野村 浩郷 NOMURA Hirosato

ID:1000030208392

九州工業大学情報工学部 Kyusyu Institute of Technology (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 55

  • 1 / 3
  • E-023 Inaudible World Recognition on Small Lexical Set using Myoelectric Signals around a Mouth  [in Japanese]

    Nagai Hidetoshi , Taniguchi Ryotarou , Soejima Konami , Nakamura Teigo , Nomura Hirosato

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 6(2), 191-193, 2007-08-22

    IPSJ 

  • Information Acquisition by Information Retrieval and Information Integration  [in Japanese]

    KANEDA Akiyuki , NOMURA Hirosato

    現在の情報検索は、Web検索の場合にはURLのリストを検索結果として出力し、文書セットの場合には文書の題目を検索結果として出力するものが多い。しかし、いわゆる「情報検索」の本来の目的は、必ずしもこのような出力を得ることではなく、例えば、知りたいことを簡潔にまとめたレポートを得ることである。そこで、本研究では、与えられた要求項目の内容に関連する文書を検索し、それらを一つの文書にまとめて出力する情報取 …

    IPSJ SIG Notes 179, 31-36, 2007-05-24

    References (6) Cited by (1)

  • Information Acquisition by Information Retrieval and Information Integration  [in Japanese]

    Kaneda Akiyuki , Nomura Hirosato

    現在の情報検索は、Web検索の場合にはURLのリストを検索結果として出力し、文書セットの場合には文書の題目を検索結果として出力するものが多い。しかし、いわゆる「情報検索」の本来の目的は、必ずしもこのような出力を得ることではなく、例えば、知りたいことを簡潔にまとめたレポートを得ることである。そこで、本研究では、与えられた要求項目の内容に関連する文書を検索し、それらを一つの文書にまとめて出力する情報取 …

    IPSJ SIG Notes 2007(47), 31-36, 2007-05-24

  • Call Center DB Building/Searching and Their Application to a Support System for Composing the Answers to Questions  [in Japanese]

    SUZUYAMA Kouji , NAGAI Hidetoshi , NAKAMURA Teigo , NOMURA Hirosato

    パソコン技術サポートを行うメールコールセンターの自動化に関して、本研究では、既存の質問応答メールデータをカテゴリ化した質問応答データベースを構築し、さらにカテゴリごとにカテゴリ回答文を作成し、未知の問い合わせメールに対して文書ベクトルを用いて類似度を計算する質問カテゴリ判定システムによって属するカヽテゴリに判定され、そのカテゴリのカテゴリ回答文を用いて回答を作成し、作成した回答を最終査読者に提示す …

    IPSJ SIG Notes 178, 29-34, 2007-03-28

    References (11)

  • Enhanced Dialogue System Equipping Error-correcting Function on Voice Misunderstanding and Sentence Incorrect Analysis  [in Japanese]

    SHIMIZU Tomohiro , NOMURA Hirosato

    自然言語対話において,音声認識や文章解析での誤りによって適切な応答が困難になるという問題がある.本稿では,そのような誤りを訂正する対話を対話全体の一部として自然な形で埋めこみ,誤り訂正をしながら対話を適切に進行させる対話処理について述べる.対話のドメインとしては,便宜的に,パソコン技術サポートを行うコールセンターでの質問応答を取上げ,既存の大量な質問応答データから取得したドメイン知識などを適用して …

    IPSJ SIG Notes 177, 87-92, 2007-01-26

    References (11)

  • Suitable Selection and Proper Disposition of Sentence Constituents for Generating Natural Translation in Japanese-Chinese Machine Translation  [in Japanese]

    BAI Jing , NOMURA Hirosato

    日中機械翻訳システムが実用システムとして多数に提供されるようになってきた。しかし、不適切な翻訳や不自然な翻訳が多く見られ、実用システムとして使用するには難がある。本論文は、多数の例文を挙げながら、中国語の文構成素間に固有の制約関係を利用して文構成素配置による、自然な中国語訳文の獲得について述べる。最初に、中国語の翻訳結果からいくつかの修正する必要の文型をまとめる。その文型に対し、具体的な調整方法を …

