古川 清 FURUKAWA Kiyoshi

ID:1000040134514

東京大学大学院農学生命科学研究科 Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • Development of self-feeding system for the commercial cultivation of red sea bream Pagrus major  [in Japanese]

    FURUKAWA KIYOSHI , YAMASHITA MITSUSHI

    我が国における海産魚の養殖は盛んになってからでも既に40余年が過ぎ、長年の使用により疲弊が進み生産性の低下を招いている漁場も少なくない。また、近年は魚価の低迷が続く中で魚粉価格が高騰し、飼料経費が生産コストの6割〜7割を占めるに至っている。魚類養殖を活性化するためには、生産コストを抑制し漁家の経営改善を図るとともに、環境へ与える負荷を低減して持続的養殖生産を可能にする技術の開発が急務となっている。 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 75(5), 775-778, 2009-09-15

    J-STAGE  JASI  References (12)

  • Utilization of self-feeding to the commercial cultivation of red sea bream Pagrus major  [in Japanese]

    FURUKAWA KIYOSHI , KIYOSHI FURUKAWA , 東京大学大学院農学生命科学研究科 , Graduate School of Agricultural and Life Sciences The University of Tokyo

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 74(5), 902-903, 2008-09-15

    J-STAGE  References (3) Cited by (1)

  • マダイ養殖における自発摂餌実用化の取り組み  [in Japanese]

    古川 清

    日本水産学会大会(日本農学大会水産部会)講演要旨集 = Abstracts for the annual meeting of the Japanese Society of Fisheries Science 2008(1), 302, 2008-03-27

  • Optimum Level of Dietary Phosphate Mixture in Juvenile Tiger Puffer  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takayuki , AMANO Takayuki , FURUKAWA Kiyoshi , SATOH Shuichi

    日本における海産養殖対象魚種の1つであるトラフグ<I>Takifugu rubripes</I>の稚魚期における実用飼料中へのリン酸塩至適添加量を調べるために, 第一リン酸カリウムおよび第一リン酸ナトリウム等量混合物 (リン酸塩混合物) の添加量が異なる実用飼料でトラフグ稚魚を41日間水槽飼育し, 成長, 飼料効率, 魚体成分などを調べた。成長や飼料効率はリン酸塩混合物1. …

    Aquaculture Science 54(2), 147-152, 2006-06-20

    J-STAGE  JASI  References (19)

  • The Toxification of Juvenile Cultured Kusafugu Takifugu niphobles by Oral Administration of Crystalline Tetrodotoxin  [in Japanese]

    YAMAMORI Kunio , KONO Michiko , FURUKAWA Kiyoshi , MATSUI Takashi

    無毒養殖クサフグ稚魚に結晶TTXを30日間経口投与し,その後170日間無毒飼料で飼育した.この間経時的に5尾ずつ採取し,各組識の毒量を測定した.1尾当たりの総毒量 (各組識の毒量の合計) は飼育日数60日目までは90 μgで投与毒量(180 μg/尾)の約50%であった.80日目には54 μg (30%)に減少したが,その後200日目までほとんど変化しなかった.肝臓の毒量は30日 …

    Food Hygiene and Safety Science (Shokuhin Eiseigaku Zasshi) 45(2), 73-75, 2004-04-25

    J-STAGE  JASI  References (6) Cited by (1)

  • 自発摂餌式給餌への試み(5)マダイ養殖に自発摂餌を利用する  [in Japanese]

    古川 清

    養殖 39(12), 84-87, 2002-11

  • Studies on Demand Feeding System of Cultured Fish (Part 1) : Development of System by Touch Sensor and Test of Cultivation of Pagrus major  [in Japanese]

    YAMASHITA Mitsushi , ICHIKAWA Masasuke , HIDAKA Iwao , KOHBARA Jun , FURUKAWA Kiyoshi , AIDA Katsumi , TABATA Mitsuo

    本研究は, 魚が空腹感を覚えたとき, 魚の学習能力を利用して自らがセンサに働きかけて餌を摂取するシステムすなわち自発摂餌システムの開発を目的に行ったものである。開発したシステムは, コンピュータがセンサからの信号を受けて摂餌要求と認識したとき, 給餌装置に指令信号を送って給餌するものである。このシステムは, 魚へ給餌した時刻と回数が分かるようにプログラムを作成した。このシステムの有効性を検証するた …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 63(4), 117-124, 2001-07-01

    J-STAGE  References (8) Cited by (1)

  • 養殖魚のための自発摂餌給餌機の開発  [in Japanese]

    山下 光司 , 市川 眞祐 , 神原 淳 , 日高 磐夫 , 黒岩 英樹 , 田端 満生 , 古川 清 , 山森 邦夫 , 山田 利治 , 黒田 寛 , 永富 忠良

    農業機械学会年次大会講演要旨 60, 161-162, 2001-04-01

  • Effect of Green Tea Extracts and Green Tea Grounds as Dietary Supplements on Cultured Yellowtail and Ayu  [in Japanese]

    KONO Michiko , FURUKAWA Kiyoshi , SAGESAKA Yuko M. , NAKAGAWA Kiyotaka , FUJIMOTO Kenshiro

    緑茶抽出物,茶殻およびセルロースを養魚飼料に添加してブリおよびアユの成長および脂質の蓄積に対する影響を調べた.<br>ブリでは茶殻,緑茶抽出物,セルロース添加区の順に平均体重は対照区に較べ低下したが,脂質含量の低下はさらに大きかった.アユではブリと同順に平均体重の減少がみられたが,脂質蓄積抑制効果は緑茶抽出物添加区のみであった.両魚種ともに,いずれの試験区も肥満度は対照区とかわらなかっ …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 47(12), 932-937, 2000-12-15

    J-STAGE  References (20) Cited by (6)

  • Elevation of the activities of β-N- acetylhexosaminidase isozymes by 20-hydroxyecdysone administration in the kuruma prawn  [in Japanese]

    KONO Michiko , NAGASAWA Hiromichi , WATANABE Toshiki , MATSUI Takashi , FURUKAWA Kiyoshi , KOGA Daizo , AIDA Katsumi

    キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 5(2), 244-245, 1999-07-15

    References (3)

  • 非繁殖期におけるコイ科魚ホンモロコGnathopogon caerulescensの光周反応  [in Japanese]

    奥沢 公一 [他] , 古川 清 , 会田 勝美 , 羽生 功

    非繁殖期におけるコイ科魚ホンモロコGnathopogon caerulescensの生殖腺の発達に関わる光周反応を調べた。24℃および16℃の水温と長日(15L9D)および短日(12L12D)を組み合わせた4実験区を設定し,8月下旬から2カ月おきに3回,約1カ月間の飼育実験を行った。雌では,24℃下では光周反応が常に認められたが,16℃下では顕著でなかった。雄では雌と同様に24℃下で常に光周反応が …

    Bulletin of National Research Institute of Aquaculture (19), p11-16, 1991

    JASI  Cited by (3)

Page Top