富井 尚志 TOMII TAKASHI

Articles:  1-20 of 78

  • 1 / 4
  • Collecting Driving Logs using Smartphones and Construction of a Database System based on Electric Vehicle Model  [in Japanese]

    萩本 真太朗 , 河野 弘樹 , 笛田 尚希 , 出口 達 , 富井 尚志

    近年 GPS や加速度センサを内蔵したスマートフォンの普及により日常のログ収集が容易になった.我々はスマートフォン内蔵センサを用いたデータロガーを実装し,一年以上に渡って自動車走行ログの収集を行った.また電気自動車 (EV) モデルに基づく走行ログデータベースの設計を行った.このデータベースによって EV への置換え効果やエネルギー消費状況の視覚化など多様なデータ利用が可能となる.結果としてデータ …

    研究報告データベースシステム(DBS) 2012-DBS-155(20), 1-10, 2012-11-12

  • Imaging Technologies based on Metabolic Information : PET Imaging Diagnosis  [in Japanese]

    TOMII Takashi

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 65(4), 440-443, 2011-04-01

    J-STAGE  References (7)

  • An Editing Framework of Action Ontology in Complex Sensor Environments  [in Japanese]

    TANABE Yasutaka , TOMII Takashi

    複合センサ環境では,センサ類から得られるデータを情報として認識するための定義が必要である.一度情報の定義を行えば,センサから即座に情報を得ることが可能となる.しかし,複合センサ環境に新たなオブジェクトやセンサが持ち込まれた場合,情報の定義をシステムの運用中に行う必要性が生じる.そこで本論文では,複合センサ環境における情報の定義をシステムの運用中に可能とする手法を提案する.提案手法として,センサから …

    IEICE technical report 110(107), 27-32, 2010-06-21

    References (12)

  • Acquisition of User Activity in RFID-tagged Space Managed by DB  [in Japanese]

    YAMADA Akihiko , TOMII Takashi

    全国大会講演論文集 第72回(「情報爆発」時代に向けた新IT基盤技術), 285-286, 2010-03-08

    IPSJ  References (6) Cited by (1)

  • Proposal of Load Reduction Technique for Ubiquitous Environment DB Servers by RFID Writing  [in Japanese]

    KOGA Hiroshi , TOMII Takashi

    全国大会講演論文集 第72回(「情報爆発」時代に向けた新IT基盤技術), 283-284, 2010-03-08

    IPSJ  References (3)

  • Power Saving of Wireless Sensor Node in Ubiquitous Environment Managed by DB  [in Japanese]

    YAMADA Yuki , TOMII Takashi

    ユビキタス環境では,利用者への負荷の軽減から無線センサが望ましい.しかし,無線センサはバッテリを用いており,持続時間に制限がある.このとき,センサの読み取り間隔を長く取ると,持続時間を延ばすことができるが,検知できないデータが出てくる可能性がある.本論文では,無線センサの読み取りを必要な場所でのみ行い,データを落とさずに持続時間を延ばす手法を提案する.提案手法として,必要なデータが得られる場所が蓄 …

    IEICE technical report 109(153), 43-48, 2009-07-21

    References (14)

  • Evaluation of the practical utility by operational experiment of Concept Sharing Environment with a large quantity of RFID data  [in Japanese]

    清水 隆司 , 古賀 浩史 , 富井 尚志

    DBSJ journal 8(1), 41-46, 2009-06

    Cited by (4)

  • A model for the action improvement support using sensor data acquired by sensor equipped home appliances  [in Japanese]

    KAWAMURA Ai , TOMII Takashi

    近年の技術発達に伴ったセンサを搭載した家電製品の増加や,取得した大量のデータの管理・通信の実現を背景として,空間に設置した計算機やセンサがユーザを支援するユビキタス環境の実現性が高まってきている.本研究では,利用者が空間共通の作業とする行動を支援対象とし,オフィス環境など複数のユーザが存在する空間における行動支援の実現可能性を示す.まず,同一目的の下にセンサ付き家電を用いて行われた行動データ集合を …

    IEICE technical report 108(94), 97-102, 2008-06-19

  • A model for the action improvement support using sensor data acquired by sensor equipped home appliances  [in Japanese]

    KAWAMURA Ai , TOMII Takashi

    近年の技術発達に伴ったセンサを搭載した家電製品の増加や,取得した大量のデータの管理・通信の実現を背景として,空間に設置した計算機やセンサがユーザを支援するユビキタス環境の実現性が高まってきている.本研究では,利用者が空間共通の作業とする行動を支援対象とし,オフィス環境など複数のユーザが存在する空間における行動支援の実現可能性を示す.まず,同一目的の下にセンサ付き家電を用いて行われた行動データ集合を …

    IEICE technical report 108(93), 97-102, 2008-06-19

    Cited by (1)

  • Design and Implementation of Growing Ubiquitous Environment Database with Semantic Information Recommendation Module by Query Feedback  [in Japanese]

    WATANABE YUSAKU , SASAKI TAKASHI , TOMII TAKASHI

    本研究では,現実世界から得られるセンサの値や3次元形状データと意味情報を結びつけることで,現実世界と仮想空間とを対応付けたユビキタス環境の実現を目指す.この際,現実世界に存在するすべての物体に対して適切な意味情報を付加することは,ユビキタス環境を構築・運用するうえでの大きなコストとなる.我々は,このコスト低減を目的とする「クエリフィードバック」という手法を提案する.本手法では,物体が新たに環境に持 …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 48(SIG20(TOD36)), 1-13, 2007-12-15

    IPSJ  References (30) Cited by (1)

  • A user context estimation method in the ubiquitous environment using acceleration sensors and RFID  [in Japanese]

