鈴木 洋子 Suzuki Yoko

Articles:  1-20 of 44

  • 1 / 3
  • Use of the Tablet PC in Elementary School Home Economics : In the Case of Rice Cooking  [in Japanese]

    松田 優衣 , 阪口 美香 , 谷口 明子 [他] , 鈴木 洋子

    タブレット型パソコンのカメラ機能(動画)を利用して、炊飯実験時に班ごとにガラス鍋内の米の様子を撮影させ、次時の観察の振り返りに撮影した映像を使用した。炊飯実験時にはビッグパッドを通して他の班の鍋の様子を知ることができ、実験がスムーズに進められた。振り返りの授業では、撮影した映像を使って炊飯の状態をすべての児童が振り返って学習することができた。これらの点から、実験・観察学習を進める際に、タブレット型 …

    次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation (1), 257-260, 2015-03

    IR 

  • Promotion of Food and Nutrition Education by "Cooking Bus" in U.K.  [in Japanese]

    SUZUKI Yoko

    The "Cooking Bus" campaign has been conducted for the purpose of making teachers and citizens recognize the necessity for acquisition of cooking skills in the U.K. In this paper, the outline …

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education 55(3), 183-190, 2012

    J-STAGE 

  • Effect of use of the developed "food and nutrition education place mat" in school lunch time in elementary school  [in Japanese]

    鈴木 洋子 , 阪口 美香 , 田中 志穂 [他] , 谷口 明子

    近年、主食・主菜・副菜を基本とする日本の伝統的な食事形態や、配膳に関する意識が薄れてきている。そこで、給食時に児童たちが意識して配膳できることを目標に、著者らが開発した配膳を図示した家庭科のミシン教材でもある「食育ランチョンマット」の利用効果を検討した。

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (19), 223-227, 2010-03

    IR 

  • Selection of dishes including local dishes for food preparations in junior high school home economics education: a case of Nara, Japan  [in Japanese]

    鈴木 洋子 , 山崎 翔子

    In order to improve efficiency the food preparations in junior high school home economics education, the dishes including the local dishes were selected. The local dishes selected for the food prepara …

    Bulletin of Nara University of Education Cultural and social science 58(1), 139-145, 2009-11

    IR 

  • Investigation into the problem for the promotion of food and nutrition education in schools: comparison between basic program for Shokuiku promotion by the government with program for Shokuiku promotion by prefectures  [in Japanese]

    鈴木 洋子 , 瀬尾 啓文

    学校教育における食育推進上の課題を表出することを目的に、国の食育推進基本計画に示された内容が、どの程度、各都道府県の食育推進計画に反映されているかを調べた。その結果、各都道府県の推進計画が国の基本計画の内容を充足していないこと、指導内容の充実に関する事項については農林漁業体験をあげている都道府県は多いが、十分な指導時間の確保のための取組の促進をあげている都道府県が少ないこと、学校長のリーダーシップ …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (18), 253-259, 2009-03

    IR 

  • Attitudes of High School Home Economics Education Teachers concerning the Subjects required order the Enforcement Ordinance of the Educational Personnel Certification Law  [in Japanese]

    Suzuki Yoko , Nagata Tomoko , Akamatsu Junko , Sakakibara Noriko , Nakai Masako , Noda Fumiko , Yano Yuki

    教育職員免許法上の指定科目と現行の学習指導内容及び教員養成上の必修科目が一致していることは必須であるが,教育職員免許法施行規則に設定されている家庭科に関する専門科目は,教科に求められている時代の要請に比べ,大幅な変革がなされていない。そこで,教育職員免許法施行規則に示された「教科に関する科目」と現行家庭科の学習指導内容の整合性を確認し,問題点の究明と改善の方策を探る際の示唆を得ることを目的に,高等 …

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education 52(2), 130-135, 2009

    J-STAGE  References (8)

  • Study on the systematic matter of clothing construction in home economics education in elementary school, junior high school and high school  [in Japanese]

