藤原 譲 Fujiwara Yuzuru

Articles:  1-20 of 88

  • 1 / 5
  • Generation and Verification of a hypothesis by Analogical Reasoning using Causal Relationships in Patent Documents : Life Science Fields as an Example  [in Japanese]

    ISHIKAWA Daisuke , ISHIZUKA Hidehiro , FUJIWARA Yuzuru

    類推によって仮説を生成する発想支援システムを構築するための基礎研究として,我々は因果関係に類推を適用して仮説を生成し,その仮説の検証を試みた.基となる因果関係は, 我々が以前の研究で薬学分野の特許文献から抽出したものであって,手段の用語と効果の用語から構成されている.類推は,その因果関係の用語を他の類似した用語に置き換えることによって行った.ペプチドによる創傷治療効果,厚朴による抗炎症作用,ラクト …

    Joho Chishiki Gakkaishi 17(3), 164-181, 2007-09-18

    J-STAGE  References (23) Cited by (1)

  • Research for the 3-Dimensional Visualization Methods to a Large-scale Knowledge Base with Semantic Relations  [in Japanese]

    Mizukoshi Daisuke , Morimoto Takayuki , Fujiwara Yuzuru , Gotoh Tomonori

    Some research on information visualization for knowledge bases has been done in recent years. Lots of visualization methods for hierarchical structure have been developed in this research. We develope …

    Science journal of Kanagawa University 16, 73-80, 2005

    IR 

  • Extraction and Integration of Causal Relationships in Patent Documents : Summary and A Subsequent Activity  [in Japanese]

    ISHIKAWA Daisuke , ISHIZUKA Hidehiro , UDA Norihiko , FUJIWARA Yuzuru

    我々は, 類推を利用する発想支援システムの構築を目指して研究している.そのシステムの類推でベースとして用いる知識の抽出源として, 特許文献を用いる.その理由は次の2点である.(1)特許文献は発明の手段とその効果の因果関係が記述されているため, 因果関係を抽出できる可能性がある.(2)特許文献には様々な産業分野が含まれるため, 抽出された因果関係は産業に適用できる可能性がある.そこで, 繊維工学の分 …

    Joho Chishiki Gakkaishi 15(3), 98-106, 2005

    J-STAGE  References (5) Cited by (1)

  • Improvements on Automatic Extraction of Equivalent Relationships Based Graph Structures  [in Japanese]

    MORIMOTO Takayuki , FUJIWARA Yuzuru

    近年, 情報や知識を適切に利用するために情報の内容に関する, より高度な処理機能が要求され始めている.このような要求に対して, 我々は以前より専門用語間の意味関係に基づく概念構造の生成とその利用に関する研究を行ってきている.現在, 概念構造の生成および生成した概念構造を利用する情報検索システムのプロトタイプを構築している.本論文では, 意味関係の一つである同値関係の自動抽出法であるC-TRAN法に …

    Joho Chishiki Gakkaishi 15(1), 1-11, 2005

    J-STAGE  References (10)

  • Extraction and Integration of Causal Relationships in Patent Documents  [in Japanese]

    ISHIKAWA Daisuke , ISHIZUKA Hidehiro , UDA Norihiko , FUJIWARA Yuzuru

    特許文献には,発明の手段とその結果もたらされる効果が記述されている.その手段-効果の関係は因果関係と考えられる.そこで,繊維工学の分野の特許文献から特定の文型パターンと用語リストを用いて因果関係を抽出した.今回の実験では特に化合物とその性質に注目した.また、これらの因果関係を基に知識の構造化を試みた.

