松永 真由美 MATSUNAGA Mayumi

ID:1000030325360

Graduate School of Science and Engineering, Ehime University (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 95

  • 1 / 5
  • A Linearly and Circularly Polarized Double-Band Cross Spiral Antenna

    MATSUNAGA Mayumi

    A novel circularly and linearly polarized loop antenna is presented. A simple loop configuration, twisted like a cross shape, has achieved radiating wide beam circular polarization simultaneously with …

    IEICE Transactions on Communications E99.B(2), 430-438, 2016

    J-STAGE 

  • Development of a Three-Band Multi-Polarization Antenna : Improvement of Circular Polarization  [in Japanese]

    MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    直線偏波と円偏波を異なる二つの周波数で放射する偏波共用アンテナの開発を行っている。本報告では、著者が発明した三周波クロススパイラルアンテナ(CSA)の円偏波特性の向上に関して、CSAが円偏波を放射する動作原理に基づき検討している。検討の結果、従来の三種はCSAに比べ円偏波軸比、放射利得および放射効率が改善された。

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(524), 69-72, 2015-03-24

  • The Effect of Two-Dimensional Round Convexity Array Arranged on the Surface of Concrete Walls on Electromagnetic Wave Propagation  [in Japanese]

    TANAKA Kohki , TAKAHASHI Kengo , MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    本論文では、コンクリート表面に施した波長程度の大きさの2次元円形凸起のサイズや間隔を変更して、その違いが周囲の電波伝搬に与える影響について数値解析結果を示す。これまでの研究により、波長程度の大きさの円形凸起は、コンクリート壁の反射係数を変化させる事を明らかにしてきた。本論文では、円形凸起の凸起サイズや凸起間隔に着目し、その違いがコンクリートの周囲に与える影響をFDTD解析により検討している。その結 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 114(396), 25-28, 2015-01-22

  • Design of an Electrically Small PCB Antenna Taking into Account PCB's Material Properties  [in Japanese]

    YOSHIKAWA Daiki , MATSUNAGA Mayumi

    プリント回路板(Printed Circuit Board:PCB)の電気的特性が、これを用いた小型アンテナに与える影響について考察し、PCBの材料特性の影響を極力抑えたアンテナ構造の検討と、この検討結果に基づき設計したアンテナについて報告する。PCBを用いたアンテナは、小型化に伴い、PCBの厚みや誘電正接、アンテナエレメントを構成する銅箔の導電率などがアンテナ特性へ多大な影響を与える。本論文では …

    IEICE technical report. Microwaves 113(460), 79-84, 2014-03-04

  • Analyzing of Electromagnetic Waves Propagating around the Wall Having Round Convexities  [in Japanese]

    IWAI Ryosuke , MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    本論文では、円形凸起が電波伝播にもたらす効果について、円形凸起の構造変化に対する定量的な数値解析結果を示す。建造物等のコンクリート壁表面に周期構造の円形凸起を施すことは、周囲を伝播する電波に影響を及ぼすことをこれまで数値解析シミュレーションおよび伝播実験により示してきた。例えば、円形凸起の寸法が波長程度の場合、平らな壁に対する垂直入射電波により形成される定在波とは大きく異なる定在波が得られる。そこ …

    ITE Technical Report 38.5(0), 29-32, 2014

    J-STAGE 

  • A Study of Input Impedance Tuning for a Folded Dipole Antenna  [in Japanese]

    Shiraga Masaya , Matsunaga Mayumi

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2013年_通信(1), 157, 2013-09-03

  • An Analysis of Electromagnetic Wave Propagation around a Concrete Wall with Regular Round Convexities by CIP Method  [in Japanese]

    TATSUMI Ryuji , MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    トンネルや地下街における無線通信環境改善に関する研究の一環として、これまで、建造物周囲を伝搬する電磁波を電磁波解析と実験により建造物構造を考慮して解明してきた。本論文では、コンクリート壁表面に設けた周期構造の円形凸起が、反射波に与える影響をCIP法(Constrained Interpolation Profile Scheme)による2次元電波伝搬解析を用いて検討している。シミュレーション結果は …

    ITE Technical Report 37.4(0), 45-48, 2013

    J-STAGE  References (7) Cited by (1)

