森高 初恵 Moritaka Hatsue

ID:1000040220074

昭和女子大学 (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 51

  • 1 / 3
  • 混合系増粘剤の添加が咽頭部の移動特性および消化性に及ぼす影響  [in Japanese]

    Sagawa Atsuko , Nakanishi Yukiko , Moritaka Hatsue

    紀要 (VOLN6), 74, 2014-03-01

    IR 

  • in vivoおよびin vitroにおける米飯の消化性に及ぼす増粘剤の影響  [in Japanese]

    Sagawa Atsuko , Nakanishi Yukiko , Moritaka Hatsue

    紀要 (VOLN6), 74, 2014-03-01

    IR 

  • Relationship between Number of Chewing Cycles and Fragment Size of Agar Gels  [in Japanese]

    KITADE Masami , KOBAYASHI Naoki , MORITAKA Hatsue

    15mm立方体寒天ゲルおよび3.5mm立方体寒天ゲルを試料とし,咀嚼の影響が大きい1~10回咀嚼後の食片サイズを測定し,食片を10グループに分類して平均食片サイズを求め,平均食片サイズと咀嚼回数との関係を検討し,食塊のテクスチャー特性および官能特性について考察した.<BR>15mm立方体ゲルでは,食塊を構成する食片サイズの分布は広く,少ない咀嚼回数でも3.5mm立方体ゲルよりまとまりや …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 60(10), 554-562, 2013-10-15

    IR  J-STAGE  References (18)

  • Effects of Added Thickeners on the Digestibility of Cooked Rice and Mechanical Properties of Cooked Rice Bolus  [in Japanese]

    SAGAWA Atsuko , NAKANISHI Yukiko , ONO Hitoshi , MORITAKA Hatsue

    本研究では増粘剤添加モデル試料を用い,増粘剤添加による炭水化物の消化性の差異を検討し,あわせて咀嚼・嚥下時の食塊の力学特性および感覚評価の検討を行った.<BR>増粘剤添加による炭水化物の消化の差異については,in vivoのヒト試験による血糖値およびin vitroのGR法のどちらの測定方法においてもXG添加試料では血糖値および消化性が有意に低下することが確認された.咀嚼・嚥下時のヒト …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 60(8), 387-396, 2013-08-15

    IR  J-STAGE  References (38)

  • ゲル状食物の構造とテクスチャー特性に関するレオロジー的研究  [in Japanese]

    MORITAKA Hatsue

    Journal of Cookery Science of Japan 46(2), 75-84, 2013-04-05

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (53)

  • Chewing and Swallowing Properties of Different-sized Agar Gels  [in Japanese]

    KITADE Masami , KASHIKI Hiromi , KOBAYASHI Naoki , MORITAKA Hatsue

    ミートグラインダーで破砕した破砕ゲル,3.5 mm立方体ゲル,15 mm立方体ゲルを試料とし,咀嚼後の食片サイズ,食塊のテクスチャー特性値,咽頭部における食塊の移動特性について検討し,あわせて官能評価を行った.<BR>破砕ゲルは,5回と30回咀嚼後の食片サイズの累積数は累積指数分布関数にフィットし,少ない咀嚼回数でも食塊の付着性および凝集性は高く,凝集性,飲み込みやすさは高いと評価され …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 59(8), 369-377, 2012-08-15

    IR  J-STAGE  References (27) Cited by (4)

  • Effects of Agar on Thermal Property, Sensory Characteristic and Glycemic Index of Cooked Rice  [in Japanese]

    MORITAKA Hatsue , NAKANISHI Yukiko , FUWA Masako , TANII Ryoko

    米飯摂食後の血糖値上昇抑制を目的として,米飯へ0~2.5%寒天を添加した効果について,嗜好特性,熱特性ならびに血糖値を測定して検討した。<br> 高い濃度の寒天を添加した米飯においては,味,香り,外観は悪いと評価され,硬さは硬いと評価された。昇温DSC曲線における最も高温の吸熱ピークは,寒天添加により高温側へシフトし,エンタルピーは小さくなった。米飯摂取後120分間の血糖応答曲線におい …

