池内 克史 IKEUCHI Katsushi

Articles:  61-80 of 298

  • Development and Evaluation of Asuka-Kyo MR Contents with Fast Shading and Shadowing  [in Japanese]

    KAKUTA Tetsuya , OISHI Takeshi , IKEUCHI Katsushi

    We developed Mixed Reality (MR) content that reconstructs the ancient capital of Asuka-Kyo and applied a fast shading and shadowing method that uses shadowing planes. Subjective evaluation with a head …

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 62(9), 1466-1473, 2008-09-01

    J-STAGE  References (26) Cited by (3)

  • Color Restoration Based on Spectral Information Using Normalized Cut  [in Japanese]

    MORIMOTO Tetsuro , MIHASHI Tohru , IKEUCHI Katsushi

    We have developed a color restoration method based on spectral information to achieve the multi-spectral imaging that is necessary for acquiring highly accurate color information for digital archiving …

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 62(9), 1453-1460, 2008-09-01

    J-STAGE  References (18)

  • Polarization analysis of the skylight caused by Rayleigh scattering and sun orientation estimation using fisheye-lens camera  [in Japanese]

    MIYAZAKI Daisuke , AMMAR Mahdi , KAWAKAMI Rei , IKEUCHI Katsushi

    近年,バーチャルアースやグーグルアース,マップキューブなど,屋外環境をモデル化して仮想都市を作ったり,そこに他の仮想物体を合成するサービスが盛んに展開されている.本稿では,屋外環境の解析の第一歩として,屋外環境の情報の半分を占める天空光の偏光解析の結果について報告する.太陽光は非偏光であるが,大気中のエアロゾルに太陽光が反射することにより,空が偏光する.本稿では,直線偏光板と魚眼レンズを搭載したカ …

    IEICE technical report 108(198), 25-32, 2008-08-29

    References (12)

  • Illumination Distribution from Shadow Using a Single Real Image for Outdoor Mixed Reality  [in Japanese]

    KUDO Raita , KAKUTA Tetsuya , KAWAKAMI Rei , OISHI Takeshi , IKEUCHI Katsushi

    本研究では,屋外の複合現実感において,1枚の実画像から光源分布を推定する手法を提案する.従来手法では,環境に設置した鏡面球に写りこんだ画像を解析する方法やビデオカメラを用いる方法などにより光源の方向と輝度を求めていたが,光源推定用の機器を設置するコストや手間などが生じていた.そこで提案手法ではまず,光源色によらない物体の反射率から求められる不変量から,形状が既知の物体の影領域を検出する.続いて,物 …

    IEICE technical report 108(198), 57-64, 2008-08-29

    References (13) Cited by (1)

  • Illumination Distribution from Shadow Using a Single Real Image for Outdoor Mixed Reality  [in Japanese]

    KUDO Raita , KAKUTA Tetsuya , KAWAKAMI Rei , OISHI Takeshi , IKEUCHI Katsushi

    本研究では,屋外の複合現実感において,1枚の実画像から光源分布を推定する手法を提案する.従来手法では,環境に設置した鏡面球に写りこんだ画像を解析する方法やビデオカメラを用いる方法などにより光源の方向と輝度を求めていたが,光源推定用の機器を設置するコストや手間などが生じていた.そこで提案手法ではまず,光源色によらない物体の反射率から求められる不変量から,形状が既知の物体の影領域を検出する.続いて,物 …

    IEICE technical report 108(199), 57-64, 2008-08-29

    References (13)

  • Polarization analysis of the skylight caused by Rayleigh scattering and sun orientation estimation using fisheye-lens camera  [in Japanese]

    MIYAZAKI Daisuke , AMMAR Mahdi , KAWAKAMI Rei , IKEUCHI Katsushi

    近年,バーチャルアースやグーグルアース,マップキューブなど,屋外環境をモデル化して仮想都市を作ったり,そこに他の仮想物体を合成するサービスが盛んに展開されている.本稿では,屋外環境の解析の第一歩として,屋外環境の情報の半分を占める天空光の偏光解析の結果について報告する.太陽光は非偏光であるが,大気中のエアロゾルに太陽光が反射することにより,空が偏光する.本稿では,直線偏光板と魚眼レンズを搭載したカ …

    IEICE technical report 108(199), 25-32, 2008-08-29

    References (12)

  • Illumination Distribution from Shadow Using a Single Real Image for Outdoor Mixed Reality  [in Japanese]