    IPSJ SIG Notes 176, 41-46, 2006-11-22

    References (8)

  • A Cross-Lingual Grammar Model and its Application to Japanese-Spanish Machine Translation

    Medina Gonzalez Manuel , Nomura Hirosato

    日西機械翻訳システムには英語を介して翻訳するものが多い。それにより、不正確で不自然なスペイン語訳文が生成されることが多い。本論文では日本語からスペイン語へ英語を介さず直接翻訳する文法モデルと実験システムについて述べる。モデルはスペイン語の品詞にはあるが日本語の品詞にない文法的な情報に基づいて作成される。翻訳ルールの作成の上、プロトタイプの翻訳システムを作成して、「JEMS」と名付けた。JEMSは解 …

    IPSJ SIG Notes 2006(94), 119-126, 2006-09-12

  • A Cross-Lingual Grammar Model and its Application to Japanese-Spanish Machine Translation

    GONZALEZ Manuel Medina , NOMURA Hirosato

    日西機械翻訳システムには英語を介して翻訳するものが多い。それにより、不正確で不自然なスペイン語訳文が生成されることが多い。本論文では日本語からスペイン語へ英語を介さず直接翻訳する文法モデルと実験システムについて述べる。モデルはスペイン語の品詞にはあるが日本語の品詞にない文法的な情報に基づいて作成される。翻訳ルールの作成の上、プロトタイプの翻訳システムを作成して、「JEMS」と名付けた。JEMSは解 …

    IPSJ SIG Notes 84, 119-126, 2006-09-12

    References (16)

  • E-mail Question Automatic Answering Support System  [in Japanese]

    OHMOTO Satoshi , LIN Xiaohong , NAGAI Hidetoshi , NAKAMURA Teigo , NOMURA Hirosato

    パソコン技術サポートを行うメールコールセンターの自動化に関して、本研究では、既存の質問応答メールデータをカテゴリ化することによる質問応答データベースを構築し、さらにカテゴリごとにカテゴリ回答文を作成し、未知の問い合わせメールが文書ベクトルを用いて類似度を計算する質問カテゴリ判定システムによって属するカテゴリに判定され、そのカテゴリのカテゴリ回答文を用いて回答を作成し、作成した回答を最終査読者に提示 …

    IPSJ SIG Notes 173, 47-52, 2006-05-19

    References (10) Cited by (1)

  • Text Summarization by Text Structure and Semantic Network  [in Japanese]

    EGAMI Shuhei , NAGAI Hidetoshi , NAKAMURA Teigo , NOMURA Hirosato

    本研究では新聞社説記事を対象に自動要約を行う.従来の文単位で抽出を行う自動要約システムでは文内に残る冗長性が高圧縮率での情報量の低下を生み出していた.そこで,少ない文章中で情報量の増加を目指し文より小さい単位として句を抽出し要約文章を生成する.また,要約文章の論述展開の流れを考慮するために連接関係や段落間の類似度から文章構造解析を行い要約文章の生成処理を行う.その結果,従来の文抽出によるシステムよ …

    IPSJ 164, 83-88, 2004-11-04

    References (12) Cited by (1)

  • Text Summarization by Text Structure and Semantic Network  [in Japanese]

    EGAMI Shuhei , NAGAI Hidetoshi , NAKAMURA Teigo , NOMURA Hirosato

    本研究では新聞社説記事を対象に自動要約を行う.従来の文単位で抽出を行う自動要約システムでは文内に残る冗長性が高圧縮率での情報量の低下を生み出していた.そこで,少ない文章中で情報量の増加を目指し文より小さい単位として句を抽出し要約文章を生成する.また,要約文章の論述展開の流れを考慮するために連接関係や段落間の類似度から文章構造解析を行い要約文章の生成処理を行う.その結果,従来の文抽出によるシステムよ …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 104(417), 7-12, 2004-10-29

    References (12)

  • 無発声ないし微発声音声認識への活用を目的とした表面筋電波形の調査  [in Japanese]

    永井 秀利 , 竹下 舞 , 中村 貞吾 , 野村 浩郷

    第65回全国大会講演論文集 2003(1), 37-38, 2003-03-25

    IPSJ 

  • Analysis of Surface EMG to Exploit in Silent Speech Recognition for Natural Language Interface  [in Japanese]

