藤森 康澄 FUJIMORI Yasuzumi

ID:1000040261341

北海道大学大学院水産科学研究院 Faculty of Fisheries Sciences, Hokkaido University (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 76

  • 1 / 4
  • Shape optimization for otter board using computational fluid dynamics analysis and response surface methodology  [in Japanese]

    TAKAHASHI YUKI , FUJIMORI YASUZUMI , HU FUXIANG , KIMURA NOBUO

    <p> オッターボードの設計の効率化を目的として,CFD解析を用いた最適化手法を提案した。同手法は応答曲面法を基本としており,揚力を最大化,抗力を最小化する多目的最適化を行うものとした。提案した手法は複葉型オッターボードに適用し,その有効性を確認した。最適化したモデルの一つであるバランスモデルでは,流れの剥離が少なくなり,揚力を従来と同等に保ちながら,抗力は14%減少した。以上から,提 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 83(6), 950-960, 2017

    J-STAGE 

  • Estimation of selectivity curve of Danish seine for Japanese sandfish Arctoscopus japonicus off Tottori Prefecture  [in Japanese]

    Kusumoto Ayaka , Fujimori Yasuzumi , Kuranaga Ryoji , Shimura Tsuyoshi

    ハタハタActoscopus japonicusは,朝鮮半島東岸から沿海州,サハリン,カムチャッカを経て北米まで北太平洋北部に広く分布しており,水深450m以浅の大陸棚に生息する冷水性底魚類である(草刈,1994)。日本海には秋田県の牡鹿半島付近を産卵場とする「日本海北部系群」と韓国の東岸を産卵場にする「日本海西部系群」の2郡が存在している(京都府立海洋センター,2005)。藤原ら(2011)の報 …

    北海道大学水産科学研究彙報 65(1), 39-45, 2015-03

    DOI  JASI 

  • Study on the Design of Towed Body System for Continuous Water Sampling  [in Japanese]

    Takahashi Yuki , Fujimori Yasuzumi , Sakaoka Keiichirou , Watanabe Yutaka , Kimura Nobuo

    海水中の硝酸塩,リン酸塩といった栄養塩は海洋植物プランクトンの生存にとって欠かせないものであり,その生物活動によって固定される炭素・窒素の循環を制御する役割を担っている。また,近年の地球温暖化,気候変動により,炭素・窒素の循環が著しい変動を受けていることが報告されている(Watanabe et al. 2005; 2008; 2009)。こうした海洋の動態に関する知見を得るには,広範囲での海洋表層 …

    北海道大学水産科学研究彙報 64(1), 1-8, 2014-03

    JASI 

  • Foreword  [in Japanese]

    FUJIMORI YASUZUMI , MAKINO MITSUTAKU , MATSUSHITA YOSHIKI , MITUHASI TAKAHISA , TOKAI TADASHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 80(2), 252-252, 2014

    J-STAGE 

  • Estimation of the Compression Force in the Lumbar Intervertebral Disk During the Transportation of Fish Catch in Fishing Ports  [in Japanese]

    SAEKI Kimiyasu , KIMURA Nobuo , FUJIMORI Yasuzumi , YASUMA Hiroki , HISAMUNE Shuji

    我が国の漁港では,漁船から陸揚げされた漁獲物に対して,市場での取引に備えて選別や荷姿の調整を市場職員,漁業者,漁業者の家族などが実施しているが,その中に多くの人力による運搬が存在する。大型の魚体を運搬する場合や,多量の漁獲物を収めた容器を運搬する場合には作業者の身体負荷が大きくなると考えられる。また,漁獲物を地表から挙上したり地表に置いたりする場合には前屈姿勢となって一層身体負荷が大きくなると考え …

    Journal of Fisheries Engineering 51(2), 133-137, 2014

    J-STAGE  JASI 

  • Evaluation of Occupational Safety on the Handling of Fish Catches in Fishing Ports  [in Japanese]

    SAEKI Kimiyasu , KIMURA Nobuo , FUJIMORI Yasuzumi , YASUMA Hiroki , HISAMUNE Shuji

    漁船と漁港における一連の漁獲物取り扱いの過程は,漁獲物を極力高い商品価値を有した状態で販売することを目指す。この行為を製造業と比較すると,製造業は組み立てが主体であるのに対して漁獲物取り扱いは選別が主体であるという違いがあるが,搬入される原材料を,工程を経由して商品にする点で共通している。従って製造業と同様に労働生産性の向上が必須命題となる。それは単純に機械の稼働率の向上や作業速度の向上のみでは実 …

    Journal of Fisheries Engineering 51(2), 93-103, 2014

    J-STAGE  JASI 

  • Technique of Work Process Description for Improvement of Caught Fish Handling  [in Japanese]

    Saeki Kimiyasu , Kimura Nobuo , Fujimori Yasuzumi , Yasuma Hiroki

    Memoirs of the Faculty of Fisheries Sciences, Hokkaido University 55(1・2), 107-132, 2013-12

  • Development of technology for energy and labor saving in small-scale bottom trawl fishery  [in Japanese]

    HU FUXIANG , KUMAZAWA TAISEI , FUWA SHIGERU , NAGAMATU KIMIAKI , FUJIMORI YASUZUMI , TOKAI TADASHI

    日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 79(6), 1044, 2013-11-15

  • Foreword  [in Japanese]

    HU FUXIANG , KUMAZAWA TAISEI , FUWA SHIGERU , NAGAMATU KIMIAKI , FUJIMORI YASUZUMI , TOKAI TADASHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 79(6), 1044-1044, 2013

    J-STAGE 

  • Estimation of Dynamic Frequency and Time Characteristics in Ship Motions of an Offshore Trawler