    Journal of Cookery Science of Japan 45(2), 115-122, 2012-04-05

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (24) Cited by (2)

  • Influence of Thickener Concentration on the Flow Property and Bolus Transit Velocity through the Pharyngeal Region of a Solid Dispersed in a Sol  [in Japanese]

    SAGAWA Atsuko , MORITAKA Hatsue

    固体分散ゾルの食塊を試料として,みかけの粘性率および咽頭部の食塊の移動速度を測定し,増粘剤(ゾル)の濃度が咀嚼・嚥下に及ぼす影響について検討した。<br> 澱粉ゾル添加試料(以下PS)の食塊のみかけの粘性率は,ゾル濃度に関わらず水添加試料(以下W)とほぼ同程度であった。グアーガムゾル添加試料(以下GG),キサンタンガムゾル添加試料(以下XG)のみかけの粘性率は,低濃度ゾルの試料では咀嚼 …

    Journal of Cookery Science of Japan 45(2), 104-114, 2012-04-05

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (43) Cited by (2)

  • 26pAC-11 Cohesiveness of Food Bolus Produced by Human Mastication  [in Japanese]

    Kobayashi Naoki , Kitade Masami , Moritaka Hatsue

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 67.1.2(0), 345, 2012

    J-STAGE 

  • ゾル状およびゲル状モデル食品の咽頭部における食塊の移動特性  [in Japanese]

    森高 初惠

    New food industry 53(11), 9-19, 2011-11

    Cited by (1)

  • Effect of Change in Cooling Rate on the Gelation of Sodium-type Gellan Gum

    MORITAKA Hatsue , SAGAWA Atsuko , FUNAMI Takahiro , KUBOTA Kenji

    0.3%塩化ナトリウム(NaCl)添加および無添加の0.8%ナトリウム型ジェランガムのゲル形成に及ぼす降温速度の変化の影響について, 貯蔵弾性率を測定して検討した。降温速度は貯蔵弾性率が増加し始める温度で変化させた。0.3%NaCl添加0.8%ナトリウム型ジェランガムの貯蔵弾性率は, 速い降温速度から緩慢な速度に変化させる測定よりも緩慢な降温速度から速い速度に変化させる測定において, より大きくな …

    Journal of cookery science of Japan 44(1), 7-14, 2011-02-05

    NDL Digital Collections  References (22) Cited by (1)

  • 水溶性高分子ゾル・ゲルの力学特性と嚥下特性との関係  [in Japanese]

    MORITAKA Hatsue

    Journal of cookery science of Japan 44(1), 1-6, 2011-02-05

    NDL Digital Collections  References (10) Cited by (1)

  • Influence of texture modifier on fragmentation of solids by mastication and the velocity of bolus in the pharynx  [in Japanese]

    森髙 初惠 , 佐川 敦子

    食に関する助成研究調査報告書 (24), 41-47, 2011

  • Effects of Intake Volume on Mastication and Deglutition of Solid Dispersion Pastes  [in Japanese]

    SAGAWA Atsuko , KANEKO Hitomi , TERASHIMA Mamie , SHIGA Seigo , MORITAKA Hatsue

    咀嚼・嚥下機能低下者に対応する食品の基礎的研究として,固体分散ペーストの摂食量が咽頭部通過時の食塊の移動速度に与える影響について超音波パルスドップラ法,嚥下造影法および官能評価により検討し,以下の結果を得た.<BR>機器測定においてはキサンタンガムペースト添加を除く他の試料において摂食量が増加すると硬さは高くなる傾向がみられた.官能評価においてはグアーガム,キサンタンガムペースト添加試 …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 57(12), 503-516, 2010-12-15

    IR  J-STAGE  References (26) Cited by (4)

  • Effects of non heating Monascus Koji on the texture of bread  [in Japanese]

    高橋 真美 , 森高 初恵

    Japanese journal of sensory evaluation 14(2), 100-108, 2010-10

    Cited by (1)

  • Effects of Monascus Koji on the Microstructure and Color Tone of Bread  [in Japanese]

