川上 昭太郎 KAWAKAMI Shotaro

Articles:  1-20 of 22

  • 1 / 2
  • Development of Rice Milling Model for Sake Brewing using Discrete Element Method : Discussion for Set Values of Frictional Coefficient between Particle and Abrasive Roll  [in Japanese]

    橋本 悠希 , 坂口 栄一郎 , 川上 昭太郎 , 村松 良樹 , 川上 晃司 , 室井 佑介 , 平田 悠達

    美味技術学会誌 = Journal of the Japanese Society of Taste Technology 19(2), 83-89, 2020-12

  • Milling method and crude protein concentrations of genkei milled rice and toukou milled rice for sake brewing using a horizontal type rice-milling test machine  [in Japanese]

    坂口 栄一郎 , 川上 昭太郎 , 村松 良樹 , 梶原 信三 , 室井 佑介 , 橋本 悠希

    日本醸造協会誌 115(12), 757-768, 2020-12

  • Inverse Method Using Heat Transfer Simulation to Estimate Thermal Diffusivity of Foods  [in Japanese]

    村松 良樹 , 橋口 真宜 , 坂口 栄一郎 , 川上 昭太郎

    本研究では食品の温度変化の測定値と熱移動現象の数値解を用いた新しい熱拡散率の推定方法を提案した。この方法は,安価でシンプルな測定装置を用いる,煩雑な計算も不要であるなどの利点に加え,複雑な形状をもつ材料や原寸大材料の熱拡散率推定にも適用できる可能性があるところに特徴がある。そのため,本研究で提案した手法は有用な食品の熱拡散率測定の1つになると考えられる。提案した手法を用いて水,ショ糖溶液,籾充填層 …

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 45(6), 241-249, 2020-01

    JASI 

  • Measurement of Specific Heat Using Twin Isoperibol Calorimeters and Estimation of the Effective Thermal Diffusivity of Wheat Flour  [in Japanese]

    村松 良樹 , 坂口 栄一郎 , 川上 昭太郎 [他] , 田川 彰男

    小麦粉の比熱を水分9~18%,温度10~50℃の範囲で測定した。比熱測定には双子型恒温壁熱量計を使用した。熱伝導率の文献値と比熱の測定結果を利用して,水分9~18%,温度10~50℃,かさ密度430~700kg m-3の範囲において小麦粉の熱拡散率も推算し,小麦粉の比熱,および熱拡散率と水分,温度,かさ密度の関係を調べ,これらの熱物性値の予測モデルを提案した。その結果,以下の知見を得た。(1)小麦 …

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 41(5), 199-205, 2015-09

    JASI 

  • Vacuum Drying Characteristics and New Prediction Model for Changes in Moisture Content of Adzuki Beans

    村松 良樹 , 坂口 栄一郎 , 川上 昭太郎 [他] , 田川 彰男

    減圧乾燥法を小豆の乾燥に適用し,乾燥速度や品質(豆の割れや裂皮)に及ぼす真空度と温度の影響を様々な温度(20~70℃)と真空度(0.07~0.10 MPa)条件下で調べた。すべての測定条件において破裂粒や裂皮粒は観察されなかった。減圧乾燥時の小豆の乾燥速度は熱風乾燥法よりも速かった。減圧乾燥法は,含水率25%以下,温度20~70℃の条件で小豆の乾燥に適用することが可能であることが示された。また,減 …

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 41(4), 145-154, 2015-06

    JASI 

  • Discussion on Nondestructive Measurement Method of Moisture Content for Rose Cut Flowers Using Bending Properties of Stems  [in Japanese]

    川上 昭太郎 , 村松 良樹 , 坂口 栄一郎 , Kawakami Shotaro , Yoshiki Muramatsu , Eiichiro Sakaguchi

    水分を指標とした流通過程でのバラ切り花の非破壊品質評価法を目指し,バラ切り花の茎の曲げ荷重を測定し,平均茎径を用いて水分推定式を作成した。その結果,説明変数として曲げ荷重と平均茎径を用いた重回帰式により,非破壊で茎の水分を推定することができた。また,作成した水分推定式を用いて同一試料の茎の水分の経時変化を推定することができた。今後,測定誤差を小さくする,他の種類の切り花への応用,測定器の小型化など …