    KIMURA Nobuo , FUJIMORI Yasuzumi , YASUMA Hiroki , MAEKAWA Kazuyoshi

    漁船の転覆事故や大角度傾斜に至る過程を明らかにするためには,船体運動の動的な変化をたどることが有効的方策である。漁労作業時の船体運動は必ずしも定常状態でなく操業過程で瞬間的に変化するため,操業の各過程における運動の特性を把握することが重要となる。そこで,運動の時間と周波数特性を同時に推定できるウエブレット解析に着目した。筆者等は,ウエブレット解析を160GT型沖合底曳網漁船の航走時とかけ回し操業時 …

    Journal of Fisheries Engineering 49(3), 167-175, 2013

    J-STAGE  JASI  References (10)

  • Performance of laser optical plankton counter (LOPC) for in situ measurement of multispecies aggregation of zooplankton  [in Japanese]

    YAMASHITA YUKIKO , FUJIMORI YASUZUMI , MUKAI TORU , SHIMIZU SUSUMU

    動物プランクトンの種別分布量を把握するため,曳航型レーザー式プランクトンカウンター(LOPC)のデータ解析法を検討した。2007 年 4 月昼間に北海道噴火湾の 12 点においてリングネットに装着した LOPC を鉛直曳航した。採集物のカイアシ類と端脚類の体サイズは一部重複したが,LOPC の検出粒子のサイズ組成は種別湿重量組成と同様の変化傾向を示した。LOPC を用いた種別計測のためには,動物プ …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 78(5), 903-912, 2012-09-15

    J-STAGE  JASI  References (19)

  • 刺網が対象とする魚礁蝟集魚量の推定法  [in Japanese]

    山内 繁樹 , 峰 寛明 , 林田 健志 , 武田 康孝 , 清水 晋 , 藤森 康澄 , 木村 暢夫

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 24, 51-52, 2012-05-18

    References (1)

  • Comparison of Particle Size Distributions in Tokyo Bay Measured by Using Four Different Methods  [in Japanese]

    Wang Huan , Arakawa Hisayuki , Hayashi Toshifumi , Fujimori Yasuzumi

    To determine the efficacy of particle size estimation of four different methods: LISST (Laser In-Situ Scattering and Transmissometry) and LOPC (Laser Optical Plankton Counter) as <I>in situ</ …

    Journal of the Japan Society for Marine Surveys and Technology 24(2), 2_1-2_10, 2012

    J-STAGE 

  • A Role of Fibers in Fishing Gear Design and the Expectancy to the Biodegradable Materials  [in Japanese]

    FUJIMORI YASUZUMI

    Sen'i Gakkaishi 67(7), "P-174"-"P-176", 2011-07-10

    J-STAGE  References (4)

  • Analysis of the Number of Work Accidents during Handling and Carrying Fish in Fishing Ports  [in Japanese]

    SAEKI Kimiyasu , HISAMUNE Shuji , FUJIMORI Yasuzumi , KIMURA Nobuo

    Hundreds of work accidents during handling and carrying fish in fishing ports were extracted from accident database collected by JF Zengyoren (A nationwide federation of fisheries cooperatives in Japa …

    The Journal of Japan Institute of Navigation 125(0), 233-240, 2011

    J-STAGE  References (7)

  • Stability of 160GT Offshore Danish Seine Trawler under Fishing Operation in Following Sea  [in Japanese]

    TAKEUCHI Sayaka , KIMURA Nobuo , FUJIMORI Yasuzumi

    Danish seine trawl which is major offshore trawler in Hokkaido is regarded as having high risk of the resonance due to the characteristics of its operation method. However, as there are few study of s …

    The Journal of Japan Institute of Navigation 124(0), 289-296, 2011

    J-STAGE  References (8) Cited by (2)

  • Analysis on Work Accidents during Handling and Carrying Fish in Fishing Ports  [in Japanese]

    SAEKI Kimiyasu , MACHIBA Jun , HISAMUNE Shuji , FUJIMORI Yasuzumi , KIMURA Nobuo

    In recent years, the way of handling and carrying fish within fishing ports has improved from a sanitary perspective. With a view of improving safety of workers, there has not been examined in any det …

    The Journal of Japan Institute of Navigation 124(0), 201-209, 2011

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • Effect of artificial light on sampling with plankton net for euphausiid  [in Japanese]

    FUJIMORI YASUZUMI , MUKAI TOHRU , YAMAMOTO JUN

    オキアミ採集におけるライトの効果を確認するとともに,その有無が採集個体のサイズ組成に与える影響を調べた。採集には口径 80 cm(NGG32)のリングネットを使用した。ペンネント上部にネット上方に光を照射するようにライトを取りつけ,ライト無し,点灯,閃光(点滅)の 3 条件について夜間に鉛直曳網を行った。ライトをつけた場合では点灯,閃光に関わらず,ライト無しの場合よりも密度は 4~6 倍に増加した …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 76(6), 1080-1082, 2010-11-15

    J-STAGE  JASI  References (11) Cited by (1)

  • 単位魚礁に対する蝟集量及び漁獲推定に関する試験調査  [in Japanese]

    山内 繁樹 , 峰 寛明 , 林田 健志 , 清水 晋 , 藤森 康澄 , 木村 暢夫

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 22, 9-12, 2010-05-22

    References (5) Cited by (1)

  • 魚礁蝟集魚の規模による魚種特性  [in Japanese]

    山内 繁樹 , 峰 寛明 , 清水 晋 , 藤森 康澄 , 木村 暢夫

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 22, 5-8, 2010-05-22

    References (9) Cited by (2)

  • 1 / 4
Page Top