服部 篤史 HATTORI Atsushi

ID:1000030243067

京都大学大学院 (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 52

  • 1 / 3
  • Properties and Recommendation for Structural Design of Polymer Concrete  [in Japanese]

    KUNIEDA M. , HATTORI A. , UJI K. , HIBINO M.

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(11), 7-12, 2007-11-01

    References (16)

  • Bond behavior between reinforcement and concrete with artificially simulated ASR expansive crack  [in Japanese]

    山本 貴士 , 成清 公平 , 服部 篤史 [他] , 宮川 豊章

    鉄筋破断の生じたASR劣化構造物において鉄筋の付着・定着機能が十分発揮されない場合,構造物の耐荷性能が低下する可能性がある。本研究では,ASR劣化コンクリートと鉄筋の付着特性を明らかにすることを目的として,膨張コンクリートを利用してASR膨張ひび割れを想定したひび割れを導入したコンクリートと鉄筋の付着挙動を,カンチレバー型供試体の引抜き試験をもとに検討した。その結果,付着割裂破壊における平均付着強 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 1293-1298, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Uniaxial Compression Behavior of Confined Concrete Deteriorated by Corrosion of Reinforcing Steel  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takashi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    It is important to establish the verification method of load carrying capacity of RC flexural member deteriorated by the corrosion of reinforcing steel. Most of studies on the influence of reinforceme …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 55(10), 911-916, 2006-10-15

    J-STAGE  References (7)

  • 3-Dimensional Effect of Expansive Pressure Introduced by Reinforcement Corrosion  [in Japanese]

    ARAKI Kosuke , TAKAYA Satoshi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    Concrete research and technology, Japan Concrete Institute 17(3), 35-43, 2006-09-25

    References (13) Cited by (1)

  • REPAIR AND STRENGTHENING OF CONCRETE STRUCTURES WITH ALKALI-SILICA-REACTION  [in Japanese]

    MUROI Tomofumi , 服部 篤史 , 真鍋 英規 [他] , 竹田 哲夫

    セメント・コンクリート = Cement & Concrete (712), 60-67, 2006-06-10

    References (8)

  • Research for the relation about corroded reinforcement and bond strength with double-pulling test  [in Japanese]

    碇本 大 , 荒木 弘祐 , 服部 篤史 [他] , 宮川 豊章

    電食させたRC供試体の両引き試験を行い,両引き試験で生じたひび割れの間隔とコンクリート引張強度から付着強度を算出する手法を提案した。また,鉄筋の腐食減少率(腐食減少量(g)を健全鉄筋質量(g)で除し,100を掛けた値(%)とする)および,コンクリート表面の腐食ひび割れ幅と付着強度の関係を考察した。その結果,付着強度は,腐食ひび割れ発生前は変化せず,腐食ひび割れ発生後は,腐食減少率の増加とともに減少 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 661-666, 2006

    NDL Digital Collections 

  • Performance Based Design of Polymer Concrete Structures and the Future  [in Japanese]

    KUNIEDA Minoru , HATTORI Atsushi , UJI Kimitaka

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 54(12), 1314-1320, 2005-12-15

    J-STAGE  References (17) Cited by (1)

  • MECHANISM AND PREDICTION OF COVER CONCRETE SPALLING DUE TO REINFORCEMENT CORROSION  [in Japanese]

    ARAKI Kosuke , HATTORI Atushi , MIYAGAWA Toyoaki

    The reinforcing steel in concrete corrodes due to carbonation or chloride contamination of cover concrete. Apparent volume of corroded reinforcement is larger than original one, and expansion of reinf …

    Doboku Gakkai Ronbunshu (802), 209-222, 2005-11-15

    J-STAGE  References (17) Cited by (4)

  • セメント協会 研究奨励金による研究 硫酸侵食を受ける鉄筋コンクリートの性能評価に向けて  [in Japanese]

    服部 篤史

    セメント・コンクリート (703), 42-48, 2005-09

  • Mechanism and Monitoring of Reinforcement Corrosion in Concrete Attacked by Sulfuric Acid  [in Japanese]

    TAMAI Yuzuru , SEKI Reiko , YAMAMOTO Takashi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    In this paper, corroding process of reinforcement in concrete and mortar subjected to sulfuric acid attack was investigated by visual observation, by measuring profile of sulfate ion and pH with respe …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 54(7), 772-779, 2005-07-15

    J-STAGE  References (16)

  • EXPERIMENTAL STUDY ON INSPECTION OF CARBONATION-INDUCED CORROSION WITH HALF-CELL POTENTIAL MEASUREMENT  [in Japanese]

    NAKAGAWA Motohiro , IKUTA Syuji , TAKAGI Takeshi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (781), 21-34, 2005-02-20

    References (31)

  • コンクリート破壊エネルギーGF算出方法に関する研究  [in Japanese]

