鷲谷 いづみ Washitani Izumi

ID:1000040191738

東京大学大学院農学生命科学研究科:(現)中央大学理工学部 Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo:(Present office)Faculty of Science and Engineering, Chuo University (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 168

  • Large-diameter trees as a potential indicator of a subtropical evergreen broadleaf forest of high conservation value on Amami Oshima Island  [in Japanese]

    Matsumoto Hitoshi , Ohtani Masato , Washitani Izumi

    奄美大島の亜熱帯照葉樹林において、大径木を指標として生物多様性保全上の重要性が高い森林域を見出す可能性を探った。奄美大島中部の金作原国有林において、1965年、1978年および1984年の空中写真で皆伐が認められる森林域(「皆伐域」)および少なくとも1965年以降は皆伐が認められない森林域(「非皆伐域」)を判別して調査区を設けた。各調査区において林冠木胸高直径および樹洞などのマイクロハビタット、フ …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 20(2), 147-157, 2015

    J-STAGE 

  • Conservation-ecological characterization of <i>Apis cerana japonica</i> on Amami Oshima Island : body size, nest sites, natural enemies, colony activity, and swarming during the breeding season  [in Japanese]

    Fujiwara Ayumi , Wada Shoko , Washitani Izumi

    ニホンミツバチの分布の南限域である奄美大島の宇検村で採集された個体が、本州や九州とは明確に異なるハプロタイプを持つとの報告があり、奄美大島の個体群が、遺伝的に隔離された地域個体群である可能性が示唆されている。本研究は、奄美大島のニホンミツバチの保全上の重要性を評価し、保全のための指針を作るために必要な基礎的な生態的知見を得ることを目的として実施した。まず、1)ニホンミツバチの営巣環境を把握するとと …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 20(2), 131-145, 2015

    J-STAGE 

  • Identification of forest areas of high conservation value using the crown size index : A case study in secondary beech forests at the northern range limit  [in Japanese]

    Matsumoto Hitoshi , Ishii Jun , Ohtani Masato , Washitani Izumi

    伐採履歴などに応じて空間的な不均一性の高い森林において、大径木の集中する生物多様性保全上の重要性が高い森林域を抽出するためのリモートセンシング手法を開発した。空中写真のオブジェクトベース画像解析による「樹冠サイズ指数」の算出を基礎とする手法を、北海道黒松内町のブナが優占する落葉広葉樹林に適用して、その有効性を検討した。樹冠サイズ指数は高木層の平均胸高直径および平均樹高に有意な正の効果を示し、高い樹 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 19(1), 67-77, 2014

    J-STAGE 

  • Evaluating ecosystem services of the Japanese honeybee, Apis cerana japonica, in a satoyama landscape : flower use and colony development  [in Japanese]

    Fujiwara Ayumi , Nishihiro Jun , Washitani Izumi

    岩手県一関市内の里地里山(さとやま)で進められている「久保川イーハトーブ自然再生事業」では、落葉広葉樹林の間伐・下草刈りなどの植生管理と外来種の排除が行われている。さとやまの生態系サービスのうち、ニホンミツバチApis cerana japonicaが提供する野生植物の送粉を通じた基盤サービス、栽培植物の授粉を担う調節サービス、および供給サービスである蜂蜜生産の定量的評価に向けての基礎的情報を得る …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 19(1), 39-51, 2014

    J-STAGE 

  • Fish species composition of temporary small lentic habitats in the floodplains of the Shubuto River System : Factors affecting species richness and suggestions for conservation and restoration  [in Japanese]

    Miyazaki Yusuke , Terui Akira , Yoshioka Akira , Kaifu Kenzo , Washitani Izumi

    北海道渡島半島北部を流れる朱太川水系の氾濫原の増水時に河川と連結する小水域(氾濫原調査水域)18ヶ所、およびその対照(非氾濫原調査水域)として、流域内の河川と連結しない池沼、および河川と連結してミズゴケ類の優占する貧栄養湿地の小水域各2ヶ所、ならびに地形的に流速が遅い4支川において魚類相調査を行なった。その結果、8科16種の魚類が記録された。魚類相組成の類似度にもとづく調査水域のクラスター分析の結 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 18(1), 55-68, 2013

    J-STAGE 

  • A land-cover heterogeneity index for the state of biodiversity in the Satoyama landscape : assessment of spatial scale and resolution using participatory monitoring data in Fukui Prefecture  [in Japanese]

    Imai Junichi , Kadoya Taku , Washitani Izumi

    農業を中心とした人間活動により比較的限られた空間範囲の中に多様な土地利用形態が存在する里地里山は、マルチハビタットユーザー種を含む多様な生物に好適な生息場所を与えてきた。本研究は、日本の代表的な里地里山地域を有する福井県を事例とし、対象地域内の里地里山に典型的な水辺の生物の分布とよく対応する土地利用のモザイク性指標(Localized Satoyama Index)の算出に適したユニット空間サイズ …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 18(1), 19-31, 2013

