並河 清 Namikawa Kiyoshi

ID:1000040026464

京都大学農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-15 of 15

  • Detection of the Marker to Recognize the Watermelon with Image Processing  [in Japanese]

    TAKEDA Hiroshi , NAMIKAWA Kiyoshi

    スイカ収穫適期は, 果実の着果後40日から50日とされており, 果実が直径4cm程度の大きさになったときに地域によっては着果棒を設置し, それにより収穫時期を判断している。本研究は着果棒として異なる色の球形の標識を使用し, 画像処理による着果棒の位置検出と収穫時期の判定の可能性について検討した。その結果, 白色標識では, 抽出画像の大きさによる位置検出誤差は8.6%以内であった。しかし, 赤色, …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(1), 77-83, 1998-01-01

    J-STAGE  References (4)

  • Draft Reduction on Tillage Tools by Electro-osmotic Lubrication (Part 3) : Field Test on Mole Plow

    RADITE P. A. S. , NAMIKAWA Kiyoshi , IIDA Michihisa

    本報では, 電気浸透潤滑を弾丸暗渠穿孔機に応用して行ったほ場実験及び実験装置の接地抵抗に関する解析について述べる。実験は砂壌土水田と壌土畑で行った。水田の実験では, 耕深30cm~50cm, 速度1.2~3.49km/h, 畑ではそれぞれ31cm~34cm, 速度0.15~1.11km/hで行った。実験では, 弾丸暗渠穿孔機のディスクコールタと弾丸を陽極, 破砕つめと支持刀を陰極として直流電圧25 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(5), 63-72, 1997-09-01

    J-STAGE  References (9)

  • Mechanical Properties of Tetrakaidecahedron Model Cell (Part 1) : Analysis of Reaction Force of a Single Model Cell  [in Japanese]

    UMEDA Mikio , NAMIKAWA Kiyoshi , NAGASAKA Yoshisada , MOTOMURA Tomotika , NAKAHARA Takanobu

    植物は細胞から構成されているため, 植物体の力学特性と細胞の力学特性の関係が明らかにできれば, これまでと異なった観点から農産物の力学特性が考察できる。本研究はこのための準備として, ゴム製の Kelvin 十四面体模型細胞を用いて細胞単体と細胞群の力学特性の関係を考察する。本報では, 模型細胞単体の一軸圧縮試験時の圧縮反力のFEMによる解析と実験を行なった。この結果, 圧縮変位が少ない間は十四面 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(5), 55-62, 1997-09-01

    J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • Draft Reduction on Tillage Tools by Electro-osmotic Lubrication (Part 2) : Soil-bin Test on a Slider

    RADITE P. A. S. , NAMIKAWA Kiyoshi , IIDA Michihisa

    スライダを用いた土槽実験を行い, 電気浸透潤滑による牽引抵抗の低減を実証した。牽引抵抗に関係するスライダと土壌の摩擦力を解析するため, 潤滑作用のある部分とない部分からなる合成モデルを導出し, 摩擦力に関係するパラメータを求めた。実験では, スライダを陽極, 土槽の底に敷いた金網を陰極として直流電圧を最大120Vかけ, 牽引力を測定した。速度は最大62cm/sで行った。供試した土壌は, 第1報と同 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(4), 61-70, 1997-07-01

    J-STAGE  References (11)

  • Draft Reduction on Tillage Tools by Electro-osmotic Lubrication (Part 1) : Electrical Conductivity of Unsaturated Soil

    RADITE P. A. S. , NAMIKAWA Kiyoshi , IIDA Michihisa

    この研究は, 電気浸透による潤滑作用を用いて, 耕うん作業における牽引抵抗を低減しようとするものである。本報では, 主に電気浸透に深く関係する不飽和土壌の電気伝導度について述べる。電気伝導度は, 砂壌土とシルト質壌土を供試し, 含水比, 密度及び電極に作用する圧力をかえて, 円柱状土壌に直流電圧をかけた場合の電気抵抗から求めた。実験の結果, 土壌の電気伝導度は電圧や電流によらず一定で, 電極に作用 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(3), 47-55, 1997-05-01

    J-STAGE  References (4)

  • スイカ収穫ロボット (特集 進展する農業ロボット)  [in Japanese]

    並河 清 , 梅田 幹雄 , 飯田 訓久

    Mechanical automation 29(1), 23-26, 1997-01

  • Studies on Agricultural Hydraulic Manipulator (Part 3) : Application for Watermelon Harvesting  [in Japanese]

