中須賀 常雄 NAKASUGA Tsuneo

ID:1000040045133

琉球大学農学部 (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 37

  • 1 / 2
  • Studies of fructification behavior and maturity process of fruit in dioecious Garcinia subelliptica Merr. trees  [in Japanese]

    TANIGUCHI Shingo , NISHIHARA Fumiko , NAKASUGA Tsuneo

    フクギの繁殖生態を解明し,その知見の応用として,果実成熟期に発散する成熟果実の腐敗臭を回避するため,果実生産を極力少なくする適切な剪定位置を検討した。着果が集中する2年枝における果実の着生位置は2節が最も多く,ついで1,3節でありそれ以外の節は10 %以下の着果率であった。開花直後からの果実数の減少は1,2節で低く,4,5節で高い傾向であった。このことから,果実成熟期におけるフクギの果実数は,2年 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 34(1), 145-148, 2008-08-31

    IR  J-STAGE  References (2)

  • 日本の絶滅危惧樹木シリーズ(18)ニッパヤシ  [in Japanese]

    中須賀 常雄

    Forest tree breeding (218), 36-38, 2006-01

  • 研究紹介 沖縄の道路緑化--台風と潮風に耐えて  [in Japanese]

    中須賀 常雄

    道路と自然 32(4), 27-30, 2005

  • Distribution and habitat trait of Heritiera littoralis in Nansei-Shoto, Japan  [in Japanese]

    TERAOKA Ari , NAKASUGA Tsuneo , KANEKO Takayuki , KATOU Tsuyoshi , KANZAKI Mamoru , WATANABE Hiroyuki

      1.南西諸島にある沖縄島,石垣島,西表島,竹富島,黒島,小浜島の6島の踏査を行った結果,サキシマスオウノキの分布が確認できた島は,沖縄島,石垣島,西表島,竹富島であり,竹富島は植栽木のみが確認できた.この他,奄美大島,請島,宮古島,伊良部島,波照間島での分布が文献によって確認できた.<BR>  2.南西諸島の各島におけるサキシマスオウノキの分 …

    Vegetation Science 20(2), 97-110, 2004

    J-STAGE  References (54)

  • Mangrove Physiology and Afforestation  [in Japanese]

    KATO Shigeru , NAKASUGA Tsuneo

    沙漠研究 : 日本沙漠学会誌 9(3), 229-236, 1999-10-25

    References (18) Cited by (3)

  • Studies on the diameter growth of tree species in Okinawa  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , KISHIMOTO Tsukasa

    沖縄本島北部において,エゴノキ,イタジイ,イジュ及びスギの4樹種にバンド型デンドロメーターを装着して1986年〜1989年間の肥大生長の季節性について検討した。1988年の全供試木の肥大生長経過を,その形から分類したところ3つの型が認められた。A型:生長速度が大で,生長期間が短いもので,エゴノキに多くみられた。B型:生長速度がゆるやかで,生長期間が長い型で,イタジイとイジュに多くみられ,スギも半数 …

    Japanese Journal of Forest Planning 26(0), 59-64, 1996

    J-STAGE  References (14)

  • Preliminary Studies for Planting of Kandelia candel Seeding (II) : Early growth on artificial medium (Department of Environmental Science and Technology)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , YAMAGUCHI Moto , KISHIMOTO Tsukasa

    1. 石炭火力発電の産業廃棄物であるクリンカ及び石炭灰がメヒルギ植栽の人工培地として利用可能かどうかについて, 1995年6月∿12月間に琉球大学構内の温室内で実験を行った。2. 人工培地の材料は, クリンカ, 造粒灰, バーミキュライト, ジャーガル及び腐葉土である。3. 処理区は, クリンカ(A)区, 造粒灰(B)区及び対照区(C)で, 以下のとおりである。A-1区 : クリンカ(10 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (42), 125-131, 1995-12

    IR  JASI  Cited by (1)

  • Prelimiary Studies for Planting of Kandelia candel Seedling (Department of Enviromental Sciences and Technology)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tuneo , MARUTA Tomohiko , KISIMOTO Tukasa

    1.メヒルギ植栽用の培地及び植栽床高について, 沖縄本島宜野座村漢那ダム下流河道部及び琉球大学構内の温室内で, 1993年4月∿10月間に実験を行った。2.培地の材料は, 漢那ダム下流付近の国頭マーヂ(赤黄色土), 石炭灰及び腐葉土である。3.培地は, 漢那試験区では, A培地;国頭マーヂ+石炭灰(容積比7 : 3)及びB培地;国頭マーヂ+石炭灰+腐葉土(1 : 1 : 1)である。温室内 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (41), p291-298, 1994-12

