佐伯 徹郎 SAEKI Testuro

Articles:  1-20 of 133

  • Proposal and Considerations for a Statistical Reduct Method  [in Japanese]

    水野 祥太郎 , 加藤 裕一 , 佐伯 徹郎

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 60, 5p, 2016-05-25

  • 判別問題に対する数量化Ⅱ類とSTRIMの性能比較に関する考察 (システム数理と応用)  [in Japanese]

    北崎 雄也 , 加藤 裕一 , 佐伯 徹郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(480), 85-90, 2016-03-03

  • Considerations on a Statistical Reduct Method for the Decision Table  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro , Mizuno Shoutaro

    ラフ集合理論は決定表と呼ばれるデータベースから,このデータ集合に埋もれた規則をif-thenルール形式で導出する手法として利用される。ルール導出の際に決定属性に関与しない条件属性を除去し,必要十分な条件属性を見出す決定表の簡約化操作(縮約)が行われる。本論文では,従来のラフ集合理論のルール導出原理をまとめた後,従来法の縮約操作の問題点を具体的に指摘する。次いでこれらの問題点を改善する統計的縮約法を …

    Technical report of IEICE. SS 114(416), 97-102, 2015-01-26

  • Considerations on a Statistical Reduct Method for the Decision Table  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro , Mizuno Shoutaro

    ラフ集合理論は決定表と呼ばれるデータベースから,このデータ集合に埋もれた規則をif-thenルール形式で導出する手法として利用される。ルール導出の際に決定属性に関与しない条件属性を除去し,必要十分な条件属性を見出す決定表の簡約化操作(縮約)が行われる。本論文では,従来のラフ集合理論のルール導出原理をまとめた後,従来法の縮約操作の問題点を具体的に指摘する。次いでこれらの問題点を改善する統計的縮約法を …

    Mathematical Systems Science and its Applications : IEICE technical report 114(415), 97-102, 2015-01-26

  • Principle on if-then rule induction by STRIM and its confirmation for usefulness  [in Japanese]

    加藤 裕一 , 佐伯 徹郎 , 水野 祥太郎

    人工知能学会全国大会論文集 29, 1-4, 2015

  • Studies on If-then Rule Induction by Statistical Rough Set Method and its Simulation Experiment  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro

    ラフ集合理論は決定表と呼ばれるデータベースから,このデータ集合に埋もれた規則をif-thenルール形式で導出する手法として利用される。本論文では,従来のラフ集合理論のルール導出手法をまとめた後,従来法の問題点をシミュレーション実験により具体的に指摘する。次いでこれらの問題点を改善する統計的ラフ集合手法とそのルール導出アルゴリズム(STRIM)を提案する。STRIMの正当性と有効性をシミュレーション …

    Technical report of IEICE. SS 113(422), 89-94, 2014-01-30

  • Studies on If-then Rule Induction by Statistical Rough Set Method and its Simulation Experiment  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro

    ラフ集合理論は決定表と呼ばれるデータベースから,このデータ集合に埋もれた規則をif-thenルール形式で導出する手法として利用される。本論文では,従来のラフ集合理論のルール導出手法をまとめた後,従来法の問題点をシミュレーション実験により具体的に指摘する。次いでこれらの問題点を改善する統計的ラフ集合手法とそのルール導出アルゴリズム(STRIM)を提案する。STRIMの正当性と有効性をシミュレーション …

    Mathematical Systems Science and its Applications : IEICE technical report 113(421), 89-94, 2014-01-30

  • A New Rule Induction Method from Decision Table by Use of a Statistical Test

    Mizuno Shotaro , Kato Yuichi , Saeki Tetsuro

    Rough Sets theory is widely used as a method for estimating and/or inducing knowledge structure of if-then rules from various decision tables. This paper presents results of a retest of rough set rule …

    Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers 26(8), 297-305, 2013

    J-STAGE 

  • A Prediction Method for Listening Score and Speech Audibility Taking Account of Hearing Loss due to Aging under Fluctuating Noise  [in Japanese]

    TAMESUE Takahiro , SAEKI Tetsuro

    騒音の音圧レベル値および周波数構成ともに時々刻々と不規則に変動する実生活環境音場において音声を聴取している場合の音声聴取成績および音声の聴き取り易さに関する心理的印象を,加齢による聴力損失特性を考慮して予測するための一手法を提案したものである.具体的には,音声と騒音の振幅・周波数特性に関する相対的関係を短時間スケールで捉えるための新たな指標<i>I</i>を導入し,現実的な …

    The Japanese Journal of Ergonomics 45(5), 270-277, 2009-10-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (28)

  • A Proposal of a New Factor Analysis Method Based on the Semantic Differential Technique and Its Application to Tone Color Analysis  [in Japanese]

    SAEKI Tetsuro , KATO Yuichi

    In this paper, tone color analysis problem is actually studied based on the data rated by the semantic differential technique and points out that a semantic inconsistent correlation may be caused if t …

    Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers 21(4), 120-128, 2008-04-15

    J-STAGE  References (15)

  • A Study on Localization and Audibility of Informative Sound for Movement Support