    J-STAGE 

  • Overview of land-use patterns in the Japanese Archipelago using biodiversity-conscious land-use classifications and a Satoyama index  [in Japanese]

    Yoshioka Akira , Kadoya Taku , Imai Junichi , Washitani Izumi

    里地里山(以下、「さとやま」)は、我が国の生物多様性の保全と多様な生態系サービスの持続可能な利用にとって重要な空間である。その保全・再生に関わる政策の立案・モニタリング・評価のためには、さとやまの特性を土地利用面から抽出して地図化できる指標の開発が求められている。本研究では50mメッシュの高解像度土地利用データを用いて国土の土地利用を「原生的土地利用」、「農業-さとやま的土地利用」、「人工林」、「 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 18(2), 141-156, 2013

    J-STAGE 

  • Attempt to reconstruct the past fish fauna of the Shubuto River System using museum specimens and interviews  [in Japanese]

    Miyazaki Yusuke , Yoshioka Akira , Washitani Izumi

    朱太川水系の過去の魚類相を再構築することを目的として、博物館標本と聞き取り調査を行った。美幌博物館、北海道大学総合博物館水産科学館、市立函館博物館、国立科学博物館において、朱太川水系から採集された魚類標本の調査を行い、13種の魚類標本の所在を確認することができた。しかし、市立函館博物館の1923年以前の標本台帳に記されているイトウ標本の所在は不明であった。また、朱太川漁業協同組合の関係者18名に過 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 17(2), 235-244, 2012

    J-STAGE  References (33)

  • Effect of past topsoil removal on the current distribution of threatened plant species in a moist tall grassland of the Watarase wetland, Japan: Mapping of selected sites for wetland restoration by topsoil removal  [in Japanese]

    Obata Tomoko , Ishii Jun , Kadoya Taku , Washitani Izumi

    湿地再生のための掘削は、水条件の回復や外来植物の除去等の効果をもたらす一方で、既存の植生が表層土壌とともに失われるため、その計画にあたっては、絶滅危惧種等の植生構成種への影響に関する保全生態学的な評価が必要である。本研究では、ヨシとオギの高茎草本群落が優占する渡良瀬遊水地において、湿地再生のための掘削が絶滅危惧種に及ぼす影響評価を行い、計画に資する地図を作成した。11,514コドラート(10m×1 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 17(2), 221-233, 2012

    J-STAGE  References (35)

  • Impact of alien species on the distribution of native submerged macrophytes in small rivers and agricultural canals around Lake Mikata  [in Japanese]

    Kubo Suguru , Terui Akira , Nishihiro Jun , Washitani Izumi

    福井県三方湖では、近年、在来沈水植物の衰退が問題視されており、その周辺域における沈水植物の生育状況の評価が求められている。本研究では、三方湖流域の水路および小河川における、在来沈水植物の分布と、それに対する外来生物の影響を解析した。2010年と2011年に、水路・小河川内の59地点(各地点、長さ20m×水路幅)で野外調査を行った結果、在来沈水植物4種、外来沈水植物2種が記録された。沈水植物が出現し …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 17(2), 165-173, 2012

    J-STAGE  References (42)

  • Effects of common carp on damselfly assemblages in rural reservoir ponds in Japan : Indirect effects mediated by aquatic plants  [in Japanese]

    Sekizaki Yuichiro , Suda Shinichi , Kadoya Taku , Washitani Izumi

    現在でもイトトンボにとって比較的良好なハビタットとなるため池が多く残されている北上川水系久保川の流域において、イトトンボ類の分布に影響する要因を、コイの直接・間接的影響に焦点をあてて検討した。調査地域のため池56ヶ所において、2008年4月〜2010年7月に調査を行ない、イトトンボ成虫の個体数と水草の被度、池に隣接する林縁の有無、コイおよびウシガエルの生息の有無、周辺の森林面積と池密度などを記録し …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 17(1), 25-35, 2012

    J-STAGE  References (34)

  • A Data Analysis Tool for Butterfly Monitoring  [in Japanese]

    YASUKAWA Masaki , SUDA Shin-ichi , WASHITANI Izumi , KITSUREGAWA Masaru

    我々は,生物多様性における市民参加型のモニタリングデータのためのWebサービスシステムを構築中である.モニタリングによって得られる東京の蝶のデータに関するデータアップロードツール,データ編集・品質管理ツール,データ公開ツール等を既に開発したが,本研究では上位層であるデータ解析ツールを開発した.本ツールは,データから表や図,地図を作成して,蝶の生息分布やその変化を知ることができるような基本解析が可能 …

    IEICE technical report. Data engineering 111(361), 31-36, 2011-12-16

  • Evaluation of management of an invasive plant by citizen participants in the gravelly floodplain along the Kinu River, Japan  [in Japanese]

