楠 比呂志 Kusunoki Hiroshi

Articles:  1-20 of 51

  • 1 / 3
  • Study on the Ejaculate Characteristics and Liquid Storage of Semen in the Common Bottlenose Dolphin (Tursiops truncatus)

    TAKENAKA Asami , KASHIWAGI Nobuyuki , MAEZONO Yuko , NAKAO Tatsuko , WANO Yuka , KAKIZOE Yuka , KINOSHITA Kodzue , KUSUNOKI Hiroshi , HOSHI Nobuhiko

    本論文では,バンドウイルカ精液の一般性状を検査し,液状保存精液の比較を行った。精液は5 頭の雄から採取し,pH,精液量,精子濃度,総精子数,運動性,生存率および形態異常率を検査した。精液はBiladyl,EYC またはBF5F を用いて液状保存を行い,運動性および生存率を連日検査した。 新鮮精液一般性状において,精液量を除いて分画差はなかった。しかしながら,精子濃度と生存率との間に負の相関がみられ …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 18(3), 107-114, 2013-09-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23)

  • Clinical comparison of the embryonic development between electrofusion group and no electrofusion group (Transfaction with JSV and Direct injection into the oocyte)  [in Japanese]

    TANAKA Atsushi , TANAKA Izumi , NAGAYOSHI Motoi , KUSUNOKI Hiroshi , WATANABE Seiji

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 30(2), S42, 2013-04-01

    Ichushi Web 

  • Two Successful Breeding Events Timed by Monitoring Urinary Steroid Hormones in Captive Bornean Orangutan (Pongo pygmaeus)

    ARAMAKI Yusuke , HAMA Natsuki , KAWAKAMI Hiroshi , SHIMADA Yukiyoshi , NAKANE Nobuaki , NAKATANI Ryuji , TAKEDA Masato , SANO Yusuke , HISADA Harunobu , KUSUNOKI Hiroshi

    2頭の飼育下雌ボルネオオランウータン(<I>Pongo pygmaeus</I>)から連日採取した尿中のエストラジオール17-β(E<sub>2</sub>)およびプロゲステロン(P<sub>4</sub>)濃度をエンザイムイムノアッセイ法により測定し,E<sub>2</sub>のピークから推測した排卵 …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 15(2), 49-55, 2010-09-01

    J-STAGE  References (37)

  • Evaluation of genetic diversity and relationship in a population of cheetah (Acinonyx jubatus) under captivity in Japan  [in Japanese]

    YONEDA Kazuhiro , KINOSHITA Kozue , HAYASHI Teruaki , ITO Shu , OHAZAMA Megumi , OKUDA Kazuo , KAWAKAMI Shigehisa , TANIGUCHI Atsushi , OKUDA Ryuta , ISHIKAWA Tatsuya , SATO Azusa , IKEBE Yusuke , TADANO Ryo , TSUDZUKI Masaoki , KUNIEDA Tetsuo , KUSUNOKI Hiroshi

    動物園などでの飼育環境下にある動物の遺伝的多様性を維持することは重要な課題である.本研究では,イエネコのマイクロサテライトマーカーを用いて,飼育環境下の62個体のチーターの遺伝的多様性と血縁関係を解析することを試みた.チーターのDNAより17座位のマーカーの増幅を試みた結果,すべてのマーカーで増幅産物が認められ,そのうちの15座位はチーターにおいても多型性が確認された.これらの座位における平均の対 …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 81(2), 133-141, 2010-05-25

    J-STAGE  References (20)

  • 畜産学・応用動物学系の大学および大学院での野生動物教育の実態(2)全国アンケート調査の集計結果  [in Japanese]

    楠 比呂志 , 土井 守

    畜産学・応用動物学系の大学および大学院での野生動物教育の実態。全国アンケート調査の集計結果。アンケートの問1のAからCで「Yes」と回答、すなわち5年間の調査対象期間中に「内容の大半が野生動物(動物園動物を含む)に関する講義(卒業研究等も含む)や実習・実験を行っている」と回答した学科は、国立大学法人が17、公立大学が3、私立大学が12のあわせて32で、これらのところで76(国立大学法人が34、公立 …

    Sustainable livestock production and human welfare 63(3), 358-362, 2009-03

    JASI 

  • 畜産学・応用動物学系の大学および大学院での野生動物教育の実態(1)全国アンケート調査の集計結果  [in Japanese]

    楠 比呂志 , 土井 守

    希少種の保全や外来種問題、また農作物への獣害や人獣共通感染症など、環境から産業、また健康までの広範多岐にわたって、ヒトと野生動物との関わりにおける困窮の度合いが、加速度的に増している。こうした憂慮すべき事態を打破するための技術の開発や対策の立案、そして人材の育成は、広く生物学系の最高学府に課せられた最優先課題のひとつであると著者らは考えている。そこで日本野生動物医学会の第14回大会が、獣医学系のな …

