

  • Oscillation condition of the physical model of the sho  [in Japanese]

    HIKICHI T. , OSAKA N. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 753-754, 2001-10-01

    References (4)

  • A study of multi-channel audio coding using spatial information and its sound localization  [in Japanese]

    KIMURA T. , KAKEHI K. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 711-712, 2001-10-01

    References (3) Cited by (3)

  • Acoustic Analysis for Speech Recognition of Whispered Voice  [in Japanese]

    ITO T. , TAKEDA K. , ITAKURA F.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 205-206, 2001-10-01

    References (3) Cited by (4)

Page Top