細川 秀毅 HOSOKAWA Hidetsuyo

ID:1000040036744

高知大学農学部 Faculty of Agriculture Kochi University (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 40

  • 1 / 2
  • Selection of Superior Parent-shells of the Pearl Oyster Pinctada fucata martensii Based on the Serum Protein Contents  [in Japanese]

    IWANAGA Shunsuke , KUWAHARA Koichi , HOSOKAWA Hidetsuyo

    赤変病に対して耐病性があり生残率が高いアコヤガイの作出方法を開発することを目的に、2002年と2003年の種苗生産に血清タンパク質含量を指標として親貝の選抜を行った。血清タンパク質の高含量群から生産した種苗は、低含量群に比べて、種苗生産時では受精率や成長率が高く、1才貝の育成や挿核手術後の飼育で耐病性について明確な差がなかったものの、成長率や血清タンパク質含量とともに生残率が有意に高かった。以上の …

    水産増殖 = The aquiculture 56(3), 453-461, 2008-09-20

    JASI  References (32) Cited by (1)

  • Effect of Low Water Temperature Exposure in the Winter in Suppressing the Onset of the Reddening Adductor Disease in the Japanese Pearl Oyster Pinctada fucata martensii  [in Japanese]

    IWANAGA Shunsuke , SUZUKI Masaaki , MORI Yoji , TSUKAHARA Jun-ichiro , HOSOKAWA Hidetsuyo

    アコヤガイ赤変病の発症および斃死と冬季水温との関連性を検討するため、冬季に水温条件が異なる長崎県内7地区で日本産アコヤガイを飼育し、その後、夏から秋にかけて赤変病の指標である閉殻筋a値、生残率等を調査した。その結果、13℃以下の積算水温[LTI13=Σ(13-Tn)、Tn<13]が大きい地区(LTI13=54.8〜233.3℃・日)では、冬季飼育中は斃死率が2〜73%となり、低水温の影響がみられた …

    水産増殖 = The aquiculture 56(3), 351-357, 2008-09-20

    JASI  References (23) Cited by (1)

  • A Method of Selecting Parent-shells of the Pearl oyster, Pinctada fucata martensii, for Use as Piece Oysters Based on the a-value of the Pearl Layer  [in Japanese]

    IWANAGA Shunsuke , YAMADA Eiji , KAWAGUCHI Takeshi , HOSOKAWA Hidetsuyo

    ピース貝生産用の親貝選抜の指標として殻体真珠層a値の違いが、真珠の品質に及ぼす影響を検討した。そこで、親貝はb値を青色のマイナス域に設定し、a値を赤色のプラス域[a(+)群]と緑色のマイナス域[a(-)群]の2群に選抜して、種苗を2004年6月に生産した。種苗は長崎水試前の漁場で飼育し、真珠層のa値とb値を2004年11月から2006年12月まで調査した。さらに、種苗の外套膜小片を用いて生産した真 …

    水産増殖 = The aquiculture 56(2), 167-173, 2008-06-20

    JASI  References (13)

  • Improved Pearl Quality and Survival Rate of Operated-shells by Using 1-year-old Mother-shells of the Pearl Oyster, Pinctada fucata martensii  [in Japanese]

    IWANAGA Shunsuke , HIRAI Masashi , HOSOKAWA Hidetsuyo

    母貝の施術年齢の違いが真珠養殖の生産効率に及ぼす影響を、2004年6月から2006年1月まで長崎県対馬市で飼育試験を行うことにより検討した。試験には母貝として1才貝(1才区)、同系統の2才貝(2才区1)、および1才区と同種苗をさらに1年間飼育した2才貝(2才区2)を用いた。各試験区にそれぞれ6.66、7.27と7.42mmの核を施術して生残率、真珠の品質等を調査した。全区で毎年秋季に赤変病の発症と …

    水産増殖 = The aquiculture 56(1), 73-79, 2008-03-20

    JASI  References (22)

  • Dietary Utility of Chilean Fish Meal and Pollack Liver Oil for Juvenile Pacific Bluefin Tuna

