長田 芳和 Nagata Yoshikazu

ID:1000040030423

大阪教育大学 Department of Biology, Osaka Kyoiku University (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 27

  • 1 / 2
  • Genetic relationships among regional populations of the deepbodied bitterling, Acheilognathus longipinnis, inferred from mitochondrial DNA analysis  [in Japanese]

    OKAZAKI Toshio , WATANABE Masakazu , INAMURA Osamu , KITAGAWA Tadao , TABE Masaaki , NAGATA Yoshikazu

    DNA多型 = DNA polymorphism 14, 276-280, 2006-05-30

    References (11)

  • Distribution and dynamics of eggs and larvae in the spawning redds of pale chub, Zacco platypus  [in Japanese]

    BABA Yoshihiro , NAGATA Yoshikazu

    Japanese journal of ichthyology 52(2), 125-132, 2005-11-25

    References (17)

  • Reproductive ecology and early life history of the bagrid catfish, Pseudobagrus nudiceps  [in Japanese]

    YAMANE Hideyuki , YOKOYAMA Tadashi , NAGATA Yoshikazu , YAMADA Takuzou

    Japanese journal of ichthyology 51(2), 135-147, 2004-11-25

    References (18) Cited by (3)

  • Genetic Diversity and Hybridization in the Japanese Rosy Bitterling, Rhodeus ocellatus kurumeus (Cyprinidae)  [in Japanese]

    Nagata Yoshikazu , Katayama Megumi , Tabe Masaaki , Fukuhara Shuuichi , Kanoh Yoshihiko

    八尾市内の溜池の1個体群と北九州佐賀県内の2河川および福岡県内の溜池の合計4個体群について, ニッポンバラタナゴの遺伝的差異を調べるためにアイソザイム分析を行った。北九州産では八尾市産より集団内の変異性が大きく, 地域による差異も認められた。北九州産のうち川に生息する個体群は八尾市溜池産との間に遺伝的差異が大きいのに対し, 溜池の個体群は八尾市産との間に遺伝的に類似性が高かった。地域による遺伝的差 …

    Memoirs of Osaka Kyoiku University Ser.3 Natural science and applied science 52(1), 29-40, 2003-09

    IR  Cited by (1)

  • Reviews of Reserches on Habitats of the Bitterling, Acheilognathus longipinnis in the Yodo River  [in Japanese]

    Ogawa Rikiya , Nagata Yoshikazu , Kihira Hajimu

    日本の固有種イタセンパラ(コイ科タナゴ亜科)は, その狭い分布域と絶滅の危機から, 天然記念物と絶滅危惧IA類に位置づけられている。本種を河川の中で保護・増殖するためには, 本種と本種が卵を産みつける二枚貝が繁殖する環境の特徴を明らかにする必要がある。そこで今回は, 淀川に生息するイタセンパラと生息環境に関するこれまでの研究をレビューした。また, 文化庁と環境庁の許可を得て, 本種の産卵, 貝内の …

    Memoirs of Osaka Kyoiku University Ser.3 Natural science and applied science 49(1), 33-55, 2000-08

    IR  Cited by (3)

  • Growth and Reproductive Ecology of the Pike Gudgeon, Pseudogobio esocinus esocinus  [in Japanese]

    Ueno Satoshi , Nio Masahiro , Nagata Yoshikazu

    カマツカの生長と繁殖に関する生態についての調査を,大和川では1996年4月から11月まで,佐備川では1995年11月から1996年11月までの期間おこなった。両河川において0歳魚から4歳魚までの5つの年齢群が採集された。本種の繁殖期は4月下旬から8月上旬で,多くの雌が5月から6月に産卵していることがそのGSIが他の月と比較して大きくなることから考えられた。本種の繁殖年齢は両河川に差はなく2歳魚以上 …

    Memoirs of Osaka Kyoiku University Ser.3 Natural science and applied science 48(2), 97-106, 2000-01

