田中 史彦 TANAKA Fumihiko

Articles:  21-40 of 75

  • 2 / 4
  • Effect of Low-moisture Preconditioning of Rice on Texture and Eating Quality

    GENKAWA Takuma , UCHINO Toshitaka , TANAKA Fumihiko , HAMANAKA Daisuke , TOMIZAWA Hideo

    水分の低下に伴って生じる食味低下の原因を明らかにするために,炊飯崩壊粒がテクスチャーと食味に及ぼす影響を検討した。10.3%w.b.の米を炊飯した後,得られた炊飯米を正常粒と3種類の炊飯崩壊粒,すなわち,横割れ粒,縦割れ粒,扁平粒に,形状に基づいて分類した。縦割れ粒と横割れ粒の硬さと粘りは正常粒の半分の値であった。さらに,10.3%w.b.の米を炊飯した場合,これらの割れを生じた粒の割合は全体数の …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 71(3), 78-84, 2009-05-01

    J-STAGE  References (16)

  • ANN Prediction of the Thermal Inactivation Time of Microorganisms during Microwave Heating of Chicken Meat

    TANAKA Fumihiko , UCHINO Toshitaka , HAMANAKA Daisuke , MIYAMOTO Shingo

    近年,食品の安全についての関心が高まり,生産工程における衛生管理を行うことで,いかに微生物的危害を抑えるかが注目されている.本研究では,鶏肉に付着し,食中毒の原因となるSalmonella spp.とListeria innocuaを対象に,マイクロ波加熱による殺菌時間の予測をニューラルネットワークモデルにより行った.本モデルは,マイクロ波出力,初期材料温度,材料寸法(3方向)から材料中心と表面の …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 15(3), 152-158, 2009

    J-STAGE  References (21)

  • Change in temperature and quality of fresh produce during distribution and microbial control with infra-red rays and ultraviolet rays  [in Japanese]

    内野 敏剛 , 田中 史彦 , 濱中 大介

    The Food industry 51(20), 20-26, 2008-10-30

  • Stochastic modeling of microbial behavior and its application in grain processing for managing food safety  [in Japanese]

    田中 史彦

    年報 2008年度, 81-87, 2008

    Cited by (1)

  • Feasibility of Development of SQF Management System with Predictive Microbiology under the Low-Temperature Transportation  [in Japanese]

    MORITA Kazuo , TANAKA Fumihiko

    冷凍 = Refrigeration 82(954), 314-318, 2007-04-15

    References (8)

  • Effective utilization of the organic waste : Application of quasi-biogas and WME to small type diesel engine  [in Japanese]

    IWASAKI Koichi , MORITA Kazuo , TANAKA Fumihiko , SUEYOSHI Takeshi

    有機系廃棄物処理により発生するバイオガスならびに廃食油メチルエステル(WME)の有効利用法として,ガスを小型ディーゼルエンジンに供給して軽油との2燃料運転をした場合ならびにWMEを用いた運転をした場合の運転特性について測定を行った.その結果,以下の様なことが明らかになった.1.軽油の場合,混合ガスの供給量が30L/minまでは安定した運転特性を示したが35L/minになると供給過剰で不安定な状態に …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 14(2), 75-80, 2007

    J-STAGE  References (8)

  • Dynamical Characteristics of Rotary Tiller : Analysis on Chain Sprocket Mechanism  [in Japanese]

    IWASAKI Koichi , SUEYOSHI Takeshi , TANAKA Fumihiko

    ロータリ耕うん部の動力伝達機構の一部として重要な役割を果たすスプロケットチェーン機構について,長期間の使用に伴うチェーン伸びの影響を考慮した幾何学的分析を行った.また,チェーンスプロケット部での騒音振動を軽減し,安定した駆動を支える目的で使用されているチェーンテンショナについて応力測定を行った結果,以下のようなことが明らかとなった.1.スプロケットとチェーンの幾何学的関係を詳細に検討してチェーンの …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 14(1), 49-53, 2007

    J-STAGE  References (10)

  • SQFと食品の安全性評価エキスパートシステム  [in Japanese]

    守田 和夫 , 田中 史彦

    The Food industry 49(12), 74-79, 2006-06-30

    Cited by (2)

  • Freezing Simulation of Green Peas using Sphere Model  [in Japanese]

    TANAKA Fumihiko , IWASAKI Koichi , MORITA Kazuo

    グリンピースの凍結過程における内部温度分布と凍結の状態を明らかにするため,相変化を伴う熱移動モデル解析による材料温度予測と凍結率の簡易推算を行った.その結果,以下の知見を得た.1)凍結による相変化を伴う熱移動モデルを構築し,数値解析によって内部温度分布変化を予測した.この結果,計算値と測定値は良く一致し,モデルの妥当性が検証された.2)流動層凍結器によるグリンピースの凍結曲線の傾きから凍結の進行を …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 13(2), 86-90, 2006

    J-STAGE  References (8)

  • Microwave Cooking Simulation of Sweet Potato and Observation of Starch Gelatinization by a Scanning Electron Microscope  [in Japanese]

