大崎 純 Ohsaki Makoto

Articles:  1-20 of 206

  • Construction of Detailed Finite Element Model Using Solid Element for RC Frame Building  [in Japanese]

    山下 拓三 , 宮村 倫司 , 大崎 純 [他]

    計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science 20, 4p, 2015-06

  • Optimally Bracing Grid Frameworks with Holes  [in Japanese]

    ITO Yoshihiko , KOBAYASHI Yuki , HIGASHIKAWA Yuya , KATOH Naoki , POON Sheung-Hung , SAUMAELL Maria

    各頂点が整数格子上にある,2次元bar-jointフレームワーク(グリッドフレームワーク)に対して筋交いを入れ,極小剛にする問題を考える.グリッドフレームワークの概形が長方形の場合の組合せ的な特徴付けは既に知られているが,本論文では概形がrectilinear polygonである場合にもその特徴付けが拡張できることを示した.また内部の頂点をいくつか取り除いた,より一般的なグリッドフレームワークに …

    IEICE technical report. Theoretical foundations of Computing 114(352), 59-63, 2014-12-05

  • Optimally Bracing Frameworks of Union of Space-filling Convex Polyhedra  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yuki , ITO Yoshihiko , HIGASHIKAWA Yuya , KATOH Naoki , HORIYAMA Takashi , ITOH Jin-ichi , NARA Chie

    構造体の動きが元々の構造体の合同変換のみである場合,その構造体は剛であるとする.剛な棒材(bar)とピン接合(joint)で構成される構造体をbar-jointフレームワークとよぶ.剛な構造体からどの棒材を1つ取り除いた場合にも,剛ではなくなる(柔軟となる)フレームワークのことを極小剛とよぶ.本研究では,空間充填立体のbar-jointフレームワークに対して,最小本数のブレースを追加することで極小 …

    IEICE technical report. Theoretical foundations of Computing 114(352), 45-51, 2014-12-05

  • Redundancy of Rigidity of Convex Polyhedra under the Panel-Hinge Framework Model  [in Japanese]

    ITO Yoshihiko , BEREG Sergey , HIGASHIKAWA Yuya , KATOH Naoki

    本研究では,凸多面体をpanel-hingeフレームワークとみなしたとき,端点を共有しない辺(マッチング辺)のヒンジを全て取り除いても,フレームワークが無限小剛のままであることを証明する.また,同様のフレームワークから互いに頂点を共有しないパネルを全て取り除いても無限小剛のままであるための十分条件を示す.ただし本研究はヒンジが一般的な配置,すなわち各ヒンジを表す直線間に代数的な依存関係がない状態を …

    IEICE technical report. Theoretical foundations of Computing 113(488), 35-42, 2014-03-10

  • 直交する3種類のパネルを用いた極小剛なpanel-hingeフレームワークの生成アルゴリズム  [in Japanese]

    岡野知広 , 東川雄哉 , 加藤直樹

    本研究では、直交する 3 種類の長方形パネルに限定した剛な panel-hinge フレームワークを実現する問題を考察する。Higashikawa らは最近、極小剛な panel-hinge graph をすべて導出するアルゴリズムを提案しているが、われわれが考察するフレームワークは generic ではないので、このアルゴリズムは適用できない。そこで、panel-hinge framework …

    IPSJ SIG Notes 2014-AL-146(5), 1-8, 2014-01-23

  • 特別講演2 Optimization Methods for Design of Flexible Structures  [in Japanese]

    Ohsaki Makoto

    Proceedings of the Optimization Symposium 2014.11(0), _2-1_-_2-5_, 2014

    J-STAGE 

  • 2208 Stopping rules of local search for optimization of building frames  [in Japanese]

    TANIGUCHI Yusei , OHSAKI Makoto , YAMAKAWA Makoto

    A stopping rule is presented for multistart local search for optimum design of building frames. The objective function is the total structural volume, and constraints are given for the stresses and in …

    Proceedings of the Optimization Symposium 2014.11(0), _2208-1_-_2208-5_, 2014

    J-STAGE 

  • 2207 Robust design optimization based on the k-th order statistics under uncertainty of seismic input  [in Japanese]

    YAMAKAWA Makoto , OHSAKI Makoto

    In the practical design process, uncertainty in the parameters should be appropriately taken into account. In particular, our interest focuses on design problems with dynamic analysis under uncertaint …

    Proceedings of the Optimization Symposium 2014.11(0), _2207-1_-_2207-5_, 2014

    J-STAGE 

  • 2102 Parameter Optimization of Mass Damper using Global and Local Searches  [in Japanese]

    HASEGAWA Toma , OHSAKI Makoto , TSUDA Seita

    An optimization approach is presented for design of a tuned mass damper called TD-TMD for three-directional seismic response reduction of structures. The mass damper consists of a viscous damper and a …

    Proceedings of the Optimization Symposium 2014.11(0), _2102-1_-_2102-5_, 2014

    J-STAGE 

  • k-Edge-Rigid Body-Hinge Graphs (Theoretical Foundations of Computing)

    HIGASHIKAWA Yuya , KATOH Naoki , KOBAYASHI Yuki , SLJOKA Adnan

    本論文では,body-hingeグラフGがk-辺連結(k≧3)であることは,Gが(k-1)-edge-rigidであるための必要十分条件であることを示す.ここで,任意の(k-1)本の辺をbody-hingeグラフGから取り除いてできるグラフが剛であるとき,Gはk-edge-rigidであるとする.さらに,body-hingeグラフGがk-vertex-rigidであるとき,Gはk-連結であり,Gが …

