米山 務 Yoneyama Tsukasa

ID:1000040006226

東北工業大学 Tohoku Institute of Technology (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 234

  • Influence on Oscillation Characterlistics of Band Stop Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator Due to Subtle Changes in Structure at 60 GHz  [in Japanese]

    NAKASHIMA Shota , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    帯域阻止型自己注入同期NRDガイドガン発振器の位相雑音は反射型自己注入同期NRDガイドガン発振器のそれよりも良好な値を示す事が確認された。そこで、発振周波数、Q-ファクタ、及びQ-ファクタから計算した位相雑音の観点から帯域阻止型自己注入同期NRDガイドガン発振器の最適設計を行った。その結果、最大のQ-ファクタが得られるセラミック共振器の位置が理論と実験で異なる結果となった。そのため、次にこの原因を …

    IEICE technical report 111(95), 5-8, 2011-06-16

    References (3)

  • A Consideration on Velocity Detection Using NRD Guide Pulse Radar at 60 GHz  [in Japanese]

    ICHINOSE Kento , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    60GHz帯NRDガイドパルスレーダに用いる速度検知信号処理回路を検討した。主に留意した点は、以前作成した距離検知信号処理回路を利用しつつ、簡便に速度検知が行える回路を考案することであり、本論では計測した距離の時間差分を行うことにより、複数ターゲットの速度を検知する信号処理回路を作成した。試作回路の動作確認のため疑似パルスを用いたシミュレーション、測定実験を行ったところ、理論通りの速度計測が実施さ …

    IEICE technical report 111(95), 1-4, 2011-06-16

    References (2)

  • C-2-28 Consideration on Stabilization of Band-stop Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator Using Equivalent Circuit Model and Electromagnetic Simulator  [in Japanese]

    TANAKA Tomohiro , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_エレクトロニクス(1), 66, 2011-02-28

  • C-2-27 Influence of Bias Line on Band-stop Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator at 60 GHz  [in Japanese]

    NAKAJIMA Sho-ta , OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_エレクトロニクス(1), 65, 2011-02-28

  • An Equivalent Circuit Model of Bandstop Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator  [in Japanese]

    KUROKI Futoshi , TANAKA Tomohiro , YONEYAMA Tsukasa

    帯域阻止形自己注入同期NRDガイドガン発振器の動作原理を検討するため、本論ではその等価回路モデルを考察した。まず、自己注入同期に用いるセラミック共振器を並列共振回路で表示し、これをガンダイオードからある電気角だけ離れた点で、NRDガイドに側結合させることにより、発振器の等価回路モデルを作成した。この等価回路をもとに、電気角に対して発振器の安定化係数を計算したところ、その傾向は実験結果と一致し、本等 …

    IEICE technical report 110(96), 27-30, 2010-06-17

    References (2)

  • C-2-9 Phase Noise Characteristics of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillators at 60 GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2010年_エレクトロニクス(1), 52, 2010-03-02

  • C-2-8 Optimal Design on Q-factor of Band-stop Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator at 60 GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , NAKAJIMA Sho-ta , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2010年_エレクトロニクス(1), 51, 2010-03-02

  • Analytical and Experimental Considerations on Locking Characteristics of Band-stop Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator at 60GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    自走式NRDガイドガン発振器の誘電体線路に高Q共振器を側結合させた帯域阻止形自己注入同期NRDガイドガン発振器の発振周波数、Qファクタ、及びQファクタから計算した位相雑音の評価を行った。計算と実験を比較したところ、両者の傾向は概ね一致し、帯域阻止形自己注入同期NRDガイドガン発振器は帯域反射形のそれと比べてQファクタが高く、良好な位相雑音特性を示すことが明らかになった。

    IEICE technical report 109(360), 35-38, 2010-01-16

    References (6)

  • Analytical and Experimental Considerations on Locking Characteristics of Band-stop Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator at 60GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    自走式NRDガイドガン発振器の誘電体線路に高Q共振器を側結合させた帯域阻止形自己注入同期NRDガイドガン発振器の発振周波数、Qファクタ、及びQファクタから計算した位相雑音の評価を行った。計算と実験を比較したところ、両者の傾向は概ね一致し、帯域阻止形自己注入同期NRDガイドガン発振器は帯域反射形のそれと比べてQファクタが高く、良好な位相雑音特性を示すことが明らかになった。

    IEICE technical report 109(361), 35-38, 2010-01-06

    References (6) Cited by (1)

  • C-2-1 Analysis on Phase Noise of Reflection Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator with Two Output Ports at 60 GHz  [in Japanese]

    Ohue Ko-ichi , Kuroki Futoshi , Yoneyama Tsukasa

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2009年_エレクトロニクス(1), 29, 2009-09-01

  • The Past Forty Years and Prospects of Microwave Research Activities : Millimeter Wave Research and APMC & MWE in the Microwave Technical Group  [in Japanese]

    YONEYAMA Tsukasa

    マイクロ波研究会は,11年間続いたマイクロ波伝送研究会から名称を変えて,1966年,初代委員長に岡村総吾東大教授を迎えて発足した.カバーする領域は能動デバイス・回路,受動回路素子,システム,基礎理論・技術,イメージング技術と多岐にわたり,年間発表論文数も年を追って増加し,200件を超えるまでになった.ここ40年にわたるマイクロ波研究会の歴史を振り返り,将来を語るのが本論文の目的であるが,ミリ波研究 …

