市川 温 ICHIKAWA Yutaka

Articles:  1-20 of 113

  • EFFECTIVE APPLICATION OF A REAL-TIME RUNOFF PREDICTION SYSTEM USING A PARTICLE FILTER  [in Japanese]

    田中 裕士 , 立川 康人 , 萬 和明 , 市川 温 , キム スンミン

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 64, I_241-246, 2019

  • APPLICATION OF CONVOLUTIONAL NEURAL NETWORK TO OCCURRENCE PREDICTION OF HEAVY RAINFALL  [in Japanese]

    鈴木 紹晟 , キム スンミン , 立川 康人 , 市川 温 , 萬 和明

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 63, I_295-300, 2018

  • DEVELOPMENT OF A REAL-TIME RUNOFF PREDICTION SYSTEM USING PARTICLE FILTER AND EFFECT OF INTRODUCING MULTIPOINT DISCHARGE OBSERVATION INFORMATION  [in Japanese]

    田中 裕士 , 立川 康人 , 萬 和明 , 市川 温

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 63, I_139-144, 2018

  • Development of a flood damage probability map and its application to benefit analysis of land raising  [in Japanese]

    田中 智大 , 市川 温 , 萬 和明 , 立川 康人

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 62, Ⅰ_1477-1482, 2018

  • INPUT DATA SELECTION FOR DAM INFLOW PREDICTION IN SNOW DOMINANT REGION USING ARTIFICIAL NEURAL NETWORK  [in Japanese]

    滝口 修司 , キム スンミン , 立川 康人 , 市川 温 , 萬 和明

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 62, Ⅰ_877-882, 2018

  • A STUDY ON LONG-TERM RIVER DISCHARGE DATA GENERATION BY DISTRIBUTED HYDROLOGIC MODEL AND RECOMBINATION ATMOSPHERIC DATA  [in Japanese]

    萬 和明 , 黒崎 直哉 , 市川 温 , キム スンミン , 立川 康人

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 62, Ⅰ_127-132, 2018

  • FLOOD RUNOFF SIMULATIONS IN THE YODO RIVER BASIN ASSUMING LARGEST-CLASS TYPHOONS  [in Japanese]

    MIYAWAKI Kohei , TACHIKAWA Yasuto , TANAKA Tomohiro , ISHII Daiki , ICHIKAWA Yutaka , YOROZU Kazuaki , TAKEMI Tetsuya

     A largest-class flood caused by a typhoon under a climate change condition at the Yodo River basin is examined by using rainfall data developed by a physically-based course ensemble typhoon expe …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 72(4), I_31-I_36, 2016

    J-STAGE 

  • A FLOOD RISK CURVE DEVELOPMENT USING CONDITIONAL PROBABILITY DISTRIBUTION OF RAINFALL ON DURATION  [in Japanese]

    TANAKA Tomohiro , TACHIKAWA Yasuto , ICHIKAWA Yutaka , YOROZU Kazuaki

     To design integrated flood risk management, flood risk assessment based on the economic damage is essential. In previous studies, the authors have developed a method to estimate a flood risk cur …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 72(4), I_1219-I_1224, 2016

    J-STAGE 

  • A fundamental research on understanding three dimensional soil moisture dynamics by both in-situ observation and numerical simulation on Shigaraki forest  [in Japanese]

    yorozu kazuaki , nakakita eiichi , maeno akihito , imai Shintaro , ichikawa yutaka , tachikawa yasuto , ebisu nobuhiro , takase Keiji , sato Yoshinobu , yamaguchi kosei

    信楽森林流域においては,土壌水分の多地点観測を2015年より実施し,流域内部の状態変化,特に地中の水分動態の観測による把握を開始している.一方で,Richards式を基礎式とした3次元の数値モデルを構築し,信楽森林流域における土壌水分の計測斜面への適用も試みている.そこで,現地観測ならびに数値モデルによる土壌水分の把握について,これまでに得られた知見を報告する.