    東京農業大学農学集報 58(2), 92-96, 2013-09

    IR  JASI 

  • Measurement of Moisture Content for Rose cut Flowers Using Bending Properties of Stems : Estimating Equation Applied to Different Cultivated Seasons  [in Japanese]

    KAWAKAMI Shotaro , MIZUNO Tatsuta , MURAMATSU Yoshiki , SAKAGUCHI Eiichiro

    バラ切り花の非破壊水分推定式を作成することを目指し,試料として茎を切り出して曲げ荷重を測定することでバラ切り花の茎の水分推定式を作成した.その結果,説明変数としてΔPmaxを用い,3種類の異なる栽培時期の試料で推定式を作成することで,単一栽培時期の試料による推定式と比べて汎用性のある推定式を作成することができた.さらに,説明変数に平均茎径を加えて重回帰分析により推定式を作ることでΔPmaxを用いた …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 20(1), 1-5, 2013

    J-STAGE  References (8)

  • Relationship between Bending Properties and Moisture Content of Stems for Rose Cut Flowers Using Destructive Measurement  [in Japanese]

    KAWAKAMI Shotaro , SAKAGUCHI Eiichiro

    水分を指標とした流通過程でのバラ切り花の非破壊品質評価法を将来において確立するため,まず本研究では花首付近から切り取った茎を用いて破壊測定による曲げ試験を行い,茎の力学特性値と水分の関係を検討した結果、以下の結論を得た.1)茎の水分が減少し萎れることにより曲げ荷重,曲げ剛性の値が小さくなった.それらの関係を対数近似式で求め,曲げ荷重と曲げ剛性それぞれから2.2と2.3%w.b.のRMSDで水分を推 …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 17(3), 79-83, 2010

    J-STAGE  References (6) Cited by (1)

  • Discrete Element Analysis of Resistance Plate Effectiveness in Abrasive-Type Rice Milling Machines on Milling Condition  [in Japanese]

    SUZUKI Motokatsu , SAKAGUCHI Eiichiro , KAWAKAMI Shotaro , FUKUMORI Takeshi , MATSUSHIMA Hideaki , NIIHATA Shigeki

    研削式精米初期を対象とした2次元離散要素シミュレーションモデルを用いて, 精白室構成要素の一つである抵抗爪が精米状態におよぼす影響について考察した。試験用横型研削式精米機を用いて, 抵抗爪の有無による精米中の米粒運動の特徴と玄米質量減少率の変化を測定した。シミュレーション結果はそれらの実験結果を再現し, モデルの妥当性が認められた。精米シミュレーションの情報によって粒子の微視的力学挙動が解析された …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 68(5), 78-83, 2006-09-01

    J-STAGE  References (5)

  • Effect of Abrasive Rice-Milling Conditions for Sake Brewing on the Shape of Milled Rice  [in Japanese]

    SAKAGUCHI Eiichiro , MIZUTANI Ryo , HONDA Kotaro , KAWAKAMI Shotaro

    横型試験用精米機を用いて, 玄米供給量および研削ロールの粒度と回転数を変化させ, 2つの品種の玄米について精白率70%まで精米し, 精白米の3軸寸法を測定した。その結果得られた2種類の形状指数を用いて, 精米条件と精白米形状の関係を統計的に分析した。さらに, 精米条件と玄米の3軸方向の研削距離の関係および精米現象の力学的考察により, 精米条件と精白米形状の関係を表す無次元式を得た。

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 68(3), 52-58, 2006-05-01

    J-STAGE  References (10)

  • Discrete Element Simulation of Abrasive Type Rice Milling : Effect of Operational Conditions on Milling Conditions  [in Japanese]

    SUZUKI Motokatsu , SAKAGUCHI Eiichiro , KAWAKAMI Shotaro , FUKUMORI Takeshi , MATSUSHIMA Hideaki , NIIHATA Shigeki

