筒井 哲夫 TSUTSUI Tetsuo

ID:1000040037982

九州大学 Kyusyu University (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 69

  • 1 / 4
  • Utilization of Intrinsic Properties of Polymer Materials for Next-Generation Organic Electronics  [in Japanese]

    TSUTSUI Tetsuo

    高分子 61(3), 117, 2012-03-01

  • コレステリック液晶の光選択散乱から有機EL研究へ : まさかの夢が現実に転化した  [in Japanese]

    筒井 哲夫

    Chemistry & chemical industry 63(11), 900-902, 2010-11-01

    References (4)

  • Organic semiconductors : Establishment of basic concepts to device applications  [in Japanese]

    TSUTSUI Tetsuo

    <p>有機半導体材料・デバイスについて,有機半導体の概念が生まれた1950年代から現在に至る研究開発ならびに応用技術展開の歴史的な過程を振り返りながら,有機半導体を用いるデバイスの基礎概念がいかにして構築されてきたかをまとめた.具体的な例として有機EL,有機薄膜太陽電池,有機薄膜トランジスタの研究開発を調べた.不純物がドープされていない真性半導体としてのワイドバンドギャップ半導体として …

    Oyo Buturi 78(5), 447-457, 2009-05-10

    J-STAGE  References (137)

  • High-performance organic field-effect transistors based on liquid crystalline organic semiconductors  [in Japanese]

    安田 剛 , 筒井 哲夫

    The bulletin of the Society of Nano Science and Technology 7(2), 65-69, 2009-03

  • Science and technology innovation and research and development in organic LEDs  [in Japanese]

    筒井 哲夫

    ディスプレイ 13(9), 12-15, 2007-09

  • Ambipolar 有機電界効果トランジスタの現状  [in Japanese]

    安田 剛 , 萱嶋 弘志 , 藤田 克彦 , 筒井 哲夫

    Molecular electronics and bioelectronics 17(4), 275-280, 2006-12-15

    References (20)

  • Electric Field-Assisted Bipolar Charge spouting with Organic Films  [in Japanese]

    TERAI Masaya , FUJITA Katsuhiko , TSUTSUI Tetsuo

    電界誘起型キャリア生成は有機薄膜に電界をかけることで、内部から電荷キャリアが発生する現象である。我々はキャリア生成(ICS)層としてアルミ錯体にMgをドープした層とV_2O_5層の積層構造が機能することを見出した。本研究ではICS層、特にV_2O_5層から有機層への正孔供給が起こっていることを示唆する結果を得た。

    IEICE technical report 106(228), 55-59, 2006-09-01

    References (13)

  • Electric Field-Assisted Bipolar Charge spouting with Organic Films  [in Japanese]

    TERAI Masaya , FUJITA Katsuhiko , TSUTSUI Tetsuo

    電界誘起型キャリア生成は有機薄膜に電界をかけることで、内部から電荷キャリアが発生する現象である。我々はキャリア生成(ICS)層としてアルミ錯体にMgをドープした層とV_2O_5層の積層構造が機能することを見出した。本研究ではICS層、特にV_2O_5層から有機層への正孔供給が起こっていることを示唆する結果を得た。

    IEICE technical report 106(227), 55-59, 2006-09-01

    References (13)

  • 有機薄膜の調製法と有機デバイス特性の向上  [in Japanese]

    藤田 克彦 , 赤対 真人 , 安田 剛 , 筒井 哲夫

    Molecular electronics and bioelectronics 17(2), 113-115, 2006-06

    References (4)

  • 有機デバイス研究の更なる発展のために  [in Japanese]

    筒井 哲夫

    Molecular electronics and bioelectronics 17(1), 5-8, 2006-02-24

    References (4)

  • Photoresponse Studies of Bulk Heterojunction Organic Photodiodes

    KOMATSU Takahiro , KANEKO Shinichirou , MIYANISHI Satoru , SAKANOUE Kei , FUJITA Katsuhiko , TSUTSUI Tetsuo

    We report fast and high-dynamic-range photoresponses in organic photodiodes based on a mixed film of poly-(2-methoxy-5-(2′-ethylhexyloxy)-1,4-phenylene vinylene) (MEH-PPV) and [5,6]-phenyl C61-b …

    Japanese Journal of Applied Physics 43(11), L1439-L1441, 2004-11-01

    J-STAGE  References (11)

  • Fabrication of organic FETs using polyfluorene and its derivatives  [in Japanese]