    TAKAHASHI Mami , MORITAKA Hatsue

    紅麹がパンの組織と色調に及ぼす影響について,組織観察,力学特性および色調を測定して検討した。紅麹の粒度が大きく添加量が増すほど気泡壁面の損傷が大きく,気泡も小さくなり,小孔も多数観察された。紅麹の粒度が大きく添加量が増すほど無添加に比べて比容積は小さく,パンの硬さは増し,凝集性は低下した。遮光保存したパンの色調の変化はほとんど認められなかったが,紫外線照射したパンでは,色調の変化が著しかった。官能 …

    Journal of Cookery Science of Japan 42(4), 225-237, 2009-08-20

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (50) Cited by (1)

  • Effects of Gel Amount and Mastication on the Velocity of Agar and Gelatin Gels Passing through the Pharynx  [in Japanese]

    INOUE Yuuki , SASAI Miyuki , SHIGA Seigo , MORITAKA Hatsue

    寒天ゲルとゼラチンゲルの摂取量および咀嚼回数が,食塊の咽頭部通過時における移動速度と食塊の力学特性に及ぼす影響を,超音波パルスドップラー法,テクスチャー測定ならびに官能評価により検討し,以下の結果を得た.<BR>寒天ゲルの硬さは,摂取量が少なく,咀嚼回数が多くなるほど低下し,ゼラチンゲルの硬さは口腔内停滞時間の長い,30回と50回咀嚼で低下し,摂取量の影響は小さかった.<BR&g …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 56(5), 261-270, 2009-05-15

    IR  J-STAGE  References (29) Cited by (8)

  • Pigments Production on Nitrogen Sources by Monascus anka AHU 9085  [in Japanese]

    TAKAHASHI Mami , MATSUMOTO Takashi , MORITAKA Hatsue

    <I>Monascus anka</I> AHU9085の色素生産性の向上を目的として, 5種類の窒素源 (ペプトン, <small>L</small>-アスパラギン酸, 硫酸アンモニウム, モノグルタミン酸ナトリウム, 硝酸カリウム) が色素生産性に及ぼす影響を検討した。5種類の窒素源のいずれも, 濃度を0.3%にした場合, 0.03%の場合よりも …

    Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi 62(1), 19-23, 2009-02-10

    IR  J-STAGE  Ichushi Web  References (33) Cited by (2)

  • Rheological and Swallowing Properties of Agar Gel Dispersed in Paste  [in Japanese]

    SAGAWA Atsuko , MORISHITA Mariko , MORITAKA Hatsue

    寒天ゲルを分散したペーストの種類による力学特性と飲み込み特性の相違を検討する目的でキサンタンガム,グアーガム,澱粉,水を分散媒として用いて実験を行い,以下の結果を得た.<BR>(1)キサンタンガムペーストでは他のペーストよりも硬さは低く,凝集性は高く,硬さ,凝集性および食塊の最大移動速度は分散媒の添加割合および咀嚼回数の影響を受けず,添加の効果は4種類のペーストの中で最も高かった.&l …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 55(6), 276-286, 2008-06-15

    J-STAGE  References (27) Cited by (6)

  • Effects of Particle Gel on the Rheological Properties of Polysaccharide Gels  [in Japanese]

    MORITAKA Hatsue , TAKAHASHI Mami , SAGAWA Atsuko

    寒天,κ-カラギーナン,ジェランガムゲルの力学特性に及ぼす微粒子ゲル(PG)の影響について検討した。試料として,5mM CaCl_2添加ジェランガム微粒子ゲル(PG-CaCl_2)を種々の割合で分散したCaCl_2添加寒天ゲル(AMG-CaCl_2),CaCl_2添加κ-カラギーナンゲル(CMG-CaCl_2),CaCl_2添加ジェランガムゲル(AMG-CaCl_2)およびCaCl_2無添加寒天ゲ …

    Journal of cookery science of Japan 40(6), 390-396, 2007-12-20

    NDL Digital Collections  References (30)

  • 1 / 3
Page Top