    研削式精米技術開発への離散要素シミュレーションの適用を試みた。その第一歩として, 米粒物性変化の小さい精米初期を対象に2次元円要素シミュレーションモデルを開発した。小型試験用精米機を用いて, 精米中の米粒運動を観察し, 玄米質量減少率を求めた。実験と同スケールの本モデルは精米中の粒子運動の特徴を再現した。計算より得られた粒子-ロール間せん断力は精白作用に支配的で, その積算値は玄米質量減少率と良い …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 68(2), 63-68, 2006-03-01

    J-STAGE  References (8)

  • Nondestructive measurement method of the flexural Young's modulus of the stem of cut flowers  [in Japanese]

    KAWAKAMI S. , SAKAGUCHI E. , HONAMI N.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 72(1), 330, 2003-04-04

  • Discrete Element Simulation of Shaking Separation of Paddy and Brown Rice : Effectiveness of Elliptical Element model  [in Japanese]

    SUZUKI Motokatsu , SAKAGUCHI Eiichiro , KAWAKAMI Shotaro , TAMAKI Koji

    穀物調製加工技術の開発や改良に有用な情報を得ることが可能なシミュレーションモデルの構築を試みた。そのため, 楕円要素を用いた離散要素シミュレーションを複雑な数値計算を用いずに開発できる接触点簡易決定楕円要素モデルを用いた。既存の調製加工技術である籾と玄米の揺動選別を対象にして, 実機による実験とシミュレーション結果を同一のスケールで比較した。円要素よりも楕円要素を用いた離散要素シミュレーション結果 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 64(3), 94-100, 2002-05-01

    J-STAGE  References (9)

  • Examination of quality evaluation method by flexural Young's modulus of cut flower stem  [in Japanese]

    KAWAKAMI S. , TAKEUCHI N. , SAKAGUCHI E. , HONAMI N.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 71(1), 308, 2002-04-03

  • Measurement method of flexural Young's modulus for cut flower stem  [in Japanese]

    KAWAKAMI Shotaro , OGURA Shuji , SAKAGUCHI Eiichiro

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 70(1), 337, 2001-04-04

  • 穀物調製加工技術開発における離散要素シミュレーションの有効利用 : 籾と玄米の揺動選別板窪みの設計への利用  [in Japanese]

    鈴木 基勝 , 坂口 栄一郎 , 川上 昭太郎 , 玉木 浩二

    農業機械学会年次大会講演要旨 60, 331-332, 2001-04-01

    References (1)

  • 穀物調製加工技術開発における離散要素シミュレーションの有効利用 : 接触点簡易決定楕円要素モデルの有効性  [in Japanese]

    鈴木 基勝 , 坂口 栄一郎 , 川上 昭太郎 , 玉木 浩二

    農業機械学会年次大会講演要旨 60, 329-330, 2001-04-01

    References (2) Cited by (1)

  • 玄米の定荷重一面せん断挙動の特徴 : 球, 円柱及び楕円棒との比較  [in Japanese]

    川瀬 芳順 , 坂口 栄一郎 , 川上 昭太郎 , 玉木 浩二

    農業機械学会年次大会講演要旨 60, 323-324, 2001-04-01

    References (2) Cited by (1)

  • Characteristics of the Guineafowl Egg  [in Japanese]

    OGAWA Hiroshi , KUWAYAMA Takehito , UEHARA Mariko , KAWAKAMI Shotaro , SAKAGUCHI Eiichiro , TANAKA Katuhide

    Japanese poultry science 37(1), 40-42, 2000-01-25

    J-STAGE  JASI  References (11)

  • Effects of Temperature and Concentration on Specific Volume, Vapor Pressure and Enthalpy of Vaporization of Fruit Juice  [in Japanese]

    TAGAWA Akio , MURAMATSU Yoshiki , TANAKA Chikanori , KAWAKAMI Shotaro , SAKAI Hiroshige

    果汁の密度,蒸気圧の測定結果から,以下ことが導かれた.<BR>(1) 果汁の比容積は温度と濃度双方の関数として,式(1)で表される.<BR>(2) 各濃度における水蒸気圧と温度,濃度の関係は,Antoine式を濃度補正した式(2)で表される.<BR>(3) 式(2)を利用することにより,濃度依存性を加味した果汁のΔHνがClapeyron式から直接計算される.& …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 45(12), 748-751, 1998-12-15

    J-STAGE  References (7)

  • 1 / 2
Page Top