  • Electromagnetic Wave Propagation Taking into Account the Difference of Windowpanes' Structures around and inside Buildings  [in Japanese]

    INOMATA Kazufumi , MATSUNAGA Toshiaki , MATSUNAGA Mayumi , UCHIDA Kazunori

    携帯電話や無線LAN等の無線通信が壁や窓から影響を受けることに着目し、窓ガラスの構造が異なる方形建造物のモデル内および周辺における電界強度分布を実験値およびFVTD法による計算値の解析を行う。実験モデルとして窓ガラスが単層の場合と複層の場合の2つのモデルについての比較を建造物の内側と外側で行った。結果は、建造物内側では、複層の方が単層に比べて高い電界強度を示した。建造物外側では、複層の方が単層に比 …

    ITE Technical Report 37.4(0), 41-44, 2013

    J-STAGE  References (6)

  • A cross shaped spiral antenna radiating omnidirectional circularly and linearly polarized waves

    Matsunaga Mayumi , Kakemizu Kenji , Matsunaga Toshiaki

    A novel spiral antenna that simultaneously radiates circularly and linearly polarized waves is presented. The antenna achieved radiating omnidirectional circularly polarized waves by shaping a spiral …

    IEICE Electronics Express 9(4), 256-262, 2012

    J-STAGE 

  • Electromagnetic Field Propagation inside and around Square Buildings Having Glass Windows  [in Japanese]

    INOMATA Kazufumi , MATSUNAGA Toshiaki , MATSUNAGA Mayumi , UCHIDA Kazunori

    携帯電話や無線LAN等の無線通信が壁、窓および人から影響を受けることに注目し、壁面の一部の媒質が異なる方形建造物のモデル内および近傍における電界強度分布を実験値およびFVTD法による計算値の解析を行う。実験モデルとして壁面の全てがコンクリート壁の場合、壁面の一部が窓ガラスの場合、壁面の一部が窓が開放されていることを想定した場合の3つのモデルについての比較を建造物の内側と外側に分けて行った。建造物内 …

    ITE Technical Report 36.3(0), 9-12, 2012

    J-STAGE  References (6) Cited by (2)

  • Electric Field Distribution in Neighborhood of a Forest of Apartments Having Outer Walls of Various Materials  [in Japanese]

    SHIIHARA Kouta , MATSUNAGA Toshiaki , MATSUNAGA Mayumi

    現実の建造物を想定した、複数近接している集合住宅間の外壁媒質が異なることによる周辺の電界強度分布の変化について解析を行う。実在する6棟が近接している建造物をモデルとし、建造物外壁がコンクリートの場合、外壁が金属系の場合及び建造物間のみの外壁が金属系の場合を想定し、コンクリート縮小モデルを用いた外部入射波における建造物周辺の電波伝搬実験を行う。また、FVTD法を用いた数値解析を行い両者の比較を行う。 …

    ITE Technical Report 36.3(0), 5-8, 2012

    J-STAGE  References (7) Cited by (1)

  • Electric Field Distribution Considering Walls, Windows and Residents inside Apartments Having Many Rooms  [in Japanese]

    NAKANO Masanori , MATSUNAGA Toshiaki , MATSUNAGA Mayumi

    無線LAN、長距離RFIDのような移動体通信がコンクリート壁や窓ガラスや人により電波伝搬に影響を受けることに注目し、家族が住んでいる部屋の日常生活を想定して、コンクリート構造における集合住宅内部の電界強度分布を、コンクリートやガラスによる縮小モデルを用いた実験及びFVTD法を適用した数値計算により解析を行う。比較対象として窓ガラスがある場合と無い場合を比較し、窓ガラスがある場合はガラスの反射の影響 …

    ITE Technical Report 36.3(0), 1-4, 2012

    J-STAGE  References (6) Cited by (1)

  • A Study of the Validity of FDTD Analysis Taking into Account a Moving Dielectric Boundary  [in Japanese]

    OKA Daisuke , MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    本論文では、誘電体の動きを検出するためのFDTD解析手法に関する検討を行っている。まず、誘電体の移動速度に応じて各グリッドの誘電率を変化させることで、FDTD法を誘電体境界が時間的に移動する場合も解析可能としたアルゴリズムを提案する。次に、提案したアルゴリズムの有効性を、提案アルゴリズムを導入したFDTD解析によって求めた周波数偏移率と電磁界理論的周波数偏移率とを比較検討することで示した。最後に、 …

