青田 昌秋 Aota Masaaki

ID:1000040001664

北海道大学低温科学研究所流氷研究施設 (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 111

  • <Report>2.5.2. Observations of Soya Warm Current in summer 2001(2. Report on the 50^<th> Cruise 2.5. Survey Report)(PART II : The Shinyo-maru Cruise around Japan and the Western Pacific Ocean from July in 2001 to March in 2002)  [in Japanese]

    松山 優治 , 川村 有二 , 和高 牧子 , 石津 美穂 , 峰 雄二 , 喜多澤 彰 , 萩田 隆一 , 内田 圭一 , 青田 昌秋

    Cruise reports 12, 165-174, 2003-03-28

  • 夏季の宗谷暖流域の流速・密度構造(調査報告)  [in Japanese]

    松山 優治 , 青田 昌秋 , 和高 牧子 , 川村 有二 , 阿部 泰三 , 小池 義夫 , 喜多澤 彰 , 宮崎 唯史 , 鈴木 文枝

    Cruise reports 11, 146-148, 2002-02-28

  • Meteorological Data Report at Chaivo, Northern Sakhalin, September 2000-November 2001

    Shirasawa Kunio , Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Aota Masaaki , Enomoto Hiroyuki , Polomoshnov Anatoly , Sourkov Guennadi , Kalinin Erwin

    「日本・ロシア両国によるオホーツク海・サハリン沖海氷の共同調査」の一環として、北サハリンのチャイボで、気象及び海氷の観測調査を2000年9月から2001年11月まで実施した。本報告では、オホーツク海とチャイボ湾とを結ぶクレイエ海峡に面する気象観測所で収集した風速、気温、表面温度、湿度、日射量等の観測資料を提示する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 60, 55-68, 2001

    IR 

  • Distributions of Pack Ice in the Okhotsk Sea off Hokkaido Observed Using a Sea-Ice Radar Network, January-April, 2001

    Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Shirasawa Kunio , Aota Masaaki

    北海道大学流氷観測用レーダー網により北海道オホーツク海岸沖の2001年1月5日から同年4月29日までの毎日午前9時における流氷分布を観測した(第1図)。流氷分布図の作成は、レーダー画像処理装置を利用して以下の手順にしたがって行われた。(1)枝幸、紋別、網走、3局の各レーダー映像を画像処理装置のブラウン管面上で重ね合わせ、3局合成レーダー画像を作る。(2)波浪や雲からくる妨害信号を人手によって除去す …

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 60, 13-40, 2001

    IR 

  • Meteorological and Oceanographic Observations at Marine Towers on the Okhotsk Sea Coast of Hokkaido, January-December 2001

    Shirasawa Kunio , Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Aota Masaaki , Hamaoka Soshi , Tateyama Kazutaka

    北海道オホーツク海沿岸域のほぼ中央に位置する紋別に設置されたタワーにて風速・風向、湿度、気温、日射、水温、塩分、クロロフィルa量の連続観測を行った。また、流氷レーダーにて結氷期の沿岸域の流氷分布、密接度の観測を行った。ここでは、これらの時系列観測データを報告する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 60, 1-11, 2001

    IR 

  • Imaging of Invisible : Visualization Techniques and Applications  [in Japanese]

    AOTA Masaaki , IIDA Kohji , KOSHIBA Masanori , SHIMIZU Koichi , YAMAMOTO Katsuyuki

    The Journal of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers 00083(00009), 675-680, 2000-09-25

    References (11) Cited by (2)

  • 流氷はアムール川からの冬の使者? : オホーツク海漂流観測ルポ  [in Japanese]

    青田 昌秋

    Techno marine Bulletin of the Society of Naval Architects of Japan 854(0), 527-530, 2000

    J-STAGE 

  • Meteorological Observations at Schmidt, Northern Sakhalin, August 1995-August 1998

    Shirasawa Kunio , Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Ikeda Mitsuo , Daibo Takaharu , Kodama Yuji , Aota Masaaki , Enomoto Hiroyuki , Takizawa Takatoshi , Polomoshnov Anatoly , Truskov Pavel , Astafiev Vladimir

    「日本・ロシア両国によるオホーツク海・サハリン沖海氷の共同調査」の一環として、北サハリン北端のシュミットで、1995年8月から1998年8月まで気象観測調査を実施した。本報告では、シュミットに設置した無人気象観測装置で収集した風向・速、気温、湿度、日射量等の観測資料を提示する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 59, 51-83, 2000

    IR 

  • Sea Ice Conditions, and Meteorological and Oceanographic Observations at Saroma-ko Lagoon, Hokkaido, November 1999-November 2000

    Shirasawa Kunio , Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Aota Masaaki , Fujiyoshi Yoshihiro

    サロマ湖は毎年冬期間結氷する。サロマ湖のキムアネップ岬に設置された5mの気象塔で通年の気象観測が行われている。また、湖の中央部付近には、水温、塩分計が設置され、通年で観測が行われている。1999年11月から2000年11月までの気温、湿度、風向・速、日射量、水温、塩分観測について報告する。また、1964年から観測されている湖面の結氷状況についても報告する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 59, 37-49, 2000

    IR 

  • Distributions of Pack Ice in the Okhotsk Sea off Hokkaido Observed Using a Sea-Ice Radar Network January-April, 2000

    Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Shirasawa Kunio , Aota Masaaki

    北海道大学流氷観測用レーダー網により北海道オホーツク海岸沖の2000年1月17日から同年4月21日までの毎日午前9時における流氷分布を観測した(第 1図)。流氷分布図の作成は、レーダー画像処理装置を利用して以下の手順にしたがって行われた。(1)枝幸、紋別、網走、3局の各レーダー映像を画像処理装置のブラウン管面上で重ね合わせ、3局合成レーダー画像を作る。(2)波浪や雲からくる妨害信号を人手によって除 …