    TAKII Kenji , SEOKA Manabu , OHARA Nana , NASU Toshiro , ODA Seiji , MIYASHITA Shigeru , UKAWA Masaharu , SHIMENO Sadao , HOSOKAWA Hidetsuyo

    クロマグロ配合飼料の開発に先立ち、チリ魚粉(FM)とスケトウダラ肝油(PLO)の利用性について検討した。体重1.68gの稚魚に、対照のイカナゴ切餌と段階的にFMおよびPLOを変化させて調製した飼料1〜3で、平均体重1.68gのクロマグロ稚魚を10日間飼育したところ、飼料区では対照区より摂餌率と成長率は顕著に低く、逆に、飼料効率、タンパク効率、消化管重値、体脂質含量、消化管プロテアーゼ活性などは高い …

    Aquac Sci 55(4), 579-585, 2007-12-20

    JASI  References (38) Cited by (2)

  • Apparent Digestibility Coefficient and Energy Partition of Juvenile Pacific Bluefin Tuna, Thunnus orientalis and Chub Mackerel, Scomber japonicus

    TAKII Kenji , SEOKA Manabu , IZUMI Mitsuhiko , HOSOKAWA Hidetsuyo , SHIMENO Sadao , UKAWA Masaharu , KOHBARA Jun

    イカナゴと魚粉主体の配合飼料を同量混合したモイストペレット(MP)のタンパク質、脂質、糖質およびエネルギー消化率は、クロマグロ(PBT)では85%前後であったが、マサバ(CM)より94%と優れていた。また、異なる給餌間隔でMPを給与してエネルギー分配を調べたところ、摂取エネルギーと標準代謝エネルギーはPBTが、蓄積エネルギーはCMが顕著に高かった。これらは、PBTが加熱変性した魚粉を効率良く消化で …

    水産増殖 55(4), 571-577, 2007-12-20

    JASI  References (33)

  • Availability of Poultry By-product Meal as an Alternative Protein Source for Fish Meal in Diet for Greater Amberjack (Seriola dumerili)

    TAKAKUWA Fumiaki , FUKADA Haruhisa , HOSOKAWA Hidetsuyo , MASUMOTO Toshiro

    カンパチ飼料における魚粉代替源としてのチキンミールの利用性ならびにアミノ酸の添加効果について検討した。魚粉を主タンパク質源とする飼料を対照飼料とし、また対照飼料に含まれる魚粉タンパク質の20、40および60%をチキンミールで代替した飼料、ならびにそれらに必須アミノ酸を補足した飼料の計7 飼料を調製した。これらを平均体重93.0gのカンパチに一定の割合で給与して40日間飼育した。アミノ酸無補足の試験 …

    水産増殖 54(4), 473-480, 2006-12-20

    JASI  References (33)

  • Effects of Phytase with Inorganic Phosphorus Supplement Diet on Nutrient Availability of Japanese Flounder (Paralichthys olivaceus)

    SARKER Pallab Kumer , FUKADA Haruhisa , HOSOKAWA Hidetsuyo , MASUMOTO Toshiro

    大豆油粕を含む飼料にフィターゼ(300 FTU/100g飼料)と無機リンを段階的濃度(0、200、400、600、800mg/100g飼料)添加してヒラメ(平均体重約9g)のタンパク質とリン利用性に対する効果を、3週間の飼育試験と消化吸収率試験とで調べた。フィターゼのみの添加により、リンとタンパク質吸収率は有意に改善したが、有意な成長の改善には400mg以上の無機リンの添加が必要だった。一方タンパ …

    Aquaculture Sci. 54(3), 391-398, 2006-09-20

    JASI  References (28) Cited by (1)

  • Early development and mass seedling production of bluefin tuna Thunnus orientalis : Present status and prospect  [in Japanese]

    KUMAI HIDEMI , SAKAMOTO WATARU , HOSOKAWA HIDETSUYO , HIDEMI KUMAI , WATARU SAKAMOTO , HIDETSUYO HOSOKAWA , 近大水研 , 近大水研 , 高知大農 , Fisheries Laboratory Kinki University , Fisheries Laboratory Kinki University , Faculty of Agriculture Kochi University