    IIDA Michihisa , UMEDA Mikio , NAMIKAWA Kiyoshi

    既報の重量物の取扱いを目的とした油圧マニピュレータを用いて, スイカ収穫ロボットを開発した。スイカ収穫作業は, 大きくて重い果実の持上げ作業であるため, マニピュレータの性能を評価するには最適な農作業と考えた。ほ場において収穫実験を実施し, マニピュレータの位置決め精度, 果実の把持成功率及び果皮の傷の有無を測定した。この結果, マニピュレータによりグリッパと果実の位置偏差が最大54.3mm生じた …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(4), 19-27, 1996-07-01

    J-STAGE  References (5) Cited by (3)

  • Development of Watermelon Harvesting Gripper  [in Japanese]

    IIDA Michihisa , FURUBE Katsuya , NAMIKAWA Kiyoshi , UMEDA Mikio

    スイカの収穫作業を自動化するためにグリッパの開発を行った。はじめに, グリッパの仕様を決定するために, スイカの形状と力学特性の計測を行った。この結果に基づき, 4本のリンク形フィンガにより, スイカとフィンガの間の摩擦力を利用して把持力を得るセルフ・ロック式グリッパを試作した。次に, グリッパの収穫性能を評価するために, グリッパとスイカの位置偏差許容範囲の測定実験と, フィンガとスイカの接触部 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(3), 19-26, 1996-05-01

    J-STAGE  References (5) Cited by (2)

  • Studies on Agricultural Hydraulic Manipulator (Part 2) : Position Control of Two Wrist Joints  [in Japanese]

    IIDA Michihisa , UMEDA Mikio , NAMIKAWA Kiyoshi

    重量物の取扱いを目的とした5自由度油圧マニピュレータを開発している。腰, 肩及び肘の3つの関節は油圧サーボ弁で制御し, その位置制御系と位置決め精度について第1報で述べた。他の2つの手首関節は, 油圧比例弁で制御を行った。サーボ弁と比較して, 比例弁は構造が簡単で安価であるが, 構造の違いや動作遅れのために制御性能では劣っている。また, 重量物を取扱う場合, 重力の影響により正確な位置制御は困難で …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 57(4), 59-66, 1995-07-01

    J-STAGE  References (3) Cited by (2)

  • Discernment of Watermelon Fruits Using Image Processing  [in Japanese]

    TOKUDA Masaru , NAMIKAWA Kiyoshi

    本研究は, ロボットによるスイカの収穫作業を実現するために必要となるスイカの果実を検出する視覚システムの開発を目的としている。本報では, カラー画像および, 特定波長を利用した濃淡画像からの果実の識別をおこない, また, 葉に隠れた果実領域の抽出方法として, 送風による葉の揺動を利用した動画像処理の方法による果実の不可視部の抽出方法について検討した。その結果, 果実の黒縞と緑縞の反射率の近い波長帯 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 57(2), 13-20, 1995-03-01

    J-STAGE  References (4) Cited by (6)

  • ハンドブックを編集して  [in Japanese]

    NAMIKAWA K.

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 57(2), 1-2, 1995-03-01

    J-STAGE 

  • Robot for Agriculture  [in Japanese]

    NAMIKAWA Kiyoshi

    Journal of the Society of Mechanical Engineers 93(865), 962-965, 1990

    J-STAGE 

  • Pattern Recognition of Agriccultural Crop by Photoelectric Sensor  [in Japanese]

    Fujiura Tateshi , Namikawa Kiyoshi

    A photoelectric sensor which detected the solid shape of agricultural crop was made by trial for the sensor of the agricultural robot and fundamental experiment was done. The location of the crop was …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture,Shimane University (23), p76-79, 1989-12

    IR  JASI 

  • Crop Recognition by TV Camera with Two Image Sensors  [in Japanese]

    Fujiura Tateshi , Namikawa Kiyoshi

    A TV camera with two image sensors was made by trial to recoginze the agri cultural crop and was tested. This camera consisted of two monochrome TV cameras,a lens and a spectroscopic optical device. E …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture,Shimane University (23), p72-75, 1989-12

    IR  JASI  Cited by (1)

  • まえがき (運搬--特にほ場における運搬<特集>)  [in Japanese]

    川村 登 , 並河 清

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery 39(3), p362, 1977-12

Page Top