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 59, 13-36, 2000

    IR 

  • Meteorological and Oceanographic Observations at Marine Towers on the Okhotsk Sea Coast of Hokkaido January-December 2000

    Shirasawa Kunio , Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Aota Masaaki , Hamaoka Soshi , Tateyama Kazutaka

    北海道オホーツク海沿岸域のほぼ中央に位置する紋別に設置されたタワーにて風速・風向、湿度、気温、日射、水温、塩分、クロロフィルa量の連続観測を行った。また、流氷レーダーにて結氷期の沿岸域の流氷分布、密接度の観測を行った。ここでは、これらの時系列観測データを報告する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 59, 1-11, 2000

    IR 

  • オホーツク海の流氷  [in Japanese]

    AOTA Masaaki

    冷凍 74(865), 996-1000, 1999-11-15

  • Seasonal Variation of Soya Current  [in Japanese]

    MATSUYAMA Masaji , AOTA Masaaki , OGASAWARA Isamu , MATSUYAMA Sawa , Masaji Matsuyama , Masaaki Aota , Isamu Ogasawara , Sawa Matsuyama , 東京水産大学海洋環境学科 , 北海道大学低温科学研究所 流氷研究施設 , 東京水産大学海洋生産学科:(現)国際航業株式会社 , 法政大学計算科学研究センター , Dept. Ocean Sciences Tokyo University of Fisheries , Sea Ice Research Lab. Institute of Low Temperature Science Hokkaido University , Dept. Marine Science and Technology Tokyo University of Fisheries:(Present address)Kokusai Kougyo Co. , Computational Science Research Center Hosei University

    Seasonal variation of Soya Current along the Hokkaido coast in the Sea of Okhotsk was investigated both by the long-term current record obtained at the moored station off Sarufutsu and adjusted sea le …

    海の研究 8(5), 333-338, 1999-10-05

    References (17) Cited by (17)

  • 流氷の世界  [in Japanese]

    青田 昌秋

    低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity 60, 147-148, 1999-06-07

  • Sea Ice Conditions, and Meteorological and Oceanographic Observations at Saroma-ko Lagoon, Hokkaido, December 1998-November 1999

    SHIRASAWA K. , Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Aota Masaaki , Fujiyoshi Yoshihiro

    サロマ湖は毎年冬期間結氷する。サロマ湖のキムアネップ岬に設置された5mの気象塔で通年の気象観測が行われている。また、湖の中央部付近には、水温、塩分計が設置され、通年で観測が行われている。1998年12月から1999年11月までの日平均気温、風速、日射量、水温、塩分観測について報告する。また、1964年から観測されている湖面の結氷状況についても報告する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 58, 45-62, 1999

    IR  Cited by (1)

  • Distributions of Pack Ice in the Okhotsk Sea off Hokkaido Observed Using a Sea-Ice Radar Network, January-April, 1999  [in Japanese]

    Ishikawa masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Shirasawa Kunio , Aota Masaaki

    北海道大学流氷観測用レーダー網により北海道オホーツク海岸沖の1999年1月8日から同年4月26日までの毎日午前9時における流氷分布を観測した(第 1図)。流氷分布図の作成は、レーダー画像処理装置を利用して以下の手順にしたがって行われた。(1)枝幸、紋別、網走、3局の各レーダー映像を画像処理装置のブラウン管面上で重ね合わせ、3局合成レーダー画像を作る。(2)波浪や雲からくる妨害信号を人手によって除去 …

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 58, 15-44, 1999

    IR 

  • Meteorological and Oceanogaphic Observations at Marine Towers on the Okhotsk Sea Coast of Hokkaido, December 1998-December 1999

    Shirasawa Kunio , Ishikawa Masao , Takatsuka Toru , Daibo Takaharu , Aota Masaaki , Hamaoka Soshi

    北海道オホーツク海沿岸域のほぼ中央に位置する紋別に設置されたタワーにて風速・風向、湿度、気温、日射、水温、塩分、クロロフィルa量の連続観測を行った。また、流氷レーダーにて結氷期の沿岸域の流氷分布、密接度の観測を行った。ここでは、これらの時系列観測データを報告する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 58, 1-13, 1999

    IR 

  • Comparison of the Meteorological Conditions between the Two Sites around Saroma-ko Lagoon

    Kodama Yuji , Takizawa Atsushi , Ishikawa Nobuyoshi , Shirasawa Kunio , Ishikawa Masao , Ikeda Mitsuo , Takatsuka Toru , Daibou Takaharu , Aota Masaaki , Fujiyoshi Yoshihoro

    サロマ湖の北と南の岸に位置するワッカとキムアネップの気象データを示し、風向別にそれらがどのような関係にあるかを調べ、サロマ湖の表面状態(結氷、開水等)の季節変化との関係を報告する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 57, 81-98, 1998

    IR 

  • Sea Ice Conditions and Meteorological Observations at Saroma-ko Lagoon, Hokkaido, December 1997-November 1998

    Shirasawa Kunio , Ishikawa Masao , Takatsuka Tohru , Ikeda Mitsuo , Daibou Takaharu , Aota Masaaki , Fujiyoshi Yoshihiro

    サロマ湖は毎年冬期間結氷する。サロマ湖のキムアネップ岬に設置された5mの気象塔で通年の気象観測が行われている。このサロマ湖の1997年12月から1998年11月までの日平均気温、風速、日射量観測等について報告する。また、1964年から観測されている湖面の結氷状況についても報告する。

    Data report low temperature science. Series A, Physical sciences 57, 63-79, 1998

    IR 

Page Top