    The IEICE transactions on electronics C 92(8), 325-330, 2009-08-01

    References (19)

  • Analysis on Reflection Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator with Two Output Ports at 60GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    電気学会研究会資料. EMT, 電磁界理論研究会 2009(88), 37-40, 2009-07-31

    References (6)

  • Analysis on Reflection Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator with Two Output Ports at 60GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    ミリ波帯では半導体デバイスの性質上、利用する発振器の位相雑音がセンチ波帯と比べて劣化することから、安定度の高い発振器の実現のためにはQファクタの解析が重要になる。そこで反射形自己注入同期NRDガイドガン発振器を基に構成した双方向出力端を有する反射形自己注入同期NRDガイドガン発振器のQファクタを大平の理論より導出し、位相雑音を計算した。その結果、反射形自己注入同期NRDガイドガン発振器と比較して双 …

    IEICE technical report 109(159), 201-204, 2009-07-23

    References (6)

  • Analysis on Reflection Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator with Two Output Ports at 60GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    ミリ波帯では半導体デバイスの性質上、利用する発振器の位相雑音がセンチ波帯と比べて劣化することから、安定度の高い発振器の実現のためにはQファクタの解析が重要になる。そこで反射形自己注入同期NRDガイドガン発振器を基に構成した双方向出力端を有する反射形自己注入同期NRDガイドガン発振器のQファクタを大平の理論より導出し、位相雑音を計算した。その結果、反射形自己注入同期NRDガイドガン発振器と比較して双 …

    IEICE technical report 109(158), 201-204, 2009-07-23

    References (6)

  • Analysis on Locking Characteristics of Band-stop Type of Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator at 60GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    ミリ波帯では半導体デバイスの性質上、利用する発振器の位相雑音がセンチ波帯と比べて劣化することから、安定度の高い発振器の実現のためにはQファクタの解析が重要になる。そこでセラミック共振器と自走ガン発振器の周波数差を変更したときの60GHz帯帯域阻止形自己注入同期NRDガイドガン発振器のQファクタを大平の理論より導出し、位相雑音を計算した。その結果、理論と実験は概ね一致し、帯域阻止形はQファクタが高く …

    IEICE technical report 109(62), 7-10, 2009-05-21

    References (6)

  • C-2-82 Transition between Coaxial Cable and NRD Guide Using Image NRD Guide  [in Japanese]

    OKIYOKOTA Makoto , Nakamura Motonori , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2009年_エレクトロニクス(1), 121, 2009-03-04

  • C-2-3 Analysis on Phase Noise of Reflection Type Self-injection Locked NRD Guide Gunn Oscillator at 60GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , Yoneyama Tsukasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2009年_エレクトロニクス(1), 42, 2009-03-04

  • Consideration on Comparison of Gunn Oscillators by Using 2 Types of Self-injection Locking at 60GHz  [in Japanese]

    OHUE Ko-ichi , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    ミリ波帯発振器の低位相雑音化を目的として、反射形及び帯域阻止形の2種の自己注入形NRDガイドガン発振器のQファクタを大平の理論により解析した。その結果、解析結果と実験結果は概ね一致し、解析結果の妥当性が実験結果より得られた。また帯域阻止形は反射形に比べて同期範囲は狭いが、位相雑音特性が良いことが解析結果より確認された。さらに自己注入同期、及び非同期の発振スペクトラムを計算し、実験値と比較したところ …

    IEICE technical report 108(452), 31-34, 2009-02-27

    References (5)

  • 60GHz Band Conical Horn Antenna with Choke Structure for Broad Beamwidth  [in Japanese]

    YAGINUMA Kaoru , SAWADA Hirokazu , KAWAHARA Yuki , YONEYAMA Tsukasa

    本報告では,広角指向性を有するチョーク付きコニカルホーンアンテナを60GHz帯において設計,試作した結果を述べる.開口面外周のアンテナ側部に漏れ電流を抑制するチョーク構造を設けたコニカルホーンアンテナにより広角指向性を実現し,開口径を変化させることで指向性を制御できることをシミュレーションにより示す.E面指向性の電力半値角が70度から110度までのアンテナを試作した結果,指向性および反射特性がシミ …

    IEICE technical report 108(452), 69-72, 2009-02-27

    References (10)

  • Reducing Range Finding Error in NRD Guide Pulse Radar System using VCXO with Low Jitter at 60GHz  [in Japanese]

    TAKAYAMA Kazuya , TAKEDA Shinpei , KUROKI Futoshi , YONEYAMA Tsukasa

    タンク内レベル計用ミリ波レーダとして、NRDガイドを用いたパルスレーダフロントエンドが試作され、測距実験が行われたが、その測距誤差は±15cmと、理論値と比べて大きく測定された。そこで本論ではこの測距誤差を、FPGA搭載PLLを用いてシステムに必要なクロックを生成したためと推定し、この問題を解決するため、高安定なVCXOを用いてそれらのクロックを生成した。その結果測距誤差を±2cm以下に低減するこ …

    IEICE technical report 108(452), 23-26, 2009-02-27

    References (1)

Page Top