    Proceeding of Annual Conference 29(0), 84, 2016

    J-STAGE 

  • Evaluation of short wave radiation bias in Japan by GCMs  [in Japanese]

    yorozu kazuaki , ichikawa yutaka , tachikawa yasuto , okumura takuya

    将来の作物生産や水資源管理の推計のために, GCM (General Circuration Model) 出力が用いられる.一般に,将来の気候変動条件下を対象とした研究では,バイアス補正をした GCM 出力が使用される.しかし,降水量のバイアス評価と補正に関する研究に比べ,短波放射量のバイアス研究は少ない.そこで本研究では,日本域を対象に GCM 出力の短波放射量についてバイアスを評価し,その要 …

    Proceeding of Annual Conference 29(0), 59, 2016

    J-STAGE 

  • Developing of the parallel type outflow prediction system using CommonMP  [in Japanese]

    Fujita Shoko , Tachikawa Yasuto , Ichikawa Yutaka , Yorozu Kazuaki

    CommonMPは流域全体を対象とした流出シミュレーションモデルのプラットフォームであり、. GUI環境で操作できるため、モデル作成、解析の実行が容易である。また、並列計算用のオプションが開発されたことにより、計算時間の大幅な短縮が可能となった。本論文では、貯留関数法の流出モデルを要素とするプロジェクトを構築し、並列計算の実施および粒子フィルタを用いた双子実験を実施して流出モデルのパラメータの推 …

    Proceeding of Annual Conference 29(0), 135, 2016

    J-STAGE 

  • Proposing a method of generating long term river discharge data by JRA-55 and a distributed hydrologic model  [in Japanese]

    Kurosaki Naoya , Yorozu Kazuaki , Tachikawa Yasuto , Ichikawa Yutaka

    近年、地球温暖化の影響により大雨や台風の異常発生などに起因する自然災害が懸念されている。このような状況下で、長期的な洪水対策として長期確率雨量や流量に基づいたダムの施工や河川堤防の整備などが有効である。確度の高い長期確率雨量・流量を求めるためには、長期間にわたる雨量や流量の観測値の収集が必要であるが、十分に長期間の雨量・流量観測が実施されている例は多くない。そこで本研究では、限られた気象データから …

    Proceeding of Annual Conference 29(0), 136, 2016

    J-STAGE 

  • Development of a flood damage probability map around the Kyoto City area  [in Japanese]

    Tanaka Tomohiro , Tachikawa Yasuto , Ichikawa Yutaka , Yorozu Kazuaki

    これまで多くの自治体でハザードマップが作成・公表され,避難計画や土地利用計画に活かされてきた.ハザードマップを経済的資産への影響評価や風水災保険の設計等につなげるためには,ハザードの発生確率に加えて経済的リスクの空間分布を示すことが重要となる.そこで本研究では,淀川流域の京都市周辺域を対象とし,地域内の各地点で浸水被害額の再現期間を示した浸水被害確率マップを作成した.浸水被害額の再現期間を推定する …

    Proceeding of Annual Conference 29(0), 104, 2016

    J-STAGE 

  • ANALYSIS OF DOMINANT HYDRAULIC VARIABLES IN ESTIMATION OF ECONOMIC FLOOD DAMAGE AND ITS APPLICATION TO ESTIMATION OF A FLOOD RISK CURVE  [in Japanese]

    TANAKA Tomohiro , TACHIKAWA Yasuto , ICHIKAWA Yutaka , YOROZU Kazuaki

    水害リスクカーブを推定するためには様々な降雨の時空間分布(以下,降雨パターン)を設定する必要があるが,氾濫解析モデルは計算コストが高い.降雨流出計算から得られる水理量と浸水被害額が一意な関係をもつ場合は,異なる降雨パターンにこの関係を用いることで氾濫計算を省略することができる.本研究では,京都府の由良川流域で多数の実績降雨パターンに対する水理量と浸水被害額の関係を分析し,河道沿いに氾濫域が広がる地 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 72(1), 26-37, 2016

    J-STAGE 

  • Evaluation of the largest class discharge using the result of the pseudo global warming simulation of Isewan typhoon  [in Japanese]

    Miyawaki Kohei , Tachikawa Yasuto , Ichikawa Yutaka , Yorozu Kazuaki , Ishii Daiki

    平成23年3月11日に発生した東日本大震災以降、社会基盤・防災にかかわる多くの分野で最大クラスの自然現象が発生した場合にどのような影響が生じるかについて多くの研究がなされている。本研究では最大クラスの台風に注目し、それによって発生する洪水の規模を予測することを目的とした。最大クラス台風として日本列島に過去最大級の被害をもたらした昭和34年伊勢湾台風を選択し、被害の大きかった淀川流域を対象流域とした …

