立川 康人 TACHIKAWA Yasuto

Articles:  1-20 of 88

  • 1 / 5
  • NUMERICAL MODELING AND ESTIMATION OF RADIOACTIVE CESIUM MOVEMENT AT THE KUCHIBUTO RIVER BASIN, FUKUSHIMA  [in Japanese]

    田中 智大 , 立川 康人 , 椎葉 充晴 [他]

    水工学論文集 土木学会水工学委員会 編 57, 1_487-492, 2013

  • WATER RESOURCES PROJECTION AT THE PASAK RIVER BASIN IN THAILAND UNDER A CHANGING CLIMATE  [in Japanese]

    立川 康人 , 藤田 勇樹 , 椎葉 充晴 [他]

    水工学論文集 土木学会水工学委員会 編 57, 1_445-450, 2013

  • A REAL-TIME RUNOFF PREDICTION METHOD USING A DISTRIBUTED RUNOFF MODEL INCORPORATING MULTIPLE DAM RESERVOIR OPERATION  [in Japanese]

    立川 康人 , 福山 拓郎 , 椎葉 充晴 , 萬 和明 , キム スンミン

    水工学論文集第56巻

    土木学会論文集B1(水工学) 68(4), I_517-I_522, 2012

    IR

  • INTRODUCING A STATISTICAL HYPOTHESIS TESTING INTO SLSC GOODNESS-OF-FIT EVALUATION FOR HYDROLOGICAL FREQUENCY ANALYSIS MODELS  [in Japanese]

    林 敬大 , 立川 康人 , 椎葉 充晴 , 萬 和明 , キム スンミン

    水工学論文集第56巻

    土木学会論文集B1(水工学) 68(4), I_1381-I_1386, 2012

    IR

  • Release of Radionuclides from Natural River, Abukuma as Suspended Particulate Matter into Pacific Ocean  [in Japanese]

    山敷 庸亮 , 恩田 裕一 , 五十嵐 康人 [他] , 若原 妙子 , 立川 康人 , 椎葉 充晴 , 松浦 裕樹

    Most of radioactive material released from Abukuma River Basin, one of the largest stream near the contaminated zone of Fukushima, flowing most of the contaminated plane zone then flow into the Pacifi …

    京都大学防災研究所年報 (56), 25-36, 2012

    IR

  • DEVELOPMENT OF A REAL-TIME RIVER STAGE FORECASTING METHOD USING A PARTICLE FILTER  [in Japanese]

    立川 康人 , 須藤 純一 , 椎葉 充晴 , 萬 和明 , キム スンミン

    水工学論文集第55巻

    土木学会論文集B1(水工学) 67(4), I_511-I_516, 2011

    IR

  • Development of Crop Growth Model Based on Land Surface Hydrological Processes  [in Japanese]

    萬 和明 , 藤園 順哉 , 立川 康人 , 椎葉 充晴

    水資源管理上重要となる農業用水を把握するために,SWIM (Soil and Water Integrated Model) に組み込まれている作物生長モデルを既開発の陸面過程モデルSiBUC (Simple Biosphere including Urban Canopy)に組み込み,地表面水文過程に基づいた作物生長モデルを構築する.作物生長モデルでは気温と光合成有効放射 PAR (Photos …

    京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B 53(B), 507-514, 2010-06-01

    IR

  • Analyzing Interannual Variability of Land Surface Temperature Derived from Satellite Data  [in Japanese]

    萬 和明 , 児玉 隆敏 , KIM Sunmin , 立川 康人 , 椎葉 充晴

    局地的あるいは広域の水循環において地表面水文量が果たす役割は大いが, 地表面状態の広範囲かつ長期間にわたる現地直接観測を実施するのは困難である。そこで本研究では, 衛星 Terra および衛星 Aqua に搭載された MODIS センサによって観測される地表面温度に着目し, 地表面状態の時間的な変動を分析した。本研究で使用したプロダクトは MOD11C1 および MYD11C1 の2種類の全球デー …

    京都大学防災研究所年報 (54), 421-430, 2010

    IR

  • Estimation of Climate Change Impact on Flood Discharge at Japanese River Basins  [in Japanese]

    立川 康人 , 滝野 晶平 , 萬 和明 [他] , キム スンミン , 椎葉 充晴

    気候変化によって洪水発生の発生強度や頻度が変化する可能性のある流域を検出する ことを目的とし,日本列島全域を対象とする分布型流出モデルを構築して,将来の河川 流量の変化を分析した。流出計算の入力に用いたデータは,気象庁気象研究所の全球20km格子大気モデル(MRI-AM20km)によって計算された現在気候実験(1979-2003年),近未来気候実験 (2015-2039年), 21世紀末気候実験( …

    京都大学防災研究所年報 (53), 23-36, 2009

    IR Cited by (2)

  • Evaluating the Impact of Climate Change on Flood Disasters and Dam Reservoir Operation in the Yodo River Basin  [in Japanese]

    SAYAMA Takahiro , TACHIKAWA Yasuto , TAKARA Kaoru , MASUDA Amika , SUZUKI Takuya

    Journal of Japan Society of Hydrology & Water Resources 21(4), 296-313, 2008-07-05

    References (17) Cited by (4)

  • Frequency Analysis and Rainfall-Runoff Analysis of the Toga River Flush Flood in July 2008  [in Japanese]

    立川 康人 , 江崎 俊介 , 椎葉 充晴 , 市川 温

    2008年7月28日,神戸市灘区を流れる都賀川において,極めて短時間に集中した大雨によって水位が急上昇し,5名の人命が失われた。都賀川は,行政と住民が一体となって市街地の中に潤いのある親水空間を構築することに成功したモデル的な河川であるが,その親水空間において増水事故が発生した。本論では今回の大雨の頻度解析および流出解析を実施し,大雨の頻度とそれが河道に流出する経路を明らかにする。次に,流出解析の …