    IR 

  • Brood Parasitism by the Japanese Minnow, Pungtungia herzi, to the Nest of the Eleotrid Goby, Odontobutis obscura, in the Aquariums  [in Japanese]

    Hyoi Junko , Nagata Yoshikazu

    これまでの筆者らの研究で,淡水魚ハゼ科ドンコの巣(石組の隙間などの産卵床)にコイ科ムギツクが托卵する場合があることが判明している。今回,大型の水槽で共存飼育した両種の繁殖の様子を1993年4-8月に観察したところ,ドンコの7個体の雌が5個体の雄の巣で延べ16回の産卵を行った。大型のドンコ雄ほど体の割には狭い空間を巣として選び,ドンコ卵の総産着数は大型の雄が守る巣で多い傾向がみられた。ムギツクの托卵 …

    Memoirs of Osaka Kyoiku University Ser.3 Natural science and applied science 48(2), 127-145, 2000-01

    IR  Cited by (1)

  • Natural hybrids between cyprinid fishes (Squalidus chankaensis biwae and S. japonicus japonicus) from Lake Biwa.  [in Japanese]

    TSUJINO Toshihiko , HOSOYA Kazumi , NAGATA Yoshikazu

    Japanese journal of ichthyology 45(2), 115-119, 1998-11-25

    References (19)

  • Comparison of Utilization of Freshwater Mussels for Deposition of the Bitterlings in Three Creeks of Northwest Kyushu  [in Japanese]

    Fukuhara Shuichi , Maekawa Wataaru , Nagata Yoshikazu

    タナゴ類とそれらの産卵床となる二枚貝の種構成が異なる九州北西部の3小河川で,同所的に生息するタナゴ類の産卵生態,特に二枚貝の利用の仕方に関して比較した。調査した河川のうち2小河川に共通して生息するセボシタビラはカタハガイにのみ産卵した。また,バラタナゴのドブガイに対する強い正の選択性が認められた。同一貝内には複数種のタナゴ類の卵仔魚が確認され,貝内卵仔魚を発生段階別に区分することで,一度に産み込む …

    Memoirs of Osaka Kyoiku University Ser.3 Natural science and applied science 47(1), 27-37, 1998-08

    IR  Cited by (5)

  • Estimation of the Factors Determining the Intervals among Individuals of the Freshwater Mussel Anodonta woodiana Lea (Bivalvia : Unionidae) in a Small Pond  [in Japanese]

    FUKUHARA Shuuiti , NAGATA Yoshikazu

    In order to analyze the factors determining the intra-individual distance among the freshwater mussel, Anodonta woodiana, the survey was carried out at a small pond (200 m^2) in Toyonaka City, Osaka P …

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 54(4), 317-327, 1995

    J-STAGE  References (17) Cited by (2)

  • Genetic Differentiation between Two Types of Swan Mussel, Anodonta woodiana, in Japan  [in Japanese]

    TABE Masaaki , FUKUHARA Shuuichi , NAGATA Yoshikazu

    Two types of the swan mussel, Anodonta woodiana, collected from 3 river systems in Kinki district were investigated at 10 protein coding loci using starch-gel electrophoresis. They were fixed for diff …

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 53(1), 29-35, 1994

    J-STAGE  Cited by (3)

  • Scientific name of Nippon-baratanago, a Japanese bitterling of the genus Rhodeus  [in Japanese]

    KIMURA S. , 長田 芳和

    Japanese journal of ichthyology 38(4), p425-429, 1992-02

    Cited by (2)

  • An application of rivers as the field for the practical education of environment  [in Japanese]

    Nagata Yoshikazu

    本論文では,川の環境と生物を調べることによって,環境教育の場としての川の環境の把握と活用の可能性について考察した。調査した川では蛇行による河床の規則性は人為的な堰の構築によって相当不明瞭になっていたが,その調査結果は水の流れが生み出す河川環境の一般的な特徴を理解するには十分であった。また魚類や底生動物の分布も河川環境を反映しており,児童の体験的な調査によって川の環境と生物についての学習が可能である …