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 72(5), 938, 2006-09-15

    J-STAGE 

  • Effect of Continuous and Interval Administration of Peptidoglycan on Innate Immune Response and Disease Resistance in Japanese Flounder Paralichthys olivaceus

    GALINDO-VILLEGAS Jorge , MASUMOTO Toshiro , HOSOKAWA Hidetsuyo

    Brevibacterium lactofermentum由来のペプチドグリカン(PG)は自然免疫応答と抗性を向上させることが知られている。本研究では給餌間隔が自然免疫応答とEdwardsiella tardaに対する抗病性向上能に及ぼす影響について調べた。試験飼料にPG を0.3%で添加した飼料または無添加飼料を用いて試験魚に以下の4つの給与間隔で40日間給与した:対照群(無添加のみ)、10/1 …

    Aquaculture Sci. 54(2), 163-170, 2006-06-20

    JASI  References (23) Cited by (1)

  • Effect of Dietary Immunostimulants on Some Innate Immune Responses and Disease Resistance against Edwardsiella tarda Infection in Japanese Flounder (Paralichthys olivaceus)

    GALINDO-VILLEGAS Jorge , FUKADA Haruhisa , MASUMOTO Toshiro , HOSOKAWA Hidetsuyo

    これまで数魚種で免疫賦活効果が認められている6つの物質のヒラメにおける自然免疫応答とEdwardsiella tardaに対する抗病性向上能を評価した。実験魚には、それぞれの物質(α-トコフェロール、アスタキサンチン、β-グルカン、DL-アルギニン、L-アスコルビン酸、ペプチドグリカン)を混合した試験飼料を3週間給与した。成長、血液性状、液性免疫活性(リゾチーム活性)および細胞性免疫活性(走化性、 …

    Aquaculture Sci. 54(2), 153-162, 2006-06-20

    JASI  References (45) Cited by (2)

  • Inclusion of Soy Protein Concentrate in a Diet for Spotted Halibut Verasper variegatus  [in Japanese]

    YAGI Hideshi , MATSUOKA Satoru , YAMAMOTO Kenji , JINNAI Masashi , HOSOKAWA Hidetsuyo

    ホシガレイ飼料の魚粉配合量の削減を目的として、濃縮大豆タンパク質の配合許容量を調べるとともに、アミノ酸補足によるその利用性向上を検討した。方法としては、高魚粉飼料を対照として、その魚粉配合量を減らして濃縮大豆タンパク質を16、32および48%配合した飼料、ならびにそれらに魚粉のアミノ酸組成に合わせてリジンとメチオニンを補足した飼料で、平均体重36.0gのホシガレイを45日間水槽飼育し、成長、飼料効 …

    水産増殖 54(1), 61-67, 2006-03-20

    JASI  References (20)

  • Effects of Dietary Protein and Energy Levels on Growth, Feed Conversion and Body Composition of Spotted Halibut Verasper variegatus  [in Japanese]

    YAGI Hideshi , MATSUOKA Satoru , YAMAMOTO Kenji , JINNAI Masashi , HOSOKAWA Hidetsuyo

    ホシガレイの実用飼料に適したDPおよびDEの含量を調べるために、魚粉、肝油および澱粉の配合量を調整して、DP含量を41、46および56%とし、各DPレベルでDE含量を3段階(360、400および440kcal/100g) に変化させ、DP/DE比を98-150mg/kcal とした9種類の飼料を調製した。平均体重50.0gのホシガレイに、各飼料を一定の給餌率で与えて60日間水槽飼育し、その成長、飼 …

    水産増殖 53(4), 433-438, 2005-12-20

    JASI  References (20) Cited by (1)

  • Comparisons of Corn Gluten Meal and Fish Meal Digestion in Yellowtail (Seriola quinqueradiata) by In vivo and In vitro Approaches

    KOFUJI Patricia Yumi Morimoto , MICHIHIRO Yumi , HOSOKAWA Hidetsuyo , MASUMOTO Toshiro

