園田 佳巨 SONODA Yoshimi

Articles:  1-18 of 18

  • Experimental study on the dynamic load-carrying capacity of steel pipe beam with a flange joint  [in Japanese]

    國領 ひろし , 堀口 俊行 , 別府 万寿博 , 園田 佳巨 , 石川 信隆

    構造工学論文集. A A 65, 807-820, 2019-03

  • 2G11 Brief Overview of G30 Engineering Education Program at Kyushu University : Current status and future problem of engineering education for foreign student  [in Japanese]

    SONODA Yoshimi

    Proceedings of Annual Conference of Japanese Society for Engineering Education 2015(0), 374-375, 2015

    J-STAGE 

  • A dynamic response analysis of rubber fender considering environmental temperature and strain rate effect  [in Japanese]

    SHIMOZONO Masafumi , SONODA Yoshimi , NISHIMOTO Yasushi

    Proceedings of the conference on computational engineering and science 13(1), 519-522, 2008-05-19

    References (7)

  • MODELING OF FIBER REINFORCED RUBBER BY USING AN ANISOTROPIC VISCO-HYPERELASTICITY  [in Japanese]

    ASAI Mitsuteru , KIMURA Yoshiyuki , SONODA Yoshimi , NISHIMOTO Yasushi , NISHINO Yoshio

    計算工学講演会論文集 13(1), 517-518, 2008-05-19

    References (2)

  • 個別要素法・粒子法による土石流モデルのシミュレーション解析  [in Japanese]

    別府 万寿博 , 石川 信隆 , 園田 佳巨 [他]

    建設技術研究所所報 (12), 28-30, 2008

  • An experimental study on the sound pressure characteristics of the rotary hammering test  [in Japanese]

    中山 歩 , 園田 佳巨 , 三好 茜 [他] , 吉田 直紹

    「回転式打音検査法」は,最も簡易な非破壊検査法の一つである打音検査の精度と効率を向上させることを日的として開発されたものであり,検査器先端の多面体をコンクリート面上で移動・回転させ,発生する連続打音の変化をもとにコンクリート内部の異常箇所を調べる方法である。本論文は,f回転式打音検査法」で得られる打音の特性とコンクリート内部の欠陥状態との相関性に関して,実験により検討したものである。その結果,実験 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(3), 1729-1734, 2008

    NDL Digital Collections 

  • An analysis study on the deterioration diagnosis of the RC structures using the rotary hammering test  [in Japanese]

    三好 茜 , 園田 佳巨 , 中山 歩 [他] , 吉田 直紹

    非破壊検査法の中で,比較的簡易かつ低コストで実施が可能な打音検査法の検査精度と作業効率を改善するために回転式打音検査が開発された。この検査法は,金属製の回転部分を有している検査器をコンクリート構造物表面に軽く押しあてながら移動・回転させ,一定間隔で発生する連続打音をもとに内部の異常箇所を探査する手法である。本論文は,音響解析を用いて回転式打音検査のシミュレーションを行い,コンクリート供試体内部の欠 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(3), 1723-1728, 2008

    NDL Digital Collections 

  • 552 Modeling of a textile-reinforced rubber mechanical properties by using a visco-hyperelastic model  [in Japanese]

    ASAI Mitsuteru , KIMURA Yoshiyuki , NISHIMOTO Yasushi , NISHINO Yoshio , SONODA Yoshimi

    The Proceedings of The Computational Mechanics Conference 2008.21(0), 798-799, 2008

    J-STAGE 

  • Fundamental analysis on the local damage of concrete under high velocity impact using particle method  [in Japanese]

    BEPPU Masuhiro , SONODA Yoshimi

    本研究は,剛飛翔体の高速衝突を受けるコンクリート板の局部損傷解析に対する粒子法の適用性について検討を行ったものである。まず,剛飛翔体の高速衝突を受けるコンクリート板の局部破壊の特徴について説明した。次に,粒子法による数値解析の概要について説明するとともに,重み付き平均の影響範囲やひずみ速度効果をパラメータとして,高速衝突を受けるコンクリート板の局部損傷解析を行った。検討の結果,適切な影響範囲とひず …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 787-792, 2007

    NDL Digital Collections 

  • PERFORMANCE OF WEATHERING STEEL IN BRIDGES IN KYUSHU-YAMAGUCHI REGION  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Eiki , NAKAMURA Shozo , HIROKADO Koji , MORITA Chihiro , SONODA Yoshimi , ASO Toshihiko , WATANABE Hiroshi , YAMAGUCHI Kohei , IWATSUBO Kaname

    近年数多くの耐候性鋼橋が建設されているが,その実態について体系的な調査は行われておらず,鋼橋における耐候性鋼材のパフォ-マンスが十分に把握されているとは言い難い.そこで,九州橋梁・構造工学研究会(KABSE)に設置された「九州・山口地区における耐候性鋼橋の調査・研究分科会」の活動の一環として,同地区の耐候性鋼橋300橋以上を対象に実態調査を行った.ここでは,その調査結果,ならびにさび状況と調査項目 …