    Joho Chishiki Gakkaishi 14(4), 105-118, 2004

    J-STAGE  References (13) Cited by (6)

  • Extraction of Medical Term's Hierarchical Relationships in Patent Documents  [in Japanese]

    ISHIKAWA Daisuke , MORIMOTO Takayuki , ISHIZUKA Hidehiro , UDA Norihiko , FUJIWARA Yuzuru

    A method in an innovation and effects caused by it are described in patent document. We regard the method-caused effect as causal relationship and consider it available to construct creativity support …

    Joho Chishiki Gakkaishi 14(2), 33-36, 2004

    J-STAGE  References (8)

  • An attempt to structure knowledge extracted from causal relationship described in patent document  [in Japanese]

    ISHIKAWA Daisuke , ISHIZUKA Hidehiro , UDA Norihiko , FUJIWARA Yuzuru

    特許文献には、発明の手段とその結果もたらされる効果が記述されている。我々は、その手段-効果の関係を因果関係と見なし、繊維工学の分野の特許文献から文型パターンと用語リストを用いて因果関係を抽出した。今回の実験では化合物とその性質の因果関係を抽出した。また、これらの因果関係から抽出した知識の構造化を試みた。今回は、特に接着性がある化合物に関する事例を報告する。

    IPSJ SIG Notes 72, 61-68, 2003-09-29

    References (11) Cited by (1)

  • Improvements on Automatic Extraction of Hierarchical Relationships  [in Japanese]

    MORIMOTO Takayuki , GOTOH Tomonori , FUJIWARA Yuzuru

    The global flow of information is being developed at unprecedented speed. Advanced utilizations of contents of information are required. In order to realize such sophisticated utilization, it is neces …

    Proceedings of Annual Conference, Japan Society of Information and Knowledge 11(0), 45-48, 2003

    J-STAGE  References (8)

  • Extraction of Relationships of Cause and Effect in Patent Documents  [in Japanese]

    ISHIKAWA Daisuke , ISHIZUKA Hidehiro , Uda Norihiko , FUJIWARA Yuzuru

    This work is that tring to extract the relationships of case and effect between method and effect to notice specially essential description of invention's method and effect in patent documents by …

    Proceedings of Annual Conference, Japan Society of Information and Knowledge 11(0), 31-38, 2003

    J-STAGE  References (14) Cited by (1)

  • Automatic Extraction of Hierarchical Relationships for Structuralization of Conceptual Structures  [in Japanese]

    MORIMOTO Takayuki , ASAKAWA Naoki , GOTOH Tomonori , FUJIWARA Yuzuru

    近年の計算機の高速化、大容量化と低価格化、さらにはインターネットの普及によって情報化が加速度的に進んでいる。今後も増加しつづけるであろう膨大な情報や知識を適切に利用するためには情報の内容に関する、より高度な処理機能が要求される。このような機能を実現するためには、情報や知識の意味を理解しなければならない。そして、そのためには意味関係が表現できる構造化およびその利用のためのアプリケーションあるいはシス …

    Joho Chishiki Gakkaishi 12(2), 80-87, 2002

    J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • Automatic Extraction of Hierarchical Relationships among Technical Terms by SS-KWEIC  [in Japanese]

    MORIMOTO Takayuki , ASAKAWA Naoki , GOTOH Tomonori , FUJIWARA Yuzuru

    The global flow of information is being developed at unprecedented speed. However, users can not sufficiently utilize huge amount of information by using conventional systems whose major functions are …

    Proceedings of Annual Conference, Japan Society of Information and Knowledge 10(0), 35-42, 2002

    J-STAGE  References (9)

  • Information Retrieval Systems Based on Organized Knowledge resources  [in Japanese]

    Morimoto Takayuki , Kondo Takahiro , Sugita Katsuhiko , Ishikawa Daisuke , Ikemura Masaya , Fujiwara Yuzuru

    The global flow of information is being developed at unprecedented speed, and an importance of information retrieval become higher. However, users may not make a good use of huge amount of information …

    Proceedings of Annual Conference, Japan Society of Information and Knowledge 9(0), 75-80, 2001

    J-STAGE  References (7) Cited by (4)

  • Construction of conceptual structures by extraction of semantic relationships among term  [in Japanese]

    Kondo Takashiro , Fujiwara Yuzuru

    Semantic processing which uses a great deal of knowledge which was structuralized require to be equipped with learning and consideration functions in computers. The conceptual structure according to c …

    Proceedings of Annual Conference, Japan Society of Information and Knowledge 9(0), 71-74, 2001

    J-STAGE  References (3)