    IEICE technical report. Theoretical foundations of Computing 113(371), 87-91, 2013-12-20

  • 極小剛なBody-Hingeグラフの列挙(2013年4月15日版) (コンピュテーション)  [in Japanese]

    小林 祐貴 , 東川 雄哉 , 加藤 直樹

    本論文は極小剛なbody-hingeグラフの列挙問題を扱っている.3次元bar-jointフレームワークの剛性に対する組合せ的特徴付けは知られていないが,その特殊構造であるbody-hingeフレームワークに対しては組合せ的特徴づけが知られている.剛体(body)を頂点,剛体どうしをつなぐヒンジを辺で表したグラフをbody-hingeグラフとよぶ.本研究では極小剛なbody-hingeフレームワー …

    IPSJ SIG Notes 113(50), 81-88, 2013-05-17

  • 極小剛なBody-Hingeグラフの列挙 : 2013年4月15日版(一般)  [in Japanese]

    小林 祐貴 , 東川 雄哉 , 加藤 直樹

    本論文は極小剛なbody-hingeグラフの列挙問題を扱っている.3次元bar-jointフレームワークの剛性に対する組合せ的特徴付けは知られていないが,その特殊構造であるbody-hingeフレームワークに対しては組合せ的特徴づけが知られている.剛体(body)を頂点,剛体どうしをつなぐヒンジを辺で表したグラフをbody-hingeグラフとよぶ.本研究では極小剛なbody-hingeフレームワー …

    IEICE technical report. Theoretical foundations of Computing 113(50), 81-88, 2013-05-10

  • DS-1-2 Enumerating Minimally Rigid Body-Hinge Graphs  [in Japanese]

    Kobayashi Yuki , Higashikawa Yuya , Katoh Naoki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2013年_情報・システム(1), "S-3"-"S-4", 2013-03-05

  • Online TSP for a Class of Pseudo-Planar Graphs (The bridge between theory and application in optimization method)

    Higashikawa Yuya , Katoh Naoki , Hong Seok-Hee

    RIMS Kokyuroku (1829), 156-162, 2013-03

    IR 

  • Enumeration of Statically Determinate Truss Structures Based on Combinatorial Rigidity Theory  [in Japanese]

    KATOH Naoki , TANIGAWA Shin-ichi

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 95(6), 498-504, 2012-06-01

    References (11)

  • Enumeration of Statically Determinate Truss Structures Based on Combinatorial Rigidity Theory  [in Japanese]

    KATOH Naoki , TANIGAWA Shin-ichi

    平面上の点集合に対して,剛性を持った構造物を表す基本的な構造として静定グラフ(ラマングラフ)というものが知られている.本稿では,制限付き静定グラフを列挙するアルゴリズムを設計し,そのアルゴリズムを広範なコンプライアントメカニズム生成の初期解として利用した結果を解説する.

    The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers 95(6), 498-504, 2012-06

  • 1-D-6 組合せ剛性理論に基づく冗長性を有する剛堅な2次元フレームワークの生成手法(離散最適化(1))  [in Japanese]

    YOSHINAKA Yuji , KATOH Naoki , KAMIYAMA Naoyuki

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2012, 68-69, 2012-03-27

  • DS-1-12 The constructions of 2-dimensional redundantly rigid framework based on combinatorial rigidity theory  [in Japanese]

    Yoshinaka Yuji , Katoh Naoki , Kamiyama Naoyuki

    自由な回転を許すjointおよび伸び縮みのしない堅いbarで構成されるbar and joint frameworkは,jointを頂点集合V, barを辺集合EとするグラフG=(V,E)として扱うことで,組合せ剛性理論の分野ではその剛性について組合せ的特徴付けが為されてきた.特にLamanは2次元上での極小なrigidグラフ(Lamanグラフ)G=(V,E)が満たすべき必要十分条件が|E|=2| …

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_情報・システム(1), "S-23"-"S-24", 2012-03-06

  • 団体戦の最適出場順序に関する数理的考察  [in Japanese]

    加藤 直樹

    本論文では,スポーツの勝敗を定める確率モデルとしてよく知られているBradley-Terryモデルを仮定して,スポーツの団体戦における勝敗決定方法として採用されている勝ち抜き戦およびせん滅戦における選手の最適出場順序について考察する.勝ち抜き戦,せん滅戦およびその一般形においてはチームの勝利確率が選手の出場順序に依存しないことを示す.また,点取り方式の団体戦の最適出場順序についても言及する.

    [O]perations research as a management science [r]esearch 57(1), 21-26, 2012-01-01

    References (10)

  • 3405 Analysis and Design Method of Link Mechanisms with Partially Released Moments  [in Japanese]

    KIKUGAWA Shohei , OHSAKI Makoto , TSUDA Seita , KANNO Yoshihiro

    A method is presented for analysis and design of mechanisms consisting of frames with partially rigid connections. Equilibrium equation is formulated with respect to the reduced vector of member-end f …

    The Proceedings of Design & Systems Conference 2012.22(0), _3405-1_-_3405-7_, 2012

    J-STAGE 

Page Top