武藤 裕則 MUTO Yasunori

Articles:  1-20 of 35

  • 1 / 2
  • A EXPERIMENTAL STUDY ON MORPHOLOGICAL RESPONSE OF RIVER CHANNEL DUE TO FALLING WORKS IMPROVEMENT  [in Japanese]

    KANDA Keiichi , SAMOTO Yoshiaki , MUTO Yasunori , ZHANG Hao , NAKAGAWA Hajime

    河道の安定化工法として用いられる落差工は,湛水域の形成や河床の安定に寄与する一方,土砂の流送や生態系,景観等の面からは河道の縦断方向の連続性が阻害されるなど,環境上の問題点が指摘されている.本研究は,落差工の断面形状を改変することにより,環境上必要な河床変動や流れの連続性を確保することで,両要請のコンフリクトを解消しようとするものである.そのため,改変形状と流量条件をパラメータとした系統的な模型実 …

    日本高専学会誌 : journal of the Japan Association for College of Technology 15(3), 1-6, 2010-08-30

  • An experimental study on morphological response of river channel due to falling works improvement  [in Japanese]

    神田 佳一 , 佐本 佳昭 , 武藤 裕則 [他]

    Journal of the Japan Association for College of Technology 15(3), 1-6, 2010-08

  • Flow Structure and Resistance in Compound Open Channel  [in Japanese]

    ISHIGAKI Taisuke , MUTO Yasunori , SHIONO Koji , Yasunori MUTO , Koji SHIONO , 関西大学環境都市工学部 , 京都大学防災研究所 , Faculty of Environmental and Urban Engineering Kansai University , Disaster Prevention Research Institute Kyoto University , Civil and Building Engineering Loughborough University

    Nagare 29(3), 177-186, 2010-06-25

    References (23)

  • Coastal Water Mixing due to T200918 in Tanabe Bay  [in Japanese]

    Suzuki Takayuki , Mori Nobuhito , Kihara Naoto , Mase Hajime , Muto Yasunori

    Since major driving forces of vertical mixing processes are wind and wind wave mixing, the boundary condition of turbulent kinetic energy flux at the ocean face is formulated as cubic of friction velo …

    日本流体力学会年会講演論文集 2010, 155, 2010

    NDL Digital Collections 

  • A Study on Morphological Response of River Channel Due to Falling Works Improvement  [in Japanese]

    KANDA Keiichi , SAMOTO Yoshiaki , MUTO Yasunori , ZHANG Hao

    Memoirs of the Akashi Technical College 52, 32-38, 2009-12

  • 私の書棚 : いまだに水理学?いまこそ水理学!  [in Japanese]

    武藤 裕則

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science 25(4), 445-447, 2007-02-28

    NDL Digital Collections  References (8)

  • Effects of Groins on the Flow and Bed Deformation in Non-Submerged Conditions

    TERAGUCHI Hiroshi , NAKAGAWA Hajime , MUTO Yasunori , BABA Yasuyuki , ZHANG Hao

    この論文では,水制のまわりの流れと河床変動に関して実験および数値計算を行い得られた結果を示す。実験水路ではー対の不透過または透過性の水制を左岸側に設置し,非越流の条件で水制周辺の流速を測定した。不透過水制の場合,水制周辺の上流での局所洗掘は透過水制の場合より深くなることが確認された。非構造メッシュによる3次元数値モデルを開発し,数値計算を行った結果,流速は実験測定の結果を十分な精度で再現することが …

    京都大学防災研究所年報 (51), 625-632, 2007

    IR 

  • Surface Flow Measurement From a Helicopter and Field Measurements of the Confluence Region of the Yodo River  [in Japanese]

    HIRAI Kosuke , OZONO Masashi , DEGUCHI Takashi , TSUBAKI Ryota , FUJITA Ichiro , MUTO Yasunori , KANDA Keiichi , TAKEHARA Kosei , TAKANO Yasuei

    The confluence region downstream of the Katsura River, the Kizu River and the Uji River in Kyoto displays complicated flow patterns depending on which watershed undergoes larger precipitations. The fl …

    Journal of the Visualization Society of Japan 26(2), 35-38, 2006-09-15

    J-STAGE  References (2)

  • 2D Numerical model for river flow and bed evolution based on unstructured mesh

    張 浩 , 中川 一 , 武藤 裕則 [他]

    Journal of Applied Mechanics, JSCE 9, 783-794, 2006

  • Surface flow measurements of submerged and non-submerged groins in the Uji River by LSPIV  [in Japanese]

    藤田 一郎 , 川谷 健 , 椿 涼太 , 冨尾 恒一 , 武藤 裕則 , 竹原 幸生 , 高野 保栄 , 神田 佳一

    神戸大学都市安全研究センター研究報告 (8), 219-225, 2004-03

    IR  DOI 

  • Surface flow measurements of submerged and non-submerged groins in the Uji River by LSPIV  [in Japanese]

    Fujita Ichiro , Kawatani Takeshi , Tsubaki Ryota , Tomio Kouichi , Muto Yasunori , Takehara Kousei , Takano Yasuei , Kanda Keiichi

    Report of Research Center for Urban Safety and Security, Kobe University (8), 219-226, 2004-03

  • Experiments and Calculations of Flood Water in Urban Cities  [in Japanese]

