小川 均 OGAWA Hitoshi

ID:1000040116009

立命館大学情報理工学部 College of Information Science and Engineering, Ritsumeikan University (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 87

  • 1 / 5
  • Using a Pedagogical Conversational Agent to Facilitate Collaborative Learning : An Analysis on Emotional Expressions  [in Japanese]

    HAYASHI Yugo , OGAWA Hitoshi

    本研究では,学習者が協同で行う説明構築活動に注目し,PCA(Pedagogical Conversational Aeent)の有効性を実験的に検討した.実験では,大学生の学習者がペアでコンピュータターミナルを介して心理学の概念について説明し合う場面が設定された.また,実験装置として学習者の発話状況に応じてサジェスチョンや身体動作を行うPCAを開発した.実験の目的は,PCAが提示するサジェスチョン …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 96(1), 70-80, 2013-01-01

    References (29)

  • An experimental study of Pedagogical Conversational Agents for collaborative learning

    HAYASHI Yugo , OGAWA Hitoshi

    本研究では,協同学習場面においてPedagogical Conversational Agentによる説明活動の促進方法と理解の深化に関する実験的な検討を行った.実験では,学習者のペアが心理学の概念に関する説明活動を行い,対話エージェントがその活動に参与する状況を設定した.その結果,エージェントによるback-channelsの生成やエージェントに対する既知性がペア内の説明活動を促進させ,概念に対 …

    Technical report of IEICE. HCS 111(393), 37-40, 2012-01-13

    References (8)

  • しりとりにおけるロボットに対する人間らしさの帰属  [in Japanese]

    阪本綾香 , 林勇吾 , 小川均

    人間は,ロボットに対してパーソナリティーを持つものとして社会的な反応をすることがReeves and Nass によって確認されている.そこで本研究では,ロボットの人間らしさの帰属の要因について,人間らしさの特性を有するロボットとのコミュニケーションを通じて検討する.具体的には,人間がPaPeRoとしりとりを行う場面を設定し,ロボットからの「応答内容」や「応答時間」,「言い間違い」といった要因が人 …

    全国大会講演論文集 2011(1), 245-247, 2011-03-02

  • スマートフォンを用いた屋内における避難誘導エージェント  [in Japanese]

    野村篤史 , 林勇吾 , 小川均

    初めて訪問した建物内において避難をするときに,非常口までの経路が分かりにくい場合がある.また,非常口の場所が分かっても,その人に適した避難経路であるか分からない場合がある.本研究では,建物中の利用者の位置を把握することにより,避難方法を指示したり,ドアや階段などの注意を行うエージェントシステムを提案する.利用者の位置は,建物の要所にあるQRコードを基準とし,スマートフォンに内蔵された加速度センサー …

    全国大会講演論文集 2011(1), 545-547, 2011-03-02

  • 適応的環境を提供するパーソナルアシスタント  [in Japanese]

    HOANGLEVAN , 林勇吾 , 小川均

    ユビキタス環境において,ユーザは滞在する位置に依存せずに同様のサービスを受けるのが望ましい.しかしながら,サービスを提供するシステムは,ユーザの位置に応じて,サービスを行う機器やシステムを選択する必要がある.本研究では,室内におけるユーザの位置を決定するため,3台のBluetooth付きPCを使用する.携帯電話のBluetoothの電波強度を測定することにより携帯電話の位置を決定するエージェント. …

    全国大会講演論文集 2011(1), 239-241, 2011-03-02

  • New development of a biped robot application supporting network (3) Developing robot application with Java  [in Japanese]

    高橋 翔 , 粉川 貴至 , 小川 均

    Interface 34(5), 148-154, 2008-05

  • An implementation of the control method for consumer electronics based on earthquake early warning  [in Japanese]

    KOKAWA Takashi , SAKAMOTO Ryota , OGAWA Hitoshi

    日本は頻繁に地震が起こる国である.そこで,気象庁により運用されている緊急地震速報システムがある.このシステムは地震の初期微動を感知することにより,地震の主要動が到着する前に人々に地震の通知を行うことができる.それでも主要動が到着するまで数秒しか残されていないため,誰がどこに居るか,どの家電を消すべきか,家の中にいる家族の安全をどう確保するかという判断を冷静に行う事は難しい.本研究では,地震が起こる …

    IEICE technical report 106(400), 1-6, 2006-11-24

    References (10)

  • Media Adaptation in In-Vehicle Information Communication : Investigation on Adaptation Method using Constraint Satisfaction Problem  [in Japanese]

    SASAKI Mikio , NANBA Hideaki , KOKAWA Takashi , OGAWA Hitoshi

    本稿では車載情報通信のメディア適応化について論じた後、コンテンツ配信スケジュールの適応化を応用例に取り上げ、制約充足問題を用いて定式化する。次に要求ベクトルという概念を独自に定義し、配信ジャンルの適応化手法を提案する。最後に、実験による配信スケジュールの適応化例を示す。

    電子情報通信学会技術研究報告. ITS 104(325), 35-42, 2004-09-21

    References (5)

  • Media Adaptation in In-Vehicle Information Communication : Investigation on Adaptation Method using Constraint Satisfaction Problem  [in Japanese]