    Sustainable livestock production and human welfare 63(2), 281-286, 2009-02

    JASI 

  • Artificial Insemination and Stillbirth in a Giant Panda (<i>Ailuropoda melanoleuca</i>)

    HAMA Natsuki , KAWAKAMI Hiroshi , ACOSTA Tomas J. , OKUDA Kiyoshi , Wang PENGYAN , ISHIKAWA Osamu , Huang YAN , KANEMITSU Hideyasu , OYAMA Yujiro , Ma QIANG , Luo BO , Li GUO , OHTA Yoshinori , KUSUNOKI Hiroshi

    神戸市立王子動物園のジャイアントパンダにおいて2007年の発情時に新鮮および冷蔵保存した精液を用いて3日間連続で人工授精(AI)を行った。AIの適期は尿中エストロングルクロニド濃度の測定から推測した。人工授精後は尿中プレグナンジオールグルクロニド(PdG)濃度の変化を監視した。PdG濃度は妊娠後期に過去6年間と比べると異常な変動を示した。結果的に最終AI後137日目に破水し,さらにその9日後に死産 …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 14(2), 119-123, 2009

    J-STAGE  References (13)

  • Researches on Reproduction for Species Conservation in Collaboration with Japanese Zoos and Aquariums  [in Japanese]

    KUSUNOKI Hiroshi , KINOSHITA Kozue , SASAKI Haruna , ARAMAKI Yusuke

    人間活動に起因する全球レベルでの自然改変や環境破壊により,地球史上過去に類をみない速度で,完新世の大量絶滅が進行中であり,その回避は我々人類の急務であると筆者らは考えている。そこで我々は,国内各地の動物園や水族館などと共同して,希少動物の生息域外保全を補完する目的で,それらの繁殖生理の解明とそれに基づいた自然繁殖の工夫や人工繁殖技術の開発に関する研究を展開している。本稿では,我々のこうした保全繁殖 …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 14(1), 37-50, 2009

    J-STAGE  References (35)

  • Relationship between Sexual Behaviors and Fecal Estrogen Levels in a Female Snow Leopard (<i>Uncia uncia</i>) and a Female Cheetah (<i>Acinonyx jubatus</i>) under Captivity

    KINOSHITA Kozue , INADA Sayaka , ARAMAKI Yusuke , SEKI Kazuya , ASHIDA Masanao , HAMA Natsuki , OHAZAMA Megumi , KUSUNOKI Hiroshi

    飼育下の雌ユキヒョウ(Uncia uncia)と雌チーター(Acinonyx jubatus)における性行動と発情ホルモンの関係を調べる目的で,週に2〜7回の頻度で,同一日に行動観察と採糞を行った。糞中エストロゲン(E)濃度はエンザイムイムノアッセイによって測定し,ユキヒョウでは25項目の行動の回数を,チーターではRollingについてのみ回数を記録した。その結果,ユキヒョウでは,糞中E濃度との間 …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 14(1), 59-66, 2009

    J-STAGE  References (35)

  • Are Crater Defects in Human Sperm Heads Physiological Changes during Spermiogenesis and Epididymal Maturation?  [in Japanese]

    TANAKA Atsushi , TANAKA Izumi , NAGAYOSHI Motoi , AWATA Shoichiro , HIMENO Norio , TAKEMOTO Yoichi , KUWATA Eri , AKAHOSHI Takako , WATANABE Seiji , KUSUNOKI Hiroshi

    Journal of mammalian ova research 25(4), 259-265, 2008-10-01

    Ichushi Web  References (8)

  • Annual Changes in Testicular Size and Serum and Fecal Testosterone Concentrations in Male Bharals, Pseudois nayaur

    KUSUDA Satoshi , NAGAMI Hirotada , KUSUNOKI Hiroshi , NISHIKAKU Tomoya , NAKAGAWA Daisuke , TAKIDA Toyoharu , KURITA Daisuke , UEMICHI Koji , FUKAI Masaki , KUBOTA Hiroshi , UEDA Kaoru , OOE Tomoko , OKUDA Kazuo , UEDA Kayoko , DOI Osamu

    雄バーラル2頭の血中・糞中テストステロン(T)濃度と精巣サイズを約1年間測定した.糞中と血中の各T濃度の動態は類似し,高い相関が認められた(r=0.72).T濃度は,10月に急激に上昇した後,翌年1月までに減少した.精巣サイズは11〜1月まで最大であり,12〜1月に採取した精液は,良好な性状を示した.精巣活動の盛んなこの時期は,雌の繁殖季節の初期に一致した.