    猿田 芳郎 , 富井 尚志

    DBSJ letters 6(3), 13-16, 2007-12

    Cited by (11)

  • A diagnosis support system with modeled interpreting environment for the PET-CT fusion images  [in Japanese]

    TSUTSUI Mikiko , AOKI Hironori , SUZUKI Shota , TOMII Takashi

    医療モダリティーの一種であるPET-CTで読影を行う際,医師はフュージョン画像を作成する.フュージョン画像作成は最終的に医師が手動でパラメータを設定するが,パラメータが多いため医師の負担となっている.そこで本研究では読影時に生じるデータを適切にモデル化し,データベース化することを提案する.これにより,医師が読影した際に設定したパラメータを再利用可能な形で蓄積し,共有することを可能とした.このモデル …

    IEICE technical report 107(255), 57-62, 2007-10-08

    References (9)

  • A diagnosis support system with modeled interpreting environment for the PET-CT fusion images  [in Japanese]

    TSUTSUI Mikiko , AOKI Hironori , SUZUKI Shota , TOMII Takashi

    医療モダリティーの一種であるPET-CTで読影を行う際,医師はフュージョン画像を作成する.フュージョン画像作成は最終的に医師が手動でパラメータを設定するが,パラメータが多いため医師の負担となっている.そこで本研究では読影時に生じるデータを適切にモデル化し,データベース化することを提案する.これにより,医師が読影した際に設定したパラメータを再利用可能な形で蓄積し,共有することを可能とした.このモデル …

    IEICE technical report 107(254), 57-62, 2007-10-08

    References (9)

  • Implementation of Query Result Emphasizing Browser used for Shared Virtual Space Database  [in Japanese]

    SHIMIZU Ryushi , TOMII Takashi

    近年,情報技術の発達によりRFIDを用いて実空間における物体の位置やIDをDBに蓄積し,管理ができるようなユビキタス環境の実現が現実味を帯びてきた.しかし,このような数多くの物体が計算機に管理されている環境ではある特定の複数の物体を探すために物体名で検索を行なうと,名前の一致するすべての物体が検索結果となるので,検索結果が多くなってしまうことが考えられる.そこで,まずDBに物体の位置,状態,操作履 …

    IEICE technical report 107(131), 315-320, 2007-07-02

    References (16)

  • A user context estimation method in the ubiquitous environment using acceleration sensor and RFID  [in Japanese]

    SARUTA Yoshiro , TOMII Takashi

    近年の計算機の小型・高速化,センサ技術の発達によりユビキタス環境の研究が盛んに行われるようになってきた.本研究では、RFIDを用いてオブジェクトの位置を管理するユビキタス環境において,オブジェクトに添付されたICタグを読み取ることで利用者が何を使用したかを取得し,また,利用者に装着された加速度センサから得られる時系列データより特微量を抽出する.本論文ではこれらの情報を特徴量セットとしてC4.5決定 …

    IEICE technical report 107(131), 43-48, 2007-07-02

    References (12) Cited by (1)

  • Implementation of Query Result Emphasizing Browser used for Shared Virtual Space Database  [in Japanese]

    SHIMIZU Ryushi , TOMII Takashi

    近年,情報技術の発達によりRFIDを用いて実空間における物体の位置やIDをDBに蓄積し,管理ができるようなユビキタス環境の実現が現実味を帯びてきた.しかし,このような数多くの物体が計算機に管理されている環境ではある特定の複数の物体を探すために物体名で検索を行なうと,名前の一致するすべての物体が検索結果となるので,検索結果が多くなってしまうことが考えられる.そこで,まずDBに物体の位置,状態,操作履 …

    IPSJ SIG Notes 143, 315-320, 2007-07-02

    References (16)

  • A user context estimation method in the ubiquitous environment using acceleration sensor and RFID  [in Japanese]

    SARUTA Yoshiro , TOMII Takashi

    近年の計算機の小型・高速化,センサ技術の発達によりユビキタス環境の研究が盛んに行われるようになってきた.本研究では、RFIDを用いてオブジェクトの位置を管理するユビキタス環境において,オブジェクトに添付されたICタグを読み取ることで利用者が何を使用したかを取得し,また,利用者に装着された加速度センサから得られる時系列データより特微量を抽出する.本論文ではこれらの情報を特徴量セットとしてC4.5決定 …

    IPSJ SIG Notes 143, 43-48, 2007-07-02

    References (12)

  • Introduction of reproductive visualization system for PET image diagnosis  [in Japanese]

    植田 賢 , 青木 裕紀 , 富井 尚志

    DBSJ letters 5(4), 25-28, 2007-03

    Cited by (1)

  • DBを用いた確定診断情報の蓄積および検索によるPET読影支援手法  [in Japanese]

    青木 裕紀 , 植田 賢 , 富井 尚志

    DBSJ letters 5(2), 13-16, 2006-09

    Cited by (3)

  • A Method of Updating Real Action State by Object Search Using Agents in Concept Sharing Environment  [in Japanese]

    NASU Hiroyuki , TOMII Takashi

    RFIDを用いて実空間における物体の位置を取得している環境においては,RFIDリーダが置かれてない場所や何らかの原因で少しでも通信範囲から外れた物体の位置は取得できない.そこで,RFIDリーダが探知できない場所にある物体の探索を行うエージェントとしてロボットを導入する.本論文ではその第一歩として,RFIDタグを一定間隔でしきつめた領域において,RFIDリーダを取り付けたロボットを床に設置したRFI …

    IPSJ SIG Notes 140(2), 223-230, 2006-07-14

    References (12)

  • 1 / 4
Page Top