    Numata Naoki , Saeki Tetsuro , Tamesue Takahiro , Kato Yuichi

    Journal of Life Support Engineering 20(Supplement), 189-189, 2008

    J-STAGE 

  • Effectiveness of Insulation System and Masking Noise to Protect Speech Privacy

    Shiraishi Ryota , Saeki Tetsuro , Tamesue Takahiro , Kato Yuichi

    Journal of Life Support Engineering 20(Supplement), 71-71, 2008

    J-STAGE 

  • Proposed criterion for eliminating extraneous abnormal sounds mixed in road traffic noise  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro , Kitagawa Tamotsu

    道路に面する地域の騒音を評価する場合,適用対象外の騒音や評価の妨げになる騒音は除外して測定・評価することが評価マニュアルに記されている。これを実施するには,1)対象外の音の検出法と,2)妨げとなるか否かの判断基準が必要である。本論文は,1)に関しては何等かの方法で適用対象外の音を検出した状況を出発点として,2)の判断基準をどのように設定してこの音を処理すべきかを考察したものである。具体的には,除外 …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 64(7), 382-388, 2008

    J-STAGE  References (12)

  • Masking effect on psychological impression and task performance during completion of an intellectual task  [in Japanese]

    Tamesue Takahiro , Saeki Tetsuro , Itoh Kazunori

    The Japanese Journal of Ergonomics (43), 322-323, 2007

    J-STAGE 

  • Effectiveness of Insulation System and Masking Noise to Protect Speech Privacy  [in Japanese]

    MOTOHIRO Akinari , SAEKI Tetsuro , TAMESUE Takahiro , KATO Yuichi , YAMAGUCHI Shizuma

    スピーチプライバシーを保護するための方法として、遮音システムを設置する方法と雑音を用いて音声をマスクする方法の2つが考えられる。これまでの研究では、これら2つのうちの1つの方法を個別的に用いたスピーチプライバシー保護について考察してきた。しかしながら、上記の2つの方法を併用することにより、遮音システムの簡易化による設置コスト削減ができ、マスキング用雑音をより小さくすることによるうるささの低減ができ …

    IEICE technical report 106(312), 31-36, 2006-10-19

    References (5)

  • Reduction of annoyance experienced during completion of an intellectual task by masking effect  [in Japanese]

    TAMESUE Takahiro , SAEKI Tetsuro , YAMAGUCHI Shizuma

    一般に記憶・計算等の知的作業を行う場合,外来雑音の存在により作業者の雑音に対する心理的印象や作業成績が悪化することは我々がよく経験するところである.特にその傾向は,道路交通騒音に代表される無意味雑音よりも音楽や会話等の有意味雑音の場合の方がより顕著に現れる.既発表では,有意味な音声雑音をそれとは異なる音でマスクすることにより,雑音に関する心理的印象を低減すると同時に,作業成績も改善することが可能で …

    IEICE technical report 106(312), 25-30, 2006-10-19

    References (10)

  • A Study on Localization and Audibility of Informative Sound for Movement Support  [in Japanese]

    SAEKI Tetsuro , TAMESUE Takahiro , YAMAGUCHI Shizuma , KATO Yuichi

    視覚障害者等の移動困難な人が目的地へ移動する上で、案内音は重要な役割を果たす。現在様々な施設で案内音が実際に導入されているが、案内の行われる場所やその場所での案内音の音響特性についての指針が統一されていないため、案内音の標準化が必要とされている。案内音は聞き取りやすいだけでなく目的に応じて的確に方向定位できる必要もあるが、現用の案内音の設計に当たって方向定位までは考慮されていないように思われる。以 …

    IEICE technical report 105(348), 49-54, 2005-10-14

    References (5)

  • Speech privacy protection using meaningless steady noise considering the spectral level form of speech  [in Japanese]

    SAEKI Testuro , TAMESUE Takahiro , YAMAGUCHI Shizuma , OIMATSU Kensei

    会話の秘話性が必要とされるオープンスペースでスピーチプライバシーを保護する方法の一つとして, 定常雑音を用いて対象となる音声をマスクすることが考えられる.これまでの研究では, 様々なスペクトル形状を持つ種々の音声を頑健にマスクするには帯域制限ピンク雑音が有効であるとの知見が得られている.しかしながら, 会話者固有の音声スペクトル形状に応じた雑音を用いることによって, 周囲の人々のうるささや騒々しさ …

    Technical report of IEICE. EA 105(348), 55-60, 2005-10-14

    References (10)

  • Effects of hearing loss due to aging or anything on listening score of audio signal and psychological impression for speech audibility  [in Japanese]

    TAMESUE Takahiro , YAMAGUCHI Shizuma , SAEKI Tetsuro

    The Japanese journal of ergonomics 41(3), 131-136, 2005-06-15

    Ichushi Web  References (13) Cited by (1)

  • Method of predicting psychological impressions for random noise based on spectral distance

    Tamesue Takahiro , Saeki Tetsuro , Yamaguchi Shizuma , Oimatsu Kensei

    The Japanese Journal of Ergonomics 41(Supplement), 80-81, 2005

    J-STAGE 

Page Top