    The journal of veterinary medical science 68(10), 1093-1095, 2006-10-25

    IR  JASI  Ichushi Web  References (14) Cited by (1)

  • MD-TESE回収精子と精子細胞の生存性と臨床成績について  [in Japanese]

    粟田 松一郎 , 田中 温 , 永吉 基 , 姫野 憲雄 , 田中 威づみ , 竹本 洋一 , 鍬田 恵里 , 赤星 孝子 , 馬原 千春 , 楠 比呂志

    日本生殖医学会雑誌 = Journal of Japan Society for Reproductive Medicine 51(4), 218, 2006-10-01

    Ichushi Web 

  • Characterization of the Reproductive Cycle in Female Bharals (Pseudois nayaur) Based on the Changes in Serum Progesterone Concentrations and Parturition Season

    KUSUDA Satoshi , NAGAMI Hirotada , UEDA Kayoko , NISHIKAKU Tomoya , NAKAGAWA Daisuke , TAKIDA Toyoharu , KURITA Daisuke , UEMICHI Koji , FUKAI Masaki , KUBOTA Hiroshi , UEDA Kaoru , OOE Tomoko , OKUDA Kazuo , KUSUNOKI Hiroshi , DOI Osamu

    雌バーラル(Pseudois nayaur)の血中プロジェステロン(P_4)濃度の年変動を調査し,繁殖季節や発情周期,春機発動などバーラルの繁殖生理を明らかにしようとした.雌バーラル9頭から週1〜2回血液を採取し,ラジオイムノアッセイによりP_4濃度を測定した.血中P_4濃度は,11月または12月(冬)から5〜6月(晩春)までの期間のみ周期的に変動した.この変動に基づく発情周期は,平均24.9±0 …

    The journal of veterinary medical science 68(8), 847-851, 2006-08-25

    IR  JASI  References (11) Cited by (3)

  • 冷凍動物園 (特集 動物園--動物園の主役たちとその舞台裏)  [in Japanese]

    楠 比呂志

    Sustainable livestock production and human welfare 60(1), 99-104, 2006-01

    Cited by (1)

  • Breeding Age in the Captive Male Giraffe  [in Japanese]

    KATANO Rie , KUSUDA Satoshi , KUSUNOKI Hiroshi , MURATA Koichi , KIMURA Junpei

    国内の飼育下アミメキリン(Giraffa camelopardalis reticulata)およびマサイキリン(G.c. tippelskirchi)の死亡個体から得られた精巣および精巣上体を用いて生理学的な性成熟年齢を推定した。本邦の動物園で飼育されていた雄10個体を対象とし,精巣組織切片のHE染色およびPAS-Hematoxylin染色標本を作製して組織学的観察を行った。その結果,5.9歳以 …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 11(2), 67-71, 2006

    J-STAGE  References (12)

  • Evaluation of Semen Quality of Captive-living Cheetahs (<i>Acinonyx jubatus</i>) in Japan

    KUSUNOKI Hiroshi , HASE Takashi , SATO Tetsuya , DOI Osamu , OKUDA Kazuo , UEDA Kaoru , OOE Tomoko , HAYASHI Teruaki , ITO Shu , KAWAKAMI Sigehisa , SAITOU Eriko , FUKUOKA Toshio

    国内の3施設で飼育されていた18頭の成熟雄チーターから,経直腸電気射精法で採取した31サンプルの精液の性状を分析した。なお18頭中13頭は,繁殖歴がなかった。18頭の雄の精液の性状は,精液量が0.91±0.11ml,精液pHが8.1±0.1,総精子数が32.6±5.4百万,生存精子率が84.9±1.9%,精子運動指数が53.7±3.8,形態異常精子率が66.1±3.4%,正常先体精子率が68.5± …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 11(1), 25-30, 2006

    J-STAGE  Ichushi Web  References (29) Cited by (3)

  • 5-2 種の保存を目的としたニホンザル精子の凍結保存技術の確立(X.共同利用研究 2.研究成果)  [in Japanese]

    Kusunoki Hiroshi

    霊長類研究所年報 (35), 100-101, 2005-08-31

    IR 

  • ゾウでの人工授精の成功に向けて : ゾウの繁殖技術に関する2つのワークショップの参加報告  [in Japanese]

    楠田 哲士 , 川上 茂久 , 草村 弘子 , 土井 守 , 楠 比呂志

    Zoo and Wildlife News (20), 34-42, 2005-06-01

    References (34) Cited by (1)

  • Age-related Changes in Semen Quality of Captive Bharal (<i>Pseudois nayaur</i>)

    KUSUNOKI Hiroshi , KUSUDA Satoshi , DOI Osamu , NISHIKAKU Tomoya , NAKAGAWA Daisuke , TAKIDA Toyoharu , KURITA Daisuke , UEMICHI Koji , UEDA Kaoru , OOE Tomoko , OKUDA Kazuo

    1.5歳から5.5歳までの4年間の加齢に伴うバーラル(Pseudois nayaur)の精液性状の変化を調べた。精液は, 2001年12月から2005年2月までの間の4回の繁殖期に, 2頭の雄から人工腟法で採取した。28回中25回で精液が採取できた。得られた精液の性状は, 1.5歳時ではかなり劣悪であったが(精液量 : 0.24ml, 精液pH : 8.3, 精子濃度 : 13.8百万/ml, 精 …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 10(2), 91-94, 2005

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top