    Ichinose Katsuhisa , Ishii Jun , Washitani Izumi

    栃木県を流れる鬼怒川上中流域の礫質河原では、外来植物シナダレスズメガヤの急速な分布拡大に伴い絶滅危惧植物カワラノギクの個体数が著しく減少した。礫質河原の固有植物保全のために、河原の一部においてカワラノギク保全地が造成され、シナダレスズメガヤを除去するとともに、カワラノギクの種子を導入する事業が実施された。本研究では、保全地造成後毎年実施されている市民によるシナダレスズメガヤの手取りによる選択的除去 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 16(2), 221-229, 2011

    J-STAGE  References (21) Cited by (1)

  • Ecological evaluation of the conservation of fish fauna in the Shubuto River system, southwestern Hokkaido  [in Japanese]

    Miyazaki Yusuke , Terui Akira , Kubo Suguru , Hatai Nobuo , Takahashi Kosei , Saitoh Hitoshi , Washitani Izumi

    2010年6〜10月に、北海道渡島半島北部を流れる朱太川水系78地点において魚類相調査を行い、10科29種の魚類を記録した。通し回遊魚は、種の豊かさおよび存在量がともに高かったのに対して、止水環境利用魚類の存在量は低く、イトウは個体群絶滅が示唆された。これらは、朱太川における流程方向の生息場所間の連結性の高さと、氾濫原湿地の大規模な喪失による河川横断方向の生息場所間の連結性の低下を反映しているもの …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 16(2), 213-219, 2011

    J-STAGE  References (28) Cited by (1)

  • Changes in the strictly freshwater fish fauna around Lake Mikata, Fukui Prefecture, Japan, inferred from monitoring data and ecological trait information  [in Japanese]

    Matsuzaki Shin-ichiro S , Yoshida Takehito , Kodama Kohji , Terui Akira , Takeshima Hirohiko , Sato Takahisa , Tominaga Osamu , Maeda Hideaki , Tada Masamitsu , Washitani Izumi

    Identifying the ecological and life history correlates of local extinction can help us to predict and target extinctionprone species, and to understand the causes and consequences of species extinctio …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 16(2), 205-212, 2011

    J-STAGE  References (32) Cited by (1)

  • Population status and factors affecting local density of endangered Japanese freshwater pearl mussel, Margaritifera laevis, in Shubuto river basin, Hokkaido  [in Japanese]

    Terui Akira , Miyazaki Yusuke , Matsuzaki Shin-ichiro S. , Washitani Izumi

    絶滅危惧種カワシンジュガイMargaritifera laevisの生息にとって良好な環境が現在でも保たれていると考えられる北海道朱太川水系において、27地点(324コドラート:0.5×0.5m)においてカワシンジュガイの局所密度と個体サイズ(殻長)、およびその生息に影響する物理化学的要因について調査した。カワシンジュガイは各コドラートにおいて、0〜75個体/0.25m^2の密度で生息していた。個 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 16(2), 149-157, 2011

    J-STAGE  References (27)

  • Early vegetation growth in an experimental restoration site in the Watarase wetland  [in Japanese]

    Ishii Jun , Hashimoto Lumiko , Washitani Izumi

    表層土壌の除去は、良好な湿地植生が維持されていた時代に土壌中に蓄積したシードバンクを露出させるとともに、水条件を回復させることから、氾濫原湿地の再生手法として有効であると思われる。ヨシとオギの優占群落が植生の大部分を占める渡良瀬遊水地では、土砂堆積に伴う乾燥化が進み、植生の均一化およびセイタカアワダチソウなど侵略的外来種の侵入が加速しつつある。表層土壌除去は、セイタカアワダチソウの地下茎と土壌シー …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 16(1), 69-84, 2011

    J-STAGE  References (52) Cited by (2)

  • Vegetation of abandoned rice fields in the head areas of small valley bottoms ('yatsu') in the Lake Kitaura watershed, Ibaraki, Japan  [in Japanese]

    Ikegami Yuuri , Nishihiro Jun , Washitani Izumi

    関東地方の台地の周縁に発達する小規模な谷(谷津)の奥部における水田耕作放棄地に成立した植生を、水生・湿生植物の生育ポテンシャルの面から評価することを目的とし、茨城県の北浦東岸の32箇所の谷津を対象として、最上流部に位置する水田放棄地の植生と、それに影響する環境要因を分析した。各調査地に15m×5mの調査区を設け、調査区内の維管束植物・大型水生植物相(ウキゴケ類とシャジクモ類を含む)を記録した。さら …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 16(1), 1-15, 2011

    J-STAGE  References (43) Cited by (1)

  • 里の自然再生--「久保川イーハトーブ世界」の取り組み (特集 生物多様性保全の現場から)  [in Japanese]

    須田 真一 , 鷲谷 いづみ

    森林環境 2010, 68-76, 2010

Page Top