福田 恭介 Fukuda Kyosuke

Articles:  1-15 of 15

  • Affective word presentation as a means to investigate the relationship between pupillary response and depression- anxiety among university students  [in Japanese]

    森 久美子 , 福田 恭介 , 松尾 太加志 , 志堂寺 和則 , 早見 武人

    Pupil dilation is mediated by the inhibition of the parasympathetic Edinger-Westphal oculomotor and the facilitation of sympathetic ophthalmic nerve activity. That emotional and sensory events provoke …

    福岡県立大学人間社会学部紀要 23(2), 33-44, 2015-02-27

    IR 

  • Affective word presentation as a means to investigate the relationship between pupillary response and depression-anxiety among university students  [in Japanese]

    森 久美子 , 福田 恭介 , 松尾 太加志 [他]

    福岡県立大学人間社会学部紀要 23(2), 33-44, 2015-02

  • Automatic blink detection using pattern recognition of eye images  [in Japanese]

    HAYAMI Takehito , FUKUDA Kyosuke , MATSUO Takashi , SHIDOJI Kazunori

    安価な情報端末に付属したUSBカメラを用いて記録した眼画像から,瞬目を自動的に検出するために画像処理によるテンプレートマッチングを行った.ゲームプレイ中の顔の映像における開眼状態と閉眼状態の2種類の眼画像をテンプレートとして,相関係数を用いて瞬目を検出した.各テンプレートを使用した場合と目視による判定は概ね一致していたが,閉眼の状態によっては異なる場合もあり,目的に応じたテンプレートの使い分けが必 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 111(423), 135-139, 2012-01-27

  • Automatic blink detection using pattern recognition of eye images  [in Japanese]

    HAYAMI Takehito , FUKUDA Kyosuke , MATSUO Takashi , SHIDOJI Kazunori

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 2012(2), 135-139, 2012-01-27

    References (2)

  • Automatic blink detection using pattern recognition of eye images  [in Japanese]

    HAYAMI Takehito , FUKUDA Kyosuke , MATSUO Takashi , SHIDOJI Kazunori

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 111(423), 135-139, 2012-01-20

    References (2)

  • The use of metaphors by students to evaluate and compare their actual and ideal classroom experience  [in Japanese]

    Fukuda Kyosuke , Bunya Toshiko , Natsuhara Kazumi , Miyazaki Akio

    本学で行われている現実の授業と理想の授業に対するイメージ、さらに本学の教員と理想の教員に対するイメージを学生に比喩的に表現させた。それによって、理想と現実の授業および理想と現実の教員の比較を行い、これから授業を改善していくための手がかりを得ることを本研究の目的とした。その結果、現実の授業は道標にはなるが一方的に行われているというイメージ であったのに対し、理想の授業は、笑いや遊びの要素をいれること …

    Journal of the Faculty of Integrated Human Studies and Social Sciences, Fukuoka Prefectural University 17(2), 81-93, 2009-01

    IR 

  • The effect of parent-training lectures on parental behavior and awareness in relation to children of four years of age  [in Japanese]

    Fujimoto Natsumi , Fukuda Kyosuke

    ペアレントトレーニングとは、発達障害児の親に学習や行動の原理に基づいて子どもの問題行動や未熟な生活スキルへの対処スキルを親に習得させ、それらの問題の改善を図ることを目的としたプログラムである。本研究では、ペアレントトレーニングの情報提供をすることで健常な4歳児をもつ親の養育態度がどのように変化するかを検討した。初めに、予備調査において、親の養育認知や養育行動の内容について調べ、本実験で使用する質問 …

    Journal of the Faculty of Integrated Human Studies and Social Sciences, Fukuoka Prefectural University 16(1), 109-121, 2007-11

    IR 

  • Tonic and phasic blink activities during vigilance tasks  [in Japanese]

    Fukuda Kyosuke , Hayami Takehito , Shidoji Kazunori , Matsuo Takashi

    持続性(tonic)瞬目とは、長時間のサンプリングタイムにおける瞬目発生の変動を意味し、視覚課題に従事しているときは時間経過とともに瞬目数は増加する。それに対して一過性(phasic)瞬目とは、短時間のサンプリングタイムにおける瞬目発生の変化を意味し、ある 事象に伴って瞬目が抑制されたり発生したりするというものである。本研究では、tonic瞬目と phasic瞬目について、これまでの研究を概観し、 …