    中川 一 , 石垣 泰輔 , 武藤 裕則 [他] , 馬場 康之 , 張 浩 , 八木 博嗣 , 藤本 幸史

    非構造格子を用いた有限体積法による洪水氾濫解析手法を構築し,住区や地下空間への浸水を考慮した京都市域の1/100水理模型実験装置を用いて水理実験を行い,洪水氾濫解析モデルの検証を行った。その結果,地下空間への浸水がない場合の浸水深や浸水規模については氾濫解析モデルである程度実験結果が再現されたが,地下空間への浸水がある場合については,実験および解析にさらなる改良の必要性が認められた。また,住区への …

    京都大学防災研究所年報 (47), 517-526, 2003

    IR 

  • River Flow Measurements by Means of a Broadband ADCP  [in Japanese]

    武藤 裕則

    河川流の内部流況を観測することを目的として,Acoustic Doppler Current Profiler(ADCP)を用いた速度計測を行った。船外機付小型ボートの舷側にADCPを固定し,対象領域を航行することでデータを得た。対象とした領域は,連続する単断面蛇行河道の変曲点付近(平均水深1.2m)および片側に水制群を有する直線河道(平均水深3m)の2カ所である。3次元構造を有する河川流に対する …

    京都大学防災研究所年報 (47), 571-580, 2003

    IR 

  • Inundation by River Water in Urban Cities-Experiments Using a Large Scale Inundation Model and Their Analyses-  [in Japanese]

    中川 一 , 石垣 泰輔 , 武藤 裕則 [他] , 井上 和也 , 戸田 圭一 , 多河 英雄 , 吉田 義則 , 辰己 賢一 , 張 浩 , 八木 博嗣

    都市域における洪水氾濫の危険性を行政および住民が正しく認識し,災害時にあっては適切な避難等を行うには,高精度な洪水ハザードマップの作成と公表が重要である。従来,洪水ハザードマップ作成の基礎となる洪水氾濫解析モデルの妥当性については,小規模でかつ単純な模型実験装置を用いたデータで検証されてきたため,モデルの検証が十分なされてこなかった。本研究では,京都大学防災研究所宇治川オープンラボラトリーに設置さ …

    京都大学防災研究所年報 (46), 575-584, 2002

    IR 

  • Sediment Disasters Caused by the Heavy Rainfall on July 2001 in Taiwan  [in Japanese]

    中川 一 , 戸田 圭一 , 牛山 素行 [他] , 武藤 裕則 , 戸床 文彦

    2001年7月30日, 台風0108号(桃芝台風)がもたらした豪雨により, 台湾の花蓮県および南投県を中心とした各地で土砂災害が発生した。これにより, 214名の死者・行方不明者を出すとともに, 家屋や公共土木施設等に多大の被害が生じた。少なくとも121名以上が土砂災害による犠牲者であり, この災害では洪水による被害よりも土砂災害による被害が中心であった。本研究では, 現地調査で得た情報をもとに土 …

    京都大学防災研究所年報 (45), 407-422, 2001

    IR 

  • Towards Effective Countermeasures against Flood Disaster in Small-scale Rivers-Flood Disaster in the Kaetsu area, Niigata Prefecture, in August 1998  [in Japanese]

    MUTO Yasunori , NAKAGAWA Hajime , TODA Keiichi , ICHIKAWA Yutaka

    In August, 1998,local heavy rainfall caused severe flooding in the Kaetsu area, Niigata Prefecture, mainly within Orii River basin. This study looks into damages caused by the flood and their reasons …

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science 00019(00002), 257-271, 2000-08-31

    NDL Digital Collections  References (15) Cited by (1)

  • On the Circulation and Fluid Exchange in a Rectangular Embayment of Open Channel  [in Japanese]

    MUTO Yasunori , ISHIGAKI Taisuke

    Velocity measurements were carried out in a straight open channel with a rectangular embayment. Two laser Doppler anemometers (LDA) and an electromagnetic current meter (EMC) were employed. Flow excha …

    年会一般講演 19, 623-624, 2000-07-01

    NDL Digital Collections  References (3)

  • Effect of Flood Plain's Roughness on Flow Structure in Compound Sinuous Channel  [in Japanese]

    ISHIGAKI Taisuke , MUTO Yasunori

    Over-bank flow in a straight channel with sinuous main channel and rough flood plain is discussed based on experimental results. The main channel is movable bed. The flow structure in the channel is c …

    年会一般講演 19, 621-622, 2000-07-01

    NDL Digital Collections  References (3)

  • 河床形状と高水敷粗度が複断面蛇行流れの構造に及ぼす影響について  [in Japanese]

    石垣 泰輔 , 武藤 裕則

    Journal of Applied Mechanics, JSCE 3, 821-828, 2000

  • Flow Structure and Bed Configuration in Compound Sinuous/Meandering Channel-Part 3-  [in Japanese]

    石垣 泰輔 , 武藤 裕則 , SHIONO Koji , 澤井 健二

    流れが高水敷に及ぶ洪水時の流れを対象に、低水路を移動床とした複断面蛇行水路において、2次流構造とそこに形成される河床形状との関係を、流れの可視化結果および速度計測結果を用いて検討している.対象とした流れは, 直線水路内に設置した低水路の蛇行度訂(=蛇行長/蛇行波長)が1.11と1.38の2種類の複断面流れであり, 本報告では, 高水敷粗度の影響について検討した.その結果, 高水敷上に一様粗度を設置 …

    京都大学防災研究所年報 (44), 323-331, 2000

    IR 

  • 1 / 2
Page Top