    高谷 哲 , 荒木 弘祐 , 服部 篤史 [他] , 宮川 豊章

    コンクリートの破壊エネルギーであるG_Fの算出方法はCEBや土木学会などでも規定されているが,その精度向上には課題を残している。G_Fは単位面積当たりのひび割れを進展させるために必要なエネルギーであると考えられる。そこで,ひび割れ進展エネルギーをひび割れ面積で除すことによりG_Fを算出する手法を検討した。また,鉄筋腐食によるコンクリート内部ひび割れの進展を予測する手法へのG_Fの応用を試みた。その …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(2), 163-168, 2005

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • 鉄筋腐食RCはりのせん断耐荷挙動に関する検討  [in Japanese]

    山本 貴士 , 佐藤 吉孝 , 服部 篤史 [他] , 宮川 豊章

    本研究では,鉄筋腐食がRCはりのせん断耐荷特性に与える影響を明らかにすることを目的として,約10ヶ月間の塩水散水で鉄筋腐食を生じさせたRCはりの曲げ載荷試験をもとにせん断耐荷性状を検討した。また,鉄筋腐食による鉄筋とコンクリートの付着性能の低下に着目した有限要素解析による検討をあわせて行った。これらの結果,腐食なしの健全時において斜めひび割れを原因として終局に至るRCはりでは,斜めひび割れが発生す …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 913-918, 2005

    NDL Digital Collections 

  • Investigation of Electrochemical Properties of Sheath-Grout-Tendon Element

    AN Lin , YAMAMOTO Takasi , HATTORI Atushi , MIYAGAWA Toyoaki

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 1977-1982, 2004

    NDL Digital Collections 

  • Evaluation of Hydrophobie Performance of Silane Impregnated Coneretes  [in Japanese]

    KUBO Yoshimori , TAMAI Yuzuru , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    From the viewpoint of deterioration mechanism of concrete structures, water is one of the most important factors. If water vapour permeability is required to control water content of concrete structur …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 52(9), 1095-1100, 2003-09-15

    J-STAGE  References (8)

  • Effect of Grouting Void on Ultimate Tendon Stress in Post-tensioned Concrete Member

    安 琳 , 山本 貴士 , 服部 篤史 [他]

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(2), 751-756, 2003

  • 2126 EFFECT OF GROUTING VOID ON ULTIMATE TENDON STRESS IN POST-TENSIONED CONCRETE MEMBER :

    AN Lin , YAMAMOTO Takashi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    コンクリート工学年次論文集 25(2), 751-756, 2003

    NDL Digital Collections 

  • ASRコンクリートの力学的特性と劣化度評価について  [in Japanese]

    久保 善司 , 服部 篤史 , 宮川 豊章

    現状の調査・診断技術においては,ASRにより劣化したコンクリート構造物の力学的性能を定量的に評価する手法は十分には確立されていない現状にある。そこで,横拘束を与えたASR劣化コンクリートの膨張挙動とその力学的性能を踏まえて劣化度評価手法について検討した。その結果,炭素繊維シートによる補修・補強を行う場合には,膨張抑制および横拘束効果の観点から早期に適用することが望ましく,また,精度の向上を含めて今 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 1799-1804, 2003

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • 1270 中性化による鉄筋腐食への電気化学的非破壊検査の適用性(非破壊検査・診断)  [in Japanese]

    高木 猛志 , 中川 元宏 , 服部 篤史 , 宮川 豊章

    電気化学的非破壊検査による鉄筋腐食状態の評価には様々な規格,提案があるが,中性化による鉄筋腐食への適用性については必ずしも定かではない。本研究は,中性化を主因とする鉄筋腐食状態を電気化学的非破壊検査により推定する場合の適用性を明らかにすることを目的として,促進中性化下の各種RC供試体を用いて実験を行った。その結果,中性化を主因とする鉄筋腐食では従来の基準より貴な電位で鉄筋腐食が始まること,散水によ …

    コンクリート工学年次論文集 25(1), 1655-1660, 2003

    NDL Digital Collections 

  • 中性化による鉄筋腐食への電気化学的非破壊検査の適用性  [in Japanese]

    高木 猛志 , 中川 元宏 , 服部 篤史 [他] , 曹 健

    本研究では,鉄筋の腐食特性をコンクリートの表面から非破壊的に把握するために,建築研究所で15年間暴露したコンクリート試験体を用いて,電気探査技術のうち交流インピーダンス法による測定を行うとともに,実際に破壊して測定した鉄筋の質量減少率や腐食面積率のような鉄筋腐食量と比較し,鉄筋の腐食状態の診断を試みた。その結果,コンクリート表面に取り付けた電極によるインピーダンス測定方法は実際に破壊して測定した鉄 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 1655-1660, 2003

    NDL Digital Collections 

  • 1 / 3
Page Top