大村 武 OMURA Takeshi

ID:1000040038170

九州大学農学部 Faculty of Agriculture, Kyushu University (1995年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 82

  • 1 / 5
  • Difference in Stomatal Frequency in Leaves of Mutant Lines and Its Inheritance in Rice

    YAMASHITA Hiroshi , SATOH Hikaru , OMURA Takeshi , TAKITA Tadashi , NISHIYAMA Hisashi

    水稲葉身の気孔密度は気孔開度と同様に品種改良で簡便に扱うことのできる形質である.本研究では,突然変異系統を用い,気孔密度に関する遺伝変異と遺伝様式を明らかにする目的で実験を行った. まず,水稲品種「全南風」から誘発した突然変異2557系統を供試し,止葉葉身の中央部裏側のフリントをマニュキュアで作り,気孔密度を調査したところ,原品種「全南風」の気孔密度は538/mm^2であり,突然変異系統では285 …

    Breeding science 45(1), 105-106, 1995-03-01

    References (8)

  • Resistance gene of rice cultivar, Taichung Native 1 to Philippine races of bacterial blight pathogens  [in Japanese]

    TAURA S. , OGAWA Tsugufumi , Rodante E. TABIEN , Gurdev S.KHUSH , YOSHIMURA Atsushi , OMURA Takeshi

    Breeding science 42(2), p195-201, 1992-06

    Cited by (1)

  • Resistance Gene of Rice Cultivar, Taichung Native 1 to Philippine Races of Bacterial Blight Pathogens.

    TAURA Satoru , OGAWA Tsugufumi , Rodante E. TABIEN , Gurdev S.KHUSH , YOSHIMURA Atsushi , OMURA Takeshi

    Japanese Journal of Breeding 42(2), 195-201, 1992

    J-STAGE 

  • Identification of a Recessive Resistance Gene in Induced Mutant Line XM5 of Rice to Rice Bacterial Blight  [in Japanese]

    TAURA Satoru , OGAWA Tsugufumi , YOSHIMURA Atsushi , IKEDA Ryoichi , OMURA Takeshi

    前報(TAURA et al.1991)において,化学変異原メチルニトロソウレアによって誘発した抵抗性突然変異系統XM5はフィリピン産イネ白葉枯病6菌糸に対して抵抗性を示す1個の劣性遺伝子を有することを確認した.そこで、MX5の劣性抵抗性遺伝子とイネ白葉枯病に対する3個の既知の劣性抵抗性遺伝子xa-5,xa-8およびxa-13との対立性を明らかにするため,XM5とそれぞれの既知の劣性遺伝子を有する …

    Breeding science 41(3), p427-432, 1991-09

  • Induction of Mutants Resistant to Bacterial Blight in Rice  [in Japanese]

    TAURA Satoru , OGAWA Tsugufumi , YOSHIMURA Atsushi , OMURA Takeshi

    イネ白葉枯病に対する抵抗性の遺伝資源を拡大する目的で化学変異原を用いて抵抗性突然変異を誘発することを試みた.すべてのフィリピン産イネ白葉枯病菌レースに対して感受性を示すイネ品種IR24の受精卵を突然変異の処理に用いた.受精卵の発達ステージをできる限り一致させるため,すでに開花した頴花を取り除き,処理当日午前11時から12時(開花時刻を午前11時30分とする)に開花した頴花を処理のために残して,未開 …

    Breeding science 41(2), p279-288, 1991-06

  • Difference in the Degree of Stomatal Aperture in the Leaves of Rice Mutant Lines and Its Inheritance  [in Japanese]

    YAMASHITA.Hiroshi , SATOH Hikaru , OMURA Takeshi

    イネの光合成能力に関与する重要な形質の一つである気孔開度に関して,突然変異系統における遺伝的変異の存在および遺伝様式は明らかにされていない. 本研究では,突然変異系統を用い,気孔開度に関する遺伝的変異の存在,気孔開度と光合成能力に密接に関与する形質の一つである気孔伝導度の関係および気孔開度に関する遺伝様式を明らかにする目的で実験を行なった.まず,水稲品種「全南風」から誘発した突然変異89系統を供試 …

    Breeding science 40(1), p47-51, 1990-03

  • Gene dosage effects on amylose content of endosperm starch in du mutant of rice  [in Japanese]

    YANO. M. , OKUNO K. , SATOH H. , OMURA T.

    Japanese Journal of Breeding 38(別冊2), 386-387, 1988

  • Oil Content and Fatty Acid Composition of a Giant Embryo Mutant in Rice  [in Japanese]

    MATSUO Takumi , SATOH Hikaru , YOON Kyung-Min , OMURA Takeshi

    油飼料イネ育種のための基礎研究として巨大胚突然変異系統(EM-40)と正常型(全南風)において,胚,糊粉層および澱粉層の含油量と脂肪酸組成を比較検討した. 玄米千粒重について巨大胚突然変異系統は20.18gと正常型の22.28gより軽かった.しかし,胚は長さ,幅が大きく,胚重が2.6倍に達した.一方糊粉層はやや厚くなったにもかかわらず,糊粉層重はほぼ同じであった. 正常型では,含油量0,589のう …

