姫野 完治 HIMENO Kanji

Articles:  1-20 of 44

  • 1 / 3
  • A Study on High School Teacher's Growth and Training Seminar  [in Japanese]

    HIMENO Kanji , KUROKI Ken , SAITO Sayaka , SEKI Tomoaki

    高学歴化が進むわが国において、高校教育の充実が重要な課題の一つになっている。多様な生徒の学びを支援し、かつ総体的に質を保証するためには、教育活動を担う教師の役割が非常に大きく、高校教師の力量形成と研修のあり方が模索されている。本研究では、高校教師の力量形成や求められる研修体制について基礎的な知見を得ることを目的として、秋田県における高校の教育課程や進路等の状況を分析した。また、現職教師と退職校長を …

    Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (36), 205-215, 2014-05

    IR 

  • Development of Experts  [in Japanese]

    Nishimori Akiko , Oshima Kinue , Kado Hiroshi , Yagi Ichiro , Himeno Kanji , Maekawa Yukiko

    Japan Bulletin of Educators for Human Development 15(0), 13-34, 2014

    J-STAGE 

  • Action of Exchange Activities with Akita University Attached Special Support School, and Attached Kindergarten, Elementary School and Junior High School  [in Japanese]

    KITAJIMA Hideki , ONO Naoko , HIMENO Kanji

    秋田大学教育文化学部附属学校園は,同敷地内に四校園が隣接するという全国的にも数少ない教育環境に恵まれている.そこで,本研究では,この恵まれた環境を生かし,特別支援学校が幼稚園,小学校,中学校とそれぞれ継続的に交流活動を行った成果について検証する.

    Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (34), 203-213, 2012-05

    IR 

  • A Study on School Organization and Teachers' Culture to Make Progress Lesson Study (1)  [in Japanese]

    HIMENO Kanji

    本論文では,学校組織や教師文化校内授業研究に関する先行研究を概観するとともに,小学校,中学校,高等学校における管理職や研究主任等を対象とした質問紙調査を行うことを通して,校内授業研究の現状と課題を探索した校種によって校内授業研究の実施形態や一人あたりの授業時数が大きく異なること,教師個々の自己研讃が重んじられる高等学校と比べ,小学校や中学校では組織的・協働的に取り組む文化が形成されていること等を明 …

    Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (34), 157-167, 2012-05

    IR 

  • The Teacher's Consciousness to Lesson Study  [in Japanese]

    HIMENO Kanji

    日本教育工学会研究報告集 2011(3), 47-50, 2011-07-02

    References (4)

  • A Study of Curriculum Development and Test of Practical Seminar for Teaching-job  [in Japanese]

    HIMENO Kanji , ISHIBASHI Kenichi , KAMII Takashi , SAITO Takashi

    教員免許取得に必要な必修科目として,2010年度の入学者より「教職実践演習」が加わった.同科目を教職課程における学びの軌跡の集大成として大学4年次に位置付け,ロールプレイや模擬授業等を行うことを通して,教員として必要最小限の資質能力を確実に保証することが求められている.本研究では,教職実践演習のカリキュラムを開発するとともに,2010年度の4年次と大学院生19名を対象として試行した.その結果,カリ …

    Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (33), 123-132, 2011-05

    IR 

  • Educational Practices for Supporting Successive Human Development  [in Japanese]

    Katsumi Kenji , Sugihara Masaaki , Himeno Kanji , Hosokawa Kazuhito

    Japan Bulletin of Educators for Human Development 10(0), 57-74, 2011

    J-STAGE 

  • The Teacher's Consciousness to Lesson Study in School  [in Japanese]

    HIMENO Kanji

    本研究では,小学校,中学校,高等学校の教師を対象として,校内授業研究及び事後検討会に関する質問紙調査を行うことから,校内授業研究や事後検討会に対する教師の参加意識や取り入れるべき内容等を検討した.その結果,全校種の教師に共通して,研究授業が自分の教科や学年と異なる場合に消極的になりがちであること,教師の学びにとって研究性が重要であること,建設的に意見しやすい雰囲気作りと授業観察の視点の設定が重要で …

    Japan Journal of Educational Technology 35(Suppl.), 17-20, 2011

    J-STAGE  References (10)

  • Design of the Course "Seminar for Culture" Using Course Management System and Evaluation of Students  [in Japanese]

    HOSOKAWA Kazuhito , HAYASHI Yoshio , HIMENO Kanji

    Annual research report on general education, Akita University (12), 49-56, 2010-06

    IR 

  • Transformation of teacher trainee student's perspectives on their own growth through gradual practice teaching  [in Japanese]

    Himeno Kanji

    昨今の教員養成では、教職志望学生の実践的指導力を育むべく、教職志望学生が教育現場に関わる教育実習や学校ボランティア等を拡充し、4年間にわたり段階的に設定する傾向がある。本研究では、教職志望学生の成長・発達を捉える視点として「成長期」を提案するとともに、教育実習の各段階に実施した5回の質問紙調査をもとに、教育実践経験を通した教職志望学生の変容過程を分析した。その結果、教職志望学生が学校訪問や教育実習 …

    Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (32), 153-165, 2010-05

    IR 

  • A study on school adaptation of first grade children and teachers tactics  [in Japanese]

    TAYA Mai , HIMENO Kanji

    小学校1年生の子どもが,入学後の学校生活にうまく適応できない「小lプロブレム」が問題視されている.本研究では,学校適応の捉え方を整理するとともに,小学校における参与観察を通して,子どもの学校適応過程と教師の働きかけの実際について探索した.それにより,「学校適応」の定義が,研究者や研究対象等により捉え方が異なっていること,とりわけ適応/不適応を判断する内容や時期が異なっていることを明らかにした.その …

    Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (31), 151-160, 2009-05

  • あきた教職.netについて  [in Japanese]

    姫野 完治

    秋田大学総合情報処理センター広報 (10), 13-26, 2009-03-26

    IR 

  • A teacher's perspective of class of moral education in elementaly school and junior high school and the role of preteacher education  [in Japanese]

    姫野 完治 , 細川 和仁

    Journal of Japan Association of Universities of Education 27, 67-79, 2009

  • The actual conditions and perspectives of lesson studies as faculty development  [in Japanese]

    HOSOKAWA Kazuhito , HIMENO Kanji

    本研究の目的は,大学のFDの一環として実施されている授業参観と事後検討に着目し,そこでの対話内容の傾向を明らかにするとともに,事例分析を通じて授業者と参観者のマッチングが検討内容に与える影響について考察することである.具体的には,秋田大学の教育文化学部専門教育科目及び教養基礎教育科目において,2005-2007年度に実施された49の授業参観及び事後検討の「報告書」の内容を分析した.その結果,事後に …

    Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (30), 203-211, 2008-05

    IR 

  • A study of the relation between academic achievement and educational method  [in Japanese]

    HIMENO Kanji , YANAGIDA Ikuya

    子どもの学力低下が叫ばれ,確かな学力の育成に向けた取り組みが,これまで以上に推進されている.とはいえ,昨今では学力=知識と捉える傾向が強く,ドリル学習や習熟度別学習に特化しすぎているきらいがある.本研究では,これまでの学力の捉え方を整理するとともに,学力と教育方法の関係性を検討することを目的として,現職教員を対象とした質問紙調査を行った.質問紙調査では,知識技能等12の学力を育成する際に,どのよう …

    Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (29), 73-81, 2007-05

    IR 

  • On actual condition survey of freshmen who took informational study  [in Japanese]

    HAYASHI Yoshio , HIMENO Kanji , YOKOTA Kenji

    We Surveyed freshman's knowledge and skill of information literacy who took infomational study.In the result,following things developed. They grew on Basic skill of operating PC and usage of wrod proc …

    Memoirs of Faculty of Education and Human Studies, Akita University Natural science 62, 29-33, 2007-03

    IR  Cited by (1)

  • Development and experiment of research method for lesson study in school  [in Japanese]

    HIMENO Kanji , AIZAWA Hajime

    The purpose of this study is to develop the research method for lesson study in school, and to inspect effectiveness of this method from to experiment out it in an actual lesson study. This research m …

    Memoirs of Faculty of Education and Human Studies, Akita University Educational science 62, 35-41, 2007-03

    IR 

  • Teachers' Perspective of Their Own Growth and Learning Environments  [in Japanese]

    Hosokawa Kazuhito , Himeno Kanji

    本研究では、教師自身の将来の成長・発達についての想定(成長観)と、成長を支える学習環境としての教師の同僚性や校内研修について検討した。具体的には、小学校の現職教師を対象とした質問紙調査を実施し、授業設計・実施に関わる諸活動の現状に対して抱いている自己認識及び課題意識、校内研修の実施状況等について尋ねた。その結果、現状に対する自己認識と今後に対する課題意識との比較から、「現状でも実践しているが、今度 …

    Japan Bulletin of Educators for Human Development 7(0), 23-33, 2007

    J-STAGE 

  • Comparative Studies of Learning Effect among Teacher Trainee Students Who have Participated in Different Form of School Volunteers  [in Japanese]

    HIMENO Kanji

    昨今の教員養成系大学・学部の大多数では,教育実習の他に学校ボランティアの機会を設けることで,教職志望学生が実践経験を積む機会を拡充しつつある。しかし,様々な形態の学校ボランティアが実施されているにも関わらず,活動形態の違いが,学生の学習にどのような効果の違いを生み出すかを扱った研究は行われてこなかった。そこで本研究では,異なる活動形態の学校ボランティアにおける,教職志望学生の学習効果の違いを明らか …

    Research Journal of Educational Methods 32(0), 25-36, 2007

    J-STAGE  Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top