    川合 みちる , 谷口 晶子 , 平嶋 憲子 [他] , 中嶋 たや , 菱田 道代 , 河﨑 智恵 , 鈴木 洋子

    本研究では、家庭科の被服製作学習における教育現場の実態をふまえて、小・中・高等学校の系統性に配慮した被服製作題材について検討した。まず現行の授業実践より、被服製作学習における課題と問題点を明らかにした上で、学校における被服製作学習時間と製作題材を確認した。被服製作において必要な技能技術等を現行の小・中・高等学校の教科書を参考に抽出し、技能技術等と学校種別の製作題材について整理したところ、小・中・高 …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (17), 191-199, 2008-03

    IR 

  • Proposal for the Promotion of Food Education for Children : Based on the Study of the Food in Schools Programme and Healthier Cookery Clubs in England  [in Japanese]

    SUZUKI Yoko

    Activities of the Food in Schools Programme in England and Healthier Cookery Clubs, the cookery sector of the Programme, were examined to make suggestions for the promotion of nutrition education for …

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education 51(1), 11-18, 2008

    J-STAGE  References (23)

  • Current State of Nutrition Education in Primary Schools with regard to Cooperation between Home Economics Teachers and Nutrition Staff (Teachers)  [in Japanese]

    SUZUKI Youko

    これからの小学校における食育をより効果的に進めるには,家庭科を筆頭とする教科担当教員と栄養職員(教諭)の職域,職分に立脚した協力と連携が不可欠であることから,栄養職員の食育実践の現状と,教科担当教員と栄養職員(教諭)の連携を進展させるための課題を検討した。研究方法は,奈良県下の学校栄養職員を対象としたアンケート調査である。栄養職員の85%が食育を実践しており,勤務年数が長い職員や,比較的に規模の大 …

    The Bulletin of Japanese Curriculum Research and Development 30(2), 9-15, 2007

    IR  J-STAGE  Cited by (2)

  • シンポジウム 家庭科における食の世界への誘いと育てる力 (学会記事 日本家庭科教育学会2005(平成17)年度例会報告)  [in Japanese]

    新井 映子 , 石井 克枝 , 鈴木 洋子 [他] , 中西 雪夫 , 渡邊 彩子

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education 49(1), 49-64, 2006-04

  • Effect of Kitchen Knife Specifically Developed for Children on Skill Learning  [in Japanese]

    SUZUKI Yoko

    筆者が開発した子ども用包丁を使用して練習を行った際の技能習得への効果を検討するために,開発した子ども用包丁(子ども用包丁),成人用の文化包丁(成人用包丁),ならびに市販の子ども用包丁に大きさと重さが類似しているむきもの包丁(むきもの包丁)を使用した際の上達度の違いを,きゅうりを被切断物として練習を行い,練習前後の切断時間,被切断物の切断枚数,厚さより比較した.さらに,包丁技能の習得には,被切断物の …

    Journal of home economics of Japan 57(3), 169-177, 2006-03-15

    IR  NDL Digital Collections  References (7) Cited by (1)

  • Study on the Systematic Subject Matter of Food Preparation in Home Economics Education in Elementary School and Junior High School - Adopt the Dietary Culture in Nara Prefecture -  [in Japanese]

    谷口 明子 , 菱田 道代 , 平嶋 憲子 [他] , 中嶋 たや , 河﨑 智恵 , 鈴木 洋子

    学習時間の削減に伴い、調理実習に充てる時間の確保が難しくなっている。そこで、小学校と中学校において扱う調理操作及び食材の重複を避け、効率的に多種多様な調理技能技術を習得させるために、調理実習題材の系統的な配列を検討した。また、調理題材を選定する際に、特に奈良県の食文化を扱った料理を取り入れた。小学校の実践として「そうめん」を、中学校の実践として「のっぺい汁」を紹介する。

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (15), 101-110, 2006-03

    IR 

  • 教材研究 小学校低学年からの調理実習--子ども用包丁の開発  [in Japanese]