    IEICE technical report. Microwaves 111(351), 87-91, 2011-12-15

  • A Study of Finite Difference Simulations for Detecting Velocities and Thickness of Moving Dielectric Media  [in Japanese]

    TATSUMI Ryuji , MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    本研究では、FDTD法やCIP法の様な差分法による電磁波伝搬解析を用いて、誘電体壁が移動することによる影響を考察した。まず、誘電体境界面が移動する場合のFDTD法とCIP法による解析手法を提案し、その有効性について検討を行った。その上で、応用例として誘電体壁の移動速度と厚みを検出するシミュレーションを行った。なお、誘電体壁が移動することによる影響を明確にする工夫として、波源に一定の時間間隔を持つパ …

    IEICE technical report. Microwaves 111(351), 83-86, 2011-12-15

  • A Study of the Validity of FDTD Analysis Taking into Account a Moving Dielectric Boundary  [in Japanese]

    OKA Daisuke , MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 111(351), 87-91, 2011-12-08

    References (6)

  • A Study of Finite Difference Simulations for Detecting Velocities and Thickness of Moving Dielectric Media  [in Japanese]

    TATSUMI Ryuji , MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 111(351), 83-86, 2011-12-08

    References (5)

  • A Dual-Polarization Single Layered Printable Antenna for 1.5/2.4GHz  [in Japanese]

    KAKEMIZU Kenji , MATSUNAGA Mayumi , MATSUNAGA Toshiaki

    昨今の移動体無線通信機器は、多機能化に伴い複数の周波数帯で異なる偏波を送受信できなければならなくなった。その結果、内蔵アンテナの種類や数が増え端末内における配置に苦慮することが多い。このよう問題の解決には共用アンテナが有効である。我々はこれまで完全な単層平面構造でありながら、二つの周波数帯で異なる偏波を放射する偏波共用アンテナを提案してきた。しかし、直線偏波は、共用する円偏波より低い周波数で放射さ …

    IEICE technical report. Microwaves 111(250), 125-129, 2011-10-13

    References (5)

  • Indoor propagation analysis considering inhabitants

    Matsunaga Mayumi , Matsunaga Toshiaki , Nakano Masanori

    It is presented that considering human bodies residing in a building is important for simulating indoor propagation. First, a simulation model of inhabited buildings was suggested. Next, electric fiel …

    IEICE Electronics Express 8(21), 1795-1800, 2011

    J-STAGE  Cited by (4)

  • Distribution of Electric Field Strength inside a Square Building Considering Density of People Therein  [in Japanese]

    INOMATA Kazufumi , ISAYAMA Yuki , MATSUNAGA Toshiaki , MATSUNAGA Mayumi

    携帯電話等の無線通信が人やコンクリート壁から影響を受けることに注目し、人の密度が異なる方形建造物内における電界強度分布を実験値およびFVTD法による計算値の比較により解析を行う。実験モデルとして方形建造物内に人が均等に位置している場合、ランダムに位置している場合、一方に集中している場合の3つのモデルについて比較を行った。均等に位置した場合は、左右対称になり、ランダムに位置した場合は、均等に位置した …

    ITE Technical Report 35.3(0), 57-60, 2011

    J-STAGE  References (6) Cited by (2)

  • Radio Disturbance Being Occurred by Adjacent Concrete Buildings  [in Japanese]

    SHIIHARA Kouta , MATSUNAGA Toshiaki , MATSUNAGA Mayumi

    現実の建造物を想定した、複数集積しているコンクリート建造物による電波障害について解析を行う。実在する3棟2列で6棟の場合における建造物をモデルとした場合及び主な波源から見て後方の建造物を除いた3棟1列の建造物の構造が角柱及び外壁のみの場合を想定し、コンクリート縮小モデルを用いた外部入射波における建造物周辺の電界強度分布の実験を行う。また、FVTD法を用いた数値解析を行い両者の比較を行う。コンクリー …

    ITE Technical Report 35.3(0), 53-56, 2011

    J-STAGE  References (8)

  • 1 / 5
Page Top