山田 哲弘 YAMADA Norihiro

ID:1000040182547

千葉大学教育学部 (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-10 of 10

  • ベンゼンは教材として必要か(ヘッドライン:現代におけるベンゼン)  [in Japanese]

    YAMADA Norihiro

    化学者にとってなじみの深いベンゼンであるが,種々の機関において発がん性が確定されて十数年になる。以来,労働安全衛生法など関係諸法令による規制も厳しさを増している。発がんは長期間の暴露によるものではあるが,学校の普通教室なら0.5mLをこぼしても許容濃度を超過する。許容濃度には個人差もあるが,生徒にリスクを負わせるのは誤りである。また,同じ実験を繰り返す教員が受けるリスクは一段と大きい。必要な設備が …

    CHEMISTRY & EDUCATION 59(6), 284-287, 2011

    J-STAGE  References (7)

  • Improvement in supramolecular property by mechanical processing  [in Japanese]

    山田 哲弘

    Journal of network polymer,Japan 30(6), 344-354, 2009

  • Structural Analysis of Hierarchically Integrated Films of Supramolecular Polymers by Infrared Multiple-Angle Incidence Resolution Spectrometry  [in Japanese]

    HASEGAWA Takeshi , YAMADA Norihiro

    二次元的に稠密に低分子量化合物を配列させて集積し,ネットワークポリマーを形成させる手法として,水素結合・結晶度・分子間のかみ合いの三つのパラメーターを強相関させることのできる化合物を合成した.これは,結晶性と可塑性を併せ持つポリマー薄膜を実現し,階層構造化超分子ポリマーという新しい概念を生み出した.三つのパラメーターのうち,分子間のかみ合いにはロイシンファスナーという機構を導入した.本報では,超分 …

    KOBUNSHI RONBUNSHU 65(1), 37-45, 2008-01-25

    J-STAGE  References (30)

  • Supramolecular Monolayer As Assembled β-Sheets by Leucine Fastener  [in Japanese]

    YAMADA Norihiro , TAKAHASHI Kyoko , UENO Kaori , YAMAYA Yuka , HASEGAWA Takeshi

    高分子論文集 63(7), 476-483, 2006-07-25

    References (14)

  • 有機溶媒中における会合体形成のメカニズムおよびオルガノゲルとの関連  [in Japanese]

    山田 哲弘

    高分子加工 49(8), 338-343, 2000-08

  • Specific Aggregate Structure Formation from Peptide-Containing Lipids  [in Japanese]

    YAMADA Norihiro , ARIGA Katsuhiko

    トリペプチド基を含む両親媒性分子は水中および有機溶媒中で会合体を形成する。本論文では, これらの会合体について, フーリエ変換赤外分光法を用いたβ-シート構造解析と原子間力顕微鏡を用いた表面構造解析を行ったところ, 平行β-シートを構造基盤にした超分子構造が形成されていることが明らかになった。この超分子はアミロイドのモデルとして利用できるほか, 溶液から得られるキャストフィルムの多様な表面形態観察 …

    Journal of Japan Oil Chemists' Society 49(5), 435-446, 2000-05-20

    J-STAGE  References (37)

  • 毒に対する講義は必要か?  [in Japanese]

    山田 哲弘

    Physics Education in University 99(1), 58, 1999

    J-STAGE 

  • Updating Chemical Tools and Apparatus  [in Japanese]

    YAMADA Norihiro

    化学技術の歩みにつれて, 新しい実験器具や機器が研究室に入ってくるのだが, そうした情報は, ほぼ百万人の高校生が学ぶ化学IBの教科書にはほとんど盛られない。機器のうちには, 高校生でも原理を理解できるものがある。学習内容をもとにして解説できる器具や機器は, 理論を応用するためのいい素材となり, 味気ない理論の学習にも風味を添えるのではないか。身近にあるいろいろな製品と同じ原理ではたらく機器なら, …

    CHEMISTRY & EDUCATION 46(8), 498-501, 1998

    J-STAGE  References (3)

  • Molecular Aggregation of Peptide-Containing Single-Chain Ammounium Amphiphiles in Water and Organic Solvents  [in Japanese]

    YAMADA Norihiro , KOYAMA Emiko , MARUYAMA Katsuya

    高分子論文集 52(10), 629-638, 1995-10-25

    References (22)

  • 2分子膜中の立体化学的相分離  [in Japanese]

    山田 哲弘

    表面 32(8), p527-535, 1994-08

Page Top