    Doboku Gakkai Ronbunshuu A 62(2), 243-254, 2006-07-20

    J-STAGE  References (15)

  • An analytical study on the seismic performance of the repaired manhole  [in Japanese]

    玉井 宏樹 , 片岡 宗太 , 園田 佳巨 [他] , 関野 勇

    地中構造物である鉄筋コンクリート製マンホールの更生工法の1つに,セラミックタイルを既設マンホール内面に,不陸調整および目地材として耐硫酸型モルタルを用いて貼付するものがある。本論文は,更生されたマンホールに地震動が作用した場合,特に,レベル2地震動によりセラミックタイルの剥離が生じる可能性について,数値計算を行うことにより考察したものである。その結果,最大加速度が400gal以上の地震動では,セラ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 1585-1590, 2006

    NDL Digital Collections 

  • A fundamental study on nonlinear analysis of concrete and RC member using particle method  [in Japanese]

    別府 万寿博 , 園田 佳巨 , 玉井 宏樹

    コンクリート構造物の非線形解析において,構造物が耐荷力を迎えた後のポストピーク挙動の評価が大きな課題となっている。本研究は,メッシュレス法の一つである粒子法をコンクリート構造物の非線形解析へ適用するために基礎的な検討を行ったものである。まず,本研究で用いた粒子法の概要を説明し,コンクリート板の一軸圧縮解析を行い破壊挙動への有効性を検討した。次に,粒子法により曲げ破壊するRCはりの非線形解析を行い, …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 55-60, 2006

    NDL Digital Collections 

  • Shock absorbing effect of rubber-cushion for retaining wall by impact tests  [in Japanese]

    NISHIMURA Yoshiki , SONODA Yoshimi

    Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering 56(6), 13-19, 2004-03-15

    References (4) Cited by (1)

  • BASIC STUDY ON THE FATIGUE LIFE PREDICTION OF STEEL STRUCTURAL MEMBER BASED ON THE CONTINUUM DAMAGE MECHANICS  [in Japanese]

    SONODA Yoshimi , THEPVONGSA Khampaseuth , HIKOSAKA Hiroshi

    本研究は, 連続体損傷力学を用いて鋼構造物の疲労寿命を予測することを目的に, 部材レベルの損傷解析を行い, 定量的に信頼性の高い値を得るための問題点と対処法について基礎的な考察を試みたものである. 一般に, 損傷力学は塑性歪みの蓄積による損傷の進展を仮定するため, 高サイクル疲労のような巨視的には塑性歪みの発生が認められないケースでは, 微視レベルにおける塑性歪みの蓄積を前提とした理論を設け, 損 …

    Doboku Gakkai Ronbunshu (752), 79-88, 2004-01-21

    J-STAGE  References (13)

  • RC道路橋解体桁の繰返し曲げ載荷におけるアコースティック・エミッション  [in Japanese]

    重石 光弘 , 牧角 龍憲 , 園田 佳巨 [他] , 杣 辰雄

    実際に供用されてきた鉄筋コンクリート道路橋の架け替え事業にともなって解体された主桁を供試体として,段階的に載荷最大荷重を上げていく多段階繰り返し曲げ載荷試験を実施し,ひび割れの発生や欠陥部面の擦過などを原因とするアコースティック・エミッション(AE)を検出した。繰返し曲げ載荷によってもたらされる損傷の進行にともなうAE発生挙動をカイザー効果に基づいたAEパラメータであるCalm比とLoad比により …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(2), 925-930, 2004

    NDL Digital Collections 

  • Fatigue Damage Analysis of Welded Structural Members by Using Damage Mechanics

    Thepvongsa Khampaseuth , 園田 佳巨 , 彦坂 煕

    Journal of Applied Mechanics,JSCE 6, 1227-1234, 2003

  • A FANDAMENTAL STUDY ON THE DESIGN METHOD OF RUBBERAS A SHOCK ABSORBER  [in Japanese]

    NISHIMOTO Yasushi , SONODA Yoshimi , ISHIKAWA Nobutaka , HIKOSAKA Hiroshi , NISHIKAWA Shinjiro

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 689, 355-360, 2001-10-21

    References (10)

  • EXPERIMENTAL STUDY ON THE EFFECT OF FIBER REINFORCED RUBBER-ROLLED PIN OF THE BRIDGE RESTRAINER PLATE SYSTEM  [in Japanese]

    SONODA Yoshimi , ETOU Yoshiaki , ISHIKAWA Nobutaka , IKOMA Nobuyasu , HIKOSAKA Hiroshi

    本論文では, 兵庫県南部地震で多くの被災例を残した既存の落橋防止連結板装置を改良する簡易な手段として, 連結ピンの周囲に高強度の積層繊維ゴムを巻いた緩衝ピンを提案した. ゴム緩衝ピンの効果を定性的かつ定量的に評価するため, 使用時レベルと終局時レベルの2段階に分け, それぞれに対する静的挙動および衝撃緩衝特性の検討を実験的に行い, 従来の鋼製ピンとの比較を行った. その結果, 使用時レベルでは荷重 …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 598, 333-346, 1998-07-21

    J-STAGE  References (13) Cited by (3)

Page Top