    NAGAI Hidetoshi , NAKAMURA Teigo , NOMURA Hirosato

    我々は,マイクで拾えない程度の微発声または無発声で発声された発話の内容を認識し,これを計算機への自然言語入力として用いることを研究している。人が発声を行う場合,実際には声に出さなかったとしても,声を出した場合に類似した筋肉の活動が生じると思われる。そこで我々は,それを表面筋電位から捉えることにより,発話内容を認識することを目指している。本稿では,日本語の5母音の認識に活用するために,表面筋電測定位 …

    Technical report of IEICE. Thought and language 102(688), 25-32, 2003-02-28

    References (16) Cited by (2)

  • Analysis of Surface EMG to Exploit in Silent Speech Recognition for Natural Language Interface  [in Japanese]

    NAGAI Hidetoshi , NAKAMURA Teigo , NOMURA Hirosato

    我々は,マイクで拾えない程度の微発声または無発声で発声された発話の内容を認識し,これを計算機への自然言語入力として用いることを研究している.人が発声を行う場合,実際には声に出さなかったとしても,声を出した場合に類似した筋肉の活動が生じると思われる.そこで我々は,それを表面筋電位から捉えることにより,発話内容を認識することを目指している.本稿では,日本語の5母音の認識に活用するために,表面筋電測定位 …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 102(690), 25-32, 2003-02-28

    References (16)

  • 医療論文抄録からの情報抽出のための並列表現分析~診断・治療の評価項目を含む表現~  [in Japanese]

    井上大悟 , 永井 秀利 , 中村 貞吾 , 野村 浩郷 , 大貝 晴俊 , 中島 律子

    第63回全国大会講演論文集 2001(1), 203-204, 2001-09-26

    IPSJ 

  • 医療専門用語登録支援システムのための専門用語抽出・分類手法  [in Japanese]

    坂田 大輔 , 永井 秀利 , 中村 貞吾 , 野村 浩郷 , 大貝 晴俊 , 中島 律子

    第63回全国大会講演論文集 2001(1), 35-36, 2001-09-26

    IPSJ 

  • 係り受け関係を利用した新製品紹介記事からの製品情報抽出~紹介製品数を区別しない抽出法~  [in Japanese]

    赤松 順子 , 永井 秀利 , 中村 貞吾 , 野村 浩郷

    第63回全国大会講演論文集 2001(1), 33-34, 2001-09-26

    IPSJ 

  • 医療情報のフィルタリングと自動タグ付け  [in Japanese]

    寿 恵村唯子 , 嶋本 公徳 , 岩下 達哉 , 村上 博 , 大貝 晴俊 , 中島 律子 , 野村 浩郷 , 中村 貞吾 , 永井 秀利 , 井上 大悟 , 坂田 大輔

    第63回全国大会講演論文集 2001(1), 31-32, 2001-09-26

    IPSJ 

  • 動詞と格標識の多項関係知識に基づく動詞のクラスタリングとその評価  [in Japanese]

    嘉寿 毅 , 永井 秀利 , 中村 貞吾 , 野村 浩郷

    第63回全国大会講演論文集 2001(1), 15-16, 2001-09-26

    IPSJ 

  • Analysing Description Patterns for Information Extraction from Abstracts of Medical Articles  [in Japanese]

    INOUE Daigo , NAGAI Hidetoshi , NAKAMURA Teigo , NOMURA Hirosato , OOGAI Harutosi

    我々は従来テンプレートを用いて新聞記事からの情報抽出の研究を行ってきた.そこで今回対象を医療分野に広げ, 医療論文抄録からの情報抽出を行う.医療論文抄録には多くのファクト情報が含まれており, 我々は45種類の項目を設定した.本稿ではその中から最も重要なファクト情報である病名, 診断機器, 診療症例, 診断結果の項目に対して記述パターンや文中に共起する文字列について分析した.それを基に抽出すべき情報 …

    IPSJ SIG Notes 141, 103-110, 2001-01-25

    References (7) Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top