    Journal of the Faculty of Integrated Human Studies and Social Sciences, Fukuoka Prefectural University 15(2), 27-35, 2007-03

    IR 

  • Faculty Development on the Basis of Students' Evaluation of their Classes in FPU (Fukuoka Prefectural University)  [in Japanese]

    Fukuda Kyosuke , Honda Junko , Miyazaki Akio , Bunnya Toshiko , Nigel Stott

    福岡県立大学人間社会学部で2002年に行われた、78授業に対する延べ2980名の学生による授業評価を元に、授業をどのように改善すればよいかについて検討した。各授業(78授業)について、評価項目(19項目、5件法)の平均得点を求め、因子分析を行った結果、4つの因子(わかりやすさ、授業の組み立て、シラバス、環境)から構成されることが示された。78授業について、各因子に因子負荷量の高い項目から、尺度を構 …

    Journal of the Faculty of Integrated Human Studies and Social Sciences, Fukuoka Prefectural University 14(2), 65-73, 2006-03

    IR 

  • 書評 友枝敏雄編『心と社会をはかる・みる--人間科学への招待』  [in Japanese]

    Nakamura Shinsuke , Fukuda Kyosuke

    Sociology and anthropology (5), 143-146, 2006

    IR  DOI 

  • An Evalution of the Parent Training Program for Developmentally Disabled Children in Fukuoka Prefectural University (2)  [in Japanese]

    Fukuda Kyosuke , Nakafuji Hiromi , Honda Junko , Okitsu Mariko

    「親訓練」とは、主に発達障害児の親に対して行われる訓練を指し、親(養育者)は自分の 子どもに対して最良の治療者になることができるという考えに基づいている (山上、1998)。われ われは、 1999年から2003年にかけて福岡県立大学において親訓練プログラムを実施してきた。2000年には、1年間における親訓練プログラムの評価を9組の親子について行った(福田・中藤, 2000).その後、試行錯誤を重 …

    Journal of the Faculty of Integrated Human Studies and Social Sciences, Fukuoka Prefectural University 13(2), 35-49, 2005-03

    IR  Cited by (2)

  • Psychological Aspects of Eye and Pupillary Movement : Mental Situation Can Be Recognized by Eye and Pupillary Movements?  [in Japanese]

    FUKUDA Kyosuke

    Journal of the eye 13(11), 1669-1674, 1996-11-30

    Ichushi Web  References (12)

  • ビデオ画像記録による瞬目自動解析システムの開発  [in Japanese]

    松尾 太加志 , 福田 恭介

    Japanese journal of physiological psychology and psychophysiology 14(1), 17-21, 1996-06

    Cited by (7)

  • 10 肥前方式親訓練(HPST)プログラムによる親の養育態度の変化(口頭発表-2,研究発表)  [in Japanese]

    温泉 美雪 , 大隈 紘子 , 中野 俊明 , 陣内 咲子 , 伊藤 啓介 , 免田 賢 , 後藤 晶子 , 小原 葉子 , 福田 恭介 , 山上 敏子

    日本行動療法学会大会発表論文集 (21), 78-79, 1995-12-02

  • Development and Outcome of the Hizen Parenting Skills Training Progrem for Mothers of Children with Mental Retardation  [in Japanese]

    Menta Masaru , Ito Keisuke , Okuma Hiroko , Nakano Toshiaki , Jinnouchi Sakiko , Onsen Miyuki , Fukuda Kyosuke , Yamagami Toshiko

    われわれは行動療法に基づいた精神遅滞児の親のための親訓練プログラム(HPSTプログラム)を開発した。本プログラムは10セッションからなっている。プログラムは集団と個別形式からなり,内容は視聴覚教材を多用した講義の集団訓練と家庭での実践をもとにした個別訓練で構成されている。このプログラムの効果研究の対象者は精神遅滞児をもつ母親36名であった。訓練の効果は参加前,参加後,終了2ヵ月後,6ヵ月後,1年後 …

    Japanese Journal of Behavior Therapy 21(1), 25-38, 1995

    J-STAGE  Cited by (1)

Page Top