    IR  JASI 

  • Studies on Experimental Cultivation of Kandelia candel DRUCE Seedings (Department of Enviromental Sciences and Technology)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , SHIMODA Junkoo , KISHIMOTO Tsukasa

    1. メヒルギ胎生芽を使用して,培地別育成試験を無施肥で18ヶ月間実施した。処理区は以下のとおりである。A : バーミキュライト+腐葉土,室外 B : 砂質土,室外 C : バーミキュライト+腐葉土,温室内 D : 対照区(野生苗)2. 主軸長及び着生葉など地上部の生長では,育成苗(A∿C区)は野生苗(D区)に及ばなかったが,地下部の生長はその逆で育成苗の方が良好であった。そのためTR率は …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (40), p115-121, 1993-12

    IR  JASI  Cited by (1)

  • Ecological studies of Macaranga tanarius (L.) MUELL.-ARG. (I) : Mophological studies and chlorophyll contents of leaves (Department of Environmental Sciences and Technology)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , HAYASHI Koji , Boonthavikoon T.

    1. オオバギ(Macaranga tanarius (L.) MUELL.-ARG.) の葉の外部形態とクロロフィル含量について,1989年11月より1990年2月間に実験を行った。2. オオバギの葉の外部形態は,平均葉身長が189mm,平均葉身幅が127mm,平均葉生重が3.5g,平均葉乾重比は0.3477であった。3. 葉柄生重と葉面積との関係には高い相関(r=(0.9208)^<** …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (38), p223-227, 1991-12

    IR  JASI 

  • STUDIES ON GINGOKAN (LEUCAENA LEUCOCEPHALA) SCRUB : V. PIONEER STAGE OF THE FOREST RECOVERY AFTER INSECT INJURY  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , BABA Shigeyuki , TAKABATAKE Shigemitsu

    During October 1986,excessive sap uptake by jumping plant lice (Heteropsylla cubana) caused severe damage to the canopy foliage of the Leucaena leucocephala scrub at a site in central Okinawa Island. …

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY 40(1), 27-33, 1990

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Studies on the specific characteristics of Fukugi (Garcinia subelliptica MERR.) (III) : Morphological aspects and chlorophyll contents of leaves (Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , BABA Shigeyuki , TAKIYAMA Koichi

    1. 西表島船浦の山地フクギ林, 沖縄本島の北中城村泊のフクギ屋敷林及び名護市のフクギ・グリーンベルトに供試木を設定して試料を採取し, 葉の外部形態及びクロロフィル含量について, 1986年9月より1987年1月間に実験を行なった。2. フクギの葉には, 陽葉と陰葉とがあり, 外部形態の違いで区分できたが, 両者の相違は, これまで他樹種で言われているように, 陽葉は小形で幅が広く, 肉厚であり, …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (34), p67-73, 1987-12

    IR  JASI 

  • Studies on maritime forest in Okinawa Islands (III) Type of maritime forest in Okinawa Island (Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , BABA Shigeyuki , KAWAMURA Hiroki

    The type and composition of maritime forest in Okinawa island was studied from May to October in 1980,and from May to November in 1985. The results were summarized as follows : 1. The maritime forest …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (33), p211-220, 1986-12

    IR  JASI 

  • Studies on the Fan palm (Livistona chinensis var. subglobosa) : (I) Stand structure of the Fan palm forest in Zamami Island (Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , BABA Shigeyuki , KANDA Hidechika

    沖縄群島, 慶良間諸島の座間味島において, 1983年7月∿10月間に, ビロウを主とする林分の構造について帯状区を設定して調査した。調査結果は以下のとおりである。1.本林分の上層木は35樹種で構成され, 生立木本数は3,710本/ha, そのうちビロウが625本/ha, 胸高断面積合計は0.449%, ビロウは0.208%, 樹冠面積合計は調査区の171%, ビロウが45%とビロウが最優 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (32), p149-159, 1985-12

    IR  JASI 

  • Studies on Gingookan (Leucaena laticiliqua (L.) GILLIS) community (III) Root system on different three soil types in southern parts of Okinawa Island (Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuoen , BABA Shigeyuki , TANAKA Takayuki

