沼尾 正行 Numao Masayuki

Articles:  1-20 of 152

  • Fitness Landscape Visualization in Distance Metric Learning based on Global Cluster Validity Measure  [in Japanese]

    Taishi Megano , Ken-ichi Fukui , Satoshi Ono , Masayuki Numao , Shigeru Nakayama

    This study is an attempt to clarify the problem property of metric learning based on a clustering index with neighbor relation that simultaneously evaluates inter- and intra-clusters. Although self-ad …

    IPSJ SIG Notes 2013-MPS-95(1), 1-6, 2013-09-19

  • ユーザの感性に即した自動作曲におけるメロディのリズムの生成  [in Japanese]

    大谷紀子 , 上村僚子 , 栗原聡 , 沼尾正行

    個人の感性に即した楽曲を進化計算により生成する手法が提案されている.先行研究では,和音進行や音色などの決定手法を検討しており,メロディは同時に演奏される和音に調和する範囲内でランダムに決定されていた.本研究では,メロディにも個人の感性を反映させることで,より感性に即した楽曲の生成を目指す.帰納論理プログラミングによりメロディのリズムの感性モデルを獲得し,ハーモニーサーチにより感性モデルに適合するリ …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2013-MUS-98(21), 1-6, 2013-03-08

  • ユーザの感性に即した自動作曲におけるメロディのリズムの生成  [in Japanese]

    大谷紀子 , 上村僚子 , 栗原聡 , 沼尾正行

    個人の感性に即した楽曲を進化計算により生成する手法が提案されている.先行研究では,和音進行や音色などの決定手法を検討しており,メロディは同時に演奏される和音に調和する範囲内でランダムに決定されていた.本研究では,メロディにも個人の感性を反映させることで,より感性に即した楽曲の生成を目指す.帰納論理プログラミングによりメロディのリズムの感性モデルを獲得し,ハーモニーサーチにより感性モデルに適合するリ …

    研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC) 2013-EC-27(21), 1-6, 2013-03-08

  • Mobile Application Recommendation Depending on the User's Context  [in Japanese]

    MATSUMOTO Mitsuhiro , KIYOHARA Ryozo , NUMAO Masayuki , KURIHARA Satoshi

    In recent years, highly-functional mobile devices such as smart phones and car navigation systems are widely used. These are important for our daily life because we use their applications anywhere and …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 111(474), 19-24, 2012-03-06

    References (14)

  • DS-2-1 Adaptive interactive device control by using reinforcement learning in the ambient information environment  [in Japanese]

    Nakase Junya , Moriyama Koichi , Kiyokawa Kiyoshi , Oyama Mayumi , Numao Masayuki , Kurihara Satoshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_情報・システム(1), "S-33"-"S-34", 2012-03-06

  • Metric Learning based on Global Cluster Validity Index  [in Japanese]

    福井 健一 , 沼尾 正行

    本論文では,クラスタ間の近傍関係も考慮した大域的クラスタ妥当性指標に基づく距離学習法を提案する.提案法は,大域的クラスタ妥当性指標を適合度とした遺伝的アルゴリズム (GA) により,マハラノビス距離に基づく変換行列を学習する.評価実験では,妥当性指標の最適な平滑化半径の決定について示し,続いて距離学習により妥当性指標の値が改善することを確認すると共に,自己組織化マップ (SOM) による可視化を通 …

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2012-MPS-87(32), 1-6, 2012-02-23

  • Extraction of Damage Patterns of a Fuel Cell by Clustering Considering Co-occurrence between Events  [in Japanese]

    INABA Daiki , FUKUI Ken-ichi , SATO Kazuhisa , MIZUSAKI Junichirou , NUMAO Masayuki

    Solid oxide fuel cell (SOFC) is an efficient generator and researched for practical use. However, one of the problems is the durability. In this study, we research the mechanical correlations among co …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(275), 113-122, 2011-11-09

  • Extraction of Damage Patterns of a Fuel Cell by Clustering Considering Co-occurrence between Events  [in Japanese]