    TANAKA Fumihiko , SUGAWARA Terumi , IWASAKI Koichi , MORITA Kazuo

    サツマイモのマイクロ波加熱過程における材料内部温度変化を明らかにするため,熱移動モデル解析による材料温度予測と走査型電子顕微鏡によるデンプン粒の状態観察を行った.その結果,以下の知見を得た.1)水分蒸発による収縮の影響を含む熱・物質移動モデルを構築し,材料内部温度分布変化および含水率の変化を予測した.走査型電子顕微鏡によるデンプン粒の観察の結果,デンプン粒が消失する糊化時間はモデル解析により予測で …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 13(2), 80-85, 2006

    J-STAGE  References (14) Cited by (2)

  • Characteristics of Adsorption Properties of Polished Rice : Effects of Temperature, Humidity and Moisture Content on Adsorption  [in Japanese]

    TANAKA Fumihiko , IWASAKI Koichi , MORITA Kazuo

    精白米の平衡含水率と吸湿速度係数に影響を与える因子について解析を行い,これらを推算する式について検討を行った.本研究で明らかになった知見を以下に示す.1)加湿空気の温湿度と精白米の初期含水率が平衡含水率に与える影響について検討し,これを推算する実験式を提示した.この実験式の実験データへの適合性は平均相対誤差で2.9%と高く,有用であることが明らかとなった.2)加湿空気の温湿度と精白米の初期含水率が …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 13(2), 76-79, 2006

    J-STAGE  References (11)

  • Prediction of Temperature of Strawberry Fruit during Cooling Process  [in Japanese]

    TANAKA Fumihiko , MORITA Kazuo , IWASAKI Koichi , WANG Shi-Qing

    二元調湿換気式低温貯蔵車内にバラ積み貯蔵したイチゴ果実の品温変化を予測するモデルを構築し,このモデルの妥当性について検証した.この結果,品温の予測値は表面および温度中心点でそれぞれ計算誤差0.8,0.5℃程度で良く一致し,精度の良い予測が可能であることが明らかとなった.また,庫内温湿度変化の予測についても実用に値する結果が得られ,本モデルの妥当性が検証された.

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 11(2), 83-87, 2004

    J-STAGE  References (8)

  • Feasibility Study on Development of Underground Plant Cultivating System (Part 1) : Heat balance analysis of a space in semi-underground

    MORITA Kazuo , TANAKA Fumihiko , URASA Richard L.

    農業施設 34(1), 1-9, 2003-06-25

    References (7)

  • Basic Study on Ultra-Sonic Drying of Rough Rich (Part2) : Ultra-sonic drying characteristics  [in Japanese]

    MORITA Kazuo , YAMAGUCHI Yasuhiro , TANAKA Fumihiko

    農業施設 33(4), 239-245, 2003-03-25

    References (10)

  • Basic Study on Ultra-Sonic Drying of Rough Rice (Part 1) : Characteristics of ultra-sonic absorption  [in Japanese]

    MORITA Kazuo , YAMAGUCHI Yasuhiro , TANAKA Fumihiko

    農業施設 33(4), 233-238, 2003-03-25

    References (10)

  • Numerical Simulation of Natural Convection in Enclosed Space by means of Low-Reynolds-Number k-ε Model  [in Japanese]

    TANAKA Akira , TANAKA Shun-ichiro , TANAKA Fumihiko

    冷蔵施設内における食品の品温予測や施設の温熱設計を行う場合, 対流熱伝達の評価が重要になる。本研究では, 対流熱伝達を正確に予測するために, 粘性底層から遷移域, 乱流域までを連続的に予測可能な低レイノルズ数型k-εモデルと乱流熱流束の近似方法としてのWETモデルを組み合わせた数値予測モデルの導入を試みた。この数値予測モデルの有効性を検討するために, 閉鎖空間内の自然対流を対象に伝熱面近傍の速度場 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 65(2), 77-84, 2003-03-01

    J-STAGE  References (14)

  • 籾の超音波乾燥法に関する基礎的研究(第2報)乾燥特性について  [in Japanese]

    守田 和夫 , 山口 安弘 , 田中 史彦

    Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan 33(4), 239-245, 2003-03

  • 籾の超音波乾燥法に関する基礎的研究(第1報)超音波吸収特性について  [in Japanese]

    守田 和夫 , 山口 安弘 , 田中 史彦

    Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan 33(4), 233-238, 2003-03

  • Unsteady State Heat Transfer in Food Freezing and Thawing Processes  [in Japanese]

    TANAKA Fumihiko

    Netsu bussei 17(1), 84-93, 2003-01-31

    References (72) Cited by (1)

  • Present Situation Analysis for Mechanization of Agriculture in Tanzania : Case Study of Rice Production Project

    MORITA Kazuo , URASA Richard.L. , TANAKA Fumihiko

    1998年にタンザニアのキリマンジェロ農業訓練センターとソコイネ農科大学に調査に入り、アフリカの農業の機械化に関する現状分析を水稲について行った。国際協力事業団が支援、拡充している水稲プロジェクトの成功事例を中心にタンザニアの水稲機械化の現状調査と民営化農場での水稲作の統計的な分析を行い、民営化農場の今後の発展の可能性について技術面と価格面から分析した。

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 10(1), 71-76, 2003

    J-STAGE  References (8)

  • 2 / 4
Page Top