    KUDO Raita , KAKUTA Tetsuya , KAWAKAMI Rei , OISHI Takeshi , IKEUCHI Katsushi

    本研究では,屋外の複合現実感において,1枚の実画像から光源分布を推定する手法を提案する.従来手法では,環境に設置した鏡面球に写りこんだ画像を解析する方法やビデオカメラを用いる方法などにより光源の方向と輝度を求めていたが,光源推定用の機器を設置するコストや手間などが生じていた.そこで提案手法ではまず,光源色によらない物体の反射率から求められる不変量から,形状が既知の物体の影領域を検出する.続いて,物 …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 164, 57-64, 2008-08-29

    References (13)

  • Polarization analysis of the skylight caused by Rayleigh scattering and sun orientation estimation using fisheye-lens camera

    MIYAZAKI Daisuke , AMMAR Mahdi , KAWAKAMI Rei , IKEUCHI Katsushi

    近年,バーチャルアースやグーグルアース,マップキューブなど,屋外環境をモデル化して仮想都市を作ったり,そこに他の仮想物体を合成するサービスが盛んに展開されている.本稿では,屋外環境の解析の第一歩として,屋外環境の情報の半分を占める天空光の偏光解析の結果について報告する.太陽光は非偏光であるが,大気中のエアロゾルに太陽光が反射することにより,空が偏光する.本稿では,直線偏光板と魚眼レンズを搭載したカ …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 164, 25-32, 2008-08-29

    References (12)

  • Representation of Drawing Behavior by a Robot  [in Japanese]

    KUDOH Shunsuke , OGAWARA Koichi , RUCHANURUCKS Miti , TAKAMATSU Jun , IKEUCHI Katsushi

    This paper describes a painting robot with multi-fingered hands and stereo vision. The goal of this study is for the robot to reproduce the whole procedure involved in human painting. A painting actio …

    Journal of the Robotics Society of Japan 26(6), 612-619, 2008-08-29

    J-STAGE  References (17)

  • Shape Rectification of Distorted Range Data Given by a Moving Range Sensor Based on Alignment  [in Japanese]

    BANNO Atsuhiko , IKEUCHI Katsushi

    大規模物体や都市空間の形状取得では,浮遊体や車両などの移動体にレンジセンサを搭載しての計測が考えられる.ところが,計測プロセス中にレンジセンサが運動すると,得られる形状データがひずんでしまう.そこで本研究では,計測中にレンジセンサが移動することによるひずみを補正するための手法を提案する.提案手法では,あらかじめ固定型のレンジセンサによって得られた形状データとの重複部分を利用し,固定型レンジセンサに …

    The IEICE transactions on information and systems 91(8), 2089-2098, 2008-08-01

    References (13) Cited by (1)

  • Basic Theory of Polarization and Its Applications  [in Japanese]

    宮崎 大輔 , 池内 克史

    偏光は古くから知られている物理現象であり,これまでに様々な研究がなされてきた.偏光は,物質の構造を知るような物理学的な応用だけでなく,立体視スクリーンなどのようなエンターテインメントへの応用もあり,幅広い応用が考えられている.偏光に関する研究は主に光学の分野で行われているが,近年,他の分野でも偏光に関する研究は増えてきている.その中でも,本論文では,コンピュータビジョンの分野でなされている偏光に関 …

    情報処理学会論文誌コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM) 1(1), 64-72, 2008-06-26

    IPSJ  Cited by (1)

  • Detection of Moving Objects and Cast Shadows Using Omnidirectional Camera for Outdoor Mixed Reality  [in Japanese]

    VINH Lu Boun , KAKUTA Tetsuya , KAWAKAMI Rei , OISHI Takeshi , IKEUCHI Katsushi

    複合現実感(MR)における実物体と仮想物体のオクルージョン問題を解決するため,実画像から前景領域の抽出と影領域の除去を行い,さらに画像中の位置座標から前景物体の奥行き推定を行う手法を提案する.前景領域の抽出については確率モデルに基づく手法を用い,色,コントラスト,時間的事前確率を用いて精度を高める.確率モデルにおけるエネルギー最小化にはグラフカットを用いる.また抽出した前景領域に対し,各画素の色度 …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 163, 295-300, 2008-05-01

    References (13) Cited by (2)

  • Surface Color Estimation of Large Scale Diffuse Object in an Outdoor Environment