    1.沖縄本島南部の異なる3つの土壤型, 塩基性埴質未熟土(ジャーガル), 未熟塩基系暗赤色土(島尻マーヂ)及び砂質未熟土(カニク), に生育するギンゴウカン林の根系について調査した。2.塩基性埴質未熟土では主根が明瞭な垂下根となり深根性の典型的なギンゴウカン型根系, 未熟塩基系暗赤色土では主根が明瞭な垂下根となるが土層が浅いため浅根性型根系を示している。これらの土壤では根系の分岐は疎放で細根は疎生 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (31), p181-188, 1984-12

    IR  JASI 

  • Studies on Gingookan (Leucaena latisiliqua (L.) GILLIS) Community (II) : Effects of different fertilization and soil conditions on early growth in seedling (Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , BABA Shigeyuki , KAMIYAMA Munehisa

    1. ギンゴウカンの初期生長(発芽後6ケ月間)に及ぼす土壌水分量及び施肥の影響について, 1981年5月より11月までの間に, 本学構内のガラス室において実験を行った。2. 市販の肥培液の400倍液の施用によって, 対照区と比較して20∿30%の生長増がみられた。施肥は節間数及び葉数を増加させるのみならず葉の大きさにも影響を及ぼした。3. 土壌水分張力が生長阻害水分点以上となり水ストレスが …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (30), p605-614, 1983-12

    IR  JASI 

  • Studies on the maritime forest in the Okinawa Islands (II) : Maritime forest types at the Funaura Bay in Iriomote Island(Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , BABA Shigeyuki , ITOO Kazumasa

    1.本論は八重山群島西表島船浦湾の海岸林における植生の配列について, 1978年10月および1980年8月に調査・研究したものである。2.本地の海岸林は海浜林, マングローブ林および縁取林の3林型に区分され, これらは地形と対応して更に小区分された。小区分された林型は地形と対応して複雑に配列しているが, 海岸から内陸への基本的な配列パターンは次のとおりである。海浜林(海浜草本帯⇾前浜堤 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (29), p231-239, 1982-12

    IR  JASI 

  • Stand structure of Terihaboku (Calophyllum inophyllum L.) forest in Yaeyama Islands (Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , ARASAKI Mitsuhiko

    1.本報告は八重山群島, 石垣市磯部, 竹富島, 黒島において1974年10月に調査されたテリハボク林に関するものである。2.調査地は4ケ所で, 林令は32∿44年生, 成立木本数は2,500∿3,900本/ha平均樹高は7.1∿8.3m, 平均胸高直径は11.7∿14.7cmであった。3.胸高直径階別本数分布は山型であるが, 頂点の位置は異なる。樹高階別本数分布は …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (28), p295-302, 1981-12

    IR  JASI 

  • Preliminary studies on the growth of the mangrove species in Japan (II) : Effect of salinity and nutrient on bud break, root initiation and early growth of Rhizophora stylosa viviparous seeds (Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , BABA Shigeyuki

    ヤエヤマヒルギ胎生種子の開芽, 発根および主軸, 根の伸長に及ぼす塩分と施肥の影響について水耕法で実験した。塩分に関する実験は1980年7月末に西表島船浦湾で採取した胎生種子96個体を使用して, 8月初めより翌年2月まで約6ケ月間おこなった。ヤエヤマヒルギの開芽と根の初期伸長は1.3%の塩分濃度でも抑制された。施肥に関する実験は1980年8月末に西表島船浦湾で採取した胎生種子68個体を使用して9月 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (28), p287-293, 1981-12

    IR  JASI 

  • Effects of different soil moisture conditions on transpiration rate and xylem sap pressure in seedlings (Studies on the growth of Ryukyu Pine (Pinus luchuensis MAYR) (IV)) (Department of Forestry)  [in Japanese]

    NAKASUGA Tsuneo , MURAKAMI Eiji

    リュウキュウマツ当年生(6箇月)苗を用いて, 土壌水分条件と苗木の蒸散速度および根際のXSPとの関係を10∿12月の3ケ月間検討した。本実験期間は沖縄において, 比較的降雨の偏りが多い時期であるが^<12)>, 気温はまだ高く, 生育活動は活発で苗木にとって, 水分欠乏のおこり易い期間である。また, 本樹種の播種時期は本実験より早いので^<16)>, 現実的には秋季 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (27), p329-342, 1980-12

    IR 

  • 1 / 2
Page Top