    京都大学防災研究所年報 (52), 1-8, 2008

    IR Cited by (1)

  • Climate Change Impact on Water Resources Management in the Tone River Basin, Japan

    KIM Sunmin , TACHIKAWA Yasuto , NAKAKITA Eiichi , TAKARA Kaoru

    治水施設の能力や管理施策が将来に渡って有効に機能するかを分析するために、温暖化時の水文気象予測情報を河川流量に変換するための分布型流出予測モデルを構築する。従来、温暖化時の治水・利水リスク評価は、降水量から得た統計量の変化を分析することに焦点が当てられてきた。しかし、特に水工施設が高度に流況を制御している河川流域においては、降水量の分析だけでは不十分で、河川流量の変動を分析してはじめて、温暖化が当 …

    Annuals of Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University, B (52), 587-606, 2008

    IR Cited by (2)

  • Development of a real-time runoff forecasting system using a physically-based distributed hydrologic model and its application to the Yodo River basin  [in Japanese]

    TACHIKAWA Yasuto , SAYAMA Takahiro , TAKARA Kaoru , MATSUURA Hideki , YAMAZAKI Tomoya , YAMAJI Akihiko , MICHIHIRO Yuri

    A real-time distributed runoff forecasting system is developed for the Yodo River basin (7, 281km^2). The system provides 6 hrs-ahead river discharge predictions every hour. The predictions include ri …

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science 26(2), 189-201, 2007-08-31

    NDL Digital Collections References (10) Cited by (2)

  • Transtation of Water Quality Class in Ogochi Dam Reservoir in Terms of Status Changes of Phytoplankton in Production layer  [in Japanese]

    MAKINO Ikuyo , TAKARA Kaoru , TACHIKAWA Yasuto

    Journal of Japan Society of Hydrology & Water Resources 20(4), 312-328, 2007-07-05

    References (28)

  • Hydrograph Separation Based on Spatiotemporal Record of Stream Flow in a Distributed Rainfall-Runoff Model  [in Japanese]

    SAYAMA Takahiro , TATSUMI Keiko , TACHIKAWA Yasuto , TAKARA Kaoru

    分布型流出モデルで再現する計算流量を,流水の時空間起源に応じて成分分離する手法を提案する.この手法では,分布型流出モデルの各単位斜面・各流出経路を流れている水が,いつどこに降った雨水で構成されているのかを上流から下流まで追跡する.提案する手法を,不飽和・飽和地中流・表面流を考慮する分布型流出モデルに適用し,モデル構造の違いやパラメタの違いが流水の時空間成分に及ぼす影響を分析した.

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES 20(3), 214-225, 2007-05-05

    J-STAGE References (26)

  • Automatic parameter estimation of a distributed rainfall-runoff model using an optimization algorithm  [in Japanese]

    小林 健一郎 , 市川 温 , 立川 康人

    Proceedings of the conference on computational engineering and science 12(2), 489-492, 2007-05

    Cited by (1)

  • Analysis of Peak Streamflow Distributions Based on Neyman-Scott Synthetic Rainfall

    MONDONEDO Carlo , 立川 康人 , 宝 馨

    京都大学防災研究所年報 (51), 51-61, 2007

  • Hydrologic Prediction under Global Warming at Tone and Yodo River Basins using the Output of Global 20-kin Mesh GCM

    KIM Sunmin , TACHIKAWA Yasuto , TAKARA Kaoru , NAKAKITA Eiichi

    治水施設の能力や管理施策が将来に渡って有効に機能するかを分析するために,温暖化時の水文気象予測情報を河川流量に変換するための分布型流出予測モデルを構築する。従来,温暖化時の治水・利水リスク評価は,降水量から得た統計量の変化を分析することに焦点が当てられてきた。しかし,特にわが国のように水工施設が高度に流況を制御している河川流域においては、降水量の分析だけでは不十分で,河川流量の変動を分析してはじめ …

    京都大学防災研究所年報 (51), 11-20, 2007

    IR

  • Assessment of Prediction Uncertainty under Scale-dependant Condition of Rainfall-Runoff Modeling

    LEE Giha , TACHIKAWA Yasuto , TAKARA Kaoru

    本研究では,降雨流出モデリングにおけるスケール依存性のもとでのモデルパラメータと入力に起因する水文予測の不確実性を分析することを目的とする。さらに,水文モデリングにおけるガイドラインを提供するために,水文モデリングの過程で含まれる不確かさの要素を考慮した新しい降雨流出モデルの枠組みを示す。

    京都大学防災研究所年報 (51), 29-50, 2007

    IR

  • NRCS Curve Number based Hydrologic Regionalization of Nepalese River Basins for Flood Frequency Analysis

    MISHRA Binaya Kumar , TAKARA Kaoru , TACHIKAWA Yasuto

    洪水流量の地域頻度解析は異なる再現期間の極値洪水を推定する上で有用と考えられる。本研究では,ネパールの水文学的な地域分割化を対象とした。地域分割を客観的に実施するためにはクラスター分析などの他変数解析法が通常用いられるが,この手法の主な困難さは,変数間の適切な重みをどのように設定するかにある。そこで,本研究ではこの問題を避けるために,NRCSのカーブナンバー法を用いた。モンスーン時の降水パターンと …

    京都大学防災研究所年報 (51), 93-102, 2007

    IR

  • 1 / 5
Page Top