小松 孝徳 KOMATSU TAKANORI

ID:1000030363716

明治大学 (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 64

  • 1 / 4
  • Not only measuring distance to the target but also comprehending what the target is  [in Japanese]

    秋田 純一 , 小松 孝徳

    一般的な超音波センサは,対象物に向け発信した超音波の反射波を受信するまでの時間を計測し,対象物までの距離を検出するものである.つまり,反射波がどのような形状をしているのかといった情報は,超音波センサでは使用されていないのが現状である.しかしその反射波には,対象物の表面で反射する際に,対象物に関する材質などの物理的な情報を含んでいることが期待される.本稿では,超音波センサの反射波の波形やスペクトルな …

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム] 2015-UBI-45(12), 1-6, 2015-02-23

  • Not only measuring distance to the target but also comprehending what the target is  [in Japanese]

    秋田 純一 , 小松 孝徳

    一般的な超音波センサは,対象物に向け発信した超音波の反射波を受信するまでの時間を計測し,対象物までの距離を検出するものである.つまり,反射波がどのような形状をしているのかといった情報は,超音波センサでは使用されていないのが現状である.しかしその反射波には,対象物の表面で反射する際に,対象物に関する材質などの物理的な情報を含んでいることが期待される.本稿では,超音波センサの反射波の波形やスペクトルな …

    IPSJ SIG technical reports 2015-MBL-74(12), 1-6, 2015-02-23

  • "Don't you think Hiragana is rounder than Katakana?": Availabilities of Mathematical Representations of Characters and its Curvature  [in Japanese]

    Takanori Komatsu , Satoshi Nakamura , Masaaki"Macky" Suzuki

    「ひらがなはカタカナよりも丸っこい」 ことを客観的に示すために,文字を平面曲線としてとらえた上でそれを数式化し,そこから抽出した曲率を用いて文字の丸さを表現する手法を提案した.この結果をもとに,文字における数式表現および曲率の利用可能性をいくつか提案し,その将来性について議論する.

    IPSJ SIG technical reports 2014-HCI-159(7), 1-9, 2014-07-28

  • When and why do users of membership card feel privacy violations?  [in Japanese]

    小松 孝徳 , 菊池 浩明

    人工知能学会全国大会論文集 28, 1-4, 2014

  • OS-01 オノマトペの利活用(オーガナイズドセッション,<特集>2013年度人工知能学会全国大会(第27回))  [in Japanese]

    小松 孝徳 , 中村 聡史

    人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence 28(6), 936, 2013-11-01

    JSAI 

  • Use of Onomatopoeia in daily conversation : subjective frequency of onomatopoeia use in each area, events and intended listeners  [in Japanese]

    HIRATA-MOGI Sachiko , KOMATSU Takanori , NAKAMURA Satoshi , AKITA Kimi , SAWAI Daiki

    オノマトペ(擬音語・擬態語)は表現力豊かな言葉であるとされており、その性質や応用可能性について明らかにされつつある。本研究は、オノマトペが言語コミュニケーションにおいて果たす役割を検討するため、地域によってオノマトペの使用頻度が異なるのか、またどのような人に対して用いられるのか、どのような伝達内容に対して用いられるのか、を調べるため全国規模の調査を行った。結果として、主観的な使用頻度には地域差は無 …

    Technical report of IEICE. HCS 113(185), 1-6, 2013-08-23

  • Study of Methods to Diminish Spoilers of Sports Match: Potential of a Novel Concept "Information Clouding"  [in Japanese]

    中村 聡史 , 小松 孝徳

    スポーツの試合の録画視聴を楽しみにしているユーザにとって,Web上で遭遇してしまう試合結果などのネタバレ情報は楽しみを減退させる忌むべきものである.本稿では,こうしたネタバレ情報との遭遇を防ぐための表現手法を4つ提案し,実装を行った.また,表現手法の有効性について評価実験をベースとして検討を行った.Seeing the final score of a sports match on the We …

    情報処理学会論文誌 54(4), 1402-1412, 2013-04-15

    IPSJ 

  • Examination of the objective measurement method of textures using the feature quantity of the picture  [in Japanese]

    稲岡 翔馬 , 小松 孝徳 , 松村 嘉之

    センシングフォーラム資料 30, 148-151, 2013-02-29

  • Expressing Certainty of a Mobile Robot with Artificial Subtle Expressions  [in Japanese]

    Terada Kazunori , Yamada Seiji , Komatsu Takanori , Kobayashi Kazuki , Funakoshi Kotaro , Nakano Mikio , Ito Akira

    In this paper, h-ASE(hesitation-based Artificial Subtle Expression) as a novel implementation of ASE is described, in which a robot expresses confidence in its advice to a human. Confidence in advice …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 28(3), 311-319, 2013

    J-STAGE 

  • Evaluation of Jaggy Elimination Effect in Moving Pictures Using Pseudorandom Pixel Placement  [in Japanese]

    中村 優希 , 川崎 基輝 , 秋田 純一 , 小松 孝徳

    In order that humans feels they are seeing 'clearly' when they watch moving pictures, an image system has been developed. But it is impossible to eliminate the jagged edges in traditional approaches, …

    映像情報メディア学会誌 = The Journal of The Institute of Image Information and Television 66(12), J492-J494, 2012-01-01

    IR 

  • Evaluation of jaggy elimination effect in moving pictures using pseudorandom pixel placement  [in Japanese]