    Memoirs of Osaka Kyoiku University. V, Curricula and methods of education and allied subjects 40(2), p313-323, 1992-02

    IR 

  • Development of Larvae of Anodonta woodiana (Bivalvia) Parasitized on the Host-fish  [in Japanese]

    FUKUHARA Shuuichi , NAKAI Ichirou , NAGATA Yoshikazu

    The developmental metamorphosis of larvae of a freshwater mussel, Anodonta woodiana (Lea, 1834), under parasitizing on the goby Rhinogobius flumineus, was observed. The larvae embedded in the paraffin …

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 49(1), 54-61, 1990

    J-STAGE  Cited by (4)

  • 福岡県の水路に生息する6種のタナゴ類の分布の比較〔英文〕  [in Japanese]

    長田 芳和 , 中田 善久

    Japanese journal of ichthyology 35(3), p320-331, 1988-12

  • ワンド・タマリの保全ー淡水魚介類を中心にー  [in Japanese]

    Kihira Hajime , Nagata Yoshikazu , Kimura Eizou

    関西自然保護機構会報 (15), 19-26, 1988-03

  • Frequency of the Incubation of Anodonta woodiana in Small Pond

    FUKUHARA Shuuichi , NAGATA Yoshikazu

    大阪府豊中市の灌漑用溜池に実験枠を設置し, ドブガイAnodonta woodiana雌の外鰓腔内の卵及び幼生の有無とその発生段階を継続観察した。A枠は1984年11月から1985年4月, B枠は1985年5月から11月の間に毎月1-2回外鰓腔内を観察した。その結果A枠には2タイプの雌が見られた。すなわち妊卵後, 比較的短期間のうちに幼生を放出するがその後は妊卵しなかった雌と, 貝内での最終発生段 …

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 47(4), 271-277, 1988

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Emergence of the Rose Bitterling Larvae from the Host Mussel  [in Japanese]

    Kondo Takaki , Matsumura Nobuya , Hashimoto Makoto , Nagata Yoshikazu

    タイリクバラタナゴ仔魚がドブガイから泳出する時間を室内での終日観察により明らかにした。仔魚の泳出は日没後に始まり,真夜中にピークとなって,日の出と共に終了した。昼間に泳出がみられなかったのは,光によって仔魚の泳出が抑制されていたためと思われる。また,このように仔魚が夜間に泳出するのは成魚などによる捕食を避けるためであると考えられる。

    Memoirs of Osaka Kyoiku University. 36(1), p23-26, 1987-08

    IR  Cited by (1)

  • Notes on Form and Habitat of Oguranodonta ogurae Kuroda and Habe in the River Yodo  [in Japanese]

    FUKUHARA Shuuichi , KIHIRA Hajimu , NAGATA Yoshikazu

    Form and habitat of a fresh-water mussel, Oguranodonta ogurae Kuroda and Habe were investigated in the River Yodo, Osaka Prefecture. A hundred and thirty-eight specimens were collected from a pond in …

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 45(4), 265-273, 1987

    J-STAGE  Cited by (2)

  • Use of Ponds as a Teaching Material for the Comprehensive Understanding of the Mutual Relationship among Differnt Species of Organisms  [in Japanese]

    Nagata Yoshikazu , Kato Ken-Ichi

    小・中学校の理科の教科書は,いくつかの単元で溜池に生活している生物がとりあげられている。溜池は児童・生徒が接する身近な自然の中でも最も一般的な対象である。しかし、溜池を多数の生物が生活するまとまりのあるかたちで取り扱われてはいない。ここでは,このような取り扱いの可能性を検討する目的で,生物どうしの関係について,種間及び種内関係の具体例と学習上の問題点について述べた。

    Memoirs of Osaka Kyoiku University. V, Curricula and methods of education and allied subjects 35(2), p213-224, 1986-12

    IR 

  • 1 / 2
Page Top