    SASAKI Mikio , NANBA Hideaki , KOKAWA Takashi , OGAWA Hitoshi

    本稿では車載情報通信のメディア適応化について論じた後、コンテンツ配信スケジュールの適応化を応用例に取り上げ、制約充足問題を用いて定式化する。次に要求ベクトルという概念を独自に定義し、配信ジャンルの適応化手法を提案する。最後に、実験による配信スケジュールの適応化例を示す。

    情報処理学会研究報告. ITS, [高度交通システム] 18, 35-42, 2004-08-28

    References (5)

  • A decision-making system in consideration of one's tastes  [in Japanese]

    KOKAWA Takashi , OGAWA Hitoshi

    本論文では,人が意思決定する過程を「達成度を用いた重み付き制約充足問題」ととらえ,人の好みや特徴によって,制約の優先度や,緩和を調整し,人が意思決定する時と近い高度な推論結果を出すことのできる手法を提案する.また,本手法では達成度の考え方を2つに分けており,変数のグループに対して値のグループのうち変数に割りたてられた割合を示す達成度と,制約が単独の変数の取る値を示していて,その値から前後にどの程度 …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 104(133), 1-6, 2004-06-14

    References (9) Cited by (1)

  • Unified Authentication System for Wireless LANs Using Directivity Controlled Antenna Systems  [in Japanese]

    NISHIMURA Toshikazu , MAEDA Tadahiko , OGAWA Hitoshi

    無線LANによってインターネット接続を他者と安全に共有できる方式を提案する.無線LANルータで認証に失敗した通信パケットを破棄せずにVPN (Virtual Private Network)技術で外部に設けた認証機構に送信することにより,異なった保安レベルの利用者が同時に利用可能となる.また,特定の無線LANクライアント方向ヘの指向性をアンテナで動的に制御することにより,認証時のように重要な内容の …

    IPSJ SIG technical reports (28), 79-85, 2004-03-04

    References (14)

  • the Obstacle Measure Agent System for Application Service  [in Japanese]

    Sakai Shinji , Shimoozono Takeshi , Morinishi Nobuo , Nishimura Toshikazu , Ogawa Hitoshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(2), 679, 2003-03-03

  • A Research on Subtraction System by Automatic Renewal of Background  [in Japanese]

    Tsujimura Kouji , Sogabe Tomoyuki , Ogawa Hitoshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_情報・システム(2), 267, 2003-03-03

  • An Agent System To Support Human Communication  [in Japanese]

    Arakawa Masateru , Ueda Takayoshi , Kawaguchi Go , Hajiri Koichiro , Nishimura Toshikazu , Ogawa Hitoshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_情報・システム(1), 141, 2003-03-03

  • A Research on Individual Recognition Robust to How Whose Face is Visible  [in Japanese]

    Nagafuji Kenji , Iwasaki Kenichi , Arima Masayuki , Ogawa Hitoshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_基礎・境界, 276, 2003-03-03

  • A Gesture Recognition For Various Human Behaviors  [in Japanese]

    Ogawa Yoshio , Hajiri Koichiro , Ogawa Hitoshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_基礎・境界, 273, 2003-03-03

  • Attendance Registration Consultant Using Distributed Valued Constraint Satisfaction Algorithm  [in Japanese]

    Kokawa Takashi , Hajiri Koichiro , Ogawa Hitoshi

    IEICE General Conference, 2003, 335, 2003

    Cited by (1)

  • A method to select an appropriate unit using relative F_0 between the preceding and the following syllable  [in Japanese]

    MORIYAMA Takaaki , TENPAKU Seiichi , OGAWA Hitoshi

    波形接続型音声合成方式において,有効な素片を選択するための単位選択手法は合成された音声の品質に重要な影響を与える.韻律ターゲットを推定しておき,推定されたターゲットに近い素片を選択する手法では,韻律ターゲットの妥当性も重要であると同時に素片の基本周波数(F_0)の分析誤りが合成音声の品質を劣化させる要因になりうる.一方,モーラ位置や高低の情報だけから素片を選択する手法では,同じモーラ位置,高低の素 …

    IEICE technical report. Speech 102(291), 7-12, 2002-08-22

    References (5)

  • The Support System for Using Devices with Portable Information Terminal  [in Japanese]

    KANJO Daisuke , OGAWA Hitoshi

    本研究では個人が携行するPDAなどの情報端末を用い,ユーザの周辺に存在している各種機器の操作支援システムの構築を目的とする.ユーザの周辺には,直接的な操作を要する従来からの機器が存在する一方,今後は情報家電のようなネットワークを介した操作が可能な機器が増加し,両者が混在するようになることが考えられる.支援を行うためには,これら双方を考慮する必要がある.また,ユーザは機器の操作だけでなく,周囲にどの …

    Technical report of IEICE. SST 101(678), 197-204, 2002-03-08

  • The Support System for Using Devices with Portable Information Terminal  [in Japanese]

    KANJO Daisuke , OGAWA Hitoshi

    本研究では個人が携行するPDAなどの情報端末を用い,ユーザの周辺に存在している各種機器の操作支援システムの構築を目的とする.ユーザの周辺には,直接的な操作を要する従来からの機器が存在する一方,今後は情報家電のようなネットワークを介した操作が可能な機器が増加し,両者が混在するようになることが考えられる.支援を行うためには,これら双方を考慮する必要がある.また,ユーザは機器の操作だけでなく,周囲にどの …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 101(681), 197-204, 2002-03-08

    References (8)

  • 1 / 5
Page Top