高井 まどか TAKAI M.

ID:1000040287975

東京大学 大学院工学研究科 バイオエンジニアリング専攻 東京 Department of Bioengineering, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo, Tokyo, Japan (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 34

  • 1 / 2
  • Development of a microsensing system for the in vivo detection of local drug kinetics and dynamics.  [in Japanese]

    Ogata Genki , Asai Kai , Sano Yamato , Takai Madoka , Kusuhara Hiroyuki , Einaga Yasuaki , Hibino HIroshi

    <p>体に投与された薬物は全身に行き渡るが、その濃度はそれぞれの臓器の内部で時空間的に不均一に増減する。それに伴い、薬物標的となる細胞集団の活動も刻々と変化していく。これら "局所"の薬物動態とその作用の推移を同時に知ることは、薬効や毒性の仕組みを理解する上で重要であるが、従来法では困難である。そこで本研究では、新たな薬物モニタリングシステムを開発した。この系は、先 …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual56(Abstract), S102-S102, 2018

    J-STAGE 

  • Basic study of antithrumbogenicity of P4 polymer coated on the silicone resin  [in Japanese]

    Higo Keiya , Isoyama Takashi , Saito Itsuro , Hara Shintaro , Takai Madoka , Abe Yusuke

    <p>シリコーン樹脂はその表面の高い疎水性に起因する血液凝固反応とそれに伴う血栓形成が生体適用時に大きな問題となっている。この問題を解決すべく創製されたP4ポリマーはMPC (2-Metacryloyloxyethyl phosphorylcoline)と疎水性モノマー MPTSSi (3-(Metacryloyloxy) propyltris (trimetylsilyoxy) si …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 55Annual(4PM-Abstract), 375-375, 2017

    J-STAGE 

  • Analysis of Protein Adsorption and Cell Adhesion on Nanoscale Phase-Separated Structures Formed by Amphiphilic Block Copolymers  [in Japanese]

    HIRAGUCHI Yukari , KUSHIRO Keiichiro , TAKAI Madoka

    In order to create suitable biocompatible materials for various tissue engineering applications, it is important to be able to understand protein adsorption and cell adhesion behaviors on the material …

    Hyomen Kagaku 37(5), 207-212, 2016

    J-STAGE 

  • 理工系女性の人材育成・活躍推進  [in Japanese]

    TAKAI Madoka

    CHEMISTRY & EDUCATION 63(12), 581-581, 2015

    J-STAGE 

  • Development of Recycling System of Precious Metals and Rare Metals Using DMSO Solvent Containing CuBr<sub>2</sub>  [in Japanese]

    Yoshimura Akihiro , Umehara Kana , Takai Madoka , Matsuno Yasunari

      We have presented a novel process for recycling gold from secondary sources: Leaching of gold by dimethyl sulfoxide solutions containing copper bromide and precipitation with water, which …

    Journal of the Japan Institute of Metals and Materials 79(2), 41-48, 2015

    J-STAGE 

  • Water Molecule Structure on Material Interface Related to Protein Adsorption:Study on Sum-Frequency Generation Spectroscopy (SFG)  [in Japanese]

    TAKAI Madoka , NAGASAWA Daiki , AZUMA Tomoyuki , NOGUCHI Hidenori , UOSAKI Kohei

    Adsorbed proteins initiate the undesirable phenomena like blood coagulation and immune response, and lead to the negative effects on human body and function of biodevices. Thus, the suppression of pro …

    Hyomen Kagaku 35(9), 492-497, 2014

    J-STAGE 

  • Functional Protein Immobilization Method by Creation of Soft-Interface  [in Japanese]

    Takai Madoka , Takasu Kenji

    近年、機能を保持したタンパク質の固定化方法、および固定化したタンパク質の経時安定化技術がプロテオミクスにおいて強く求められている。そこで、生体内環境と同様のタンパク質機能を、固定化タンパク質においても発現できる生体分子固定化ソフトインターフェースを創製することを本研究の目的とした。タンパク質固定化部位として、カチオン性、疎水性共有結合性の官能基をもつポリマーブラシを作製し、さらに下地層に双性イオン …

    Technical report of IEICE. OME 113(18), 97-101, 2013-04-25

  • Functional Protein Immobilization Method by Creation of Soft-Interface  [in Japanese]

    Takai Madoka , Takasu Kenji

    近年、機能を保持したタンパク質の固定化方法、および固定化したタンパク質の経時安定化技術がプロテオミクスにおいて強く求められている。そこで、生体内環境と同様のタンパク質機能を、固定化タンパク質においても発現できる生体分子固定化ソフトインターフェースを創製することを本研究の目的とした。タンパク質固定化部位として、カチオン性、疎水性共有結合性の官能基をもつポリマーブラシを作製し、さらに下地層に双性イオン …

    Technical report of IEICE. SDM 113(17), 97-101, 2013-04-25

  • Newly biointerface to control cell adhesion behavior

    Takai Madoka

    親疎水性ブロックコポリマーの自己組織化を用いてナノメートルスケール相分離構造表面を作製した。このナノ相分離構造のドメインサイズや構造を、ポリマーの分子量、組成、溶媒、を変えることで制御した。この異なったドメイン構造をもつナノ相分離構造表面上の細胞接着挙動を解析したところ、タンパク質の吸着分布状態が細胞接着と密接に関係していることが分かった。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 33(0), 262, 2013

    J-STAGE 

  • Study on water structure of biomaterials interface by sum frequency generation spectroscopy and protein adsorption

