大向 一輝 OHMUKAI IKKI

Articles:  1-20 of 134

  • Libraries and digital archives : issues and future perspectives on interoperability  [in Japanese]

    大向 一輝

    図書館雑誌 = The Library journal 111(6), 369-372, 2017-06

  • 人文科学におけるLinked Open Data の活用  [in Japanese]

    嘉村 哲郎 , 大向 一輝 , 東京藝術大学芸術情報センター , 国立情報学研究所

    人工知能 32(3), 2017-05-01

    JSAI

  • Linked Open Data in Humanities  [in Japanese]

    嘉村 哲郎 , 大向 一輝

    人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 32(3), 401-407, 2017-05

  • Visual Presentation Method of Stress Evidence Paper in Conjunction with Web Article  [in Japanese]

    Yamaguchi Masaki , Ohmukai Ikki

    <p>Modern society has seen a tremendous growth in the amount of digital data, however a database for human stress currently is not prevalent. Additionally, diagnostic criteria based on evidence, …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 137(2), 310-316, 2017

    J-STAGE

  • Open Data and Scholarly Communication  [in Japanese]

    大向 一輝

    映像情報メディア学会誌 = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 70(6), 852-856, 2016-11

  • Constructing a Site for Publishing Open Data of the Ministry of Economy, Trade, and Industry  [in Japanese]

    Asano Yu , Koide Seiji , Iwayama Makoto , Kato Fumihiro , Kobayashi Iwao , Mima Tadashi , Ohmukai Ikki , Takeda Hideaki

    We describe a procedure for constructing a website for publishing open data by focusing on the case of Open DATA METI, a website of the Ministry of Economy, Trade, and Industry. We developed two sites …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2016

    J-STAGE

  • Crowdsourcing : Current Status and Potential:1. Open Data and Crowdsourcing  [in Japanese]

    大向 一輝

    本稿では過去に作成されたオープンデータの技術的再利用性を高めるためのクラウドソーシングの適用可能性について議論する.初期的な検討として,白書に掲載されたグラフ画像からのデータ抽出の精度を高めるため,ワーカに対してグラフ再現タスクと数値の書き起こしタスクを実施し,両タスクによる結果の比較と考察を行った.また複数人によるタスクの統合手法を提案し,統合によって精度が向上することを確認した.

    情報処理 56(9), 880-885, 2015-08-15

    IPSJ

  • Preliminary study on identification of authors' name authorities in NACSIS-CAT and JAPAN/MARC(A)  [in Japanese]

    安藤 大輝 , 塩﨑 亮 , 佐藤 健人 , 大向 一輝 , 原田 隆史

    現代の図書館 53(2), 82-89, 2015-06

  • D-12-35 A Comparative Result of Article Identity Determination Methods in CiNii Articles  [in Japanese]

    Wakata Mari , Shioi Takamitsu , Hagiwara Kazuki , Hatano Kenji , Ohmukai Ikki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2015年_情報・システム(2), 87, 2015-02-24

  • The framework for cross-disciplinary databases with Linked Data  [in Japanese]

    TAKEDA Hideaki , KATO Fumihiro , Ikki OHMUKAI

     本稿ではLinked Dataの仕組みがいかに分野を横断して連携するデータベースを構築することを可能としているかを述べる。Linked DataはセマンティックWebの技術を使い、Web of Data、すなわちDataが相互につながったような世界をつくることを可能とする。実際、世界においてはDBpediaを中心として500以上のデータセットが相互につながっている。国内においては著者らが2012 …

    Joho Chishiki Gakkaishi 25(4), 283-290, 2015

    J-STAGE

  • SNSの歴史  [in Japanese]

    Ohmukai Ikki

    B-Plus 9(2), 70-75, 2015

    J-STAGE

  • Scholarly Communication and Open Data(<Special feature>Open Data)  [in Japanese]

    Ohmukai Ikki

    オープンデータは制度面ならびに技術面における再利用性が確保された情報公開の枠組みであり,学術情報流通分野でも国内外で積極的に取り組みが進められている。本稿では図書館による書誌・典拠の公開をはじめとして学術コミュニティ,デジタルアーカイブなどのオープンデータの事例を紹介する。また,既存のデータベースをオープン化する際に必要となるライセンシングに関して実例を通じて議論する。

    The Journal of Information Science and Technology Association 65(12), 503-508, 2015

    J-STAGE Ichushi Web

  • Making Legacy Open Data Machine Readable by Crowdsourcing  [in Japanese]

    OYAMA Satoshi , BABA Yukino , OHMUKAI Ikki , DOKOSHI Hiroaki , KASHIMA Hisashi

    多くの国々においてオープンデータめ取組みが進んでおり,様々な統計データが行政等によって公開されている.しかしこれらのデータは画像やPDFの形式で与えられるものが少なくなく,分析やサービスの開発などでの再利用を妨げている.そこで,クラウドソーシングを用いて,画像として与えられたレガシーな統計データを機械可読な表形式に変換する枠組みを提案する.その際,作業者に表だけを作成させるのではなく,画像をスプレ …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 114(181), 1-6, 2014-08-20

  • Making Legacy Open Data Machine Readable by Crowdsourcing  [in Japanese]

    OYAMA Satoshi , BABA Yukino , OHMUKAI Ikki , DOKOSHI Hiroaki , KASHIMA Hisashi

    多くの国々においてオープンデータめ取組みが進んでおり,様々な統計データが行政等によって公開されている.しかしこれらのデータは画像やPDFの形式で与えられるものが少なくなく,分析やサービスの開発などでの再利用を妨げている.そこで,クラウドソーシングを用いて,画像として与えられたレガシーな統計データを機械可読な表形式に変換する枠組みを提案する.その際,作業者に表だけを作成させるのではなく,画像をスプレ …

    IEICE technical report. SC, Services Computing 114(182), 1-6, 2014-08-20

  • CiNii Articlesとオープンアクセス (特集 オープンアクセスの時代)  [in Japanese]

    大向 一輝

    DHjp : digital humanities jp (4), 48-50, 2014-07

  • Open Data in Libraries  [in Japanese]

    大向 一輝

    カレントアウェアネス (320), 14-16, 2014-06-20

  • 司書名鑑(No.5)大向一輝さん 国立情報学研究所  [in Japanese]

    大向 一輝

    LRG = ライブラリー・リソース・ガイド : library resource guide (9), 140-145, 2014

  • Linked Open Data Construction of Purpose Oriented Interactomics by Integration of Life Sciences LOD  [in Japanese]

    Komiyama Yusuke , Banno Masaki , Yarimizu Masayuki , Kato Fumihiro , Ohmukai Ikki , Takeda Hideak , Shimizu Kentaro

    Researchers of agriculture, life science and drug design of the need to acquire information that combines two or more life science databases for problem solving. Semantic Web technologies are already …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 29(4), 356-363, 2014

    J-STAGE

  • How to use Web API. Web API Strategy of CiNii(<Special feature>How to use Web API)  [in Japanese]

    OHMUKAI Ikki

    学術情報サービスに求められる多様なニーズに応えるための手段としてウェブAPIは有用である。国立情報学研究所が運営するCiNiiではサービスの機能とウェブAPIの機能との間に質的な差異を設けず,第三者がデータを活用しやすい環境を構築している。本稿ではCiNiiにおけるウェブAPIの戦略的な位置づけとともにこれを実現するためのシステム設計,実装ならびに運用方針について述べる。また,コンテスト等による利 …

    The Journal of Information Science and Technology Association 64(5), 170-174, 2014

    J-STAGE

Page Top