  • Automatic extraction of semantic relationships among terms by SS-SANS  [in Japanese]

    ISHIKAWAM Daisuke , FUJIWARA Yuzuru

    SS-SANS method is to extract semantic relationships with automatic. This work is to apply SS-SANS extract in a associative relationships in the test collection which includes thesis data(300 thousands …

    Proceedings of Annual Conference, Japan Society of Information and Knowledge 9(0), 67-70, 2001

    J-STAGE  References (5) Cited by (1)

  • Extraction of Hierarchical and Associative Relationships among Terms in Consideration of Exceptions  [in Japanese]

    Morimoto Takayuki , Fujiwara Yuzuru

    Information technologies are being developed at unprecedented speed due to high performance and inexpensive computers and Internet have been widely available. The transmission and utilization of infor …

    Proceedings of Annual Conference, Japan Society of Information and Knowledge 8(0), 17-22, 2000

    J-STAGE  References (8) Cited by (3)

  • Structurelization of Concepts by Integration of Semantic relationships  [in Japanese]

    Ito Chinatsu , Uda Norihiko , Ishizuka Hidehiro , Fujiwara Yuzuru

    本論文は知識資源の自己組織化手法の一つとして、複数の意味関係手法を統合した概念の体系化について述べる。本論文ではEDRの目本語専門用語単語辞書を対象に、造語規則を利用して階層関係を抽出するとともに対訳を利用して同義関係を抽出し、それぞれの結果を統合した。本論文では概念体系を構造としてとらえ、様々な原情報から複数の手法で意味関係を抽出し、構造を自己組織的に変化させて徐々に充実させた。本論文によって、 …

    Joho Chishiki Gakkaishi 9(4), 38-48,49, 2000

    J-STAGE  References (25) Cited by (2)

  • Construction of Structuralized Information : for Realization of Machine Larning and Thinking  [in Japanese]

    森本 貴之 , 真栄城 哲也 , 藤原 譲

    全国大会講演論文集 第59回(データベースとメディア), 75-76, 1999-09-28

    IPSJ 

  • O. 新型計算機の設計と評価  [in Japanese]

    森本 貴之 , 藤原 譲

    近年の計算機の性能向上はめざましく、特にプロセッサ単体の性能向上には目を見張るものがある。しかし、プロセッサの性能向上の大きな要因である半導体の性能向上も、その物理的限界が取りざたされている。一方、プロセッサの台数を増加させることによって性能向上を図る並列計算機の開発も進んでおり、プロセッサ数が数千∿1万台規模のものも開発・使用されている。だが、並列計算機にもいくつか問題がある。その一つと …

    年報 ('98), 173-174, 1999-03

    IR 

  • The semantic structures of concepts and its representation model unigram  [in Japanese]

    品川 徳秀 , 藤原 譲

    近年の情報の急激な大規模化, 複雑化に伴い, このような情報を有効に活用するため, 情報を表面的にだけではなく, それの持つ意味も考慮した上で扱う必要性が認められている. 従来の主な研究として一階述語論理に基づく推論などの思考の機構に関するものが挙げられるが, その対象である知識そのものの記述に必要とされる構造に関する研究が充分に行なわれているとは言いがたい. また, 概念間の関係の記述には, 一 …

    全国大会講演論文集 第54回(データベースとメディア), 281-282, 1997-03-12

    IPSJ 

  • Consistency Check for Object Design in OMT  [in Japanese]

    金田 忠士 , 松浦 江里 , 藤原 譲 , 宇都宮 公訓

    オブジェクト指向ソフトウェア開発技法 OMT (Object Modeling Technique)では、大きくは、分析、設計、実装、テストの順に作業が進行する。分析フェーズでは、問題記述、問題領域の知識を用いて、個別にオブジェクトモデル、動的モデル、機能モデルを作成した後、それらを統合し、分析結果の多くをオブジェクトモデルにまとめる。ユーザインターフェースの決定も分析フェーズで行なわれる。設計フ …

    全国大会講演論文集 第54回(ソフトウェア科学・工学), 423-424, 1997-03-12

    IPSJ 

  • 1 / 5
Page Top