    Suzuki Yoko

    Journal of cookery science of Japan 38(5), 446-449, 2005-10

    NDL Digital Collections 

  • Promotion of the Dietary Education putting the Cooking into the key Position -On investigation of the state of the Child- Cooking in the Home-  [in Japanese]

    鈴木 洋子

    子どもの食育を、調理を中心に推進することの有効性を明らかにするために、家庭における幼児の食育の実態を、調理への参加状況に焦点をあてて調査した。その結果、6歳児の「火を使わない調理」と「包丁を使う調理」の「よくする」と「時々する」の合計値は両者ともに72%であり、「火を使う調理」の合計値は36%であったこと、よく調理をする幼児は食事に関する全般的な手伝いをし、食べることへの関心が高く、栄養に関する知 …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (14), 21-27, 2005-03

    IR 

  • 9. エクスカーション(Technical Excursion, Home visit)(1. 京都大会)(第20回国際家政学会(IFHE)大会記録)  [in Japanese]

    鈴木 洋子

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education 47(4), 389-390, 2005-01-01

  • 8. ウェルカムレセプション,バンクェット(1. 京都大会)(第20回国際家政学会(IFHE)大会記録)  [in Japanese]

    鈴木 洋子

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education 47(4), 388-389, 2005-01-01

  • Report of 20^<th> IFHE  [in Japanese]

    大竹 美登利 , 小野 恭子 , 貴志 倫子 , 井元 りえ , 近藤 清華 , 鎌田 浩子 , 青木 香保里 , 鈴木 洋子 , 牧野 カツコ

    Journal of the Japan Association of Home Economics Education 47(4), 380-391, 2005-01-01

  • The Current State of Dietary Education for First to Fourth Grade Elementary Students : The Treatment of Cooking Skills in Life Environment studies, Periods for Integrated Study, and Special Activities  [in Japanese]

    SUZUKI Yoko

    これからの小学校低・中学年における食育のあり方を検討する際の示唆を得ることを目的に,生活科,総合的な学習の時間,特別活動における調理実習の現状と課題の究明に努めた。研究方法は,奈良県下の公立小学校を対象としたアンケート調査である。生活科の時間に調理実習を導入している学校は52%,総合的な学習の時間については49%,特別活動については67%であったこと,生活科や総合的な学習の時間において実習されてい …

    The Bulletin of Japanese Curriculum Research and Development 28(3), 1-8, 2005

    IR  J-STAGE  Cited by (1)

  • Object Size, Cutting Skills and Their Acquisition Thereof  [in Japanese]

    SUZUKI Yoko

    学校教育の限られた時間内に効率よく安全に包丁技能を習得させることを目的に,「きざみ:被切断物を包丁を手にしていない手指で押さえ,包丁の刃を押し出す様に切る切り方」練習に用いる披切断物の高さと幅を,寒天ゲルを用いたモデル実験により検討するとともに,参考として「包丁指導の際に用いる教材の配列」を家庭科担当者への調査を通して検討した結果,以下のことが明らかになった.1)「きざみ」時の包丁操作には,被切断 …

    Journal of home economics of Japan 55(9), 733-741, 2004-09-15

    IR  NDL Digital Collections  References (14) Cited by (3)

  • Evaluation of Education Program of "Friendship" at Nara University of Education  [in Japanese]

    梶原 篤 , 小野 昌彦 , 鈴木 洋子

    奈良教育大学で7年前から推進しているフレンドシップ事業を振り返り、これまでの成果と問題点とを総括して、将来の教員養成に生かしていくための関与の方法を模索した。近年は8程度の数のフレンドシップ事業が行われているが、学生の関心には濃淡がある上、事業によって学生の関与の度合いもまちまちである。単位として位置づけられているものもあれば、位置づけのあいまいなものもある。7年目を迎える本年度に一度これまでの経 …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (13), 99-108, 2004-03

    IR 

  • 1 / 3
Page Top