    INABA Daiki , FUKUI Ken-ichi , SATO Kazuhisa , MIZUSAKI Junichirou , NUMAO Masayuki

    電子情報通信学会技術研究報告. IBISML, 情報論的学習理論と機械学習 = IEICE technical report. IBISML, Information-based induction sciences and machine learning 111(275), 113-122, 2011-11-02

    References (22)

  • Visualization Method of User's File Operation for Recalling Task on Desktop Environment  [in Japanese]

    MATSUMOTO Mitsurhio , OKANO Shinichi , MORITA Tetsuo , NUMAO Masayuki , KURIHARA Satoshi

    Users can use the huge storage of personal computers at a moderate price in late years, and they tend to store a large number of files on their computers but cannot make efficient use of them. On the …

    IEICE technical report 110(462), 21-26, 2011-03-01

    References (14)

  • Visualization Method of User's File Openration for Recalling Task on Desktop Environment  [in Japanese]

    松本 光弘 , 岡野 真一 , 森田 哲郎 [他] , 沼尾 正行 , 栗原 聡

    近年,個人レベルで大容量の記憶媒体が容易に使えるようになりつつあり,PC 上には多くのファイルが蓄積されていく一方,有効に利用されてはいない.しかし,多くのタスクが PC にて行われる状況では,タスクに依存してファイル間に依存関係があったり,過去のファイルが現在のタスクにおいて重要である場合があるなど,すべてのファイルにはそのファイルに関するコンテキストが存在するはずである.そこで,ファイルに対す …

    情報処理学会研究報告 2010年度(5), 1-13, 2011-02

  • Visualization Method of User's File Openration for Recalling Task on Desktop Environment  [in Japanese]

    松本 光弘 , 岡野 真一 , 森田 哲郎 [他] , 沼尾 正行 , 栗原 聡

    近年,個人レベルで大容量の記憶媒体が容易に使えるようになりつつあり,PC 上には多くのファイルが蓄積されていく一方,有効に利用されてはいない.しかし,多くのタスクが PC にて行われる状況では,タスクに依存してファイル間に依存関係があったり,過去のファイルが現在のタスクにおいて重要である場合があるなど,すべてのファイルにはそのファイルに関するコンテキストが存在するはずである.そこで,ファイルに対す …

    情報処理学会研究報告 2010年度(5), 1-13, 2011-02

  • Behavior Model Learning through Simulation  [in Japanese]

    市瀬 龍太郎 , 森山 甲一 , 沼尾 正行

    人工知能学会全国大会論文集 25, 1-4, 2011

  • Relation Extraction of Research Fields Using Proposal Transitions of Research Fields in Research Grants and Its Prediction  [in Japanese]

    山下 長義 , 沼尾 正行 , 市瀬 龍太郎

    本論文では学術の動向を把握するために科研費における応募細目の変遷を用いて研究領域ネットワークを抽出する手法と,基盤研究・若手研究と挑戦的萌芽研究との細目別重複応募状況によってその経年変化を予測する手法を提案する.その結果,科研費の応募細目の変遷による研究領域ネットワークによって学術の動向の現状を把握し,挑戦的萌芽研究との重複応募研究者数によって高い適合率で研究者の移動が増加する細目対を予測でき提案 …

    情報処理学会研究報告 2010年度(4), 1-6, 2010-12

  • Extraction of Essential Events Using SOM and KeyGraph : Application to Damage Analysis on of Fuel Cells  [in Japanese]

    KITAGAWA TEPPEI , FUKUI KEN-ICHI , SATO KAZUHISA , MIZUSAKI JUNICHIRO , NUMAO MASAYUKI

    複雑系において,事象過程の急激な遷移は潜在的に重要な相互作用の表れであるが,そのような事象の発生頻度は低い.本研究では,事象系列において比較的稀であるが,状態が遷移するときに共起する事象を抽出する Essential Event Extractor(E3) 法を提案した.E3 法では,自己組織化マップ (SOM) を符号化のためにベクトル量子化 (VQ) として,また共起グラフを生成するためにキー …

