費 万春 FEI Wanchun

ID:1000030377650

信州大学繊維学部 (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Simulation of Size Series of Cocoon Filament with Time Varying Parameter Auto-Regressive Model  [in Japanese]

    FEI Wanchun , BAI Lun , MORIKAWA Hideaki , MIURA Mikihiko

    原料繭荷口が持つ数理情報を統計的に捉えるために, 時変パラメータ自己回帰モデルを用いて繊度時系列を生成するシミュレーション実験を行った。原料繭の繭糸長を統一した上で, 繭糸繊度系列より傾向変動成分と波動成分を分離し, 波動成分を非定常時系列として取扱い, 時変パラメータ自己回帰モデルを用いて解析を行った。さらに得られた原料繭のパラメータから, 生成シミュレーションを用いて原料繭特性を反映した繭糸繊 …

    The Journal of Silk Science and Technology of Japan 14, 87-91, 2005-12-01

    J-STAGE  References (9)

  • 繭糸繊度系列のパターン特徴と認識  [in Japanese]

    費 万春

    The Journal of Silk Science and Technology of Japan 13, 148-149, 2004-12-01

    J-STAGE  References (6)

  • Ladder Auto-regression Model and Simulation of Size Curves of Cocoon Filament  [in Japanese]

    FEI Wanchun , BAI Lun

    原料繭荷口が持つ繭糸繊度特性を統計的に捉えるために, 階段式自己回帰モデル (Ladder Auto-Regressive Model) を用いてモデル化を行った。原料繭の繭糸長を統一した上で, 繭糸繊度曲線より傾向変動と定常変動を分離・抽出し, これらの変動要素を階段式自己回帰モデルを用いて解析し, 特性を明らかにした。さらに得られた原料繭のパラメータから時系列データを生成し, 正規化・逆変換 …

    The Journal of Silk Science and Technology of Japan 13, 103-110, 2004-12-01

    J-STAGE  References (5) Cited by (1)

  • On the fluctuation of limit size value for cocoon feeding in the fixed size reeling process  [in Japanese]

    BAI Lun , LUO Jun , FEI Wanchun

    定繊自動繰糸シミュレーション実験により, 細限繊度値の波動特性とそれによる定繊生糸の緒内繊度偏差成分についてを検討した。実験結果から, 細限繊度が一定であるとき, 100メートル検査糸長の生糸繊度時系列には繭糸繊度曲線による擬周期波動性が殆ど見られないこと, 一方, 細限繊度が変動する場合, その経時変化の擬似周期が大きいとき生糸繊度時系列はほぼ同じ擬似周期で波動し, 短周期で無規則的に変動する場 …

    The Journal of Silk Science and Technology of Japan 9, 15-22, 2000-12-01

    J-STAGE  References (6)

Page Top