    YASUDA Takeshi , FURUSAWA Yoshinobu , FUJITA Katsuhiko , TSUTSUI Tetsuo

    ポリフルオレンは化学的に安定であり、高い正孔移動度、高い蛍光量子収率を持つことから有機EL材料として注目されてきた。また適切なアルキル鎖を付与し熱処理を行うことでネマチックガラス薄膜を形成することから偏光有機ELへの応用も検討されてきた。さらにフルオレンの共重合体は、導入する単位により発光色が青から赤にまで変化し、キャリヤ輸送能力も大きく変化することが知られている。本研究において、有機ELで優れた …

    Technical report of IEICE. OME 104(285), 25-30, 2004-09-02

    References (15)

  • Fabrication of organic FETs using polyfluorene and its derivatives  [in Japanese]

    YASUDA Takeshi , FURUSAWA Yoshinobu , FUJITA Katsuhiko , TSUTSUI Tetsuo

    ポリフルオレンは化学的に安定であり、高い正孔移動度、高い蛍光量子収率を持つことから有機EL材料として注目されてきた。また適切なアルキル鎖を付与し熱処理を行うことでネマチックガラス薄膜を形成することから偏光有機ELへの応用も検討されてきた。さらにフルオレンの共重合体は、導入する単位により発光色が青から赤にまで変化し、キャリヤ輸送能力も大きく変化することが知られている。本研究において、有機ELで優れた …

    IEICE technical report. Electron devices 104(284), 25-30, 2004-09-02

    References (15)

  • Fabrication of Composite Films by Controlling Molecular Doping Processes between Polyaniline and Soluble Multiwalled Nanotubes and Their Optical Characteristics

    KAYASHIMA Hiroshi , SUMIOKA Kazuhiro , LEE Sang Ho , JANG Bo-Bing , FUJITA Katsuhiko , TSUTSUI Tetsuo

    Polymer inverse opals were fabricated by directly infiltrating a molten polymer into silica opal templates at an elevated temperature. The main-chain π-conjugated polymer, poly[2-(9′,9′ …

    Japanese Journal of Applied Physics 42(9), 5726-5730, 2003-09-15

    J-STAGE  References (47)

  • Material Research for Organic Electroluminescence Devices and a Preparation Method of Organic Thin films  [in Japanese]

    FUJITA Katsuhiko , ISHIKAWA Takamasa , YASUDA Takeshi , TSUTSUI Tetsuo

    近年、有機EL素子をはじめとした有機半導体による光・電子デバイスが注目をあつめている。しかし、有機材料、特に高分子半導体の中には理論的には有望視されながらアモルファス薄膜にする方法がないという理由で応用展開を阻まれている材料が数多く存在する。我々はこの点に着目し、スプレイデポジション法を開発した。この方法はπ共役高分子などの機能性有機材料の超希薄溶液を気相中に噴霧し、温度をコントロールしながらエア …

    Technical report of IEICE. OME 103(8), 1-5, 2003-04-15

    References (6)

  • Material Research for Organic Electroluminescence Devices and a Preparation Method of Organic Thin films  [in Japanese]

    FUJITA Katsuhiko , ISHIKAWA Takamasa , YASUDA Takeshi , TSUTSUI Tetsuo

    近年、有機EL素子をはじめとした有機半導体による光・電子デバイスが注目をあつめている。しかし、有機材料、特に高分子半導体の中には理論的には有望視されながらアモルファス薄膜にする方法がないという理由で応用展開を阻まれている材料が数多く存在する。我々はこの点に着目し、スプレイデポジション法を開発した。この方法はπ共役高分子などの機能性有機材料の超希薄溶液を気相中に噴霧し、温度をコントロールしながらエア …

    Technical report of IEICE. SDM 103(6), 1-5, 2003-04-08

    References (6)

  • Material Research for Organic Electroluminescence Devices and a Preparation Method of Organic Thin films  [in Japanese]

    FUJITA Katsuhiko , ISHIKAWA Takamasa , YASUDA Takeshi , TSUTSUI Tetsuo

    近年、有機EL素子をはじめとした有機半導体による光・電子デバイスが注目をあつめている。しかし、有機材料、特に高分子半導体の中には理論的には有望視されながらアモルファス薄膜にする方法がないという理由で応用展開を阻まれている材料が数多く存在する。我々はこの点に着目し、スプレイデポジション法を開発した。この方法はπ共役高分子などの機能性有機材料の超希薄溶液を気相中に噴霧し、温度をコントロールしながらエア …

    IEICE technical report. Electron devices 103(4), 1-5, 2003-04-08

    References (6)

  • 九州支部  [in Japanese]

    TSUTSUI Tetsuo

    高分子 52(1), 9, 2003-01-01

  • 1 / 4
Page Top