    Proceeding of Annual Conference 28(0), 100121, 2015

    J-STAGE 

  • Development of a shallow landslide risk estimation method using single X-band multi-parameter radar and C-band radars  [in Japanese]

    Watanabe Ayaka , Souma Kazuyoshi , Suetsugi Tadashi , Oishi Satoru , Sano Tetsuya , Kakizawa Kazuhiro , Ishidaira Hiroshi , Ichikawa Yutaka , Magome Jun

    XバンドMP(Multi Parameter)レーダーは,Cバンドレーダーに比べ細かい降雨情報が取得可能であり,局地的大雨(ゲリラ豪雨)の早期探知など,減災への活用を目指して複数のXバンドMPレーダーを用いたネットワークが都市部を中心に全国的に構築されつつある.一方で,山地域については単一のXバンドMPレーダーでしか観測を行っていない地域が多く,土砂災害危険度推定等で定量的に利用する上では精度に問 …

    Proceeding of Annual Conference 28(0), 100067, 2015

    J-STAGE 

  • Land Surface Data Assimilation of Particle Smoothing using Soil Moisture Observation  [in Japanese]

    Noda Takanobu , Yorozu Kazuaki , Tachikawa Yasuto , Ichikawa Yutaka , Asanuma Jun , Kaihotsu Ichirou

    蒸発散の観測地点数は少なく、陸面過程モデルによって推定されている。しかしモデルでの計算結果には誤差が付きまとう。土壌水分を観測情報として蒸発散の推定精度が向上できれば、蒸発散が観測されていなくても、土壌水分が観測されている地点で蒸発散の再解析が可能になる。そこで、観測値としての土壌水分の値に陸面過程モデルSiBUCでの計算結果を近づけ、より真値に近い蒸発散を推定するために、土壌水分を観測情報として …

    Proceeding of Annual Conference 28(0), 100073, 2015

    J-STAGE 

  • Analysis of the impact of spatio-temporal distribution of rainfall on the economic damage by flood disaster  [in Japanese]

    TANAKA Tomohiro , TACHIKAWA Yasuto , ICHIKAWA Yutaka , YOROZU Kazuaki

    現行の計画を超過する超過洪水に対して,流域の水災害によるリスクを評価し,リスク評価に基づいて対策を講じることが重要となる.リスク評価に際して,降雨量の確率分布から浸水被害額の確率分布を計算する場合,降雨量が同じであっても降雨の時間的・空間的分布(以下,降雨パターン)が大きな不確実性をもつ.この不確実性を考慮するためには,多数の降雨パターンシナリオで流出・氾濫計算を行う必要があるが,特に氾濫解析モデ …

    Proceeding of Annual Conference 28(0), 100053, 2015

    J-STAGE 

  • Analytical Study on Improvement of Flood Flow capacity  [in Japanese]

    Nurul Nadiah Binti Norzan , Suetsugi Tadashi , Ichikawa Yutaka , Miyazawa Naoki

    河道内の樹林化の進展により,流下阻害が顕著となる.本研究では,平面二次元非定常流計算(Nays2D,iRICソフトウェア)で,洪水流計算を行う樹木繁茂が洪水流下能力に及ぼす影響を評価する.解析の対象とする区間は,山梨県にある濁川の断面25(N2.5)から断面61(N6.1)までの3600mで,笛吹川の影響を受けない範囲とした.本論文は,濁川の既往洪水時(平成12年9月洪水)の再現性を検証したので報 …

    Proceeding of Annual Conference 27(0), 100054, 2014

    J-STAGE 

  • Study on the seasonal change of an attribution of flooding condition to the diarrhoea incidence in Dhaka City, Bangladesh  [in Japanese]

    Hashimoto Masakazu , Suetsugi Tadashi , Ichikawa Yutaka , Nishida Yutaka , Sunada Kengo , Kondo Naoki

    下痢症は肺炎に継ぐ5歳未満児の主要な死亡原因の1つであり,洪水氾濫などの外的な要因によってその被害が大きくなる.そこで,洪水氾濫モデルを用いた定量的な健康リスク評価手法に関する研究が進められているが,関係が複雑であり感染ルートの仮定が難しいという問題がある.感染の原因は浸水との接触機会に加え,浸水の汚染度,生活習慣などの社会的な要因が関係する.  これに対して筆者らはバングラデシュの首都ダッカを …

    Proceeding of Annual Conference 26(0), 68, 2013

    J-STAGE 

Page Top