中谷 裕教 NAKATANI Hironori

ID:1000030333868

理化学研究所 脳科学総合研究センター認知動力学研究チーム Laboratory for Perceptual Dynamics, Brain Science Institute, RIKEN (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Measurement and Analysis of Biosignals  [in Japanese]

    KANOH Shin'ichiro , NAKATANI Hironori , OHBA Shigeo , HOSHIMIYA Nozomu

    The Transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C 122(9), 1403-1411, 2002-09-01

    References (28) Cited by (1)

  • Neuromuscular model of dynamical alternation in motor units  [in Japanese]

    KOIKE Makoto , FUTAMI Ryoko , NAKATANI Hironori , OTAZU Gonzalo Hugo , HOSHIMIYA Nozomu

    疲労の低減などを目的として,活動する運動単位が運動中に切り替わるときの動的機能配分を実現するモデルとして,Hodgkin・Huxley方程式を基にしたパルス型のニューロンモデルとパルス入力型の筋線維モデルとを組み合わせた神経・筋モデルを作成した.その結果,レンショウ細胞によるα運動ニューロン同士の相互抑制を介した経路において運動単位の動的機能配分を実現するには,発火が停止するきっかけとしてシナプス …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 101(733), 37-42, 2002-03-11

    Ichushi Web  References (11)

  • A Study of Muscle Fatigue Evaluation on Electrical Stimulation Using M-waves Related to Stimulation Including Double Pulses  [in Japanese]

    KONNO Shunsuke , WATANABE Takashi , NAKATANI Hironori , FUTAMI Ryoko , HOSHIMIYA Nozomu , HANDA Yasunobu

    機能的電気刺激(FES)による動作再建の問題の一つとして筋疲労の早期出現が挙げられる.これに対し,我々はダブルパルスによる誘発筋電図(M波)を用いた筋疲労評価法を検討した.複数のパルス間間隔のダブルパルスを含んだ刺激実験から,短いパルス間間隔のダブルパルスによるM波が主に速筋の活動を反映していると思われる結果が得られ,またダブルパルスを用いることにより筋疲労の進行を段階的に評価可能であることが示唆 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 101(733), 31-36, 2002-03-11

    Ichushi Web  References (15)

  • Classification of Nerve Action Potehtials for Estimation of Sensory Unit Activity  [in Japanese]

    NAKATANI Hironori , WATANAEB Takashi , OHBA Shigeo , hOSHIMIYA Nozomu

    本論文では生体の種々の感覚情報伝達の基本単位である感覚単位の活動を推定するために, 末梢神経からカフ電極を用いて計測した神経活動電位を個々の感覚単位の活動に対応するように分類を行う手法について検討した.記録波形の差異に着目して神経活動電位の分類を行うことは外的な基準を用いずにパターンの分類を行う問題に帰着される.また一般的な分類基準が存在しないため, これまで提案されてきた手法の多くは分類に用いる …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00083(00012), 2841-2849, 2000-12-25

    Ichushi Web  References (21) Cited by (7)

  • A study on multiunit neural recordings with cuff electrodes and classification of nerve action potentials based on multivariate analysis  [in Japanese]

    NAKATANI Hironori , WATANABE Takashi , OHBA Shigeo , FUTAMI Ryoko , HOSHIMIYA Nozomu , HANDA Yasunobu

    末梢神経上を伝搬している神経情報を取得することを目的として、カフ電極により計測した神経活動電位を個々の神経線維活動に対応するように分類することについて検討した。神経活動電位の記録波形はそれが伝搬している神経線維の太さや線維と記録電極との距離の影響を受けると考えられるので、記録波形の差異に着目して分類を行った。本研究では活動電位の分類を定量的に行うために、階層的クラスター分析と波形間の変動の比を基に …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 98(672), 9-16, 1999-03-19

    References (18) Cited by (1)

  • A study on estimation of sensory information from peripheral nerve trunk  [in Japanese]

    NAKATANI Hironori , WATANABE Takashi , OHBA Shigeo , FUTAMI Ryoko , HASHIMIYA Nozomu , HANDA Yasunobu

    末梢神経から感覚情報を取得する目的で、カフ電極を用いて活動電位の計測を行った。感覚情報を取得するには感覚単位の活動を計測する必要があると考えられるが、カフ電極により神経束の外側から計測するため、個々の感覚単位の活動を選択的に記録することは困難である。記録される活動電位の大きさや波形は、それが伝搬する神経線維の太さや神経線維と記録電極との距離に影響を受けると思われるので、活動電位の大きさと波形の差異 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 97(371), 43-50, 1997-11-07

    Ichushi Web  References (19)

  • A study on the extraction of sensory information from nerve action potentials  [in Japanese]

    NAKATANI H. , WATANABE T. , OHBA S. , FUTAMI R. , HOSHIMIYA N. , HANDA Y.

    生体・生理工学シンポジウム論文集 12, 389-392, 1997-09-04

    References (15) Cited by (1)

Page Top