    中村 優希 , 川崎 基輝 , 秋田 純一 , 小松 孝徳

    In order that humans feels they are seeing 'clearly' when they watch moving pictures, an image system has been developed. But it is impossible to eliminate the jagged edges in traditional approaches, …

    Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 66(12), J492-J494, 2012-01-01

    IR 

  • Evaluation of Jaggy Elimination Effect in Moving Pictures Using Pseudorandom Pixel Placement  [in Japanese]

    Nakamura Yuki , Kawasaki Mototeru , Akita Junichi , Komatsu Takanori

    In order that humans feels they are seeing 'clearly' when they watch moving pictures, an image system has been developed. But it is impossible to eliminate the jagged edges in traditional approaches, …

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 66(12), J492-J494, 2012

    J-STAGE 

  • Visualization of Onomatopoeia based on Phonemic Features

    TOMOTO Yutaro , NAKAMURA Tsuyoshi , KANOH Masayoshi , KOMATSU Takanori

    Onomatopoeia refers to words that represent the sound, appearance, or voice of things, which makes it possible to create expressions that bring a scene to life in a subtle fashion. In this paper, we p …

    Transactions of Japan Society of Kansei Engineering 11(4), 545-552, 2012

    IR  J-STAGE 

  • A Comparison of Artificial Subtle Expressions with Human-like Expressions on Expressing Confidence Level  [in Japanese]

    Komatsu Takanori , Kobayashi Kazuki , Yamada Seiji , Funakoshi Kotaro , Nakano Mikio

    Expressing the confidence level of a system's suggestions by using speech sounds is an important cue to users of the system for perceiving how likely it is for the suggestions to be correct. We assume …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 27(5), 263-270, 2012

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Evaluation of Jaggy Elimination Effect in Moving Pictures using Pseudorandom Pixel Placement  [in Japanese]

    NAKAMURA Yuki , KAWASAKI Mototeru , AKITA Junichi , KOMATSU Takanori

    人間が見て「きれい」と感じる画像表現を追求し進歩してきた画像システムであるが,高解像度化や低ノイズ化などの従来のアプローチでは,画質を損なう要因であるジャギー(階段状のギザ)の根本的な解消は不可能である.そこで著者はジャギーの解消のため擬似的不規則画素配置を提案し,本稿ではこれまで不十分であった動画像における効果を主観評価実験に基づいて検証した結果を述べる.

    ITE Technical Report 36.13(0), 33-36, 2012

    J-STAGE  References (5)

  • Parameter Optimization for Clear Image Representation using Pseudorandom Pixel Placement  [in Japanese]

    KAWASAKI Mototeru , NAKAMURA Yuki , AKITA Junichi , KOMATSU takanori

    ディスプレイをはじめとした画像システムの最終的な目標は「きれいな」画像表現といえるが、従来のディスプレイは格子状の規則的な画素配置によって構成されるため斜め線のエッジ部分などに階段状のギザ(ジャギー)が生じ、表示される画像の美しさを損なう要因となりうる。著者らは、画像システムを構成する画素の中の発光領域の位置を擬似的に不規則な配置とすることでジャギーの低減を実現する手法について検討しているが、この …

    ITE Technical Report 36.13(0), 29-32, 2012

    J-STAGE  References (5)

  • Elimination Effect on Perceiving Jaggies in Digital Images By Pseudorandom Pixel Placement  [in Japanese]

    MAEDA Yui , AKITA Junichi , KOMATSU Takanori

    ヒューマンインタフェース学会論文誌 13(2), 167-175, 2011-05-25

    References (13) Cited by (3)

  • Proposing an Objective Digitizing Method for Expressing One's Impressions Derived from Onomatopoeias  [in Japanese]

    秋山 広美 , 小松 孝徳 , 清河 幸子

    ユーザの発するオノマトペには 「何かを表現したいがうまく言語化して表現できないモヤモヤとした印象」 が込められていると言われている.すなわち,オノマトペを入力として扱えるシステムを開発することは,そのようなモヤモヤとした意図を直接的に扱えるため,ユーザの認知的な負担の軽減につながると考えられる.そこで,本研究ではこのようなシステムの構築に向けて,オノマトペの印象を客観的手法に基づき数値化する方法を …

    情報処理学会研究報告 2010年度(6), 1-7, 2011-04

  • How does Difference between Users' Expectations and Perceptions about a Robotic Agent (Adaptation Gap) Affect Their Behaviors?  [in Japanese]

    黒澤 里恵 , 小松 孝徳 , 山田 誠二

    エージェントに対して予測した機能とインタラクション後に実際に感じた機能との差である 「適応ギャップ」 がユーザとエージェントとのインタラクションにどのような影響を与えるのかを実験的に調査した.実験の結果,適応ギャップの正負がユーザのエージェントに対する行動に大きな影響を与えていたことが明らかになった.具体的には,エージェントに期待した機能よりも実際に感じた機能の方が高い 「適応ギャップの値が正」 …

    情報処理学会研究報告 2010年度(6), 1-7, 2011-04

  • Reducing Speech Collisions by Using an Artificial Subtle Expression in a Decelerated Human-Robot Spoken Dialogue  [in Japanese]

    Funakoshi Kotaro , Kobayashi Kazuki , Nakano Mikio , Komatsu Takanori , Yamada Seiji

    We argue that task-oriented spoken dialogue systems or communication robots do not need to quickly respond verbally as long as they quickly respond non-verbally by showing their internal states by usi …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 26(2), 353-365, 2011

    J-STAGE  Cited by (2)

  • 1 / 4
Page Top