    コーングルテンミール(CGM)は魚粉代替タンパク質源として養魚飼料に多用されているが、ブリではその消化性が低い。本研究では、消化性が劣る理由を明らかにするために、CGMに対するタンパク質消化性をin vivoとin vitro法で魚粉と比較した。In vivo法では、消化管内容物のpH、ペプシンおよびトリプシン活性および活性化トリプシンの割合に魚粉とCGM との間で差が無かった。一方in vitr …

    水産増殖 52(3), 271-277, 2004-09-20

    JASI  References (23)

  • Inclusion of Combined Alternative Protein Sources to Yellowtail Diet and Amino Acid Supplementation  [in Japanese]

    HOSOKAWA Hidetuyo , KUROHARA Kenro , MASUMOTO Toshiro , SHIMENO Sadao , SAKAMOTO Reiichiro

    オキアミミールと血粉とともに、コーングルテンミールと濃縮大豆タンパク質を単用または併用配合して魚粉配合量を10%に削減した飼料、ならびにそれぞれに必須アミノ酸を補足した飼料でブリ幼魚を30日間飼育した。その結果、いずれの魚粉代替源併用区でも、対照の52%魚粉単用区に匹敵する飼育成績や体成分がみられ、アミノ酸補足によるそれらの改善は少なかった。以上の結果より、多種代替源を適正に併用配合すれば、アミノ …

    水産増殖 49(3), 383-388, 2001-09-20

    JASI  References (30)

  • Effects of Amino Acid Supplementation on Utilization of Corn Gluten and Soy Protein by Yellowtail  [in Japanese]

    HOSOKAWA Hidetsuyo , KINOSHITA Hiroki , MASUMOTO Toshiro , SHIMENO Sadao , SAKAMOTO Reiichiro

    ブリに対するコーングルテンと大豆タンパク質の栄養価を高め、それらの利用性を向上させるために、タンパク質源としてCGM、SPCおよび両者の1:4混合物を配合した飼料、ならびにそれぞれにBFMのアミノ酸組成に合わせて必須アミノ酸を累加補足した飼料でブリ稚魚を30日間水槽飼育した。その結果、いずれのタンパク質群でも、無補足区の成長、飼料効率、血液性状、血清成分などは最低であった。しかし、アミノ酸補足の進 …

    水産増殖 49(3), 369-375, 2001-09-20

    JASI  References (22) Cited by (3)

  • Dietary Choline Requirement of Fingerling Yellowtail

    HOSOKAWA Hidetsuyo , SHIMENO Sadao , TAKEDA Masahiko

    塩化コリンの添加量(mg/100g飼料)が異なる精製飼料を用いて、ブリ稚魚のコリン欠乏症および要求量を調べた。欠乏症を調べる試験では、稚魚に塩化コリン無添加飼料(欠乏飼料)および800mg添加飼料(対照飼料)を与えた。対照区では20日間順調な成長がみられたが、欠乏区では5日以内に食欲減退および成長低下が発現した。欠乏区の半数の魚に8日目から対照飼料を与えたところ、これらの症状は3日以内に消失した。 …

    水産増殖 49(2), 231-235, 2001-06-20

    JASI  References (23)

  • Identification of Feeding Stimulants for Yellowtail in Muscle Extract of Jack Mackerel  [in Japanese]

    HOSOKAWA Hidetsuyo , TAKII Kenji , SHIMENO Sadao , TAKEDA Masahiko

    マアジ筋肉エキス中のブリに対する摂餌刺激物質を検索するため、エキス成分の分析結果に基づいて調製した合成エキスを用いてオミッションテストを実施し、エキスの摂餌刺激性が主としてIMPに基因することを明らかにした。また、エキスにごく少量存在するADPとATPもそれらの濃度を増した場合には有効なことを示した。

    水産増殖 49(2), 225-229, 2001-06-20

    JASI  References (30) Cited by (2)

  • Replacement of Fish Meal by Combined Inclusion of Alternative Protein Sources in a Diet for Yearling Red Sea Bream, Pagrus major  [in Japanese]

    TAKAGI Shusaku , SHIMENO Sadao , HOSOKAWA Hidetsuyo , UKAWA Masaharu

    水産増殖 48(3), 545-552, 2000-09-20

    JASI  References (33) Cited by (2)

  • 1 / 2
Page Top