    Nagasawa Daiki , Noguchi Hidenori , Uosaki Kohei , Takai Madoka

    生体材料では望ましくない生体反応を抑制するため、材料表面へのタンパク質吸着の理解が必要である。タンパク質吸着には界面水分子が重要と考えられることから、界面選択的な測定法である和周波発生分光法により界面水分子の構造解析を行った。双性イオン性高分子の界面水分子は規則性の高い構造をもつことが分かった。タンパク質吸着量との比較から規則性の高い構造をもつ界面水分子がタンパク質吸着を抑制することが示唆された。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 33(0), 188, 2013

    J-STAGE 

  • Highly Sensitive Biosensing by use of Biocompatible Polymer Brush  [in Japanese]

    TAKAI Madoka

    バイオ分析における感度とは、シグナルとノイズの比として定義される。イムノアッセイにおいて、抗体の固定化量を増大させること、また抗体と抗原の反応率を上げるごとが感度を上げるアプローチとして有効である。またノイズを低減させるためには、非特異的なタンパク質の吸着を抑制することにより達成される。ここでは、生体親和性ポリマーとして、リン脂質ポリマーの高密度ブラシを形成しノイズを低減させ、さらにプロテインAの …

    Technical report of IEICE. OME 112(333), 25-27, 2012-12-05

  • 研究室での人材育成  [in Japanese]

    高井 まどか

    Electrochemistry 80(12), 1032-1033, 2012-12-05

    J-STAGE 

  • Design of Biointerface Formed by the Biocompatible Polymer Films and Application to PDMS Microchip Electrophoresis  [in Japanese]

    TAKAI Madoka , NII Kyosuke

    We prepared the biocompatible phospholipid polymer, poly [2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC)-<i>co</i>-3-(methacryloyloxy)propyltris (trimethylsilyloxy) silane (MPTSSi)]: PMMSi …

    MEMBRANE 37(4), 189-194, 2012-07-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7)

  • OS7-2-3 Biosensor based on direct electron transfer with titanium oxide nanofiber  [in Japanese]

    TAKAI Madoka , Lee So-Yoon

    Direct electron transfer (DET) from biomolecules to electrode is a process without electron-mediator, thus superior selectivity and sensitivity is expected in order to monitor electron transfer betwee …

    The Proceedings of the Symposium on Micro-Nano Science and Technology 2012.4(0), 21-22, 2012

    J-STAGE 

  • The role of interface water for constructing of biocompatible polymer surface  [in Japanese]

    Takai Madoka

    医療デバイスの作製において、材料表面へ生体適合性を付与することが重要な技術となる。生体適合性とは、生体に害を及ぼさない、生体により材料の損傷がないという特性であり、この物性発現は材料近傍の水の構造に起因すると言われている。本講演では、材料として高分子材料をとりあげ、生体適合性、タンパク質の吸着・非吸着、および細胞接着・非接着を支配する界面水の役割について紹介する。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 31(0), 7-7, 2011

    J-STAGE 

  • Nanoscale Control of Hetero-biointerfaces  [in Japanese]

    MATSUSAKI Michiya , AKASHI Mitsuru , TAKAI Madoka , ISHIHARA Kazuhiko , OGINO Toshio

    In the multileveled bio-engineering including amino-acids, proteins, organelle, cells, tissues, and organs, control of hetero-biointerfaces is a key technology. In particular, recent development of na …

    Hyomen Kagaku 30(4), 193-201, 2009

    J-STAGE 

  • Functional Biointerface for Microfluidic Devices Using Phospholipid Polymers  [in Japanese]

    TAKAI Madoka , XU Yan , SIBARANI James , ISHIHARA Kazuhiko

    マイクロ流路を用いたバイオ分析デバイスの機能性,たとえば感度,精度,再現性の向上には,生体分子の非特異的吸着を抑制するバイオインターフェイスの構築が欠かせない.本報では,マイクロ流体デバイスに適したリン脂質(MPC)ポリマーの創製と,そのポリマーを用いたバイオインターフェイスの構築についての研究成果をまとめた.<br>   マイクロチップの基板として,汎用されている …

    KOBUNSHI RONBUNSHU 65(3), 228-234, 2008

    J-STAGE 

  • Development and Practical Use of the Electrodeposited CoFeNi Alloy Film for a High Density Magnetic Recording Head  [in Japanese]

    OSAKA Tetsuya , TAKAI Madoka , OHASHI Keishi , SAITO Mikiko , MIZOSHITA Yoshifumi , KOSHIKAWA Takao

    The Journal of the Surface Finishing Society of Japan 57(10), 705-711, 2006-10-01

    References (25)

  • Biointerface for high sensitive molecular recognition biochip  [in Japanese]

    TAKAI Madoka

    Journal of Japanese Society for Biomaterials 24(3), 186-193, 2006-05-15

    Ichushi Web  References (23)

  • Development of a Microglucose Sensor for Healthcare Chip that Allows Multi-Item Measurements  [in Japanese]

    TAKAI Madoka , SHINBASHI Satomi , OGAWA Hiroki , NAGAI Masao , ISHIHARA Kazuhiko , HORIIKE Yasuhiro

    極微量な血液から日々の健康状態を診断する多項目同時測定ヘルスケアチップにおいて, グルコース測定に用いる血しょうは, 数十nL程度となる. このような微量な血しょう中の微量グルコース濃度を高感度・高精度に測定するためのマイクログルコースセンサーを創製した. メディエーターとして用いたフェロセン粒子を, 高密度に電極表面に分散させることにより電極間のバラツキを抑飼できた. またフェロセンの分散媒体と …

    KOBUNSHI RONBUNSHU 61(10), 555-560, 2004

    J-STAGE 

  • 1 / 2
Page Top