    情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告 80, Y1-Y9, 2010-09-28

    References (29)

  • The Estimation Method for Appropriate Applications of Mobile Devices Based on Operational Logs with Location Information  [in Japanese]

    MATSUMOTO MITSUHIRO , KIYOHARA RYOZO , NUMAO MASAYUKI , KURIHARA SATOSHI

    近年,携帯端末は高機能化しており,様々なアプリケーションを状況に合わせて使いこなすことができる一方で,多くのアプリケーションの中から所望のものを選ぶ必要があるため,その操作は複雑になっている.そのため,携帯端末がユーザ所望のアプリケーションを推薦することは,操作の軽減に繋がる.本論文では,ユーザが特定の状況下で,携帯端末のアプリケーション利用の仕方にべき則が見られることを利用し,文書からの重要語抽 …

    情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告 80, C1-C8, 2010-09-28

    References (15)

  • Proporsal of dynamic traffic light control system using automatic dispersion control  [in Japanese]

    KONAKA YUJIRO , SHIRAI TAKASHI , NISHIMURA SHIGEKI , 矢野 純史 , KAGAWA KOUJI , MORITA TETSUO , NUMAO MASAYUKI , KURIHARA SATOSHI

    近年,都市部の慢性的な渋滞を解決するために,信号機を交通量に応じて制御することにより渋滞を解消しようとする試みが各国で行われている.現在の信号機制御は集中制御方式によるものがほとんどではあるが,交通流の動的な変化に対応するのは非常に困難であり,大きなブレイクスルーを生み出すまでには至っていない.そこで本研究ではバネモデルに基づく自律分散制御による,ダイナミックに変化する交通流に柔軟に対応することを …

    情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告 80, B1-B8, 2010-09-28

    References (8)

  • Extraction of Damage Patterns on Fuel Cell  [in Japanese]

    赤崎 省悟 , 福井 健一 , 佐藤 一永 [他] , 水崎 純一郎 , 栗原 聡 , 沼尾 正行

    近年,燃料電池に対する関心は非常に高まっている.中でも固体酸化物燃料電池 (SOFC) は高い発電効率を持ち実用化が期待される発電器であるが,その実用化に向けては運転中に発生する劣化や損傷の診断が必須となる.これに対し現在,損傷の際に放出される弾性波を波形信号として取得することで物理的な損傷については観測が可能となった.この波形信号について,我々はデータマイニングの手法を用いて自動的に知識を抽出し …

    情報処理学会研究報告 2009年度(6), 1-6, 2010-04

    Cited by (1)

  • DS-2-7 Dissolution of disparity between planning agents in the shared memory based multi-agent planning  [in Japanese]

    Kurihara Satoshi , Iwao Kohei , Moriyama Koichi , Numao Masayuki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2010年_情報・システム(1), "S-29"-"S-30", 2010-03-02

  • Performance of Kernel SOM Considering Adjacency for Damage Evaluation  [in Japanese]

    福井 健一 , 赤崎 省悟 , 佐藤 一永 [他] , 水崎 純一郎 , 森山 甲一 , 栗原 聡 , 沼尾 正行

    We evaluated clustering perfomance of Kernel SOM considering adjacency within the obtained map upon Acoustic Emission (AE) waves involved in damage such as crack, friction and collision. Here, we empl …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 3(1), 36-48, 2010-01-26

    IPSJ  Cited by (4)

  • Visual Data Mining for Damage Evaluation Support of SOFC  [in Japanese]

    FUKUI Ken-ichi , AKASAKI Shogo , SATO Kazuhisa , MIZUSAKI Junichiro , NUMAO Masayuki

    SOFC (Solid Oxide Fuel Cell) attracts attention as it is a highly effient power generation sysytem as well as low-pollution. However, phyicial deterioration is concerned in addition to chemical deteri …

    IEICE technical report 109(386), 37-42, 2010-01-15

    References (22)

Page Top