    Breeding science 37(2), p185-191, 1987-06

  • Effects of Sugary and Shrunken Mutant Genes on Carbohydrates in Rice Endosperm during Ripenning Period  [in Japanese]

    MATSUO Takumi , YANO Masahiro , SATOH Hikaru , OMURA Takeshi

    トウモロコシの炭水化物合成に関与する突然変異には,sugary,shrunkenならびにbrittleが知られている.近年,イネにおいてもアルキル化合物によってトウモロコツのsugaryおよびshmnkenに形態的に類似した突然変異が誘発された(SAT0H and OMURA 1981).またこれらの突然変異はsu,shr-s. shr-aおよびshr-2の4遺伝子によって支配されることが明らかと …

    Breeding science 37(1), p17-21, 1987-03

  • 3Bp-7 イネ胚乳中に存在するプロテインボディIの構成ポリペプチド  [in Japanese]

    田中 國介 , 小川 雅広 , 熊丸 敏博 , 佐藤 光 , 大村 武

    日本植物生理学会年会とシンポジウム講演要旨集 26, 289, 1986

    NDL Digital Collections 

  • 3Bp-5 稲突然変異体の胚乳貯蔵タンパク質  [in Japanese]

    小川 雅広 , 熊丸 敏博 , 佐藤 光 , 大村 武 , 田中 國介

    日本植物生理学会年会とシンポジウム講演要旨集 26, 287, 1986

    NDL Digital Collections 

  • Mutants for high sucrose and ater soluble polysaccharides of rice  [in Japanese]

    MATSUO T. , SATOH H. , OMURA T.

    Japanese Journal of Breeding 36(別冊2), 164-165, 1986

  • Variation of glutelin α, gluteiin β and prolamin contents in mature rice grain.  [in Japanese]

    KUMAMARU T. , SHIRAISHI M. , SATOH H. , OMURA T. , OGAWA M. , TANAKA K.

    Japanese Journal of Breeding 36(別冊2), 78-79, 1986

  • Variations for storage protein in rice endosperm among varieties  [in Japanese]

    SHIRAISHI.M. , KUMAMARU T. , SATOH T. , OMURA T. , IWATA S. , OGAWA M.

    Japanese Journal of Breeding 36(別冊2), 76-77, 1986

  • Identification of doubletrisomics in rice plant (Oryza sativa L.).  [in Japanese]

    YASUI H. , IWATA N. , OMURA T.

    Japanese Journal of Breeding 36(別冊2), 70-71, 1986

  • Temperature effect on fine structure of endo-sperm starch in high amylose mutants of rice  [in Japanese]

    OKUNO K. , ASAOKA M. , FUWA H. , YANO H. , SATOH H. , OMURA T.

    Japanese Journal of Breeding 36(別冊2), 30-31, 1986

  • The Influence of Genetic Factors on Lipid Content of Soybean  [in Japanese]

    Matsuo Takumi , Omura Takeshi

    国内のほかに,AVRDCと韓国から取り寄せた97品種を供試し,脂質含量と積算温度,100粒重などの遺伝的要因の関係について研究を行った.供試品種の脂質含量は11.6%から22.4%,成熟期は9月5日から11月20日の変異があった.成熟期の早い品種の脂質含量は最低が14.5%であったが,成熟期の遅い品種では11.6%とかなり低いものまであった.積算温度は,早生品種が1,400℃から2,550℃で最も …

    Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 40(1), p59-63, 1985-09

    IR  DOI  JASI 

  • Studies on the trisomics in rice plants (Oryza sativa L.) : V. Relationship between the twelve chromosomes and the linkage groups  [in Japanese]

    IWATA N. , SATOH Hikaru , OMURA Takeshi

    イネ(2n=24)において期待される12の連鎖群はNagao and Takahashi(1960,63)によって一応明らかにされたが,これには細胞学的な裏付けはなかった。そこで,これらの連鎖群と座乗染色体との関係を明らかにするため三染色体植物や相互転座を用いた研究が行なわれるようになった。その結果,既報の連鎖群の改廃や新連鎖群の発見がなされ,これまでに12の染色体の中の11については連鎖群との対 …

    Breeding science 34(3), p314-321, 1984-09

    Cited by (1)

  • Studies on the trisomics in rice plants (Oryza sativa L.) VI. An accomplishment of trisomic series in Japonica rice plants  [in Japanese]

    IWATA N. , 大村 武

    The Japanese journal of genetics 59(3), p199-204, 1984-06

    JASI  Cited by (2)

  • Gene Analysis of Sugary and Shrunken Mutants of Rice, Oryza sativa L.  [in Japanese]

    YANO Masahiro , ISONO Yuko , SATOH Hikaru , OMURA Takeshi

    アルキル化合物によって誘発された玄米が扁平になる突然変異sugaryおよびshrmkenと新しく誘発された扁平突然変異について,それらの系統を支配する遺伝子の対立性を明らかにし,座乗染色体を決定した。 原品種金南風と突然変異系統間のF_2における分離から,変異系統はいずれも卑劣性の遺伝子によって支配されることが明らかとなった。また変異系統間の相互交配から得られたF_1種子の表現型およびF_2におけ …

    Breeding science 34(1), p43-49, 1984-03

  • 1 / 5
Page Top