    KAWAKAMI Rei , IKEUCHI Katsushi

    近年,物体の三次元モデル化技術への期待が高まっている.物体をモデル化するには,形状と光学情報,すなわち形と色を知る必要がある.しかし,色のモデル化に関して,建造物のような屋外の大規模物体に適用できる手法が少ない.物体の色は,三次元形状に画像を貼り付けることでモデル化できるが,統一的な色を再現するためには,事前に光源の影響を除く必要がある.本論文では,表面色を推定する三つの手法を提案する.第一に,光 …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 163, 215-230, 2008-05-01

    References (33)

  • D-12-82 Localization Algorithum for Omni-directional Images by Using Image Sequence  [in Japanese]

    Matsuhisa Ryota , Kawasaki Hiroshi , Ono Shintaro , Banno Atsuhiko , Ikeuchi Katsushi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2008年_情報・システム(2), 213, 2008-03-05

  • D-11-116 Reflection and Transparency Separation Method for Outdoor Scene using EPI analysis  [in Japanese]

    Oishi Keisuke , Kawasaki Hiroshi , Ikeuchi Katsushi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2008年_情報・システム(2), 116, 2008-03-05

  • Analysis of Ancient Mirrors using Non-rigid Registration Method  [in Japanese]

    FUJIWARA Kent , TAKAMATSU Jun , IKEUCHI Katsushi

    レーザーレンジセンサーなどの3次元形状計測機器,および位置合わせ・統合等の形状データを処理するソフトウエアの発展により,様々な物体がコンピュータ上で三次元モデル化されている.対象物体の中には,考古学的に貴重な資料も含まれており,その利活用は近年非常に注目されている.本稿では大規模高精細3次元形状解析手法を構築し,実際に古鏡の三次元モデルの解析により古鏡上の傷の成長,凹凸の衰退を可視化した結果を示す …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 161, 309-316, 2008-01-17

    References (24)

  • Surface Reflectance Estimation of Diffuse Outdoor Objects using Spherical Images  [in Japanese]

    OKURA Sonoko , KAWAKAMI Rei , IKEUCHI Katsushi

    近年,物体の三次元モデル化に関する研究が盛んに行われている.物体の正確な見えを再現するには,光源による影響を取り除いた物体本来の私すなわち表面反射率を求めねばならない.これは特に屋外の物体について自動化が困難な作業であり,効率的な手法の開発が課題となっている.そこで本論文では,全周画像が撮影できるカメラを用いて対象物と光源環境を同時に撮影し,ただ一度の計測から屋外の拡散反射物体の表面反射率を推定す …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 161, 177-184, 2008-01-17

    References (16)

  • Analysis of Ancient Mirrors using Non-rigid Registration Method  [in Japanese]

    FUJIWARA Kent , TAKAMATSU Jun , IKEUCHI Katsushi

    レーザーレンジセンサーなどの3次元形状計測機器,および位置合わせ・統合等の形状データを処理するソフトウエアの発展により,様々な物体がコンピュータ上で三次元モデル化されている.対象物体の中には,考古学的に貴重な資料も含まれており,その利活用は近年非常に注目されている.本稿では大規模高精細3次元形状解析手法を構築し,実際に古鏡の三次元モデルの解析により古鏡上の傷の成長,凹凸の衰退を可視化した結果を示す …

    IEICE technical report 107(427), 341-348, 2008-01-10

    References (24)

  • Surface Reflectance Estimation of Diffuse Outdoor Objects using Spherical Images  [in Japanese]

    OKURA Sonoko , KAWAKAMI Rei , IKEUCHI Katsushi

    近年,物体の三次元モデル化に関する研究が盛んに行われている.物体の正確な見えを再現するには,光源による影響を取り除いた物体本来の私すなわち表面反射率を求めねばならない.これは特に屋外の物体について自動化が困難な作業であり,効率的な手法の開発が課題となっている.そこで本論文では,全周画像が撮影できるカメラを用いて対象物と光源環境を同時に撮影し,ただ一度の計測から屋外の拡散反射物体の表面反射率を推定す …

    IEICE technical report 107(427), 209-216, 2008-01-10

    References (16)

  • 3D Modeling of a Residential Map by Using a Vehicle-borne Laser Range Scanner  [in Japanese]

    TONG Lihong , ONO Shintaro , KAGESAWA Masataka , IKEUCHI Katsushi

    電気学会研究会資料. TER, 交通・電気鉄道研究会 2007(42), 17-22, 2007-11-27

    References (13)

Page Top